前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
(2007年 5月)

2007/ 5/ 1 読: 箴言 28章〜31章
選: 箴言 28章 25節、29章 26節、30章 5節
欲の深い人は争いを引き起こす。しかし主に拠り頼む人は豊かになる。
支配者の顔色をうかがう者は多い。しかし人をさばくのは主である。
神のことばは、すべて純粋。神は拠り頼む者の盾。
メモ: 「主」「神」についてのことばを選んだ。
2007/ 5/ 2 読: 伝道者の書 1章〜3章
選: 伝道者の書 3章 10節〜14節
私は神が人の子らに与えて労苦させる仕事を見た。
神のなさることは、すべて時にかなって美しい。神はまた、人の心に永遠への思いを与えられた。しかし、人は、神が行われるみわざを、初めから終わりまで見きわめることができない。
私は知った。人は生きている間に喜び楽しむほか何も良いことがないのを。
また、人がみな、食べたり飲んだりし、すべての労苦の中にしあわせを見いだすこともまた神の賜物であることを。
私は知った。神のなさることはみな永遠に変わらないことを。それに何かをつけ加えることも、それから何かを取り去ることもできない。神がこのことをされたのだ。人は神を恐れなければならない。
メモ: 途中で切りたくなく5節を選んだ。
読: ヨシュア記 1章から
選: ヨシュア記 1章 9節
わたしはあなたに命じたではないか。強くあれ。雄雄しくあれ。恐れてはならない。おののいてはならない。あなたの神、主が、あなたの行く所どこにても、あなたとともにあるからである。」
メモ: アパ・ルームの聖書箇所から。今まで何度読んだことか。
2007/ 5/ 3 読: 伝道者の書 4章〜6章
選: 伝道者の書 5章 19節〜20節
実に神はすべての人間に富と財宝を与え、これを楽しむことを許し、自分の受ける分を受け、自分の労苦を喜ぶようにされた。これこそが神の賜物である。
こういう人は、自分の生涯のことをくよくよ思わない。神が彼の心を喜びで満たされるからだ。
メモ: 神に心を喜びで満たせてほしい。
2007/ 5/ 4 読: 伝道者の書 7章〜9章
選: 伝道者の書 8章 16節〜17節
私は一心に知恵を知り、昼も夜も眠らずに、地上で行なわれる人の仕事を見ようとしたとき、
すべては神のみわざであることがわかった。人は日の下で行なわれるみわざを見きわめることはできない。人は労苦して捜し求めても、見いだすことはない。知恵ある者が知っていると思っても、見きわめることはできない。
メモ: 今日はことばを選ぶに時間がかかった。
2007/ 5/ 5 読: 伝道者の書 10章〜12章
選: 伝道者の書 12章 13節〜14節
結局のところ、もうすべてが聞かされていることだ。神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである。
神は、善であれ悪であれ、すべての隠れたことについて、すべてのわざをさばかれるからだ。
メモ: 伝道者の書のまとめです。
2007/ 5/ 6 読: 雅歌 1章〜4章
選: 雅歌 1章 15節、2章4〜5節
ああ、わが愛する者。あなたはなんと美しいことよ。なんと美しいことよ。あなたの目は鳩のようだ。
あの方は私を酒宴の席に伴われました。私の上に翻るあの方の旗じるしは愛でした。
干しぶどうの菓子で私を力づけ、りんごで私を元気づけてください。私は愛に病んでいるのです。
メモ: リアルで心あたたまるよ。
選: 雅歌 2章 10節〜12節
私の愛する方は、私に語りかけて言われます。「わが愛する者、美しいひとよ。さあ、立って、出ておいで。
ほら、冬は過ぎ去り、大雨も通り過ぎて行った。
地には花が咲き乱れ、歌の季節がやって来た。山鳩の声が、私たちの国に聞こえる。
メモ: 素敵な世界へ吸い込まれていく。
2007/ 5/ 7 読: 雅歌 5章〜8章
選: 雅歌 7章 10節〜11節
私は、私の愛する方のもの。あの方は私を恋い慕う。
さあ、私の愛する方よ。野に出ていって、ヘンナ樹の花の中で夜を過ごしましょう。
メモ: 疲れてるから安らぎたい。
2007/ 5/ 8 読: イザヤ書 1章〜3章
選: イザヤ書 1章 18節〜20節
「さあ、来たれ。論じ合おう。」と主は仰せられる。「たとい、あなたがたの罪が緋のように赤くても、雪のように白くなる。たとい、紅のようにあかくても、羊の毛のようになる。
もし喜んで聞こうとするなら、あなたがたは、この国の良い物を食べることができる。
しかし、もし拒み、そむくなら、あなたがたは剣にのまれる。」と、主の御口が語られた。
メモ: この書は、「あなたを幸せにしたいからこっちを向いてよ」が伝わってくる。
2007/ 5/ 9 読: イザヤ書 4章〜6章
選: イザヤ書 6章 8節、13節
私は、「だれを遣わそう。だれが、われわれのために行くだろう。」と言っておられる主の声を聞いたので、言った。「ここに、私がおります。私を遣わしてください。」
そこにはなお、十分の一が残るが、それもまた、焼き払われる。テレビンの木や樫の木が、切り倒されるときのように。しかし、その中に切り株がある。聖なるすえこそ、その切り株。」
メモ: イザヤ書は、神の哀れみでいっぱい。
2007/ 5/10 読: イザヤ書 7章〜9章
選: イザヤ書 9章 6節〜7節
ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。ひとりの男の子が、私たちに与えられる。主権はその肩にあり、その名は「不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君」と呼ばれる。
その主権は増し加わり、その平和は限りなく、ダビデの王座に着いて、その王国を治め、さばきと正義によってこれを堅く立て、これをささえる。今より、とこしえまで。万軍の主の熱心がこれを成し遂げる。
メモ: 有名な予言の言葉だね。だけどここにも、神様の愛と哀れみだね。
2007/ 5/11 読: イザヤ書 10章〜12章
選: イザヤ書 12章 1節〜2節
その日、あなたは言おう。「主よ。感謝します。あなたは、私を怒られたのに、あなたの怒りは去り、私を慰めてくださいました。」
見よ。神は私の救い。私は信頼して恐れることはない。ヤハ、主は、私の力、私のほめ歌。私のために救いとなられた。
メモ: 行動で言い表わしたい。
2007/ 5/12 読: イザヤ書 13章〜15章
選: イザヤ書 14章 1節〜2節
まことに、主はヤコブをあわれみ、再びイスラエルを選び、彼らを自分たちの土地にいこわせる。在留異国人も彼らに連なり、ヤコブの家に加わる。
国々の民は彼らを迎え、彼らの所に導き入れる。イスラエルの家は主の土地でこの異国人を奴隷、女奴隷として所有し、自分たちをとりこにした者をとりこにし、自分たちをしいたげた者を支配するようになる。
メモ: 哀れみについて書いてある箇所を選んだ。
2007/ 5/13 読: イザヤ書 16章〜18章
選: イザヤ書 16章 4節〜5節
あなたの中に、モアブの散らされた者を宿らせ、荒らす者からのがれて来る者の隠れ家となれ。しいたげる者が死に、破壊も終わり、踏みつける者が地から消えうせるとき、
一つの王座が恵みによって堅く立てられ、さばきをなし、公正を求め、正義をすみやかに行う者が、ダビデの天幕で、真実をもって、そこにすわる。
メモ: これもイエス様についての予言か。
2007/ 5/14 読: イザヤ書 19章〜21章
選: イザヤ書 19章 22節、25節
主はエジプト人を打ち、打って彼らをいやされる。彼らが主に立ち返れば、彼らの願いを聞き入れ、彼らをいやされる。
万軍の主は祝福して言われる。「わたしの民エジプト、わたしの手でつくったアッシリア、わたしのものである民イスラエルに祝福があるように。」
メモ: いやす神だね。
2007/ 5/15 読: イザヤ書 22章〜24章
選: イザヤ書 24章 14節〜15節
彼らは、声を張り上げて喜び歌い、海の向こうから主の威光をたたえて叫ぶ。
それゆえ、東の国々で主をあがめよ。西の島々で、イスラエルの神、主の御名をあがめよ。
メモ: 主を讃美することの聖句を見つけた。
2007/ 5/16 読: イザヤ書 25章〜27章
選: イザヤ書 25章 1節、26章 4節
主よ。あなたは私の神。私はあなたをあがめ、あなたの御名をほめたたえます。あなたは遠い昔からの不思議なご計画を、まことに、忠実に成し遂げられました。
いつまでも主に信頼せよ。ヤハ、主は、とこしえの岩だから。
メモ: いつまでも主に信頼します。
2007/ 5/17 読: イザヤ書 28章〜30章
選: イザヤ書 28章 12節、29章 19節
主は、彼らに「ここにいこいがある。疲れた者をいこわせよ。ここに休みがある。」と仰せられたのに、彼らは聞こうとはしなかった。
へりくだる者は主によっていよいよ喜び、貧しい人はイスラエルの聖なる方によって楽しむ。
メモ: 神様は私たちに良いことを望んでいる。
2007/ 5/18 読: イザヤ書 31章〜33章
選: イザヤ書 32章 15節〜17節
しかし、ついには、上からの霊が私たちに注がれ、荒野が果樹園となり、果樹園が森とみなされるようになる。
公正は荒野に宿り、義は果樹園に住む。
義は平和をつくり出し、義はとこしえの平穏と信頼をもたらす。
メモ: 「しかし、ついには」神様の哀れみだね。
2007/ 5/19 読: イザヤ書 34章〜36章
選: イザヤ書 35章 10節
主に贖われた者たちは帰ってくる。彼らは喜び歌いながらシオンにはいり、その頭にはとこしえの喜びをいただく。楽しみと喜びがついて来、嘆きと悲しみとは逃げ去る。
メモ: なんとなく嬉しい光景だね。
2007/ 5/20 読: イザヤ書 37章〜39章
選: イザヤ書 37章 31節〜32節
ユダの家ののがれて残った者は下に根を張り、上に実を結ぶ。
エルサレムから、残りの者が出て来、シオンの山から、のがれた者が出て来るからである。万軍の主の熱心がこれをする。
メモ: すべてのことは主の熱心ゆえに。Danke!
2007/ 5/21 読: イザヤ書 40章〜42章
選: イザヤ書 40章 31節、41章 10節〜11節
しかし、主を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように翼をかって上ることができる。走ってもたゆまず、歩いても疲れない。
恐れるな。わたしはあなたとともにいる。たじろぐな。わたしがあなたの神だから。わたしはあなたを強め、あなたを助け、わたしの義の右の手で、あなたを守る。
見よ。あなたに向かっていきりたつ者はみな、恥を見、はずかしめを受け、あなたと争う者たちは、無いもののようになって滅びる。
メモ: 慰められるね。
2007/ 5/22 読: イザヤ書 43章〜45章
選: イザヤ書 43章 2節、4節
あなたが水の中を過ぎるときも、わたしはあなたとともにおり、川を渡るときも、あなたは押し流されない。火の中を歩いても、あなたは焼かれず、炎はあなたに燃えつかない。
わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。だからわたしは人をあなたの代わりにし、国民をあなたのいのちの代わりにするのだ。
メモ: 我々は、高価で尊い!
2007/ 5/23 読: イザヤ書 46章〜48章
選: イザヤ書 48章 17節〜19節
あなたを贖う主、イスラエルの聖なる方はこう仰せられる。「わたしは、あなたの神、主である。わたしは、あなたに益になることを教え、あなたの歩むべき道にあなたを導く。
あなたがわたしの命令に耳を傾けさえすれば、あなたのしあわせは川のように、あなたの正義は海の波のようになるであろうに。
あなたの子孫は砂のように、あなたの身から出る者は、真砂のようになるであろうに。その名はわたしの前から断たれることも、滅ぼされることもないであろうに。」
メモ: 「わたしは、あなたの神、主である。」いいねー!
読: 詩篇 25章から
選: 詩篇 25章 14節
主はご自身を恐れる者と親しくされ、ご自身の契約を彼らにお知らせになる。
メモ: 親しくしてくれるなんて、友達みたい!
2007/ 5/24 読: イザヤ書 49章〜51章
選: イザヤ書 51章 3節
まことに主はシオンを慰め、そのすべての廃墟を慰めて、その荒野をエデンのようにし、その砂漠を主の園のようにする。そこには楽しみと喜び、感謝と歌声とがある。
メモ: 神様の心の広さと哀れみを感じる。
2007/ 5/25 読: イザヤ書 52章〜54章
選: イザヤ書 53章 4節〜6節
まことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みをになった。だが、私たちは思った。彼は罰せられ、神に打たれ、苦しめられたのだと。
しかし、彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれた。彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。
私たちはみな、羊のようにさまよい、おのおの、自分かってな道に向かって行った。しかし、主は、私たちのすべての咎を彼に負わせた。
メモ: イエス様についての有名な箇所だね。
2007/ 5/26 読: イザヤ書 55章〜57章
選: イザヤ書 55章 11節〜13節
そのように、わたしの口から出るわたしのことばも、むなしく、わたしのところに帰っては来ない。必ず、わたしの望む事を成し遂げ、わたしの言い送った事を成功させる。
まことに、あなたは喜びをもって出て行き、安らかに導かれて行く。山と丘は、あなたがたの前で喜びの歌声をあげ、野の木々もみな、手を打ち鳴らす。
いばらの代わりにもみの木が生え、おどろの代わりにミルトスが生える。これは主の記念ととなり、絶えることのない永遠のしるしとなる。
メモ: 神様のことばを頼りましょう。
2007/ 5/27 読: イザヤ書 58章〜60章
選: イザヤ書 60章 1節〜3節
起きよ。光を放て。あなたの光が来て、主の栄光があなたの上に輝いているからだ。
見よ。やみが地をおおい。暗やみが諸国の民をおおっている。しかし、あなたの上には主が輝き、その栄光があなたの上に現れる。
国々はあなたの光のうちに歩み、王たちはあなたの輝きに照らされて歩む。
メモ: いつも発見する神様の哀れみだね。
2007/ 5/28 読: イザヤ書 61章〜63章
選: イザヤ書 63章 8節〜9節
主は仰せられた。「まことに彼らはわたしの民、偽りのない子たちだ。」と。こうして、主は彼らの救い主になられた。
彼らが苦しむときには、いつも主も苦しみ、ご自身の使いが彼らを救った。その愛とあわれみによって主は彼らを贖い、昔からずっと、彼らを背負い、抱いて来られた。
メモ: 今日のことばは忘れてはいけない。
2007/ 5/29 読: イザヤ書 64章〜66章
選: イザヤ書 66章 1節〜2節
主はこう仰せられる。「天はわたしの王座、地はわたしの足台。わたしのために、あなたがたの建てる家は、いったいどこにあるのか。わたしのいこいの場は、いったいどこにあるのか。
これらすべては、わたしの手が造ったもの、これらすべてはわたしのものだ。--- 主の御告げ。--- わたしが目を留める者は、へりくだって心砕かれ、わたしのことばにおののく者だ。
メモ: ともかく、神のことばに動かされる人を神は喜ばれるんだね。
2007/ 5/30 読: エレミヤ書 1章〜3章
選: エレミヤ書 1章 7節〜8節
すると、主は私に仰せられた。「まだ若い、と言うな。わたしがあなたを遣わすどんな所へでも行き、わたしがあなたに命じるすべての事を語れ。
彼らの顔を恐れるな。わたしはあなたとともにいて、あなたを救い出すからだ。・・主の御告げ。・・」
メモ: 人の顔色を恐れない人生でありたい。
2007/ 5/31 読: エレミヤ書 4章〜6章
選: エレミヤ書 6章 8節
エルサレムよ。戒めを受けよ。さもないと、わたしの心はおまえから離れ、おまえを住む人もいない荒れ果てた地とする。」
メモ: 神様の悲痛な叫びが聞こえてくる。
前Page