前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
(2007年 6月)

2007/ 6/ 1 読: エレミヤ書 7章〜9章
選: エレミヤ書 8章 21節〜9章 1節
私の民の娘の傷のために、私も傷つき、私は憂え、恐怖が、私を捕えた。
乳香はギルアデにないのか。医者はそこにいないのか。それなのに、なぜ、私の民の娘の傷はいやされなかったのか。
ああ、私の頭が水であったなら、私の目が涙の泉であったなら、私は昼も夜も、私の娘、私の民の殺された者のために泣こうものを。
メモ: 今日も神様の悲痛な叫びが聞こえてくる。
2007/ 6/ 2 読: エレミヤ書 10章〜12章
選: エレミヤ書 10章 6節
主よ。あなたに並ぶ者はありません。あなたは大いなる方。あなたの御名は、力ある大いなるものです。
メモ: このかたが自分達のボスなんだね。
2007/ 6/ 3 読: エレミヤ書 13章〜15章
選: エレミヤ書 15章 16節
私はあなたのきことばを見つけ出し、それを食べました。あなたのみことばは、私にとって楽しみとなり、心の喜びとなりました。万軍の神、主よ。私にはあなたの名がつけられているからです。
メモ: 教会でよく歌われる詩。「私にあなたの名がつけられている。」←すごい。
2007/ 6/ 4 読: エレミヤ書 16章〜18章
選: エレミヤ書 17章 7節〜8節
主に信頼し、主を頼みとする者に祝福があるように。
その人は、水のほとりに植わった木のように、流れのほとりに根を伸ばし、暑さが来ても暑さを知らず、葉は茂って、日照りの年にも心配なく、いつまでも実をみのらせる。
メモ: 詩篇に書かれていることばみたい。
2007/ 6/ 5 読: エレミヤ書 19章〜21章
選: エレミヤ書 20章 11節、23章 26節
しかし、主は私とともにあって、横暴な勇士のようです。ですから、私を追う者たちは、つまずいて、勝つことはできません。彼らは成功しないので、大いに恥をかき、それが忘れられない永久の恥となりましょう。
しかし、「主の宣告。」ということを二度と述べてはならない。主のことばが人の重荷となり、あなたがたが、生ける神、万軍の主、私たちの神のことばを曲げるからだ。
メモ: 「主は横暴な勇士のようです」がおもしろい。
2007/ 6/ 6 読: エレミヤ書 22章〜24章
選: エレミヤ書 23章 25節〜26節
あなたがたは互いに、「主は何と答えられたか。主は何と語られたか。」と言うがよい。
しかし、「主の宣告。」ということを二度と述べてはならない。主のことばが人の重荷となり、あなたがたが、生ける神、万軍の主、私たちの神のことばを曲げるからだ。
メモ: 神のことばが人の重荷になる事を、神様は望まれない。
2007/ 6/ 7 読: エレミヤ書 25章〜27章
選: エレミヤ書 26章 2節〜3節
「主はこう仰せられる。主の宮の庭に立ち、主の宮に礼拝しに来るユダのすべての町の者に、わたしがあなたに語れと命じたことばを残らず語れ。一言も省くな。
彼らがそれを聞いて、それぞれ悪の道から立ち返るかもしれない。そうすれば、わたしは、彼らの悪い行ないのために彼らに下そうと考えていたわざわいを思い直そう。
メモ: 主の宮に礼拝しに来る人に語れと言われているのが興味深い。
デボーションの本から: コリント人への手紙 第T 10章 13節
あなたがたの会った試練はみな人の知らないようなものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを耐えることのできないような試練に会わせるようなことはなさいません。むしろ、耐えることのできるように、試練とともに、脱出の道も備えてくださいます。
メモ: 良く知られている聖句だけど、いつもまた慰めになるよ。
2007/ 6/ 8 読: エレミヤ書 28章〜30章
選: エレミヤ書 29章 11節〜13節
わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。・・主の御告げ。・・それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。
あなたがたがわたしを呼び求めて歩き、わたしに祈るなら、わたしはあなたがたに聞こう。
もし、あなたがたが心を尽くしてわたしを捜し求めるなら、わたしを見つけるだろう。
メモ: 「平安、将来、希望を与える計画である」。神様に身をまかせましょう。
2007/ 6/ 9 読: エレミヤ書 31章〜33章
選: エレミヤ書 31章 3節〜4節
主は遠くから、私に現れた。「永遠の愛をもって、わたしはあなたを愛した。それゆえ、わたしはあなたに、誠実を尽くし続けた。
おとめイスラエルよ。わたしは再びあなたを建て直し、あなたは建て直される。再びあなたはタンバリンで身を飾り、再び笑う者たちの踊りの輪に出て行こう。
メモ: 神様の愛が伝わってくるではないか。
2007/ 6/10 読: エレミヤ書 34章〜36章
選: エレミヤ書 34章 15節〜16節
しかし、あなたがたは、きょう悔い改め、各自、隣人の開放を告げてわたしが正しい見ることを行い、わたしの名がつけられているこの家で、わたしの前に契約を結んだ。
それなのに、あなたがたは心を翻して、わたしの名を汚し、いったん自由の身にした奴隷や女奴隷をかってに連れ戻し、彼らをあなたがたの奴隷や女奴隷として使役した。』
メモ: 神様に対する契約を翻すと、神様の名を汚すことになるのか。
デボーションの本から: テトスへの手紙 2章 14節
キリストが私たちのためにご自身をささげられたのは、私たちをすべての不法から贖い出し、良いわざに熱心なご自分の民を、ご自分のためにきよめるためでした。
メモ: 神のために、私たちはきよめられた。
2007/ 6/11 読: エレミヤ書 37章〜39章
選: エレミヤ書 39章 17節〜18節
しかしその日、わたしはあなたを救い出す。・・主の御告げ。・・あなたはあなたが恐れている者たちの手に渡されることはない。
わたしは必ずあなたを助け出す。あなたは剣に倒れず、あなたのいのちはあなたの分捕り物としてあなたのものになる。それは、あなたがわたしに信頼したからだ。・・主の御告げ。・・』」
メモ: 神様に信頼することを神様は喜ぶ。報われる。
2007/ 6/12 読: エレミヤ書 40章〜42章
選: サムエル記 第U 22章 36節 (デボーションの本から)
こうしてあなたは、御救いの盾を私に下さいました。あなたの謙遜は、私を大きくされます。
メモ: 神様はすばらしい。
2007/ 6/13 読: エレミヤ書 43章〜46章
選: エレミヤ書 46章 27節〜28節
わたしのしもべヤコブよ。恐れるな。イスラエルよ。おののくな。見よ。わたしが、あなたを遠くから、あなたの子孫を捕囚の地から救うからだ。ヤコブは帰って来て、平穏に安らかに生き、おびえさせる者はだれもいない。
わたしのしもべヤコブよ。恐れるな。・・主の御告げ。・・わたしがあなたとともにいるからだ。わたしは、あなたを追いやった先のすべての国々を滅ぼし尽くすからだ。わたしはあなたを滅ぼし尽くさない。公儀によって、あなたを懲らしめ、あなたを罰せずにおくことは決してないが。」
メモ: ここにも神様の自分の民に対する哀れみを見ることができるね。
2007/ 6/14 読: エレミヤ書 47章〜48章
選: ルカの福音書 12章 8節 (デボーションの本から)
そこで、あなたがたに言います。だれでも、わたしを人の前で認める者は、人の子もまた、その人を神の御使いたちの前で認めます。
メモ: 何という宣言だろう!
2007/ 6/15 読: エレミヤ書 49章〜51章
選: エレミヤ書 51章 19節
ヤコブの分け前はこんなものではない。主は万物を造る方。イスラエルは主ご自身の部族。その御名は万軍の主である。
メモ: クリスチャンは主ご自身の部族とも言えるか。我等の族長はイエス様だね。
2007/ 6/16 読: エレミヤ書 52章、哀歌 1章〜3章
選: 哀歌 3章 31節〜33節
主は、いつまでも見放してはおられない。
たとい悩みを受けても、主は、その豊かな恵みによって、あわれんでくださる。
主は人の子らを、ただ苦しめ悩まそうとは、思っておられない。
メモ: この箇所でも、神様の人への思いやりが見られるね。
2007/ 6/17 読: 哀歌 4〜5章、エゼキエル書 1章〜3章
選: エゼキエル書 2章 4節〜5節
彼らはあつかましくて、かたくなである。わたしはあなたを彼らに遣わす。あなたは彼らに『神である主はこう仰せられる。』と言え。
彼らは反逆の家だから、彼らが聞いても、聞かなくても、彼らは、彼らのうちに預言者がいることを知らなければならない。
メモ: それでも預言者を送り込んで、何とか改心させようとする神様の愛を見るね。
2007/ 6/18 読: エゼキエル書 4章〜6章
選: 詩篇 18章 1節 (デボーションの本から)
彼はこう言った。主、わが力。私は、あなたを慕います。
メモ: 「慕います」は、ドイツ語の聖書では「愛します」に訳されている。
2007/ 6/19 読: エゼキエル書 7章〜9章
選: ヨハネの黙示録 3章 11節 (デボーションの本から)
わたしは、すぐに来る。あなたの冠をだれにも奪われないように、あなたの持っているものをしっかりと持っていなさい。
メモ: ごった返しの世の中をしっかり生きていくためのことばだね。
2007/ 6/20 読: エゼキエル書 10章〜12章
選: 詩篇 119章 105節 (デボーションの本から)
あなたのみことばは、私の足のともしび、私の道の光です。
メモ: 今日はアパ・ルームの中から選んだ。この言葉をもっと実感したい。
2007/ 6/21 読: エゼキエル書 13章〜15章
選: ピリピ人への手紙 4章 19節 (デボーションの本から)
また、私の神は、キリスト・イエスにあるご自身の栄光の富をもって、あなたがたの必要をすべて満たしてくださいます。
メモ: 今の自分の状態が書かれていた。この言葉を信じます。
2007/ 6/22 読: エゼキエル書 16章〜18章
選: エゼキエル書 18章 31節〜32節
あなたがたの犯したすべてのそむきの罪をあなたがたの中から放り出せ。こうして、新しい心と新しい霊を得よ。イスラエルの家よ。なぜ、あなたがたは死のうとするのか。
わたしは、だれが死ぬのも喜ばないからだ。・・神である主の御告げ。・・だから、悔い改めて、生きよ。
メモ: ここにも神様から愛する自分の民へのお願い(訴え)。生きよ!
2007/ 6/23 読: エゼキエル書 19章〜21章
選: エゼキエル書 20章 16節〜17節
それは、彼らがわたしの定めをないがしろにし、わたしのおきてを踏み行なわず、わたしの安息日を汚したからだ。それほど彼らの心は偶像を慕っていた。
それでも、わたしは彼らを惜しんで、滅ぼさず、わたしは荒野で彼らを絶やさなかった。
メモ: もし、イスラエルが絶やされていたら、今の世の中はどうなっていただろう。
2007/ 6/24 読: エゼキエル書 22章〜24章
選: エゼキエル書 22章 15節〜16節
わたしはおまえを諸国の民の中に散らし、国々に追い散らし、おまえの汚れを全く取り除き、
諸国の民が見ている前でおまえにゆずりの地を与える。このとき、おまえは、わたしが主であることを知ろう。」
メモ: 「おまえは、わたしが主であることを知ろう。」が何度も書かれている。
2007/ 6/25 読: エゼキエル書 25章〜27章
選: 詩篇 25章 4節〜5節 (デボーションの本から)
主よ。あなたの道を私に知らせ、あなたの小道を私に教えてください。
あなたの真理のうちに私を導き、私を教えてください。あなたこそ、私の救いの神、私は、あなたを一日中待ち望んでいるのです。
メモ: 今日も神様のわざに期待しましょう。
2007/ 6/26 読: エゼキエル書 28章〜30章
選: エレミヤ書 1章 4節〜5節 (デボーションの本から)
次のような主のことばが私にあった。
「わたしは、あなたを胎内に形造る前から、あなたを知り、あなたが腹から出る前から、あなたを聖別し、あなたを国々への預言者と定めていた。」
メモ: エレミヤだけじゃないでしょ。我々も形造られる前から知られているでしょ。
2007/ 6/27 読: エゼキエル書 31章〜33章
選: コリント人への手紙 第U 7章 5節 (デボーションの本から)
マケドニヤに着いたとき、私たちの身には少しの安らぎもなく、さまざまの苦しみに会って、外には戦い、うちには恐れがありました。
メモ: 「だれだれさんによって、神様に慰めてもらった」のほ当時に使徒にもか。
2007/ 6/28 読: エゼキエル書 34章〜36章
選: エゼキエル書 34章 29節〜31節
わたしは、彼らのためにりっぱな植物を生やす。彼らは、二度とその国でききんに会うこともなく、二度と諸国の民の侮辱を受けることもない。
このとき、彼らは、わたしが主で、彼らとともにいる彼らの神であり、彼らイスラエルの家がわたしの民であることを知ろう。・神である主の御告げ。・
あなたがたは、わたしの羊、わたしの牧場の羊である。あなたがたは人で、わたしはあなたがたの神である。・・神である主の御告げ。・・」
メモ: 「わたしはあなたがたの神である。」いいねー。この神をもっと経験したい。
2007/ 6/29 読: エゼキエル書 37章〜39章
選: エゼキエル書 39章 7節
わたしは、わたしの聖なる名をわたしの民イスラエルの中に知らせ、二度とわたしの聖なる名を汚させない。諸国の民は、わたしが主であり、イスラエルの聖なる者であることを知ろう。
メモ: 主のものとなった私たちも、神様の名を汚さないように気をつけなければ。
2007/ 6/30 読: エゼキエル書 40章〜42章
選: エゼキエル書 40章 4節
その人は私に話しかけた。「人の子よ。あなたの目で見、耳で聞き、わたしがあなたに見せるすべての事を心に留めよ。わたしがあなたを連れて来たのは、あなたにこれを見せるためだ。あなたが見ることをみな、イスラエルの家に告げよ。」
メモ: エゼキエルなぜ神殿についての幻を見せられたのだろう。
前Page