前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
(2007年 7月)

2007/ 7/ 1 読: エゼキエル書 43章〜45章
選: エゼキエル書 43章 7節
その方は私に言われた。「人の子よ。ここはわたしの王座のある所、わたしの足の踏む所、わたしが永遠にイスラエルの子らの中で住む所である。イスラエルの家は、その民もその王たちも、もう二度と、淫行や高き所の王たちの死体で、わたしの聖なる名を汚さない。
メモ: 自分の民を決してあきらめない神の愛。私たちは神の名を汚してはいけない。
2007/ 7/ 2 読: エゼキエル書 46章〜48章
選: エゼキエル書 47章 9節
この川が流れて行く所はどこででも、そこに群がるあらゆる生物は生き、非常に多くの魚がいるようになる。この水がはいると、そこの水が良くなるからである。この川がはいる所では、すべてのものが生きる。
メモ: このような川になりたいね。
2007/ 7/ 3 読: ダニエル書 1章〜3章
選: ダニエル書 1章 9節
神は宦官の長に、ダニエルを愛しいつくしむ心を与えられた。
メモ: 神は、だれだれに、ハラルドを愛しいつくしむ心を与えられた。良いね!
2007/ 7/ 4 読: ダニエル書 4章〜6章
選: ダニエル書 6章 23節
そこで王は非常に喜び、ダニエルをその穴から出せと命じた。ダニエルは穴から出されたが、彼に何の傷も認められなかった。彼が神に信頼していたからである。
メモ: ダニエルが神に信頼していることは、隠されていたことではなかった。
2007/ 7/ 5 読: ダニエル書 7章〜9章
選: ダニエル書 9章 23節
あなたが願いの祈りを始めたとき、一つのみことばが述べられたので、私はそれを伝えに来た。あなたは、神に愛されている人だからだ。そのみことばを聞き分け、幻を悟れ。
メモ: 天使に、「あなたは、神に愛されている人だからだ。」って、嬉しい発言だ。
2007/ 7/ 6 読: ダニエル書 10章〜12章
選: ダニエル書 12章 13節
あなたは終わりまで歩み、休みに入れ。あなたは時の終わりに、あなたの割り当て地に立つ。」
メモ: ダニエル書の最後の節。神の定めた時を待つ。
2007/ 7/ 7 読: ホセア書 1章〜3章
選: ホセア書 1章 10節
イスラエル人の数は、海の砂のようになり、量ることも数えることもできなくなる。彼らは、「あなたがたはわたしの民ではない。」と言われた所で、「あなたがたは生ける神の子らだ。」と言われるようになる。
メモ: いつでも背いていた民をなぜここまで愛するのかな。
2007/ 7/ 8 読: ホセア書 4章〜6章
選: ホセア書 6章 3節
私たちは、知ろう。主を知ることを切に追い求めよう。主は暁の光のように、確かに現われ、大雨のように、私たちのところに来、後の雨のように、地を潤される。」
メモ: このみことばの歌がある。喜びで満たされるためにも、主をもっと知りたい。
2007/ 7/ 9 読: ホセア書 7章〜9章
選: マタイの福音書 5章 14節〜16節
あなたがたは、世界の光です。山の上にある町は隠れる事ができません。
また、あかりをつけて、それを枡の下に置く者はありません。燭台の上に置きます。そうすれば、家にいる人々全部を照らします。
このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行ないを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。
メモ: 選んだのは、今日のアパ・ルームからのみ言葉。16節が重要だね。
2007/ 7/10 読: ホセア書 10章〜12章
選: ホセア書 11章 3節
それでも、わたしはエフライムに歩くことを教え、彼らを腕に抱いた。 しがし、彼らはわたしがいやしたのを知らなかった。
メモ: 私たちも、知らないで神に癒されてることが多いのではないかな。
2007/ 7/11 読: ホセア書 13章〜14章、ヨエル書 1章〜3章
選: ヨエル書 2章 13節
あなたがたの着物ではなく、あなたがたの心を引き裂け。あなたがたの神、主に立ち返れ。主は情け深く、あわれみ深く、怒るのにおそく、恵み豊かで、わざわいを思い直してくださるからだ。
メモ: 「着物ではなく心を引き裂け」が心に残った。本心が重要だね。
2007/ 7/12 読: アモス書 1章〜3章
選: ルカの福音書 9章 35節
すると雲の中から、「これは、わたしの愛する子、わたしの選んだ者である。彼の言うことを聞きなさい。」と言う声がした。
メモ: 御言葉は今日の「アパ・ルーム」から。彼の言うことを聞くことが基本だね。
2007/ 7/13 読: アモス書 4章〜6章
選: アモス書 4章 13節
見よ。山々を造り、風を造り出し、人にその思いが何であるかを告げ、暁と暗やみを造り、地の高い所を歩まれる方、その名は万軍の神、主。
メモ: 全てを支配している神。
2007/ 7/14 読: アモス書 7章〜9章
選: アモス書 9章 14節〜15節
わたしは、わたしの民イスラエルの捕われ人を帰らせる。彼らは荒れた町々を建て直して住み、ぶどう畑を作って、そのぶどう酒を飲み、果樹園を作って、その実を食べる。
わたしは彼らを彼らの地に植える。彼らは、わたしが彼らに与えたその土地から、もう、引き抜かれることはない。」とあなたの神、主は、仰せられる。
メモ: 自分の民の幸せを望んでいる神様が見えるね。
2007/ 7/15 読: オバデヤ書、ヨナ書 1章〜4章
選: ヨナ書 4章 10節〜11節
主は仰せられた。「あなたは、自分で骨折らず、育てもせず、一夜で生え、一夜で滅びたこのとうごまを惜しんでいる。
まして、わたしは、この大きな町ニネベを惜しまないでいられようか。そこには、右も左もわきまえない十二万以上の人間と、数多くの家畜とがいるではないか。」
メモ: 神様は、哀れみ深いなー!
2007/ 7/16 読: ミカ書 1章〜3章
選: ミカ書 2章 12節〜13節
ヤコブよ。わたしはあなたをことごとく必ず集める。わたしはイスラエルの残りの者を必ず集める。わたしは彼らを、おりの中の羊のように、牧場の中の群れのように一つに集める。こうして人々のざわめきが起ころう。
打ち破る者は、彼らの先頭に立って上って行き、彼らは門を打ち破って進んで行き、そこを出て行く。彼らの王は彼らの前を進み、主が彼らの真先に進まれる。
メモ: 主が彼らの真先に進まれる。早く理想を現実にしたい。
2007/ 7/17 読: ミカ書 4章〜7章
選: ミカ書 4章 2節、6章 8節、7章 8節
多くの異邦の民が来て言う。「さあ、主の山、ヤコブの神の家に上ろう。主はご自分の道を、私たちに教えてくださる。私たちはその小道を歩もう。」それは、シオンからみおしえが出、エルサレムから主のことばが出るからだ。
主はあなたに告げられた。人よ。何が良いことなのか。主は何をあなたに求めておられるのか。それは、ただ公儀を行ない、誠実を愛し、へりくだってあなたの神とともに歩むことではないか。
私の敵。私のことで喜ぶな。私は倒れても起き上がり、やみの中にすわっていても、主が私の光であるからだ。
メモ: 光である主とともに、主の小道を、誠実を愛し、へりくだって歩もう。
2007/ 7/18 読: ナホム書 1章〜3章
選: ナホム書 1章 7節
主はいつくしみ深く、苦難の日のとりでである。 主に身を避ける者たちを主は知っておられる。
メモ: 主に知られている私たちであった。
2007/ 7/19 読: ハバクク書 1章〜3章
選: ハバクク書 3章 18節〜19節
しかし、私は主にあって喜び勇み、私の救いの神にあって喜ぼう。
私の主、神は、私の力。私の足を雌鹿のようにし、私に高い所を歩ませる。指揮者のために。弦楽器に合わせて。
メモ: いろいろなことがあるが、私たちには、「しかし」がある。
2007/ 7/20 読: ゼパニヤ書 1章〜3章
選: ゼパニヤ書 3章 17節
あなたの神、主は、あなたのただ中におられる。救いの勇士だ。主は喜びをもってあなたのことを楽しみ、その愛によって安らぎを与える。主は高らかに歌ってあなたのことを喜ばれる。
メモ: 主はあなたのことを楽しみ、あなたのことを喜ばれる。
2007/ 7/21 読: ハガイ書 1章〜2章、ゼカリヤ書 1章〜3章
選: ゼカリヤ書 2章 10節〜11節
シオンの娘よ。喜び歌え。楽しめ。見よ。わたしは来て、あなたのただ中に住む。−−主の御告げ。−−
その日、多くの国々が主につき、彼らはわたしの民となり、わたしはあなたのただ中に住む。あなたは、万軍の主が私をあなたに遣わされたことを知ろう。
メモ: 「わたしはあなたのただ中に住む。」いつも一緒。
2007/ 7/22 読: ゼカリヤ書 4章〜6章
選: ゼカリヤ書 4章 1節
私と話していた御使いが戻って来て、私を呼びさましたので、私は眠りからさまされた人のようであった。
メモ: 預言者もただの人。ぼーっとしていたのだろうね。
2007/ 7/23 読: ゼカリヤ書 7章〜9章
選: ゼカリヤ書 8章 15節〜16節
しかし、このごろ、わたしはエルサレムとユダの家とに幸いを下そうと考えている。恐れるな。
これがあなたがたのしなければならないことだ。互いに真実を語り、あなたがたの町囲みのうちで、真実と平和のさばきを行なえ。
メモ: 神様が求めていることは、「互いに真実を語りなさい」だね。
2007/ 7/24 読: ゼカリヤ書 10章〜12章
選: ゼカリヤ書 10章 12節
彼らの力は主にあり、彼らは主の名によって歩き回る。−−主の御告げ。−−
メモ: 自分が主の名によって歩き回ることを想像した。なんか強そう。
2007/ 7/25 読: ゼカリヤ書 13章〜14章、マラキ書 1章〜4章
選: マラキ書 4章 2節
しかし、わたしの名を恐れるあなたがたには、義の太陽が上り、その翼には、癒しがある。あなたがたは外に出て、牛舎の子牛のようにはね回る。
メモ: 希望に満ちた言葉だね。
2007/ 7/26 読: マタイの福音書 1章〜3章
選: マタイの福音書 3章 15節
ところが、イェスは答えて言われた。「今はそうさせてもらいたい。このようにして、すべての正しいことを実行するのは、わたしたちにふさわしいので す。」そこで、ヨハネは承知した。
メモ: 私たちは、すべての正しいこと実行しましょう。
2007/ 7/27 読: マタイの福音書 4章〜6章
選: マタイの福音書 6章 33節
だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。
メモ: よく知られた言葉だけど、いつも自分のマインドにたたき込まなくちゃだよ。
2007/ 7/28 読: マタイの福音書 7章〜9章
選: マタイの福音書 7章 24節
だから、わらしのこれらのことばを聞いてそれを行なう者はみな、岩の上に自分の家を建てた賢い人に比べることができます。
メモ: 普段から神の望むこと行っていれば、いざという時に経験がものをいう。
2007/ 7/29 読: マタイの福音書 10章〜12章
選: マタイの福音書 11章 28節〜29節
すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。
わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。
メモ: 良く知られている言葉。どれだけ意味深いか。
2007/ 7/30 読: マタイの福音書 13章〜15章
選: マタイの福音書 13章 23節
ところが、良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いてそれを悟る人のことで、その人はほんとうに実を結び、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍の実を結びます。」
メモ: みことばを悟る人になりたい。
2007/ 7/31 読: マタイの福音書 16章〜18章
選: マタイの福音書 18章 4節〜5節
だから、この子どものように、自分を低くする者が、天の御国で一番偉い人です。
また、だれでも、このような子どものひとりを、わたしの名のゆえに受け入れる者は、わたしを受け入れるのです。
メモ: 自分を低くする者になりたい。
前Page