前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
(2007年 8月)

2007/ 8/ 1 読: マタイの福音書 19章〜21章
選: マタイの福音書 21章 17節〜18節
イエスは彼らをあとに残し、都を出てベタニヤに行き、そこに泊まられた。
翌朝、イエスは都に帰る途中、空腹を覚えられた。
メモ: 人となられたイエス様。私達と同じ体を持ったイエス様。
2007/ 8/ 2 読: マタイの福音書 22章〜24章
選: マタイの福音書 24章 44節
だから、あなたがたも用心していなさい。なぜなら、人の子は、思いがけない時に来るのですから。
メモ: イエス様が再び来ることを忘れちゃいけない。
2007/ 8/ 3 読: マタイの福音書 25章〜28章
選: マタイの福音書 28章 20節
また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」
メモ: わたしは、いつも、あなたがたとともにいます。最高の慰め&パワーだよ。
2007/ 8/ 4 読: マルコの福音書 1章〜3章
選: マルコの福音書 3章 34節〜35節
そして、自分の回りにすわっている人たちを見回して言われた。「ご覧なさい。わたしの母、わたしの兄弟たちです。
神のみこころを行なう人はだれでも、わたしの兄弟、姉妹、また母なのです。」
メモ: イエス様の兄弟であることを感謝します。
2007/ 8/ 5 読: マルコの福音書 4章〜6章
選: マルコの福音書 4章 40節
イエスは彼らに言われた。「どうしてそんなにこわがるのです。信仰がないのは、どうしたことです。」
メモ: 自分達にも最高の権力者が付いていることをもっと自覚しなくちゃ。
2007/ 8/ 6 読: マルコの福音書 7章〜9章
選: マルコの福音書 9章 27節
しかし、イエスは、彼の手を取って起こされた。するとその子は立ち上がった。
メモ: 我々も時々イエス様に起こしてもらう必要があるかもね。
2007/ 8/ 7 読: マルコの福音書 10章〜12章
選: マルコの福音書 12章 29節〜31節
イエスは答えられた。「一番たいせつなのはこれです。『イスラエルよ。聞け。われらの神である主は、唯一の主である。
心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』
次にはこれです。『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』この二つより大事な命令は、ほかにありません。」
メモ: この聖句、改めて自覚したい。
2007/ 8/ 8 読: マルコの福音書 13章〜16章
選: マルコの福音書 14章 36節
またこう言われた。「アバ、父よ。あなたにおできにならないことはありません。どうぞ、この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしの願うことではなく、あなたのみこころのままを、なさってください。」
メモ: この神様の愛に感動せずにいられようか。
2007/ 8/ 9 読: ルカの福音書 1章〜3章
選: ルカの福音書 1章 45節
主によって語られたことは必ず実現すると信じきった人は、何と幸いなことでしょう。」
メモ: 書いてあるとおりでしょう。
2007/ 8/10 読: ルカの福音書 4章〜6章
選: ルカの福音書 5章 16節
しかし、イエスご自身は、よく荒野に退いて祈っておられた。
メモ: 何をそんなに祈っていたのだろう。働きが多かったからでしょうね。
2007/ 8/11 読: ルカの福音書 7章〜9章
選: ルカの福音書 9章 35節
すると雲の中から、「これは、わたしの愛する子、わたしの選んだ者である。彼の言うことを聞きなさい。」と言う声がした。
メモ: 神様からの命令。イエス様の言うことを聞きなさい。うん。
2007/ 8/12 読: ルカの福音書 10章〜12章
選: ルカの福音書 12章 28節
しかし、きょうは野にあって、あすは炉に投げ込まれる草をさえ、神はこのように装ってくださるのです。ましてあなたがたには、どんなによくしてくださることでしょう。ああ、信仰の薄い人たち。
メモ: 自然の中から学びたいね。神を見いだしたいね。
2007/ 8/13 読: ルカの福音書 13章〜15章
選: ルカの福音書 15章 31節
父は彼に言った。『おまえはいつも私といっしょにいる。私のものは、全部おまえのものだ。
メモ: あたりまえのようで、気がつかない幸せに、感謝。
2007/ 8/14 読: ルカの福音書 16章〜18章
選: ルカの福音書 18章 1節
いつでも祈るべきであり、失望してはならないことを教えるために、イエスは彼らにたとえを話された。
メモ: いつでも祈り、失望してはだめだとイエス様は言っている。そうしよう。
2007/ 8/15 読: ルカの福音書 19章〜21章
選: ルカの福音書 21章 33節
この天地は滅びます。しかし、わたしのことばは決して滅びることがありません。
メモ: 決して滅びることがない神のことばが私達の生活の土台でしょ。
2007/ 8/16 読: ルカの福音書 22章〜24章
選: ルカの福音書 22章 26節
だが、あなたがたは、それではいけません。あなたがたの間で一番偉い人は一番年の若い者のようになりなさい。また、治める人は仕える人のようでありなさい。
メモ: 昔から頭の中にあることば。偉くはないけど今後も実践していきたい。
2007/ 8/17 読: ヨハネの福音書 1章〜3章
選: ヨハネの福音書 3章 16節
神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。
メモ: 新しいことではないが、「世」と「信じる者」のところに自分の名前を。
2007/ 8/18 読: ヨハネの福音書 4章〜6章
選: ヨハネの福音書 5章 8節
イエスは彼に言われた。「起きて、床を取り上げて歩きなさい。」
メモ: 癒されなさい!ではなく、いつも、その結果の具体的な行動を指示してるね。
2007/ 8/19 読: ヨハネの福音書 7章〜9章
選: ヨハネの福音書 9章 6節〜7節
イエスは、こう言ってから、地面につばきをして、そのつばきで泥を作られた。そしてその泥を盲人の目に塗って言われた。
行って、シロアム(訳して言えば、遣わされた者)の池で洗いなさい。」そこで、彼は行って、洗った。すると、見えるようになって、帰って行った。
メモ: イエス様は、ここでも具体的な行動を指示してるね。
2007/ 8/20 読: ヨハネの福音書 10章〜12章
選: ヨハネの福音書 11章 43節〜44節
そして、イエスはそう言われると、大声で叫ばれた。「ラザロよ。出て来なさい。」
すると、死んでいた人が、手と足を長い布で巻かれたままで出て来た。彼の顔は布切れで包まれていた。イエスは彼らに言われた。「ほどいてやって、帰らせなさい。」
メモ: 「生き返りなさい!」ではなく、「出て来なさい!」。具体的だね。
2007/ 8/21 読: ヨハネの福音書 13章〜15章
選: ヨハネの福音書 15章 4節
わたしにとどまりなさい。わたしも、あなたがたの中にとどまります。枝がぶどうの木についていなければ、枝だけでは実を結ぶことができません。同様にあなたがたも、わたしにとどまっていなければ、実を結ぶことはできません。
メモ: 豊かな実を結ぶ条件ですかね。
2007/ 8/22 読: ヨハネの福音書 16章〜18章
選: ヨハネの福音書 16章 23節〜24節
その日には、あなたがたはもはや、わたしに何も尋ねません。まことに、まことに、あなたがたに告げます。あなたがたが父に求めることは何でも、父は、わたしの名によってそれをあなたがたにお与えになります。
あなたがたは今まで、何もわたしの名によって求めたことはありません。求めなさい。そうすれば受けるのです。それはあなたがたの喜びが満ち満ちたものとなるためです。
メモ: 「喜びが満ち満ちたものとなるため」に求めなさいだって。
2007/ 8/23 読: ヨハネの福音書 19章〜21章
選: ヨハネの福音書 21章 12節
イエスは彼らに言われた。「さあ来て、朝の食事をしなさい。」弟子たちは主であることを知っていたので、だれも「あなたはどなたですか。」とあえて尋ねる者はいなかった。
メモ: 弟子のために準備するイエス様。見習います。
2007/ 8/24 読: 使徒の働き 1章〜3章
選: 使徒の働き 3章 6節〜8節
すると、ペテロは、「金銀は私にはない。しかし、私にあるものを上げよう。ナザレのイエス・キリストの名によって、歩きなさい。」と言って、
彼の右手を取って立たせた。するとたちまち、彼の足とくるぶしが強くなり、
おどり上がってまっすぐに立ち、歩きだした。そして歩いたり、はねたりしながら、神を讃美しつつ、ふたりといっしょに宮にはいって行った。
メモ: ペテロみたいになりたいね。
2007/ 8/25 読: 使徒の働き 2章〜6章
選: 使徒の働き 4章 12節
この方以外には、だれによっても救いはありません。世界中でこの御名のほかには、私たちが救われるべき名としては、どのような名も、人間に与えられていないからです。」
メモ: 「この方、イエス・キリスト意外に救いはありません。」はっきりしてるね。
2007/ 8/26 読: 使徒の働き 7章〜9章
選: 使徒の働き 9章 34節
ペテロは彼にこう言った。「アイネヤ。イエス・キリストがあなたをいやしてくださるのです。立ち上がりなさい。そして自分で床を整えなさい。」すると彼はただちに立ち上がった。
メモ: 「そして自分で床を整えなさい。」と言うのは、力を得たことを現すためか。
2007/ 8/27 読: 使徒の働き 10章〜12章
選: 使徒の働き 10章 33節
それで、私はすぐあなたのところへ人を送ったのですが、よくおいでくださいました。いま私たちは、主があなたにお命じになったすべてのことを伺おうとして、みな神の御前に出ております。」
メモ: このような聞く姿勢が謙遜かな。
2007/ 8/28 読: 使徒の働き 13章〜15章
選: 使徒の働き 15章 10節〜11節
それなのに、なぜ、今あなたがたは、私たちの先祖も私たちも負いきれなかったくびきを、あの弟子たちの首に掛けて、神を試みようとするのです。
私たちが主イエスの恵みによって救われたことを私たちは信じますが、あの人たちもそうなのです。」
メモ: 私たちは、「主イエスの恵によって」救われたのだよ。行いではないよ。
2007/ 8/29 読: 使徒の働き 16章〜18章
選: 使徒の働き 16章 18節
幾日もこんなことをするので、困り果てたパウロは、振り返ってその霊に、「イエス・キリストの御名によって命じる。この女から出て行け。」と言った。すると即座に、霊は出て行った。
メモ: イエス・キリスト御心を知り、その名を正しく使えたパウロ。力あるね。
2007/ 8/30 読: 使徒の働き 19章〜21章
選: 使徒の働き 19章 20節
こうして、主のことばは驚くほど広まり、ますます力強くなって行った。
メモ: 当時の使徒たちが驚くくらだから、そうとうすごかったのでしょうね。
2007/ 8/31 読: 使徒の働き 22章〜24章
選: 使徒の働き 23章 11節
その夜、主がパウロのそばに立って、「勇気を出しなさい。あなたは、エルサレムでわたしのことをあかししたように、ローマでもあかしをしなければならない。」と言われた。
メモ: こう言われてからローマに行けるまで何年がたっただろう。忍耐を学時かな。
前Page