前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
(2007年 9月)

2007/ 9/ 1 読: 使徒の働き 25章〜28章
選: 使徒の働き 26章 16節
起き上がって、自分の足で立ちなさい。わたしがあなたに現われたのは、あなたが見たこと、また、これから後わたしがあなたに現われて示そうとすることについて、あなたを奉仕者、また証人に任命するためである。
メモ: わざわざ「自分の足で立ちなさい。」と言われるのは、どういう意味だろう。
2007/ 9/ 2 読: ローマ人への手紙 1章〜3章
選: ローマ人への手紙 3章 23節〜24節
すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、
ただ、神の恵により、キリスト・イエスによる贖いのゆえに、価なしに義と認められるのです。
メモ: イエス様の贖いを今日も感謝しよう。
2007/ 9/ 3 読: ローマ人への手紙 4章〜6章
選: ローマ人への手紙 4章 20節〜21節
彼は、不信仰によって神の約束を疑うようなことをせず、反対に、信仰がますます強くなって、神に栄光を帰し、
神には約束されたことを成就する力があることを堅く信じました。
メモ: 神様が約束されたことを堅く信じます。その様に生活します。
2007/ 9/ 4 読: ローマ人への手紙 7章〜9章
選: ローマ人への手紙 8章 31節
では、これらのことからどう言えるでしょう。神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。
メモ: 最高の権限を持つ方が味方だから、嬉しいね。
2007/ 9/ 5 読: ローマ人への手紙 10章〜12章
選: ローマ人への手紙 10章 12節
ユダヤ人とギリシヤ人との区別はありません。同じ主が、すべての人の主であり、主を呼び求めるすべての人に対して恵み深くあられるからです。
メモ: 恵み深い主に今日もすべてのことを感謝しよう!
2007/ 9/ 6 読: ローマ人への手紙 13章〜16章
選: ローマ人への手紙 14章 19節
そういうわけですから、私たちは、平和に役立つことと、お互いの霊的成長に役立つこととを追い求めましょう。
メモ: 「はい、分かりました。」と返事するしかない気がする。
2007/ 9/ 7 読: コリント人への手紙 第T 1章〜3章
選: コリント人への手紙 第T 3章 11節
というのは、だれも、すでに据えられている土台のほかに、ほかの物を据えることはできないからです。その土台とはイエス・キリストです。
メモ: 自分達の土台はしっかりしてるから、土台が悪くて倒れることはないよね。
2007/ 9/ 8 読: コリント人への手紙 第T 4章〜6章
選: コリント人への手紙 第T 6章 19節〜20節
あなたがたのからだは、あなたがたのうちに住まれる、神から受けた聖霊の宮であり、あなたがたは、もはや自分自身のものではないことを、知らないのですか。
あなたがたは、代価を払って買い取られたのです。ですから自分のからだをもって、神の栄光を現わしなさい。
メモ: 神に買い取られた者だと言う自覚をもっと持たなければいけないな。
2007/ 9/ 9 読: コリント人への手紙 第T 7章〜9章
選: コリント人への手紙 第T 7章 23節
あなたがたは、代価をもって買われたのです。人間の奴隷となってはいけません。
メモ: 人に振り回されるな、恐れるなも含まれているのかな。
2007/ 9/10 読: コリント人への手紙 第T 10章〜12章
選: コリント人への手紙 第T 10章 13節
あなたがたの会った試練はみな人の知らないようなものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを耐えることのできないような試練に会わせるようなことはなさいません。むしろ、耐えることのできるように、試練とともに、脱出の道も備えてくださいます。
メモ: 自分で手を出さないで、全てを神様に任せるには、忍耐を学ばなくちゃだよ。
2007/ 9/11 読: コリント人への手紙 第T 13章〜16章
選: コリント人への手紙 第T 13章 13節
こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。
メモ: もっと愛することができたら、世の中は良い方に変わっているだろうな。
2007/ 9/12 読: コリント人への手紙 第U 1章〜3章
選: コリント人への手紙 第U 1章 8節〜9節
兄弟たちよ。私たちがアジアで会った苦しみについて、ぜひ知っておいてください。私たちは、非常に激しい、耐えられないほどの圧迫を受け、ついにいのちさえも危うくなり、
ほんとうに、自分の心の中で死を覚悟しました。これは、もはや自分自身を頼まず、死者をよみがえらせてくださる神により頼む者となるためでした。
メモ: あのパウロでさえそう言うのであれば、自分はもっともっと訓練が必要だな。
2007/ 9/13 読: コリント人への手紙 第U 4章〜6章
選: コリント人への手紙 第U 5章 15節
また、キリストがすべての人々のために死なれたのは、生きている人々が、もはや自分のためにではなく、自分のために死んでよみがえった方のために生きるためなのです。
メモ: キリストのために生きる人生でありたい。
2007/ 9/14 読: コリント人への手紙 第U 7章〜9章
選: コリント人への手紙 第U 9章 15節
ことばに表せないほどの賜物のゆえに、神に感謝します。
メモ: 具体的な意味は分からないけど、持っている賜物を感謝しょう!ね!
2007/ 9/15 読: コリント人への手紙 第U 10章〜13章
選: コリント人への手紙 第U 13章 13節
主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりが、あなたがたすべてとともにありますように。
メモ: 改めて思う。もっと、「聖霊の交わり」を大事にする必要がありそうだ。
2007/ 9/16 読: ガラテヤ人への手紙 1章〜3章
選: ガラテヤ人への手紙 2章 20節
私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。いま私が、この世に生きているのは、私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです。
メモ: ここまで言い切れるとは。僕もそう言い切れるようになりたい。
2007/ 9/17 読: ガラテヤ人への手紙 4章〜6章
選: ガラテヤ人への手紙 5章 22節〜23節
しかし、御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、
柔和、自制です。このようなものを禁ずる律法はありません。
メモ: 数えてみたら、ここにも九つの花。
2007/ 9/18 読: エペソ人への手紙 1章〜3章
選: エペソ人への手紙 3章 17節〜19節
こうしてキリストが、あなたがたの信仰によって、あなたがたの心のうちに住んでいてくださいますように。また、愛に根ざし、愛に基礎を置いているあなたがたが、
すべての聖徒とともに、その広さ、長さ、高さ、深さがどれほどであるかを理解する力を持つようになり、
人知をはるかに越えたキリストの愛を知ることができますように。こうして、神ご自身の満ち満ちたさまにまで、あなたがたが満たされますように。
メモ: 人知をはるかに越えたキリストの愛をもっと知りたいね。
2007/ 9/19 読: エペソ人への手紙 4章〜6章
選: エペソ人への手紙 6章 18節
すべての祈りと願いを用いて、どんなときにも御霊によって祈りなさい。そのためには絶えず目をさましていて、すべての聖徒のために、忍耐の限りを尽くし、また祈りなさい。
メモ: パウロの真剣さが伝わってくる。目をさましていなさい。祈りなさい。
2007/ 9/20 読: ピリピ人への手紙 1章〜4章
選: ピリピ人への手紙 4章 6節〜7節
何も思い煩わないで、あらゆるばあいに、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。
そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あながたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。
メモ: 「感謝をもってささげる祈りと願いによって。」やっぱりこのみ言葉でしょ。
2007/ 9/21 読: コロサイ人への手紙 1章〜4章
選: コロサイ人への手紙 3章 23節
何をするにも、人に対してではなく、主に対してするように、心からしなさい。
メモ: 忘れないように、頭にたたきこんでおかなくちゃ。
2007/ 9/22 読: テサロニケ人への手紙 第T 1章〜5章
選: テサロニケ人への手紙 第T 5章 16節〜18節
いつも喜んでいなさい。
絶えず祈りなさい。
すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。
メモ: 有名なみ言葉だけれども、いつもまた自分に言い聞かせなくちゃいけない。
2007/ 9/23 読: テサロニケ人への手紙 第U 1章〜3章
選: テサロニケ人への手紙 第U 2章 16節〜17節
どうか、私たちの主イエス・キリストであり、私たちの父なる神である方、すなわち、私たちを愛し、恵みによって永遠の慰めとすばらしい望みとを与えてくださった方ご自身が、
あらゆる良いわざとことばとに進むよう、あなたがたの心を慰め、強めてくださいますように。
メモ: 心の慰めと強めは、毎日新たに必要なことだね。
2007/ 9/24 読: テモテへの手紙 第T 1章〜3章
選: テモテへの手紙 第T 1章 2節
信仰による真実のわが子テモテへ。父なる神と私たちの主なるキリスト・イエスから、恵みとあわれみと平安とがありますように。
メモ: 今日も、イエス様から、恵みとあわれみと平安がいただけるよ。
2007/ 9/25 読: テモテへの手紙 第T 4章〜6章
選: テモテへの手紙 第T 5章 25節
同じように、良い行ないは、だれの目にも明らかですが、そうでないばあいも、いつまでも隠れたままでいることはありません。
メモ: すくなくても神様は全てを見てる。そのことが慰めだよ。
2007/ 9/26 読: テモテへの手紙 第U 1章〜4章
選: テモテへの手紙 第U 1章 7節
神が私たちに与えてくださったものは、おくびょうの霊ではなく、力と愛と慎みとの霊です。
メモ: 与えられた、力と愛と慎みの霊を妨げないようにしなくちゃ。
2007/ 9/27 読: テトスへの手紙 1章〜3章
選: テトスへの手紙 3章 4節〜5節
しかし、私たちの救い主なる神のいつくしみと人への愛とが現れたとき、
神は、私たちが行なった義のわざによってではなく、ご自分のあわれみのゆえに、聖霊による、新生と更新との洗いをもって私たちを救ってくださいました。
メモ: 神が与えてくださった救いに改めて感謝だね。
2007/ 9/28 読: ピレモンへの手紙 1章、ブル人への手紙 1章〜3章
選: ピレモンへの手紙 1章 7節
私はあなたの愛から多くの喜びと慰めとを受けました。それは、聖徒たちの心が、兄弟よ、あなたによって力づけられたからです。
メモ: 人の愛から喜びと慰めを受けたパウロ。私たちにも必要だよね。
2007/ 9/29 読: ヘブル人への手紙 4章〜6章
選: ヘブル人への手紙 4章 15節〜16節
私たちの大祭司は、私たちの弱さに同情できない方ではありません。罪は犯されませんでしたが、すべての点で、私たちと同じように、試みに会われたのです。
ですから、私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、おりにかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。
メモ: おりにかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこう!
2007/ 9/30 読: ヘブル人への手紙 7章〜9章
選: ヘブル人への手紙 7章 24節〜25節
しかし、キリストは永遠に存在されるのであって、変わることのない祭司の努めを持っておられます。
したがって、ご自分によって神に近づく人々を、完全に救うことがおできになります。キリストはいつも生きていて、彼らのために、とりなしをしておられるからです。
メモ: イエス様にとりなしされてるなんて嬉しいじゃない。
前Page