前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
(2007年10月)

2007/10/ 1 読: ヘブル人への手紙 10章〜13章
選: ヘブル人への手紙 12章 7節
訓練と思って耐え忍びなさい。神はあなたがたを子として扱っておられるのです。父が懲らしめることをしない子がいるでしょうか。
メモ: このみ言葉を信じて、素直に受け入れます。全ては神をより良く知るために。
2007/10/ 2 読: ヤコブの手紙 1章〜5章
選: ヤコブの手紙 1章 2節〜4節
私の兄弟たち。さまざまな試練に会うときは、それをこの上もない喜びと思いなさい。
信仰がためされると忍耐が生じるということを、あなたがたは知っているからです。
その忍耐を完全に働かせなさい。そうすれば、あなたがたは、何一つ欠けたところのない、成長を遂げた、完全な者となります。
メモ: 主よ、私が完全な者になるように、試練に会わせてください。
2007/10/ 3 読: ペテロの手紙 第T 1章〜5章
選: ぺテロの手紙 第T 1章 8節〜9節
あなたがたはイエス・キリストを見たことはないけれども愛しており、いま見てはいないけれども信じており、ことばに尽くすことのできない、栄えに満ちた喜びにおどっています。
これは、信仰の結果である、たましいの救いを得ているからです。
メモ: そうだね、我々には、「喜びにおどる」理由が十分にあるのだよ。
2007/10/ 4 読: ペテロの手紙 第U 1章〜3章
選: ぺテロの手紙 第U 1章 4節
その栄光と徳によって、尊い、すばらしい約束が私たちに与えられました。それは、あなたがたが、その約束のゆえに、世にある欲のもたらす滅びを免れ、神のご性質にあずかる者となるためです。
メモ: 神の性質を自分のものにできる私たちは、幸せ者。
2007/10/ 5 読: ヨハネの手紙 第T 1章〜5章
選: ヨハネの手紙 第T 5章 5節
世に勝つ者とはだれでしょう。イエスを神の御子と信じる者ではありませんか。
メモ: 私は、イエスを神の御子と信じている、だから世に勝つ。
2007/10/ 6 読: ヨハネの手紙 第T、ヨハネの手紙 第U、ユダの手紙
選: ヨハネの手紙 第U 1章 5節〜6節
そこで婦人よ。お願いしたいことがあります。それは私が新しい命令を書くのではなく、初めから私たちが持っていたものなのですが、私たちが互いに愛し合うということです。
愛とは、御父の命令に従って歩むことであり、命令とは、あなたがたが初めから聞いているとおり、愛のうちを歩むことです。
メモ: 神は愛なり。愛のない事は、神からではない。愛がいろいろな判断基準かな。
2007/10/ 7 読: ヨハネの黙示録 1章〜3章
選: ヨハネの黙示録 3章 20節〜21節
見よ。わたしは、戸の外に立ってたたく。だれでも、わたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしは、彼のところにはいって、彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする。
勝利を得る者を、わたしとともにわたしの座に着かせよう。それは、わたしが勝利を得て、わたしの父とともに父の御座に着いたのと同じである。
メモ: イエス様が、父と同じ座に着いたように、我々もイエス様と同じ座に着ける。
2007/10/ 8 読: ヨハネの黙示録 4章〜6章
選: ヨハネの黙示録 5章 5節
すると、長老のひとりが、私に言った。「泣いてはいけない。見なさい。ユダ族から出たしし、ダビデの根が勝利を得たので、その巻き物を開いて、七つの封印を解くことができます。」
メモ: 子供のように神様を頼りにしたダビデの名前がここ、黙示録に出てくる。
2007/10/ 9 読: ヨハネの黙示録 7章〜9章
選: ヨハネの黙示録 7章 16節〜17節
彼らはもはや、飢えることもなく、渇くこともなく、太陽もどんな炎熱も彼らを打つことはありません。
なぜなら、御座の正面におられる小羊が、彼らの牧者となり、いのちの水の泉に導いてくださるからです。また、神は彼らの目の涙をすっかりぬぐい取ってくださるのです。」
メモ: 今の世でも、このような経験ができるはずだと思う。
2007/10/10 読: ヨハネの黙示録 10章〜12章
選: ヨハネの黙示録 11章 16節〜18節
それから、神の御前で自分たちの座に着いている二十四人の長老たちも、地にひれ伏し、神を礼拝して、
言った。「万物の支配者、常にいまし、昔います神である主。あなたが、その偉大な力を働かせて、王となられたことを感謝します。
諸国の民は怒りました。しかし、あなたの御怒りの日が来ました。死者のさばかれる時、あなたのしもべである預言者たち、聖徒たち、また小さい者も大きい者もすべてあなたの御名を恐れかしこむ者たちに報いの与えられる時、地を滅ぼす者どもの滅ぼされる時です。」
メモ: 天のお父様は、実は万物の支配者。その弟子(子)でいられることに感謝。
2007/10/11 読: ヨハネの黙示録 13章〜15章
選: ヨハネの黙示録 15章 3節〜4節
彼らは、神のしもべモーセの歌と小羊の歌とを歌って言った。「あなたのみわざは偉大であり、驚くべきものです。主よ。万物の支配者である神よ。あなたの道は正しく、真実です。もろもろの民の王よ。
主よ。だれかあなたを恐れず、御名をほめたたえない者があるでしょうか。ただあなただけが、聖なる方です。すべての国々の民は来て、あなたの御前にひれ伏します。あなたの正しいさばきが、明らかにされたからです。」
メモ: ザ オンリー ワン の神様を信頼&頼りにできる我々は幸せ者。
2007/10/12 読: ヨハネの黙示録 16章〜18章
選: ヨハネの黙示録 16章 7節
また私は、祭壇がこう言うのを聞いた。「しかり。主よ。万物の支配者である神よ。あなたのさばきは真実な、正しいさばきです。」
メモ: いつかは、何が正しく、何が正しくないかが全てはっきりすることになるね。
2007/10/13 読: ヨハネの黙示録 19章〜22章
選: ヨハネの黙示録 22章 16節
「わたし、イエスは御使いを遣わして、諸教会について、これらのことをあなたがたにあかしした。わたしはダビデの根、また子孫、輝く明けの明星である。」
メモ: 「わたし、イエスは」の表現から、イエス様をすごく身近に感じる。
2007/10/14 読: 創世記 1章〜3章
選: 創世記 1章 1節
初めに、神が天と地を創造した。
メモ: これが我々の信仰の元。全ては神によって創造された。あなたも、僕も。
2007/10/15 読: 創世記 4章〜6章
選: 創世記 6章 22節
ノアは、すべて神が命じられたとおりにし、そのように行なった。
メモ: 聖句は短いが、書いてあることはすごい。そうとうばかにされたでしょうね。
2007/10/16 読: 創世記 7章〜9章
選: 創世記 7章 5節
ノアは、すべて主が命じられたとおりにした。
メモ: 今日も聖句は短いが、書いてあることはすごい。だから生き残った。
2007/10/17 読: 創世記 10章〜12章
選: 創世記 10章 9節
彼は主のおかげで、力ある猟師になったので、「主のおかげで、力ある猟師ニムロデのようだ。」と言われるようになった。
メモ: 僕の好きそうな聖句でしょ。「主のおかげで力ある何々ハラルドのようだ。」
2007/10/18 読: 創世記 13章〜15章
選: 創世記 15章 6節
彼は主を信じた。主はそれを彼の義と認められた。
メモ: 神様の約束を信じること、これを神様は喜ばれる。約束は聖書に多くある。
2007/10/19 読: 創世記 16章〜18章
選: 創世記 18章 17節
主はこう考えられた。「わたしがしようとしていることを、アブラハムに隠しておくべきだろうか。
メモ: 神様に、神がしようとしていることを教えてもらったアブラハムはすごいな。
2007/10/20 読: 創世記 19章〜21章
選: 創世記 20章 11節
アブラハムは答えた。「この地方には、神を恐れることが全くないので、人々が私の妻のゆえに、私を殺すと思ったからです。
メモ: 約束を神から直接受けているのに、殺される事を恐れるとは。安心するね。
2007/10/21 読: 創世記 22章〜24章
選: 創世記 24章 56節
しもべは彼らに、「私が遅れないようにしてください。主が私の旅を成功させてくださったのですから。私が主人のところへ行けるように私を帰らせてください。」と言った。
メモ: 主によって成功したと分かっても、最後まで気を抜かないしもべ。良い見本。
2007/10/22 読: 創世記 25章〜27章
選: 創世記 26章 28節〜29節
それで彼らは言った。「私たちは、主があなたとともにおられることを、はっきり見たのです。それで私たちは申し出をします。どうか、私たちの間で、すなわち、私たちとあなたとの間で誓いを立ててください。あなたと契約を結びたいのです。
それは、私たちがあなたに手出しをせず、ただ、あなたに良いことだけをして、平和のうちにあなたを送り出したように、あなたも私たちに害を加えないということです。あなたは今、主に祝福されています。」
メモ: 僕もこのように言われるように導いてもらうよ。
2007/10/23 読: 創世記 28章〜30章
選: 創世記 30章 27節
ラバンは彼に言った。「もしあなたが私の願いをかなえてくれるなら・・・・。私はあなたのおかげで、主が私を祝福してくださったことを、まじないで知っている。」
メモ: 我々の職場は、我々のおかげで祝福されている。もっと自覚しなくちゃだよ。
2007/10/24 読: 創世記 31章〜33章
選: 創世記 31章 4節〜5節
そこでヤコブは使いをやって、ラケルとレアを自分の群れのいる野に呼び寄せ、
彼女たちに言った。「私はあなたがたの父の態度が以前のようではないのに気がついている。しかし、私の父の神は私とともにおられるのだ。
メモ: ヤコブが言えるのだったら、僕も言えるよ。「神はわたしとともにいる」と。
2007/10/25 読: 創世記 34章〜36章
選: 創世記 35章 3節
そうして私たちは立って、ベテルに上って行こう。私はそこで、私の苦難の日に私に答え、私の歩いた道に、いつも私とともにおられた神に祭壇を築こう。
メモ: 僕ももっと自身を持って言おう。「いつも私とともにおられた神」と。
2007/10/26 読: 創世記 37章〜39章
選: 創世記 39章 21節〜23節
しかし、主はヨセフとともにおられ、彼に恵みを施し、監獄の長の心にかなうようにされた。
それで監獄の長は、その監獄にいるすべての囚人をヨセフの手にゆだねた。ヨセフはそこでなされるすべてのことを管理するようになった。
監獄の長は、ヨセフの手に任せたことについては何も干渉しなかった。それは主が彼とともにおられ、彼が何をしても、主がそれを成功させてくださったからである。
メモ: いいねー。主がともにいれば、こわいものなしだね。
2007/10/27 読: 創世記 40章〜42章
選: 創世記 41章 14節
そこで、パロは使いをやってヨセフを呼び寄せたので、人々は急いで彼を地下牢から連れ出した。彼はひげをそり、着物を着替えてから、パロの前に出た。
メモ: 地下牢から最高権力者の前へ。身だしなみは、相手への思いも現すのかな。
2007/10/28 読: 創世記 43章〜45章
選: 創世記 45章 8節
だから、今、私をここに遣わしたのは、あなたがたではなく、実に、神なのです。神は私をパロには父とし、その全家の主とし、またエジプト全土の統治者とされたのです。
メモ: 振り返ってみれば、全ては神の業。今辛くても、神の導きと信じ感謝したい。
2007/10/29 読: 創世記 46章〜48章
選: 創世記 46章 2節〜4節
神は、夜の幻の中でイスラエルに、「ヤコブよ、ヤコブよ。」と言って呼ばれた。彼は答えた。「はい。ここにいます。」
すると仰せられた。「わたしは神、あなたの父の神である。エジプトに下ることを恐れるな。わたしはそこで、あなたを大いなる国民にするから。
わたし自身があなたといっしょにエジプトに下り、また、わたし自身が必ずあなたを再び導き上る。ヨセフの手はあなたの目を閉じてくれるであろう。」
メモ: ここでは、神様は直接ヤコブに語りかけている。いろいろなシーンがあるね。
2007/10/30 読: 創世記 49章〜50章、出エジプト記 1章
選: 創世記 50章 19節〜20節
ヨセフは彼らに言った。「恐れることはありません。どうして、私が神の代わりでしょうか。
あなたがたは、私に悪を計りましたが、神はそれを、良いことのための計らいとなさいました。それはきょうのようにして、多くの人々を生かしておくためでした。
メモ: 「神はすべてを益としてくださる」ことの一例でしょう。
2007/10/31 読: 出エジプト記 2章〜4章
選: 出エジプト記 3章 6節
また仰せられた。「わたしは、あなたの父の神、アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である。」モーセは神を仰ぎ見ることを恐れて、顔を隠した。
メモ: 神は自分のことをモーセに分かりやすく説明してるね。だけど意味深い。
前Page