前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
(2007年11月)

2007/11/ 1 読: 出エジプト記 5章〜7章
選: 出エジプト記 6章 2節〜3節
神はモーセに告げて仰せられた。「わたしは主である。
わたしは、アブラハム、イサク、ヤコブに全能の神として現われたが、主という名では、わたしを彼らに知らせなかった。
メモ: 神は、私たちの主である。聞きし違うことが、私たちの幸せ。
2007/11/ 2 読: 出エジプト記 8章〜10章
選: 出エジプト記 10章 22節〜23節
モーセが天に向けて手を差し伸ばしたとき、エジプト全土は三日間真暗やみとなった。
三日間、だれも互いに見ることも、自分の場所から立つこともできなかった。しかしイスラエル人の住む所には光があった。
メモ: 我々の回りにはいつも光があって、互いを正しく見ることができますように。
2007/11/ 3 読: 出エジプト記 11章〜13章
選: 出エジプト記 11章 3節
主はエジプトが民に好意を持つようにされた。モーセその人も、エジプトの国でパロの家臣と民とに非常に尊敬されていた。
メモ: エジプトを苦しめているのに、尊敬されている神の人モーセ。神は全ての主。
2007/11/ 4 読: 出エジプト記 14章〜16章
選: 出エジプト記 14章 14節
主があなたがたのために戦われる。あなたがたは黙っていなければならない。
メモ: 分かりやすい言葉だね。
2007/11/ 5 読: 出エジプト記 17章〜19章
選: 出エジプト記 17章 3節
民はその所で水に渇いた。それで民はモーセにつぶやいて言った。「いったい、なぜ私たちをエジプトから連れ上ったのですか。私や、子どもたちや、家畜を、渇きで死なせるためですか。」
メモ: 何度も主のわざを見ながらも、目先の問題で不信になる人々。自分はどう?
2007/11/ 6 読: 出エジプト記 23章〜25章
選: 出エジプト記 24章 10節〜11節
そうして、彼らはイスラエルの神を仰ぎ見た。御足の下にはサファイヤを敷いたようなものがあり、透き通っていて青空のようであった。
神はイスラエル人の指導者たちに手を下されなかったので、彼らは神を見、しかも飲み食いをした。
メモ: 神様を見ちゃったんだ。すごい。いいなー。どんな姿だったんだろう。
2007/11/ 7 読: 出エジプト記 20章〜22章
選: 出エジプト記 20章 20節
それでモーセは民に言った。「恐れてはいけません。神が来られたのはあなたがたを試みるためなのです。また、あなたがたに神への恐れが生じて、あなたがたが罪を犯さないためです。」
メモ: 私たちが罪を犯さないために、神は、あの手この手で私たちを守ろうとする。
2007/11/ 8 読: 出エジプト記 26章〜28章
選: 出エジプト記 26章 30節
あなたは山で示された定めのとおりに、幕屋を建てなければならない。
メモ: 指示通りに建てさせる理由は、全ての部分に意味があるということだろうね。
2007/11/ 9 読: 出エジプト記 29章〜31章
選: 出エジプト記 29章 46節
彼らは、わたしが彼らの神、主であり、彼らの間に住むために、彼らをエジプトの地から連れ出した者であることを知るようになる。わたしは彼らの神、主である。
メモ: 私たちに対しても、「わたしは彼らの神、主である。」嬉しいことだね。
2007/11/10 読: 出エジプト記 32章〜34章
選: 出エジプト記 33章 11節
主は、人が自分の友と語るように、顔と顔とを合わせてモーセに語られた。モーセが宿営に帰ると、彼の従者でヌンの子ヨシュアという若者が幕屋を離れないでいた。
メモ: 神と顔を合わせて語られたモーセ。よく謙遜でいられたな。
2007/11/11 読: 出エジプト記 35章〜37章
選: 出エジプト記 35章 21節
感動した者と、心から進んでする者とはみな、会見の天幕の仕事のため、また、そのすべての作業のため、また、聖なる装束のために、主への奉納物を持って来た。
メモ: 「心から進んでする」これが奉仕や奉納(献金等)の本来の姿でしょう。
2007/11/12 読: 出エジプト記 38章〜40章
選: 出エジプト記 39章 43節
モーセが、すべての仕事を彼らが、まことに主が命じられたとおりに、したのを見たとき、モーセは彼らを祝福した。
メモ: 「主が命じられたとおりに」がキーワード。これが我々に一番良いこと。
2007/11/13 読: レビ記 1章〜3章
選: レビ記 2章 13節
あなたの穀物のささげ物にはすべて、塩で味をつけなければならない。あなたの穀物のささげ物にあなたの神の契約の塩を欠かしてはならない。あなたのささげ物には、いつでも塩を添えてささげなければならない。
メモ: どうしたら良いのか、何が神に喜ばれるのか、はっきりと教えてくださる神。
2007/11/14 読: レビ記 4章〜6章
選: レビ記 5章 11節
もしその人が山鳩二羽あるいは家鳩のひな二羽さえも手に入れることができなければ、その犯した罪のためのささげ物として、十分の一エパの小麦粉を罪のためのいけにえとして持って来なさい。その人はその上に油を加えたり、その上に乳香を添えたりしてはならない。これは罪のためのいけにえであるから。
メモ: 貧しい人にはそれなりの配慮。律法のことで厳しそうに見える優しい神様。
2007/11/15 読: レビ記 7章〜9章
選: レビ記 9章 6節
モーセは言った。「これは、あなたがたが行なうように主が命じられたことである。こうして主の栄光があなたがたに現われるためである。」
メモ: 神様は人を使って、自分の栄光を現したい。神様にもっと用いられよう。
2007/11/16 読: レビ記 10章〜12章
選: レビ記 10章 3節
それで、モーセはアロンに言った。「主が仰せになったことは、こういうことだ。『わたしに近づく者によって、わたしは自分の聖を現わし、すべての民の前でわたしは自分の栄光を現わす。』」それゆえ、アロンは黙っていた。
メモ: 神様の栄光を現わすために、大胆に神様に近づきましょう。
2007/11/17 読: レビ記 13章〜15章
選: レビ記 15章 31節
あなたがたは、イスラエル人をその汚れから離れさせなさい。彼らの間にあるわたしの幕屋を汚し、その汚れたまま彼らが死ぬことのないためである。
メモ: 人のことを思っての厳しい規則だよね。神様の愛が背後にある。
2007/11/18 読: レビ記 16章〜18章
選: レビ記 18章 4節〜5節
あなたがたは、わたしの定めを行ない、わたしのおきてを守り、それに従わなければならない。わたしは、あなたがたの神、主である。
あなたがたは、わたしのおきてとわたしの定めを守りなさい。それを行なう人は、それによって生きる。わたしは主である。
メモ: 「わたしは、あなたの神、主である。」力強いことばだ。
2007/11/19 読: レビ記 19章〜21章
選: レビ記 19章 18節
復讐してはならない。あなたの国の人々恨んではならない。あなたの隣人をあなた自身のように愛しなさい。わたしは主である。
メモ: 私たちのすべきことは、互いに愛しあうこと。他は主に任せること。
2007/11/20 読: レビ記 22章〜24章
選: レビ記 22章 31節〜32節
あなたがたは、わたしの命令を守り、これを行なえ。わたしは主である。
わたしの聖なる名を汚してはならない。むしろわたしはイスラエル人のうちで聖とされなければならない。わたしはあなたがたを聖別した主である。
メモ: 厳しい命令のようだが、聖別という神からの特権を与える主。すばらしい!
2007/11/21 読: レビ記 25章〜27章
選: レビ記 25章 17節
あなたがたは互いに害を与えてはならない。あなたの神を恐れなさい。わたしはあなたの神、主である。
メモ: レビ記をまとめれば「わたしはあなたの神、主である」になる。重要な言葉。
2007/11/22 読: 民数記 1章〜3章
選: 民数記 2章 34節
イスラエル人は、すべて主がモーセに命じられたとおりに行ない、それぞれの旗ごとに宿営し、おのおのその氏族ごとに、父祖の家ごとに進んだ。
メモ: すべて主の命じるとおりに行なうことが、一番ベストで一番楽でしょう。
2007/11/23 読: 民数記 4章〜6章
選: 民数記 6章 24節〜26節
『主があなたを祝福し、あなたを守られますように。
主が御顔をあなたに照らし、あなたを恵まれますように。
主が御顔をあなたに向け、あなたに平安を与えられますように。』
メモ: あなたに、私に、主からの全ての良いことが永遠に与えられますように。
2007/11/24 読: 民数記 7章〜9章
選: 民数記 9章 23節
彼らは主の命令によって宿営し、主の命令によって旅立った。彼らはモーセを通して示された主の命令によって、主の戒めを守った。
メモ: この一節を読むと、砂漠の中で、主に守られてるなーっと感じる。
2007/11/25 読: 民数記 10章〜12章
選: 民数記 12章 3節
さて、モーセという人は、地上のだれにもまさって非常に謙遜であった。
メモ: 「非常に謙遜」になるまで、何十年もかかったんでしょうね。
2007/11/26 読: 民数記 13章〜15章
選: 民数記 15章 41節
わたしはあなたがたの神、主であって、わたしがあなたがたの神となるために、あなたがたをエジプトの地から連れ出したのである。わたしは、あなたがたの神、主である。」
メモ: 本当に、これ以上の事ってないよね。自覚が足りないな。
2007/11/27 読: 民数記 16章〜18章
選: 民数記 17章 5節
わたしが選ぶ人の杖は芽を出す。こうしてイスラエル人があなたがたに向かってつぶやく不平をわたし自身が静めよう。」
メモ: 偉大な神様自身が、人間のもめごとに割って入って、問題解決をしてくれた。
2007/11/28 読: 民数記 19章〜21章
選: 民数記 20章 12節
しかし、主はモーセとアロンに言われた。「あなたがたはわたしを信ぜず、わたしをイスラエルの人々の前に聖なる者としなかった。それゆえ、あなたがたは、この集会を、わたしが彼らに与えた地に導き入れることはできない。」
メモ: この一節がモーセに関する書の中で一番恐い。許しが無ければ人類絶滅だよ。
2007/11/29 読: 民数記 22章〜24章
選: 民数記 24章 5節〜6節
なんと美しいことよ。ヤコブよ、あなたの天幕は。イスラエルよ、あなたの住まいは。
それは、延び広がる谷間のように、川辺の園のように、主が植えたアロエのように、水辺の杉の木のように。
メモ: 美しいという言葉を読むと、何か心がうきうきする。神様からのメッセージ。
2007/11/30 読: 民数記 25章〜27章
選: 民数記 27章 15節〜17節
それでモーセは主に申し上げた。
「すべての肉なるもののいのちの神、主よ。ひとりの人を会衆の上に定め、
彼が、彼らに先立って出て行き、彼らに先立ってはいり、また彼らを連れ出し、彼らをはいらせるようにしてください。主の会衆を、飼う者のいない羊のようにしないでください。」
メモ: 文句を言われ続けてきた民に、最後まで気を使うモーセは偉大な人だ。
前Page