前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
(2007年12月)

2007/12/ 1 読: 民数記 28章〜30章
選: 民数記 29章 40節
モーセは、主がモーセに命じられたとおりを、イスラエル人に告げた。
メモ: 主のことばに私的解釈を追加しないで伝える事が重要だと思う。
2007/12/ 2 読: 民数記 31章〜33章
選: 民数記 33章 55節
もしその地の住民をあなたがたの前から追い払わなければ、あなたがたが残しておく者たちは、あなたがたの目のとげとなり、わき腹のいばらとなり、彼らはあなたがたの住むその土地であなたがたを悩ますようになる。
メモ: 「少しくらい良いじゃないか」が落とし穴となりうるね。
2007/12/ 3 読: 民数記 34章〜36章
選: 民数記 35章 1節〜2節
エリコに近いヨルダンのほとりのモアブの草原で、主はモーセに告げて仰せられた。
「イスラエル人に命じて、その所有となる相続地の一部を、レビ人に住むための町々として与えさせなさい。彼らはその町々の回りの放牧地をレビ人に与えなければならない。
メモ: 秩序が保たれるようにと、主はたくさんの事を教えられた。
2007/12/ 4 読: 申命記 1章〜3章
選: 申命記 1章 29節〜31節
それで、私はあなたがたに言った。「おののいてはならない。彼らを恐れてはならない。
あなたがたに先立って行かれるあなたがたの神、主が、エジプトにおいて、あなたがたの目の前で、あなたがたのためにしてくださったそのとおりに、あなたがたのために戦われるのだ。
また、荒野では、あなたがたがこの所に来るまでの、全道中、人がその子を抱くように、あなたの神、主が、あなたを抱かれたのを見ているのだ。
メモ: たくさんの恵みを経験しながらも、いつも疑ってしまう民。自分も似てるな。
2007/12/ 5 読: 申命記 4章〜6章
選: 申命記 6章 4節〜6節
聞きなさい。イスラエル。主は私たちの神。主はただひとりである。
心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。
私がきょう、あなたに命じるこれらのことばを、あなたの心に刻みなさい。
メモ: この「心を尽くし、・・・あなたの神、主を愛しなさい。」がもっとも重要だね。
2007/12/ 6 読: 申命記 4章〜6章
選: 申命記 6章 4節〜6節
聞きなさい。イスラエル。主は私たちの神。主はただひとりである。
心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。
私がきょう、あなたに命じるこれらのことばを、あなたの心に刻みなさい。
メモ: この「心を尽くし、・・・あなたの神、主を愛しなさい。」がもっとも重要だね。
2007/12/ 7 読: 申命記 10章〜12章
選: 申命記 10章 12節〜13節
イスラエルよ。今、あなたの神、主が、あなたに求めておられることは何か。それは、ただ、あなたの神、主を恐れ、主のすべての道に歩み、主を愛し、心を尽くし、精神を尽くしてあなたの神、主に仕え、
あなたのしあわせのために、私が、きょう、あなたに命じる主の命令と主のおきてとを守ることである。
メモ: 人のしあわせのためにある命令とおきて。守ろうではないか。
2007/12/ 8 読: 申命記 13章〜15章
選: 申命記 15章 6節
あなたの神、主は、あなたに約束されたようにあなたを祝福されるから、あなたは多くの国々に貸すが、あなたが借りることはない。またあなたは多くの国々を支配するが、彼らがあなたを支配することはない。
メモ: 今日は事故一周年記念日。この御言葉を神様にプレゼントされた。
2007/12/ 9 読: 申命記 16章〜18章
選: 申命記 16章 20節
正義を、ただ正義を追い求めなければならない。そうすれば、あなたは生き、あなたの神、主が与えようとしておられる地を、自分の所有とすることができる。
メモ: 正義を貫くのは、辛い場合もあるけど、長い人生を考えれば、これが一番楽。
2007/12/10 読: 申命記 19章〜21章
選: 申命記 20章 1節
あなたが敵と戦うために出て行くとき、馬や戦車や、あなたよりも多い軍勢を見ても、彼らを恐れてはならない。あなたをエジプトの地から導き上られたあなたの神、主が、あなたとともにおられる。
メモ: 主に導かれたことをやるのであれば、他の事を恐れるなってことでしょう。
2007/12/11 読: 申命記 22章〜24章
選: 申命記 23章 5節
しかし、あなたの神、主はバラムに耳を貸そうとはせず、かえってあなたの神、主は、あなたのために、のろいを祝福に変えられた。あなたの神、主は、あなたを愛しておられるからである。
メモ: 「あなたを愛しておられる」という言葉はなんとなく嬉しいよね。心暖まる。
2007/12/12 読: 申命記 25章〜27章
選: 申命記 26章 17節〜19節
きょう、あなたは、主が、あなたの神であり、あなたは、主の道に歩み、主のおきてと、命令と、定めとを守り、御声に聞き従うと断言した。
きょう、主は、こう明言された。あなたに約束したとおり、あなたは主の宝の民であり、あなたが主のすべての命令を守るなら、
主は、賛美と名声と栄光とを与えて、あなたを主が造られたすべての国々の上に高くあげる。そして、約束のとおり、あなたは、あなたの神、主の聖なる民となる。
メモ: 「あなたは主の宝の民であり」という言葉に感銘を受けるね。
2007/12/13 読: 申命記 28章〜30章
選: 申命記 28章 9節〜10節
あなたが、あなたの神、主の命令を守り、主の道を歩むなら、主はあなたに誓われたとおり、あなたを、ご自分の聖なる民として立ててくださる。
地上のすべての国々の民は、あなたに主の名がつけられているのを見て、あなたを恐れよう。
メモ: 「あなたには、主の名がつけられている」と言われてみたい。
2007/12/14 読: 申命記 31章〜33章
選: 申命記 31章 6節
強くあれ。雄々しくあれ。彼らを恐れてはならない。おののいてはならない。あなたの神、主ご自身が、あなたとともに進まれるからだ。主はあなたを見放さず、あなたを見捨てない。
メモ: 主は僕にもこの言葉を語っているのだろうか。
2007/12/15 読: 申命記 34章、ヨシュア記 1章〜2章
選: ヨシュア記 1章 6節〜8節
強くあれ。雄々しくあれ。わたしが彼らに与えるとその先祖たちに誓った地を、あなたは、この民に継がせなければならないからだ。
ただ強く、雄々しくあって、わたしのしもべモーセがあなたに命じたすべての律法を守り行なえ。これを離れて右にも左にもそれてはならない。それは、あなたが行く所ではどこででも、あなたが栄えるためである。
この律法の書を、あなたの口から離さず、昼も夜もそれを口ずさまなければならない。そのうちにしるされているすべてのことを守り行なうためである。そうすれば、あなたのすることで繁栄し、また栄えることができるからである。
メモ: 自分を愛するように、隣人を愛しなさいが今の律法でしょ。神様、私に愛を。
2007/12/16 読: ヨシュア記 3章〜5章
選: ヨシュア記 5章 15節
すると、主の軍の将はヨシュアに言った。「あなたの足のはきものを脱げ。あなたの立っている場所は聖なる所である。」そこで、ヨシュアはそのようにした。
メモ: 主の前に出るときは、「足のはきものを脱ぐ」ような気持ちでいたい。
2007/12/17 読: ヨシュア記 6章〜8章
選: ヨシュア記 8章 1節〜2節
主はヨシュアに仰せられた。「恐れてはならない。おののいてはならない。戦う民全部を連れてアイに攻め上れ。見よ。わたしはアイの王と、その民、その町、その地を、あなたの手に与えた。
あなたがエリコとその王にしたとおりに、アイとその王にもせよ。ただし、その分捕り物と家畜だけは、あなたがたの戦利品としてよい。あなたは町のうしろに伏兵を置け。」
メモ: 「恐れてはならない。」と言うだけではない。方法も教えてくださる。
2007/12/18 読: ヨシュア記 9章〜11章
選: ヨシュア記 9章 14節
そこで人々は、彼らの食料のいくらかを取ったが、主の指示を仰がなかった。
メモ: 成功の後のちょっとした気のゆるみが失敗をもたらす。いつでも主の指示を。
2007/12/19 読: ヨシュア記 12章〜14章
選: ヨシュア記 14章 8節
私といっしょに上って行った私の身内の者たちは、民の心をくじいたのですが、私は私の神、主に従い通しました。
メモ: 主に従い通すとは、主の「大丈夫」を、我々も「大丈夫」とする事でしょう。
2007/12/20 読: ヨシュア記 15章〜17章
選: ヨシュア記 17章 17節〜18節
するとヨシュアは、ヨセフ家の者、エフライムとマナセにこう言った。「あなたは数の多い民で、大きな力を持っている。あなたは、ただ一つのくじによる割り当て地だけを持っていてはならない。
山地もあなたのものとしなければならない。それが森であっても、切り開いて、その終わる所まで、あなたのものとしなければならない。カナン人は鉄の戦車を持っていて、強いのだから、あなたは彼らを追い払わなければならないのだ。」
メモ: 「強いから、追い払いなさい。」いずれはやられてしまうよ。だから今行動。
2007/12/21 読: ヨシュア記 18章〜20章
選: ヨシュア記 19章 51節
これらは、祭司エルアザル、ヌンの子ヨシュア、およびイスラエル人の部族の一族のかしらたちが、シロにおいて会見の天幕の入口、主の前で、くじによって割り当てた相続地であった。こうして彼らは、この地の割り当てを終わった。
メモ: 割り当ては終わったけど、占領はこれから。やることはまだたくさんある。
2007/12/22 読: ヨシュア記 21章〜23章
選: ヨシュア記 23章 10節〜11節
あなたがたのひとりだけで千人を追うことができる。あなたがたの神、主ご自身が、あなたがたに約束したとおり、あなたがたのために戦われるからである。
あなたがたは、十分に気をつけて、あなたがたの神、主を愛しなさい。
メモ: キーワードは、「あなたの神、主を愛しなさい。」
2007/12/23 読: ヨシュア記 24章、士師記 1章〜2章
選: ヨシュア記 24章 15節
もしも主に仕えることがあなたがたの気に入らないなら、川の向こうにいたあなたがたの先祖たちが仕えた神々でも、今あなたがたが住んでいる地のエモリ人の神々でも、あなたがたが仕えようと思うものを、どれでも、きょう選ぶがよい。私と私の家とは、主に仕える。」
メモ: 有名なことば。しかし「私の家」は主に使えているのだろうか。
2007/12/24 読: 士師記 3章〜5章
選: 士師記 3章 4節
これは、主がモーセを通して先祖たちに命じた命令に、イスラエルが聞き従うかどうか、これらの者によってイスラエルを試み、そして知るためであった。
メモ: いつも主に目を向け、完全に信頼することを学ぶために、いろいろ経験する。
2007/12/25 読: 士師記 6章〜8章
選: 士師記 6章 34節
主の霊がギデオンをおおったので、彼が角笛を吹き鳴らすと、アビエゼル人が集まって来て、彼に従った。
メモ: 聖霊に満たされ、ギデオンのようにパワーを得たい。
2007/12/26 読: 士師記 9章〜11章
選: 士師記 11章 24節
あなたは、あなたの神ケモシュがあなたに占領させようとする地を占領しないのか。私たちは、私たちの神、主が、私たちの前から追い払ってくださる土地をみな占領するのだ。
メモ: 主が先に行ってくださる。私たちは後について行けば良いのだよ。
2007/12/27 読: 士師記 12章〜14章
選: 士師記 14章 4節
彼の父と母は、それが主によることだとは知らなかった。主はペリシテ人と事を起こす機会を求めておられたからである。そのころはペリシテ人がイスラエルを支配していた。
メモ: 今の時代でも、律法に反する事が、「主によること」として起こりえるのか。
2007/12/28 読: 士師記 15章〜17章
選: 士師記 16章 16節〜18節
こうして、毎日彼女が同じことを言って、しきりにせがみ、責め立てたので、彼は死ぬほどつらかった。
それで、ついにサムソンは、自分の心をみな彼女に明かして言った。「私の頭には、かみそりが当てられたことがない。私は母の胎内にいるときから、神へのナジル人だからだ。もし私の髪の毛がそり落とされたら、私の力は私から去り、私は弱くなり、普通の人のようになろう。」
デリラは、サムソンが自分の心をみな明かしたことがわかったので、人をやって、ペリシテ人の領主たちを呼んで言った。「今度は上って来てください。サムソンは彼の心をみな私に明かしました。」ペリシテ人の領主たちは、彼女のところに上って来た。そのとき、彼らはその手に銀を持って上って来た。
メモ: 心にもないことを言って、だましあうって、なんていやなことか。
2007/12/29 読: 士師記 18章〜20章
選: 士師記 20章 27節
そして、イスラエル人は主に伺い、・・当時、神の契約の箱はそこにあった。
メモ: そして主に伺い、行動した。おもしろい結果になるかも。
2007/12/30 読: 士師記 21章、ルツ記 1章〜2章
選: ルツ記 1章 16節
ルツは言った。「あなたを捨て、あなたから別れて帰るように、私にしむけないでください。あなたの行かれる所へ私も行き、あなたの住まれる所に私も住みます。あなたの民は私の民、あなたの神は私の神です。
メモ: なんてすごい愛でしょう。
2007/12/31 読: ルツ記 3章〜4章、サムエル記 第T 1章
選: サムエル 15節〜17節
ハンナは答えて言った。「いいえ、祭司さま。私は心に悩みのある女でございます。ぶどう酒も、お酒も飲んではおりません。私は主の前に、私の心を注ぎ出していたのです。
このはしためを、よこしまな女と思わないでください。私はつのる憂いといらだちのため、今まで祈っていたのです。」
エリは答えて言った。「安心して行きなさい。イスラエルの神が、あなたの願ったその願いをかなえてくださるように。」
メモ: 「主の前に、私の心を注ぎ出していた」。いい表現だ。主はこれを望むのか。
前Page