前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
(2008年 1月)

2008/ 1/ 1 読: サムエル記 第T 2章〜4章
選: サムエル記 第T 3章 10節
そのうちに主が来られ、そばに立って、これまでと同じように、「サムエル。サムエル。」と呼ばれた。サムエルは、「お話しください。しもべは聞いております。」と申し上げた。
メモ: 先ずは聖書を読むときに「お話しください。しもべは聞いております」だね。
2008/ 1/ 2 読: サムエル記 第T 5章〜7章
選: サムエル記 第T 7章 1節
キルヤテ・エアリムの人々は来て、主の箱を運び上げ、それを丘の上のアビナダブの家に運び、彼の子エルアザルを聖別して、主の箱を守らせた。
メモ: 主のことは、「片手間」や「ついでに」で済ませてはいけない。
2008/ 1/ 3 読: サムエル記 第T 8章〜10章
選: サムエル記 第T 10章 9節
サウルがサムエルをあとにして去って行ったとき、神はサウルの心を変えて新しくされた。こうして、これらすべてのしるしは、その日に起こった。
メモ: 選ぶのも、心を新しくするのも神。
2008/ 1/ 4 読: サムエル記 第T 11章〜13章
選: サムエル記 第T 12章 23節〜24節
私もまた、あなたがたのために祈るのをやめて主に罪を犯すことなど、とてもできない。私はあなたがたに、よい正しい道を教えよう。
ただ、主を恐れ、心を尽くし、誠意をもって主に仕えなさい。主がどれほど偉大なことをあなたがたになさったかを見分けなさい。
メモ: 主は、私たちが、みんなのために祈ることを求めている。
2008/ 1/ 5 読: サムエル記 第T 14章〜16章
選: サムエル記 第T 15章 22節〜24節
するとサムエルは言った。「主は主の御声に聞き従うことほどに、全焼のいけにえや、その他のいけにえを喜ばれるだろうか。見よ。聞き従うことは、いけにえにまさり、耳を傾けることは、雄羊の脂肪にまさる。
まことに、そむくことは占いの罪、従わないことは偶像礼拝の罪だ。あなたが主のことばを退けたので、主もあなたを王位から退けた。」
サウルはサムエルに言った。「私は罪を犯しました。私は主の命令と、あなたのことばにそむいたからです。私は民を恐れて、彼らの声に従ったのです。
メモ: 「私は民を恐れて、彼らの声に従った」自分も失敗しないよう気を付けるぞ。
2008/ 1/ 6 読: サムエル記 第T 17章〜19章
選: サムエル記 第T 17章 45節〜47節
ダビデはペリシテ人に言った。「おまえは、剣と、槍と、投げ槍を持って、私に向かって来るが、私は、おまえがなぶったイスラエルの戦陣の神、万軍の主の御名によって、おまえに立ち向かうのだ。
きょう、主はおまえを私の手に渡される。私はおまえを打って、おまえの頭を胴体から離し、きょう、ペリシテ人の陣営のしかばねを、空の鳥、地の獣に与える。すべての国は、イスラエルに神がおられることを知るであろう。
この全集団も、主が剣や槍を使わずに救うことを知るであろう。この戦いは主の戦いだ。主はお前たちをわれわれの手に渡される。」
メモ: 「この戦いは主の戦い」と信じていたのはダビデだけ。負けてはいられない。
2008/ 1/ 7 読: サムエル記 第T 20章〜22章
選: サムエル記 第T 22章 2節
また、困窮している者、負債のある者、不満のある者たちもみな、彼のところに集まって来たので、ダビデは彼らの長となった。こうして、約四百人の者が彼とともにいるようになった。
メモ: こういう人たちの長となったダビデは、やっぱり強い信仰の持ち主だな。
2008/ 1/ 8 読: サムエル記 第T 23章〜25章
選: サムエル記 第T 24章 18節〜19節
あなたが私に良いことをしていたことを、きょう、あなたは知らせてくれた。主が私をあなたの手に渡されたのに、私を殺さなかったからだ。
人が自分の敵を見つけたとき、無事にその敵を去らせるであろうか。あなたがきょう、私にしてくれた事の報いとして、主があなたに幸いを与えられるように。
メモ: ダビデは、いつも「主に委ね」ていた。見習いたい信仰だ。
2008/ 1/ 9 読: サムエル記 第T 26章〜28章
選: サムエル記 第T 26章 23節〜24節
主は、おのおの、その人の正しさと真実に報いてくださいます。主はきょう、あなたを私の手に渡されましたが、私は、主に油そそがれた方に、この手を下したくはありませんでした。
きょう、私があなたのいのちをたいせつにしたように、主は私のいのちをたいせつにして、すべての苦しみから私を救い出してくださいます。」
メモ: と言いながらも、ペリシテ人の地へのがれるダビデ。だけど神様はいっしょ。
2008/ 1/10 読: サムエル記 第T 29章〜31章
選: サムエル記 第T 30章 6節〜8節
ダビデは非常に悩んだ。民がみな、自分たちの息子、娘たちのことで心を悩まし、ダビデを石で打ち殺そうと言いだしたからである。しかし、ダビデは彼の神、主によって奮い立った。
ダビデが、アヒメレクの子、祭司エブヤタルに、「エポデを持って来なさい。」と言ったので、エブヤタルはエポデをダビデのところに持って来た。
ダビデは主に伺って言った。「あの略奪隊を追うべきでしょうか。追いつけるでしょうか。」するとお答えになった。「追え。必ず追いつくことができる。必ず救い出すことができる。」
メモ: 自分の仲間によって命が危機にさらされている時も、先ず主に伺うダビデ。
2008/ 1/11 読: サムエル記 第U 1章〜3章
選: サムエル記 第U 3章 35節〜37節
民はみな、まだ日のあるうちにダビデに食事をとらせようとしてやって来たが、ダビデは誓って言った。「もし私が、日の沈む前にパンでも、ほかの何物でも味わったなら、神がこの私を幾重にも罰せられますように。」
民はみな、それを認めて、それでよいと思った。王のしたことはすべて、民を満足させた。
それで民はみな、すなわち、全イスラエルは、その日、ネルの子アブネルを殺したのは、王から出たことではないことを知った。
メモ: 王様なのに、言葉で説得するではなく、素直に態度で気持ちを現わすダビデ。
2008/ 1/12 読: サムエル記 第U 4章〜6章
選: サムエル記 第U 5章 10節
ダビデはますます大いなる者となり、万軍の神、主が彼とともにおられた。
メモ: 神のために大いなる者となりたい。
2008/ 1/13 読: サムエル記 第U 7章〜9章
選: サムエル記 第U 9章 1節
ダビデが言った。「サウルの家の者で、まだ生き残っている者はいないか。私はヨナタンのために、その者に恵みを施したい。」
メモ: 王になっても、なくなった自分の友ヨナタンを忘れないダビデ。
2008/ 1/14 読: サムエル記 第U 10章〜12章
選: サムエル記 第U 12章 20節
するとダビデは地から起き上がり、からだを洗って身に油を塗り、着物を着替えて、主の宮にはいり、礼拝をしてから、自分の家へ帰った。そして食事の用意をさせて、食事をとった。
メモ: 先ず「主を礼拝してから」普段の生活に戻ったダビデ。生活の中心は「主」。
2008/ 1/15 読: サムエル記 第U 13章〜15章
選: サムエル記 第U 15章 14節
そこでダビデはエルサレムにいる自分の家来全部に言った。「さあ、逃げよう。そうでないと、アブシャロムからのがれる者はなくなるだろう。すぐ出発しよう。彼がすばやく追いついて、私たちに害を加え、剣の刃でこの町を打つといけないから。」
メモ: ダビデは、町を救うために逃げたのか。今まで、気が付かなかったな。
2008/ 1/16 読: サムエル記 第U 16章〜18章
選: サムエル記 第U 18章 33節
すると王は身震いして、門の屋上に上り、そこで泣いた。彼は泣きながら、こう言い続けた。「わが子アブシャロム。わが子よ。わが子アブシャロム。ああ、私がおまえに代わって死ねばよかったのに。アブシャロム。わが子よ。わが子よ。」
メモ: ダビデよ、命をねらわれた息子をそこまで愛するのか。
2008/ 1/17 読: サムエル記 第U 19章〜21章
選: サムエル記 第U 20章 22節
この女はその知恵を用いてすべての民のところに行った。それで彼らはビクリの子シェバの首をはね、それをヨアブのもとに投げた。ヨアブが角笛を吹き鳴らしたので、人々は町から散って行って、めいめい自分の天幕へ帰った。ヨアブはエルサレムの王のところに戻った。
メモ: 聖書に、知恵ある女性は時々出るけど、だいたいやる事が半端じゃない。
2008/ 1/18 読: サムエル記 第U 22章〜24章
選: サムエル記 第U 22章 29節
主よ。あなたは私のともしび。主は、私のやみを照らされます。
メモ: 我々には、暗いから歩めないという日はない。
2008/ 1/19 読: 列王記 第T 1章〜3章
選: 列王記 第T 3章 9節〜10節
善悪を判断してあなたの民をさばくために聞き分ける心をしもべに与えてください。さもなければ、だれに、このおびただしいあなたの民をさばくことができるでしょうか。」
この願い事は主の御心にかなった。ソロモンがこのことを願ったからである。
メモ: おそらく、たいした苦労もなく王になったソロモンの心からの願いでしょう。
2008/ 1/20 読: 列王記 第T 4章〜6章
選: 列王記 第T 4章 29節〜30節
神は、ソロモンに非常に豊かな知恵と英知と、海辺の砂浜のように広い心とを与えられた。
それでソロモンの知恵は、東のすべての人々の知恵と、エジプト人のすべての知恵とにまさっていた。
メモ: うらやましいな。僕も豊かな知恵と英知と、砂浜のように広い心が欲しい。
2008/ 1/21 読: 列王記 第T 7章〜9章
選: 列王記 第T 8章 28節
けれども、あなたのしもべの祈りと願いに御顔を向けてください。私の神、主よ。あなたのしもべが、きょう、御前にささげる叫びと祈りを聞いてください。
メモ: この祈りのとおりだよ。
2008/ 1/22 読: 列王記 第T 10章〜12章
選: 列王記 第T 10章 8節〜9節
なんとしあわせなことでしょう。あなたにつく人たちは。なんとしあわせなことでしょう。いつもあなたの前に立って、あなたの知恵を聞くことのできる家来たちは。
あなたを喜ばれ、イスラエルの王座にあなたを着かせられたあなたの神、主はほむべきかな。主はイスラエルをとこしえに愛しておられるので、あなたを王とし、公正と正義とを行なわせられるのです。」
メモ: このように言われてみたいね。
2008/ 1/23 読: 列王記 第T 13章〜15章
選: 列王記 第T 14章 8節
ダビデの家から王国を引き裂いてあなたに与えた。あなたは、わたしのしもべダビデのようではなかった。ダビデは、わたしの命令を守り、心を尽くしてわたしに従い、ただ、わたしの見る目にかなったことだけを行なった。
メモ: 神に、このように言われたダビデも、辛い時期はたくさんあったんだよね。
2008/ 1/24 読: 列王記 第T 16章〜18章
選: 列王記 第T 18章 37節
私に答えてください。主よ。私に答えてください。この民が、あなたこそ、主よ、神であり、あなたが彼らの心を翻してくださることを知るようにしてください。」
メモ: 自分をアピールするのではなく、神様に栄光を帰す預言者。あたりまえか。
2008/ 1/25 読: 列王記 第T 19章〜21章
選: 列王記 第T 19章 2節〜4節
すると、イゼベルは使者をエリヤのところに遣わして言った。「もしも私が、あすの今ごろまでに、あなたのいのちをあの人たちのひとりのいのちのようにしなかったなら、神々がこの私を幾重にも罰せられるように。」
彼は恐れて立ち、自分のいのちを救うため立ち去った。ユダのベエル・シェバに来たとき、若い者をそこに残し、
自分は荒野へ一日の道のりをはいって行った。彼は、えにしだの木の陰にすわり、自分の死を願って言った。「主よ。もう十分です。私のいのちを取ってください。私は先祖たちにまさっていませんから。」
メモ: あの、神によって偉大なわざをなしたエリヤも普通の人。安心するね。
2008/ 1/26 読: 列王記 第T 22章、列王記 第U 1章〜2章
選: 列王記 第U 1章 15節
主の使いがエリヤに、「彼といっしょに降りて行け。彼を恐れてはならない。」と言ったので、エリヤは立って、彼といっしょに王のところに下って行き、
メモ: 王様の部下を、天からの火で焼いたエリヤは、恐れてはならないと言われた。
2008/ 1/27 読: 列王記 第U 3章〜5章
選: 列王記 第U 5章 15節
そこで、彼はその一行の者を全部連れて神の人のところに引き返し、彼の前に来て、立って言った。「私は今、イスラエルのほか、世界のどこにも神はおられないことを知りました。それで、どうか今、あなたのしもべからの贈り物を受け取ってください。」
メモ: エリシャの対応で、神が崇められた。自分の行動もそうありたい。
2008/ 1/28 読: 列王記 第U 6章〜8章
選: 列王記 第U 8章 19節
主は、そのしもべダビデに免じて、ユダを滅ぼすことを望まれなかった。主はダビデとその子孫にいつまでもともしびを与えようと、彼に約束されたからである。
メモ: そんな状態ではないのに、約束を忠実にまもる神様。見習います。
2008/ 1/29 読: 列王記 第U 9章〜11章
選: 列王記 第U 9章 11節〜13節
エフーが彼の主君の家来たちのところに出て来ると、ひとりが彼に尋ねた。「何事もなかったのですか。あの気違いは何のために来たのですか。」すると、エフーは彼らに答えた。「あなたがたは、あの男も、あの男の言ったことも知っているはずだ。」
彼らは言った。「あなたは偽っている。われわれに教えてくれ。」そこで、彼は答えた。「あの男は私にこんなことを言った。『主はこう仰せられる。わたしはあなたに油をそそいでイスラエルの王とする。』と。」
すると、彼らは大急ぎで、みな自分の上着を脱ぎ、入口の階段の彼の足もとに敷き、角笛を吹き鳴らして、「エフーは王である。」と言った。
メモ: 「気違い」が言ったことばを、神の言葉として認めるんだ。これはすごい。
2008/ 1/30 読: 列王記 第U 12章〜14章
選: 列王記 第U 13章 23節
主は、アブラハム、イサク、ヤコブとの契約のために、彼らを恵み、あわれみ、顧みて、彼らを滅ぼし尽くすことは望まず、今日まで彼らから御顔をそむけられなかった。
メモ: そんなー、何百年も前にした約束なのに。しかも、恵み、あわれみ、顧みて。
2008/ 1/31 読: 列王記 第U 15章〜17章
選: 列王記 第U 17章 23節
ついに、主は、そのしもべであるすべての預言者を通して告げられたとおり、イスラエルを御前から取り除かれた。こうして、イスラエルは自分の土地からアッシリヤへ引いて行かれた。今日もそのままである。
メモ: イスラエルはアッシリヤへ引いて行かれたけど、殺されなかった。神の約束。
前Page