前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
(2008年 2月)

2008/ 2/ 1 読: 列王記 第U 18章〜20章
選: 列王記 第U 19章 32節〜34節
それゆえ、アッシリヤの王について、主はこう仰せられる。彼はこの町に侵入しない。また、ここに矢を放たず、これに盾をもって迫らず、塁を築いてこれを攻めることもない。
彼はもと来た道から引き返し、この町には、はいらない。・・主の御告げだ・・
わたしはこの町を守って、これを救おう。わたしのために、わたしのしもべダビデのために。」
メモ: 「わたしのために、わたしのしもべハラルドのために」と言ってもらいたい。
2008/ 2/ 2 読: 列王記 第U 21章〜23章
選: 列王記 第U 23章 25節
ヨシヤのように心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くしてモーセのすべての律法に従って、主に立ち返った王は、彼の先にはいなかった。彼の後にも彼のような者は、ひとりも起こらなかった。
メモ: 父も祖父も悪人だったのに、ヨシヤはなぜ主に忠実な人になったのだろう。
2008/ 2/ 3 読: 列王記 第U 24章〜25章、歴代誌 第T 1章
選: 列王記 第U 24章 8節〜9節
エホヤキンは十八歳で王となり、エルサレムで三か月間、王であった。彼の母の名はネフシュタといい、エルサレムの出のエルナタンの娘であった。
彼は、すべて先祖たちがしたとおり、主の目の前に悪を行なった。
メモ: なんて悲しい王様の記録だろう。業績については悲しいたったの一節。
2008/ 2/ 4 読: 歴代誌 第T 2章〜4章
選: 歴代誌 第T 2章 1節〜2節
イスラエルの子は次のとおりである。ルベン、シメオン、レビ、ユダ、イッサカル、ゼブルン、
ダン、ヨセフ、ベニヤミン、ナフタリ、ガド、アシェル。
メモ: 列王記を読むと、滅ぼされてもおかしくない民。神様の約束と哀れみに感謝。
2008/ 2/ 5 読: 歴代誌 第T 5章〜7章
選: 歴代誌 第T 5章 19節〜20節
ここに、彼らはハガル人およびエトル、ナフィシュ、ノダブと戦いを交えたが、
助けを得てこれらに当たった。それで、ハガル人およびこれとともにいた者はみな彼らの手に渡された。それは、彼らがその戦いのときに、神に呼ばわったからである。彼らが神に拠り頼んだので、神は彼らの願いを聞き入れられた。
メモ: 神に拠り頼む。神を人生の土台とする。神はそれを喜ぶ。
2008/ 2/ 6 読: 歴代誌 第T 8章〜10章
選: 歴代誌 第T 9章 27節〜29節
彼らは神の宮の回りで夜を過ごした。彼らには任務が課せられており、彼らは朝ごとにかぎをあけた。
彼らの中のある者は、務めの器具をつかさどった。数を合わせてこれらを運び入れ、数を合わせてこれらを運び出した。
彼らの中のある者は、器具、すなわち聖所のすべての器具と、小麦粉、ぶどう酒、油、乳香、バルサム油の管理を割り当てられた。
メモ: 神の宮では、たくさんの仕事があったんだね。
2008/ 2/ 7 読: 歴代誌 第T 11章〜13章
選: 歴代誌 第T 11章 13節〜14節
彼はダビデとともにパス・ダミムにいた。ペリシテ人はそこに集まって来て戦いをいどんだ。そこには大麦の密生した一つの畑があり、民はペリシテ人の前から逃げたが、
彼らはその畑の真中に踏みとどまって、これを救い、ペリシテ人を打ち殺した。こうして、主は大勝利を収められた。
メモ: 勇士は民と同じ行動を取らず、踏みとどまった。おかげでみんな助かった。
2008/ 2/ 8 読: 歴代誌 第T 14章〜16章
選: 歴代誌 第T 16章 8節〜10節
主に感謝して、御名を呼び求めよ。そのみわざを国々の民の中に知らせよ。
主に歌え。主にほめ歌を歌え。そのすべての奇しいみわざに思いを潜めよ。
主の聖なる名を誇りとせよ。主を慕い求める者の心を喜ばせよ。
メモ: このことばの通りにしましょう。
2008/ 2/ 9 読: 歴代誌 第T 17章〜19章
選: 歴代誌 第T 17章 7節〜8節
今、わたしのしもべダビデにこう言え。万軍の主はこう仰せられる。わたしはあなたを、羊の群れを追う牧場からとり、わたしの民イスラエルの君主とした。
そして、あなたがどこに行っても、あなたとともにおり、あなたの前で、あなたのすべての敵を断ち滅ぼした。わたしは地上の大いなる者の名に等しい名をあなたに与える。
メモ: 羊かいから、一つの国を治める王様へ。これも神の業。
2008/ 2/10 読: 歴代誌 第T 20章〜22章
選: 歴代誌 第T 21章 17節
ダビデは神に言った。「民を数えよと命じたのは私ではありませんか。罪を犯したのは、はなはだしい悪を行なったのは、この私です。この羊の群れがいったい何をしたというのでしょう。わが神、主よ。どうか、あなたの御手を、私と私の一家に下してください。あなたの民は、疫病に渡さないでください。」
メモ: 最高権力者なのに、この謙遜なたいど。やっぱり神様に鍛えられている。
2008/ 2/11 読: 歴代誌 第T 23章〜25章
選: 歴代誌 第T 23章 3節〜5節
レビ人のうち、三十歳以上の者を数えたところ、ひとりずつ人数を調べた合計は三万八千であった。
「そのうち、主の宮の仕事を指揮する者は二万四千、つかさとさばきつかさは六千、
そして、四千人は門衛となり、四千人は私が賛美するために作った楽器を手にして、主を賛美する者となりなさい。」
メモ: 讃美をするために4千人。今ももっと讃美をするプロがいても良いのでは。
2008/ 2/12 読: 歴代誌 第T 26章〜28章
選: 歴代誌 第T 28章 20節
それから、ダビデはその子ソロモンに言った。「強く、雄々しく、事を成し遂げなさい。恐れてはならない。おののいてはならない。神である主、私の神が、あなたとともにおられるのだから・・。主は、あなたを見放さず、あなたを見捨てず、主の宮の奉仕のすべての仕事を完成させてくださる。
メモ: 神に使える者は、恐れてはならない、おののいてはならない。
2008/ 2/13 読: 歴代誌 第T 29章、歴代誌 第U 1章〜2章
選: 歴代誌 第T 29章 12節〜14節
富と誉れは御前から出ます。あなたはすべてのものの支配者であられ、御手には勢いと力があり、あなたの御手によって、すべてが偉大にされ、力づけられるのです。
今、私たちの神、私たちはあなたに感謝し、あなたの栄えに満ちた御名をほめたたえます。
まことに、私は何者なのでしょう。私の民は何者なのでしょう。このようにみずから進んでささげる力を保っていたとしても。すべてはあなたから出たのであり、私たちは、御手から出たものをあなたにささげたにすぎません。
メモ: 神の御前で自分を低くしたダビデは、神によって高く上げられた。
2008/ 2/14 読: 歴代誌 第U 3章〜5章
選: 歴代誌 第U 5章 12節〜14節
また、歌うたいであるレビ人全員も、すなわち、アサフもヘマンもエドトンも彼らの子らも彼らの兄弟たちも、白亜麻布を身にまとい、シンバル、十弦の琴および立琴を手にして、祭壇の東側に立ち、百二十人の祭司たちも彼らとともにいて、ラッパを吹き鳴らしていた。・・
ラッパを吹き鳴らす者、歌うたいたちが、まるでひとりででもあるかのように一致して歌声を響かせ、主を賛美し、ほめたたえた。そして、ラッパとシンバルとさまざまの楽器をかなでて声をあげ、「主はまことにいつくしみ深い。その恵みはとこしえまで。」と主に向かって賛美した。そのとき、その宮、すなわち主の宮は雲で満ちた。
祭司たちは、その雲にさえぎられ、そこに立って仕えることができなかった。主の栄光が神の宮に満ちたからである。
メモ: 讃美の中に住まわれる主。まだまだ讃美が足りないな。
2008/ 2/15 読: 歴代誌 第U 6章〜8章
選: 歴代誌 第U 8章 12節〜14節
それから、ソロモンは、彼が玄関の前に建てた主の祭壇の上に、主のために全焼のいけにえをささげた。
すなわち、モーセの命令どおりに、毎日の日課により、これをささげ、安息日ごとに、新月の祭りごとに、年三回の例祭、すなわち、種を入れないパンの祭り、七週の祭り、仮庵の祭りごとに、これをささげた。
彼はその父ダビデの定めに従い、祭司たちの組分けを定めてその務めにつかせ、レビ人もその任務につかせ、毎日の日課として、祭司たちの前で賛美と奉仕をさせた。門衛たちも、その組分けに従って、おのおのの門に立たせた。神の人ダビデの命令がこうだったからである。
メモ: 「神の人ダビデ」と書かれている。このように自分も言われたい。
2008/ 2/16 読: 歴代誌 第U 9章〜11章
選: 歴代誌 第U 9章 6節〜8節
実は、私は、自分で来て、自分の目で見るまでは、彼らの言うことを信じなかったのですが、驚いたことに、私にはあなたの知恵の半分も知らされていなかったのです。あなたは、私の聞いていたうわさを上回る方でした。
なんとしあわせなことでしょう。あなたにつく人たちは。なんとしあわせなことでしょう。いつもあなたの前に立って、あなたの知恵を聞くことのできるこの、あなたの家来たちは。
あなたを喜ばれ、その王座にあなたを着かせて、あなたの神、主のために王とされたあなたの神、主はほむべきかな。あなたの神はイスラエルを愛して、これをとこしえにゆるがぬものとされたので、彼らの上にあなたを王として与え、公正と正義とを行なわせられるのです。」
メモ: シェバの女王は、ソロモン王ではなく、イスラエルの神をほめたたえている。
2008/ 2/17 読: 歴代誌 第U 12章〜14章
選: 歴代誌 第U 14章 10節〜12節
そこで、アサは彼に対抗して出陣し、マレシャにあるツェファテの谷で戦いの備えをした。
アサはその神、主に叫び求めて言った。「主よ。力の強い者を助けるのも、力のない者を助けるのも、あなたにあっては変わりはありません。私たちの神、主よ。私たちを助けてください。私たちはあなたに拠り頼み、御名によってこの大軍に当たります。主よ。あなたは私たちの神です。人間にすぎない者に、あなたに並ぶようなことはできないようにしてください。」
主はアサの前とユダの前に、クシュ人を打ち破られたので、クシュ人は逃げ去った。
メモ: 哀れみ深い神様。呼び求めればいつも助けて下さる。
2008/ 2/18 読: 歴代誌 第U 15章〜17章
選: 歴代誌 第U 17章 3節〜4節
主はヨシャパテとともにおられた。彼がその先祖ダビデの最初の道に歩んで、バアルに求めず、
その父の神に求め、その命令に従って歩み、イスラエルのしわざにならわなかったからである。
メモ: 主は、主を呼び求める者といつも一緒にいる。嬉しいことだね。
2008/ 2/19 読: 歴代誌 第U 18章〜20章
選: 歴代誌 第U 20章 2節〜4節
そこで、人々は来て、ヨシャパテに告げて言った。「海の向こうのアラムからおびただしい大軍があなたに向かって攻めて来ました。早くも、彼らはハツァツォン・タマル、すなわちエン・ゲディに来ています。」
ヨシャパテは恐れて、ただひたすら主に求め、ユダ全国に断食を布告した。
ユダの人々は集まって来て、主の助けを求めた。すなわち、ユダのすべての町々から人々が出て来て、主を求めた。
メモ: 「恐れて、ただひたすら主に求め」大軍を目の前にして、すごい信仰だね。
2008/ 2/20 読: 歴代誌 第U 21章〜23章
選: 歴代誌 第U 21章 7節
主は、ダビデと結ばれた契約のゆえに、ダビデの家を滅ぼすことを望まれなかった。主はダビデとその子孫にいつまでもともしびを与えようと、約束されたからである。
メモ: 主は約束に忠実。私たちはこの主を基準にしなければいけない。
2008/ 2/21 読: 歴代誌 第U 24章〜26章
選: 歴代誌 第U 24章 2節
ヨアシュは、祭司エホヤダの生きている間は、主の目にかなうことを行った。
メモ: 人を頼りにする神への信仰は力が無い。自分はどうか。
2008/ 2/22 読: 歴代誌 第U 27章〜29章
選: 歴代誌 第U 27章 6節
このように、ヨタムは勢力を増し加えた。彼が、彼の神、主の前に、自分の道を確かなものとしたからである。
メモ: 主の前に、自分の道を確かなものとする。これが重要なこと。
2008/ 2/23 読: 歴代誌 第U 30章〜32章
選: 歴代誌 第U 32章 7節〜8節
「強くあれ。雄々しくあれ。アッシリヤの王に、彼とともにいるすべての大軍に、恐れをなしてはならない。おびえてはならない。彼とともにいる者よりも大いなる方が私たちとともにおられるからである。
彼とともにいる者は肉の腕であり、私たちとともにおられる方は、私たちの神、主、私たちを助け、私たちの戦いを戦ってくださる方である。」民はユダの王ヒゼキヤのことばによって奮い立った。
メモ: 敵を目の前に、見えない神様を信じて、奮い立った民。すごい。
2008/ 2/24 読: 歴代誌 第U 33章〜35章
選: 歴代誌 第U 34章 19節〜21節
王は律法のことばを聞いたとき、自分の衣を裂いた。
王はヒルキヤ、シャファンの子アヒカム、ミカの子アブドン、書記シャファン、王の家来アサヤに命じて言った。
「行って、見つかった書物のことばについて、私のため、イスラエルとユダの残りの者のために、主のみこころを求めなさい。私たちの先祖が、主のことばを守らず、すべてこの書にしるされているとおりに行なわなかったため、私たちの上に注がれた主の憤りは激しいから。」
メモ: 書物を読んで、そこに書かれていることを素直に信じたヨシヤはすごい。
2008/ 2/25 読: 歴代誌 第U 36章、エズラ記 1章〜2章
選: 歴代誌 第U 36章 15節〜16節
彼らの父祖の神、主は、彼らのもとに、使者たちを遣わし、早くからしきりに使いを遣わされた。それは、ご自分の民と、ご自分の御住まいをあわれまれたからである。
ところが、彼らは神の使者たちを笑いものにし、そのみことばを侮り、その預言者たちをばかにしたので、ついに、主の激しい憤りが、その民に対して積み重ねられ、もはや、いやされることがないまでになった。
メモ: 神様のあわれみはなんて大きいのだろう。この神様に従っていきます。
2008/ 2/26 読: エズラ記 3章〜5章
選: エズラ記 5章 5節
しかし、ユダヤ人の長老たちの上には神の目が注がれていたので、このことがダリヨスに報告され、ついで、このことについての書状が来るまで、この者たちは彼らの働きをやめさせることができなかった。
メモ: 神の目が注がれているということは、すばらしいこと。
2008/ 2/27 読: エズラ記 6章〜8章
選: エズラ記 7章 27節〜28節
私たちの父祖の神、主はほむべきかな。主はエルサレムにある主の宮に栄光を与えるために、このようなことを王の心に起こさせ、
王と、その議官と、すべての王の有力な首長の好意を私に得させてくださった。私の神、主の御手が私の上にあったので、私は奮い立って、私といっしょに上るイスラエル人のかしらたちを集めることができた。
メモ: 神は、自分のわざを成し遂げるために、あらゆる方法を使う。
2008/ 2/28 読: エズラ記 9章〜10章、ネヘミヤ記 1章
選: ネヘミヤ記 1章 9節〜11節
あなたがたがわたしに立ち返り、わたしの命令を守り行なうなら、たとい、あなたがたのうちの散らされた者が天の果てにいても、わたしはそこから彼らを集め、わたしの名を住ませるためにわたしが選んだ場所に、彼らを連れて来る。』と。
これらの者たちは、あなたの偉大な力とその力強い御手をもって、あなたが贖われたあなたのしもべ、あなたの民です。
ああ、主よ。どうぞ、このしもべの祈りと、あなたの名を喜んで敬うあなたのしもべたちの祈りとに、耳を傾けてください。どうぞ、きょう、このしもべに幸いを見せ、この人の前に、あわれみを受けさせてくださいますように。」そのとき、私は王の献酌官であった。
メモ: ネヘミヤの謙遜な態度を見習わせてもらいます。アーメン。
2008/ 2/29 読: ネヘミヤ記 2章〜4章
選: ネヘミヤ記 2章 4節〜6節
すると、王は私に言った。「では、あなたは何を願うのか。」そこで私は、天の神に祈ってから、
王に答えた。「王さま。もしもよろしくて、このしもべをいれてくださいますなら、私をユダの地、私の先祖の墓のある町へ送って、それを再建させてください。」
王は私に言った。・・王妃もそばにすわっていた。・・「旅はどのくらいかかるのか。いつ戻って来るのか。」私が王にその期間を申し出ると、王は快く私を送り出してくれた。
メモ: 「私は天の神に祈ってから答えた。」私たちも見習うべき行動でしょう。
前Page