前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
(2008年 3月)

2008/ 3/ 1 読: ネヘミヤ記 5章〜7章
選: ネヘミヤ記 6章 15節〜16節
こうして、城壁は五十二日かかって、エルルの月の二十五日に完成した。
私たちの敵がみな、これを聞いたとき、私たちの回りの諸国民はみな恐れ、大いに面目を失った。この工事が、私たちの神によってなされたことを知ったからである。
メモ: 神によってなされる仕事であれば、反対者は恐れるようになる。
2008/ 3/ 2 読: ネヘミヤ記 8章〜10章
選: ネヘミヤ記 8章 12節
こうして、民はみな、行き、食べたり飲んだり、ごちそうを贈ったりして、大いに喜んだ。これは、彼らが教えられたことを理解したからである。
メモ: 神のことばを理解すると、喜びがわくんだね。
2008/ 3/ 3 読: ネヘミヤ記 11章〜13章
選: ネヘミヤ記 12章 43節
こうして、彼らはその日、数多くのいけにえをささげて喜び歌った。神が彼らを大いに喜ばせてくださったからである。女も子どもも喜び歌ったので、エルサレムの喜びの声ははるか遠くまで聞こえた。
メモ: 「神が喜ばせてくれた。」いいじゃない。こういう事をたくさん経験したい。
2008/ 3/ 4 読: エステル記 1章〜3章
選: エステル記 2章 8節〜9節
王の命令、すなわちその法令が伝えられて、多くのおとめたちがシュシャンの城に集められ、ヘガイの管理のもとに置かれたとき、エステルも王宮に連れて行かれて、女たちの監督官ヘガイの管理のもとに置かれた。
このおとめは、ヘガイの心にかない、彼の好意を得た。そこで、彼は急いで化粧に必要な品々とごちそうを彼女に与え、また王宮から選ばれた七人の侍女を彼女にあてがった。そして、ヘガイは彼女とその侍女たちを、婦人部屋の最も良い所に移した。
メモ: エステルが好意を得られたのは、美しかったからだけではないでしょう。
2008/ 3/ 5 読: エステル記 4章〜6章
選: エステル記 6章 13節
そして、ハマンは自分の身に起こった一部始終を妻ゼレシュとすべての友人たちに話した。すると、彼の知恵のある者たちと、妻ゼレシュは彼に言った。「あなたはモルデカイに負けかけておいでですが、このモルデカイが、ユダヤ民族のひとりであるなら、あなたはもう彼に勝つことはできません。きっと、あなたは彼に負けるでしょう。」
メモ: ユダヤ民族を神が守っていることは、他の人にも分かっていたんだね。
2008/ 3/ 6 読: エステル記 7章〜10章
選: エステル記 10章 2節〜3節
彼の権威と勇気によるすべての功績と、王に重んじられたモルデカイの偉大さについての詳細とは、メディヤとペルシヤの王の年代記の書にしるされているではないか。
それはユダヤ人モルデカイが、アハシュエロス王の次に位し、ユダヤ人の中でも大いなる者であり、彼の多くの同胞たちに敬愛され、自分の民の幸福を求め、自分の全民族に平和を語ったからである。
メモ: 自分の民の祝福と平和を求めたモルデカイを、神は大いなる者とした。
2008/ 3/ 7 読: ヨブ記 1章〜3章
選: ヨブ記 2章 10節
しかし、彼は彼女に言った。「あなたは愚かな女が言うようなことを言っている。私たちは幸いを神から受けるのだから、わざわいをも受けなければならないではないか。」ヨブはこのようになっても、罪を犯すようなことを口にしなかった。
メモ: 最悪の状態になっても、ヨブは神を信じた。彼を見習う。
2008/ 3/ 8 読: ヨブ記 4章〜6章
選: ヨブ記 6章 11節〜12節
私にどんな力があるからといって、私は待たなければならないのか。私にどんな終わりがあるからといって、私は耐え忍ばなければならないのか。
私の力は石の力であろうか。私の肉は青銅であろうか。
メモ: 同じ様に思う事もしばしば。だけど訓練だから耐え忍ぶ。
2008/ 3/ 9 読: ヨブ記 7章〜9章
選: ヨブ記 8章 20節〜22節
見よ。神は潔白な人を退けない。悪を行なう者の手を取らない。
ついには、神は笑いをあなたの口に満たし、喜びの叫びをあなたのくちびるに満たす。
あなたを憎む者は恥を見、悪者どもの天幕は、なくなってしまう。
メモ: 「ついには、神は笑いをあなたの口に満たし、」このようになるさ。
2008/ 3/10 読: ヨブ記 10章〜12章
選: ヨブ記 10章 8節〜9節
あなたの御手は私を形造り、造られました。それなのにあなたは私を滅ぼそうとされます。
思い出してください。あなたは私を粘土で造られました。あなたは、私をちりに帰そうとされるのですか。
メモ: 神様のまえで、清い生活を送ってるのに、何でこのような目にあうの。
2008/ 3/11 読: ヨブ記 13章〜15章
選: ヨブ記 13章 2節〜3節
あなたがたの知っていることは私も知っている。私はあなたがたに劣っていない。
だが、私は全能者に語りかけ、神と論じ合ってみたい。
メモ: 神と論じ合ってみたいな。
2008/ 3/12 読: ヨブ記 16章〜18章
選: ヨブ記 16章 12節〜14節
私は安らかな身であったが、神は私を打ち砕き、私の首をつかまえて粉々にし、私を立ててご自分の的とされた。
その射手たちは私を巡り囲み、神は私の内臓を容赦なく射抜き、私の胆汁を地に流した。
神は私を打ち破って、破れに破れを加え、勇士のように私に向かって馳せかかる。
メモ: それでもヨブは神に対して罪を犯さなかった。
2008/ 3/13 読: ヨブ記 19章〜21章
選: ヨブ記 19章 2節〜4節
いつまで、あなたがたは私のたましいを悩まし、そんな論法で私を砕くのか。
もう、十度もあなたがたは私に恥ずかしい思いをさせ、恥知らずにも私をいじめる。
もし、私がほんとうにあやまって罪を犯したとしても、私のあやまって犯した罪が私のうちにとどまっているだろうか。
メモ: 赦された罪はその人のうちに留まっていない。
2008/ 3/14 読: ヨブ記 22章〜24章
選: ヨブ記 23章 3節〜5節
ああ、できれば、どこで神に会えるかを知り、その御座にまで行きたい。
私は御前に訴えを並べたて、ことばの限り討論したい。
私は神が答えることばを知り、私に言われることが何であるかを悟りたい。
メモ: 神が僕のことをどう思っているか、悟りたい。
2008/ 3/15 読: ヨブ記 25章〜27章
選: ヨブ記 27章 2節〜4節
私の権利を取り去った神、私のたましいを苦しめた全能者をさして誓う。
私の息が私のうちにあり、神の霊が私の鼻にあるかぎり、
私のくちびるは不正を言わず、私の舌は決して欺きを告げない。
メモ: ここまで言い切れるヨブは、よっぽど自分の生活に自信があったんだね。
2008/ 3/16 読: ヨブ記 28章〜30章
選: ヨブ記 28章 28節
こうして、神は人に仰せられた。「見よ。主を恐れること、これが知恵である。悪から離れることは悟りである。」
メモ: 主を恐れる(主の前にへりくだる)生活を送ることがベストだよね。
2008/ 3/17 読: ヨブ記 31章〜33章
選: ヨブ記 31章 4節〜6節
神は私の道を見られないのだろうか。私の歩みをことごとく数えられないのだろうか。
もし私がうそとともに歩み、この足が欺きに急いだのなら、
正しいはかりで私を量るがよい。そうすれば神に私の潔白がわかるだろう。
メモ: 自分の生活に自信を持っていたヨブ。僕はここまで言えるだろうか。
2008/ 3/18 読: ヨブ記 34章〜36章
選: ヨブ記 36章 15節
神は悩んでいる者をその悩みの中で助け出し、そのしいたげの中で彼らの耳を開かれる。
メモ: 人は悩んでいる中で、聞く耳を持つようになるのだろうか。
2008/ 3/19 読: ヨブ記 37章〜39章
選: ヨブ記 38章 36節
だれが心のうちに知恵を置いたか。だれが心の奥に悟りを与えたか。
メモ: 神様、あなたです。だから知恵と悟りを与えてください。
2008/ 3/20 読: ヨブ記 40章〜42章
選: ヨブ記 42章 4節〜6節
どうか聞いてください。私が申し上げます。私はあなたにお尋ねします。私にお示しください。
私はあなたのうわさを耳で聞いていました。しかし、今、この目であなたを見ました。
それで私は自分をさげすみ、ちりと灰の中で悔い改めます。
メモ: どう考えても、神様に対して偉そうなことは言えないよね。気をつけよっ。
2008/ 3/21 読: 詩篇 1篇〜3篇
選: 詩篇 1章 1節〜3節
幸いなことよ。悪者のはかりごとに歩まず、罪人の道に立たず、あざける者の座に着かなかった、その人。
まことに、その人は主のおしえを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさむ。
その人は、水路のそばに植わった木のようだ。時が来ると実がなり、その葉は枯れない。その人は、何をしても栄える。
メモ: 「その人は、何をしても栄える」人になりたい。
2008/ 3/22 読: 詩篇 4篇〜6篇
選: 詩篇 4章 3節〜5節
知れ。主は、ご自分の聖徒を特別に扱われるのだ。私が呼ぶとき、主は聞いてくださる。
恐れおののけ。そして罪を犯すな。床の上で自分の心に語り、静まれ。セラ
義のいけにえをささげ、主に拠り頼め。
メモ: 主に拠り頼むこと。自分にできる最高のことだよ。
2008/ 3/23 読: 詩篇 7篇〜9篇
選: 詩篇 9章 1節〜2節
私は心を尽くして主に感謝します。あなたの奇しいわざを余すことなく語り告げます。
私は、あなたを喜び、誇ります。いと高き方よ。あなたの御名をほめ歌います。
メモ: はやくこうなりたい。
2008/ 3/24 読: 詩篇 10篇〜12篇
選: 詩篇 12章 5節〜6節
主は仰せられる。「悩む人が踏みにじられ、貧しい人が嘆くから、今、わたしは立ち上がる。わたしは彼を、その求める救いに入れよう。」
主のみことばは混じりけのないことば。土の炉で七回もためされて、純化された銀。
メモ: 主のみことばには混じりけがないことを忘れずに。
2008/ 3/25 読: 詩篇 13篇〜15篇
選: 詩篇 15章 1節〜3節
主よ。だれが、あなたの幕屋に宿るのでしょうか。だれが、あなたの聖なる山に住むのでしょうか。
正しく歩み、義を行ない、心の中の真実を語る人。
その人は、舌をもってそしらず、友人に悪を行なわず、隣人への非難を口にしない。
メモ: 心の中の真実だけを語る人になりたい。
2008/ 3/26 読: 詩篇 16篇〜18篇
選: 詩篇 16章 8節〜9節
私はいつも、私の前に主を置いた。主が私の右におられるので、私はゆるぐことがない。
それゆえ、私の心は喜び、私のたましいは楽しんでいる。私の身もまた安らかに住まおう。
メモ: いつも命を狙われていたダビデが言ったことば。同じように言いたいよね。
2008/ 3/27 読: 詩篇 19篇〜21篇
選: 詩篇 20章 2節〜4節
主が聖所から、あなたに助けを送り、シオンから、あなたをささえられますように。
あなたの穀物のささげ物をすべて心に留め、あなたの全焼のいけにえを受け入れてくださいますように。セラ
主があなたの願いどおりにしてくださいますように。あなたのすべてのはかりごとを遂げさせてくださいますように。
メモ: 我々はいつも助けが必要だし、願ってることを適えてもらいたいとも思う。
2008/ 3/28 読: 詩篇 22篇〜24篇
選: 詩篇 23章 1節〜3節
主は私の羊飼い。 私は、乏しいことがありません。
主は私を緑の牧場に伏させ、 いこいの水のほとりに伴われます。
主は私のたましいを生き返らせ、 御名のために、私を義の道に導かれます。
メモ: 自分もこのように言えるだろうか。
2008/ 3/29 読: 詩篇 25篇〜27篇
選: 詩篇 27章 1節〜3節
主は、私の光、私の救い。だれを私は恐れよう。主は、私のいのちのとりで。だれを私はこわがろう。
悪を行なう者が私の肉を食らおうと、私に襲いかかったとき、私の仇、私の敵、彼らはつまずき、倒れた。
たとい、私に向かって陣営が張られても、私の心は恐れない。たとい、戦いが私に向かって起こっても、それにも、私は動じない。
メモ: だれを私はこわがろう。
2008/ 3/30 読: 詩篇 28篇〜30篇
選: 詩篇 28章 6節〜7節
ほむべきかな。主。まことに主は私の願いの声を聞かれた。
主は私の力、私の盾。私の心は主に拠り頼み、私は助けられた。それゆえ私の心はこおどりして喜び、私は歌をもって、主に感謝しよう。
メモ: 少なくても、感謝をささげることに間違いはない。
2008/ 3/31 読: 詩篇 31篇〜33篇
選: 詩篇 32章 10節〜11節
悪者には心の痛みが多い。しかし、主に信頼する者には、恵みが、その人を取り囲む。
正しい者たち。主にあって、喜び、楽しめ。すべての心の直な人たちよ。喜びの声をあげよ。
メモ: 常に、恵みに取り囲まれている人でいたい。
前Page