前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
(2008年 4月)

2008/ 4/ 1 読: 詩篇 34篇〜36篇
選: 詩篇 34章 1節〜3節
私はあらゆる時に主をほめたたえる。私の口には、いつも、主への賛美がある。
私のたましいは主を誇る。貧しい者はそれを聞いて喜ぶ。
私とともに主をほめよ。共に、御名をあがめよう。
メモ: あらゆる時に主をほめたたえる者でいたい。ね、そうでしょう。
2008/ 4/ 2 読: 詩篇 37篇〜39篇
選: 詩篇 39章 12節
私の祈りを聞いてください。主よ。私の叫びを耳に入れてください。私の涙に、黙っていないでください。私はあなたとともにいる旅人で、私のすべての先祖たちのように、寄留の者なのです。
メモ: 「私はあなたとともにいる旅人で、」しぶいことばだね。
2008/ 4/ 3 読: 詩篇 40篇〜42篇
選: 詩篇 42章 11節
わがたましいよ。なぜ、おまえは絶望しているのか。なぜ、御前で思い乱れているのか。神を待ち望め。私はなおも神をほめたたえる。私の救い、私の神を。
メモ: 何があっても、神をほめたたえます。
2008/ 4/ 4 読: 詩篇 43篇〜45篇
選: 詩篇 43章 5節
わがたましいよ。なぜ、おまえは絶望しているのか。なぜ、御前で思い乱れているのか。神を待ち望め。私はなおも神をほめたたえる。私の救い、私の神を。
メモ: 絶望してるなんて、神に対して失礼だよ。
2008/ 4/ 5 読: 詩篇 46篇〜48篇
選: 詩篇 48章 14節
この方こそまさしく神。世々限りなくわれらの神であられる。神は私たちをとこしえに導かれる。
メモ: この方こそまさしく神。自分の生活がまだその確信に合っていない。
2008/ 4/ 6 読: 詩篇 49篇〜51篇
選: 詩篇 50章 22節〜23節
神を忘れる者よ。さあ、このことをよくわきまえよ。さもないと、わたしはおまえを引き裂き、救い出す者もいなくなろう。
感謝のいけにえをささげる人は、わたしをあがめよう。その道を正しくする人に、わたしは神の救いを見せよう。」
メモ: 感謝のいけにえをささげることに決めた。
2008/ 4/ 7 読: 詩篇 52篇〜54篇
選: 詩篇 54章 6節〜7節
私は、進んでささげるささげ物をもって、あなたにいけにえをささげます。主よ。いつくしみ深いあなたの御名に、感謝します。
神は、すべての苦難から私を救い出し、私の目が私の敵をながめるようになったからです。
メモ: 今日こそ、感謝をささげよう。
2008/ 4/ 8 読: 詩篇 55篇〜57篇
選: 詩篇 57章 9節〜11節
主よ。私は国々の民の中にあって、あなたに感謝し、国民の中にあって、あなたにほめ歌を歌いましょう。
あなたの恵みは大きく、天にまで及び、あなたのまことは雲にまで及ぶからです。
神よ。あなたが、天であがめられ、あなたの栄光が、全世界であがめられますように。
メモ: 「あなたの恵みは大きく、天にまで及び」。神の恵み無しでは生きられない。
2008/ 4/ 9 読: 詩篇 58篇〜60篇
選: 詩篇 60章 12節
神によって、私たちは力ある働きをします。神こそ、私たちの敵を踏みつけられる方です。
メモ: 私たちの力ある働きは、神による。
2008/ 4/10 読: 詩篇 61篇〜63篇
選: 詩篇 62章 1節〜2節
私のたましいは黙って、ただ神を待ち望む。私の救いは神から来る。
神こそ、わが岩。わが救い。わがやぐら。私は決して、ゆるがされない。
メモ: 私は黙って神を待ち望む。
2008/ 4/11 読: 詩篇 64篇〜66篇
選: 詩篇 66章 18節〜20節
もしも私の心にいだく不義があるなら、主は聞き入れてくださらない。
しかし、確かに、神は聞き入れ、私の祈りの声を心に留められた。
ほむべきかな。神。神は、私の祈りを退けず、御恵みを私から取り去られなかった。
メモ: 今日もすべてを感謝しよう。ね。
2008/ 4/12 読: 詩篇 67篇〜69篇
選: 詩篇 68章 34節
神の力を認めよ。みいつはイスラエルの上に、御力は雲の上にある。
メモ: 「神の力を認めよ。」これができていない。
2008/ 4/13 読: 詩篇 70篇〜72篇
選: 詩篇 71章 19節〜20節
神よ。あなたの義は天にまで届きます。あなたは大いなることをなさいました。神よ。だれが、あなたと比べられましょうか。
あなたは私を多くの苦しみと悩みとに、会わせなさいましたが、私を再び生き返らせ、地の深みから、再び私を引き上げてくださいます。
メモ: この神により頼むのがベストなことではないか。
2008/ 4/14 読: 詩篇 73篇〜75篇
選: 詩篇 75章 1節
私たちは、あなたに感謝します。神よ。私たちは感謝します。御名は、近くにあり、人々は、あなたの奇しいわざを語り告げます。
メモ: 神よ。私はあなたに感謝します。
2008/ 4/15 読: 詩篇 76篇〜78篇
選: 詩篇 78章 52節
しかし神は、ご自分の民を、羊の群れのように連れ出し、家畜の群れのように荒野の中を連れて行かれた。
メモ: 周りは荒野、だから見えるものは荒野。だけど安心。神様が導いているから。
2008/ 4/16 読: 詩篇 79篇〜81篇
選: 詩篇 81章 1節〜3節
われらの力であられる神に喜び歌え。ヤコブの神に喜び叫べ。
声高らかにほめ歌を歌え。タンバリンを打ち鳴らせ。六弦の琴に合わせて、良い音の立琴をかき鳴らせ。
われらの祭りの日の、新月と満月に、角笛を吹き鳴らせ。
メモ: いつも神に向かって讃美しましょう。
2008/ 4/17 読: 詩篇 82篇〜84篇
選: 詩篇 84章 5節〜7節
なんと幸いなことでしょう。その力が、あなたにあり、その心の中にシオンへの大路のある人は。
彼らは涙の谷を過ぎるときも、そこを泉のわく所とします。初めの雨もまたそこを祝福でおおいます。
彼らは、力から力へと進み、シオンにおいて、神の御前に現われます。
メモ: 神を頼りにする人は、なんと幸でしょう。
2008/ 4/18 読: 詩篇 85篇〜87篇
選: 詩篇 86章 11節
主よ。あなたの道を私に教えてください。私はあなたの真理のうちを歩みます。私の心を一つにしてください。御名を恐れるように。
メモ: いまさらだけど、やっぱりこうなってれば最高だよ。
2008/ 4/19 読: 詩篇 88篇〜90篇
選: 詩篇 89章 26節〜28節
彼は、わたしを呼ぼう。『あなたはわが父、わが神、わが救いの岩。』と。
わたしもまた、彼をわたしの長子とし、地の王たちのうちの最も高い者としよう。
わたしの恵みを彼のために永遠に保とう。わたしの契約は彼に対して真実である。
メモ: 主は、私の父、私の神、私の救いの岩。
2008/ 4/20 読: 詩篇 91篇〜93篇
選: 詩篇 91章 10節〜12節
わざわいは、あなたにふりかからず、えやみも、あなたの天幕に近づかない。
まことに主は、あなたのために、御使いたちに命じて、すべての道で、あなたを守るようにされる。
彼らは、その手で、あなたをささえ、あなたの足が石に打ち当たることのないようにする。
メモ: 主に全てを任せよう。
2008/ 4/21 読: 詩篇 94篇〜96篇
選: 詩篇 96章 1節〜3節
新しい歌を主に歌え。全地よ。主に歌え。
主に歌え。御名をほめたたえよ。日から日へと、御救いの良い知らせを告げよ。
主の栄光を国々の中で語り告げよ。その奇しいわざを、すべての国々の民の中で。
メモ: 主に歌え。主の御名をほめたたえよ。
2008/ 4/22 読: 詩篇 97篇〜99篇
選: 詩篇 99章 1節〜3節
主は王である。国々の民は恐れおののけ。主は、ケルビムの上の御座に着いておられる。地よ、震えよ。
主はシオンにおいて、大いなる方。主はすべての国々の民の上に高くいます。
国々の民よ。大いなる、おそれおおい御名をほめたたえよ。主は聖である。
メモ: 主は王である。恐れよ。
2008/ 4/23 読: 詩篇 100篇〜102篇
選: 詩篇 100章 1節〜3節
全地よ。主に向かって喜びの声をあげよ。
喜びをもって主に仕えよ。喜び歌いつつ御前に来たれ。
知れ。主こそ神。主が、私たちを造られた。私たちは主のもの、主の民、その牧場の羊である。
メモ: 喜びをもって、主に仕えよ。
2008/ 4/24 読: 詩篇 103篇〜105篇
選: 詩篇 105章 1節〜3節
主に感謝して、御名を呼び求めよ。そのみわざを国々の民の中に知らせよ。
主に歌え。主にほめ歌を歌え。そのすべての奇しいみわざに思いを潜めよ。
主の聖なる名を誇りとせよ。主を慕い求める者の心を喜ばせよ。
メモ: 主の聖なる名を誇りとせよ。
2008/ 4/25 読: 詩篇 106篇〜108篇
選: 詩篇 108章 1節〜3節
神よ。私の心はゆるぎません。私は歌い、私のたましいもまた、ほめ歌を歌いましょう。
十弦の琴よ、立琴よ。目をさませ。私は暁を呼びさましたい。
メモ: 神よ。私の心はゆるぎません。
2008/ 4/26 読: 詩篇 109篇〜111篇
選: 詩篇 111章 1節〜3節
ハレルヤ。私は心を尽くして主に感謝しよう。直ぐな人のつどいと集会において。
主のみわざは偉大で、みわざを喜ぶすべての人々に尋ね求められる。
そのみわざは尊厳と威光。その義は永遠に堅く立つ。
メモ: 私は心を尽くして主に感謝しよう。
2008/ 4/27 読: 詩篇 112篇〜114篇
選: 詩篇 112章 1節〜3節
ハレルヤ。幸いなことよ。主を恐れ、その仰せを大いに喜ぶ人は。
その人の子孫は地上で力ある者となり、直ぐな人たちの世代は祝福されよう。
繁栄と富とはその家にあり、彼の義は永遠に堅く立つ。
メモ: 主の仰せを大いに喜ぶ人になる。
2008/ 4/28 読: 詩篇 115篇〜117篇
選: 詩篇 116章 2節〜4節
主は、私に耳を傾けられるので、私は生きるかぎり主を呼び求めよう。
死の綱が私を取り巻き、よみの恐怖が私を襲い、私は苦しみと悲しみの中にあった。
そのとき、私は主の御名を呼び求めた。「主よ。どうか私のいのちを助け出してください。」
メモ: 私は生きるかぎり、主を呼び求める。
2008/ 4/29 読: 詩篇 118篇〜120篇
選: 詩篇 119章 174節〜176節
私はあなたの救いを慕っています。主よ。あなたのみおしえは私の喜びです。
私のたましいが生き、あなたをほめたたえますように。そしてあなたのさばきが私の助けとなりますように。
私は、滅びる羊のように、迷い出ました。どうかあなたのしもべを捜し求めてください。私はあなたの仰せを忘れません。
メモ: 聖書の中で一番長い章の最後の3節。
2008/ 4/30 読: 詩篇 121篇〜123篇
選: 詩篇 121章 1節〜3節
私は山に向かって目を上げる。私の助けは、どこから来るのだろうか。
私の助けは、天地を造られた主から来る。
主はあなたの足をよろけさせず、あなたを守る方は、まどろむこともない。
メモ: 私の助けは、天地を造られた主から来る。
前Page