前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
(2008年 5月)

2008/ 5/ 1 読: 詩篇 124篇〜126篇
選: 詩篇 125章 1節〜3節
主に信頼する人々はシオンの山のようだ。ゆるぐことなく、とこしえにながらえる。
山々がエルサレムを取り囲むように、主は御民を今よりとこしえまえでも囲まれる。
悪の杖が正しい者の地所の上にとどまることなく、正しい者が不正なことに、手を伸ばさないためである。
メモ: 正しい者が、不正なことに手を伸ばさないために、主は守られる。
2008/ 5/ 2 読: 詩篇 127篇〜129篇
選: 詩篇 127章 1節〜2節
主が家を建てるのでなければ、建てる者の働きはむなしい。主が町を守るのでなければ、守る者の見張りはむなしい。
あなたがたが早く起きるのも、おそく休むのも、辛苦の糧を食べるのも、それはむなしい。主はその愛する者には、眠っている間に、このように備えてくださる。
メモ: 背後に主がいなければ、全てはむなしい。
2008/ 5/ 3 読: 詩篇 130篇〜132篇
選: 詩篇 130章 5節〜7節
私は主を待ち望みます。私のたましいは、待ち望みます。私は主のみことばを待ちます。
私のたましいは、夜回りが夜明けを待つのにまさり、まことに、夜回りが夜明けを待つのにまさって、主を待ちます。
イスラエルよ。主を待て。主には恵みがあり、豊かな贖いがある。
メモ: 私は主を待ち望みます。
2008/ 5/ 4 読: 詩篇 133篇〜135篇
選: 詩篇 134章 1節〜3節
さあ、主をほめたたえよ。主のすべてのしもべたち、夜ごとに主の家で仕える者たちよ。
聖所に向かってあなたがたの手を上げ、主をほめたたえよ。
天地を造られた主がシオンからあなたを祝福されるように。
メモ: 主をほめたたえよ。さー、みんな、主をほめたたえよ。
2008/ 5/ 5 読: 詩篇 136篇〜138篇
選: 詩篇 138章 3節
私が呼んだその日に、あなたは私に答え、私のたましいに力を与えて強くされました。
メモ: 「私が呼んだその日に、あなたは私に答えた。」これからは、これだ。
2008/ 5/ 6 読: 詩篇 139篇〜141篇
選: 詩篇 139章 23節〜24節
神よ。私を探り、私の心を知ってください。私を調べ、私の思い煩いを知ってください。
私のうちに傷のついた道があるか、ないかを見て、私をとこしえの道に導いてください。
メモ: やっぱりこの2節を選ぶ。主の手にかかることを望む。
2008/ 5/ 7 読: 詩篇 142篇〜144篇
選: 詩篇 143章 10節〜12節
あなたのみこころを行なうことを教えてください。あなたこそ私の神であられますから。あなたのいつくしみ深い霊が、平らな地に私を導いてくださるように。
主よ。あなたの御名のゆえに、私を生かし、あなたの義によって、私のたましいを苦しみから連れ出してください。
あなたの恵みによって、私の敵を滅ぼし、私のたましいに敵対するすべての者を消し去ってください。私はあなたのしもべですから。
メモ: これが心からの願いです。
2008/ 5/ 8 読: 詩篇 145篇〜147篇
選: 詩篇 146章 1節〜3節
ハレルヤ。私のたましいよ。主をほめたたえよ。
私は生きているかぎり、主をほめたたえよう。いのちのあるかぎり、私の神に、ほめ歌を歌おう。
君主たちにたよってはならない。救いのない人間の子に。
メモ: 私の神にのみたより、私の神をほめたたえよう。
2008/ 5/ 9 読: 詩篇 148篇〜150篇
選: 詩篇 148章 11節〜13節
地の王たちよ。すべての国民よ。君主たちよ。地のすべてのさばきづかさよ。
若い男よ。若い女よ。年老いた者と幼い者よ。
彼らに主の名をほめたたえさせよ。主の御名だけがあがめられ、その威光は地と天の上にあるからだ。
メモ: あがめるのは、主の御名のみ。
2008/ 5/10 読: 箴言 1章〜3章
選: 箴言 3章 13節〜15節
幸いなことよ。知恵を見いだす人、英知をいただく人は。
それの儲けは銀の儲けにまさり、その収穫は黄金にまさるからだ。
知恵は真珠よりも尊く、あなたの望むどんなものも、これとは比べられない。
メモ: 今日からもっと英知をいただけるように祈ります。
2008/ 5/11 読: 箴言 4章〜6章
選: 箴言 4章 25節〜27節
あなたの目は前方を見つめ、あなたのまぶたはあなたの前をまっすぐに見よ。
あなたの足の道筋に心を配り、あなたのすべての道を堅く定めよ。
右にも左にもそれてはならない。あなたの足を悪から遠ざけよ。
メモ: あなたのすべての道を堅く定めよ。
2008/ 5/12 読: 箴言 7章〜9章
選: 箴言 9章 10節〜12節
主を恐れることは知恵の初め、聖なる方を知ることは悟りである。
わたしによって、あなたの日は多くなり、あなたのいのちの年は増すからだ。
もし、あなたが知恵を得れば、その知恵はあなたのものだ。もし、あなたがこれをあざけるなら、あなただけが、その責任を負うことになる。
メモ: 主を恐れることは知恵の初め。
2008/ 5/13 読: 箴言 10章〜12章
選: 箴言 12章 14節〜16節
人はその口の実によって良いものに満ち足りる。人の手の働きはその人に報いを与える。
愚か者は自分の道を正しいと思う。しかし知恵のある者は忠告を聞き入れる。
愚か者は自分の怒りをすぐ現わす。利口な者ははずかしめを受けても黙っている。
メモ: 愚か者にならないように気をつけなくちゃだよ。
2008/ 5/14 読: 箴言 13章〜15章
選: 箴言 15章 13節〜15節
心に喜びがあれば顔色を良くする。心に憂いがあれば気はふさぐ。
悟りのある者の心は知識を求めるが、愚かな者の口は愚かさを食いあさる。
悩む者には毎日が不吉の日であるが、心に楽しみのある人には毎日が宴会である。
メモ: 心に楽しみのある人には毎日が宴会である。こうなりたいね。
2008/ 5/15 読: 箴言 16章〜18章
選: 箴言 16章 1節〜3節
人は心に計画を持つ。主はその舌に答えを下さる。
人は自分の行ないがことごとく純粋だと思う。しかし主は人のたましいの値うちをはかられる。
あなたのしようとすることを主にゆだねよ。そうすれば、あなたの計画はゆるがない。
メモ: このことばをしっかり記憶しよう。
2008/ 5/16 読: 箴言 19章〜21章
選: 箴言 21章 13節
寄るベのない者の叫びに耳を閉じる者は、自分が呼ぶときに答えられない。
メモ: 自分は寄るべのない者の叫びに耳を傾けているだろうか。
2008/ 5/17 読: 箴言 22章〜24章
選: 箴言 23章 25節
あなたの父と母を喜ばせ、あなたを産んだ母を楽しませよ。
メモ: ことばの通りにしなくちゃだよ。
2008/ 5/18 読: 箴言 25章〜27章
選: 箴言 27章 19節
顔が、水に映る顔と同じように、人の心は、その人に映る。
メモ: 人を安らかにする顔でありたい。
2008/ 5/19 読: 箴言 28章〜30章
選: 箴言 29章 25節〜27節
人を恐れるとわなにかかる。しかし主に信頼する者は守られる。
支配者の顔色をうかがう者は多い。しかし人をさばくのは主である。
不正な人は正しい人に忌みきらわれ、行ないの正しい人は悪者に忌みきらわれる。
メモ: 人がどう思うかではない。神がどう思っているかが重要。
2008/ 5/20 読: 箴言 31章、伝道者の書 1章〜2章
選: 伝道者の書 2章 24節〜26節
人には、食べたり飲んだりし、自分の労苦に満足を見いだすよりほかに、何も良いことがない。これもまた、神の御手によることがわかった。
実に、神から離れて、だれが食べ、だれが楽しむことができようか。
なぜなら、神は、みこころにかなう人には、知恵と知識と喜びを与え、罪人には、神のみこころにかなう者に渡すために、集め、たくわえる仕事を与えられる。これもまた、むなしく、風を追うようなものだ。
メモ: 神から離れて、何が正しいのか。
2008/ 5/21 読: 伝道者の書 3章〜5章
選: 伝道者の書 5章 19節〜20節
実に神はすべての人間に富と財宝を与え、これを楽しむことを許し、自分の受ける分を受け、自分の労苦を喜ぶようにされた。これこそが神の賜物である。
こういう人は、自分の生涯のことをくよくよ思わない。神が彼の心を喜びで満たされるからだ。
メモ: 神が心を喜びで満たしてくだされば、自分の生涯のことをくよくよ思わない。
2008/ 5/22 読: 伝道者の書 6章〜8章
選: 伝道者の書 8章 16節〜17節
私は一心に知恵を知り、昼も夜も眠らずに、地上で行なわれる人の仕事を見ようとしたとき、
すべては神のみわざであることがわかった。人は日の下で行なわれるみわざを見きわめることはできない。人は労苦して捜し求めても、見いだすことはない。知恵ある者が知っていると思っても、見きわめることはできない。
メモ: すべては神のみわざである。
2008/ 5/23 読: 伝道者の書 9章〜11章
選: 伝道者の書 9章 11節
私は再び、日の下を見たが、競走は足の早い人のものではなく、戦いは勇士のものではなく、またパンは知恵ある人のものではなく、また富は悟りのある人のものではなく、愛顧は知識のある人のものではないことがわかった。すべての人が時と機会に出会うからだ。
メモ: すべての人が時と機会に出会う。
2008/ 5/24 読: 伝道者の書 12章、雅歌 1章〜2章
選: 伝道者の書 12章 13節〜14節
結局のところ、もうすべてが聞かされていることだ。神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである。
神は、善であれ悪であれ、すべての隠れたことについて、すべてのわざをさばかれるからだ。
メモ: 神を恐れよ。神の命令を守れ。これが全て。
2008/ 5/25 読: 雅歌 3章〜5章
選: 雅歌 3章 4節
彼らのところを通り過ぎると間もなく、私の愛している人を私は見つけました。この方をしっかりつかまえて、放さず、とうとう、私の母の家に、私をみごもった人の奥の間に、お連れしました。
メモ: 神様が僕を絶対に放さないことを期待する。
2008/ 5/26 読: 雅歌 6章〜8章
選: 雅歌 7章 4節
あなたの首は、象牙のやぐらのようだ。あなたの目は、バテ・ラビムの門のほとり、ヘシュボンの池。あなたの鼻は、ダマスコのほうを見張っているレバノンのやぐらのようだ。
メモ: 意味がまだ分からないけど、今日はこの節を選ばされた。
2008/ 5/27 読: イザヤ書 1章〜3章
選: イザヤ書 2章 3節〜5節
多くの民が来て言う。「さあ、主の山、ヤコブの神の家に上ろう。主はご自分の道を、私たちに教えてくださる。私たちはその小道を歩もう。」それは、シオンからみおしえが出、エルサレムから主のことばが出るからだ。
主は国々の間をさばき、多くの国々の民に、判決を下す。彼らはその剣を鋤に、その槍をかまに打ち直し、国は国に向かって剣を上げず、二度と戦いのことを習わない。
来たれ。ヤコブの家よ。私たちも主の光に歩もう。
メモ: 「二度と戦いのことを習わない。」と言う日が来るのでしょうね、いつかは。
2008/ 5/28 読: イザヤ書 4章〜6章
選: イザヤ書 4章 4節〜6節
主が、さばきの霊と焼き尽くす霊によって、シオンの娘たちの汚れを洗い、エルサレムの血をその中からすすぎ清めるとき、
主は、シオンの山のすべての場所とその会合の上に、昼は雲、夜は煙と燃える火の輝きを創造される。それはすべての栄光の上に、おおいとなり、仮庵となり、
昼は暑さを避ける陰となり、あらしと雨を防ぐ避け所と隠れ家になるからだ。
メモ: 主は我らの避けどころ。
2008/ 5/29 読: イザヤ書 7章〜9章
選: イザヤ書 8章 9節〜11節
国々の民よ。打ち破られて、わななけ。遠く離れたすべての国々よ。耳を傾けよ。腰に帯をして、わななけ。腰に帯をして、わななけ。
はかりごとを立てよ。しかし、それは破られる。申し出をせよ。しかし、それは成らない。神が、私たちとともにおられるからだ。
まことに主は強い御手をもって私を捕え、私にこう仰せられた。この民の道に歩まないよう、私を戒めて仰せられた。
メモ: 神が私とともにいるから、心配はない。
2008/ 5/30 読: イザヤ書 10章〜12章
選: イザヤ書 12章 4節〜6節
その日、あなたがたは言う。「主に感謝せよ。その御名を呼び求めよ。そのみわざを、国々の民の中に知らせよ。御名があがめられていることを語り告げよ。
主をほめ歌え。主はすばらしいことをされた。これを、全世界に知らせよ。
シオンに住む者。大声をあげて、喜び歌え。イスラエルの聖なる方は、あなたの中におられる、大いなる方。」
メモ: 大声をあげて、喜び歌え。主は大いなる方。
2008/ 5/31 読: イザヤ書 13章〜15章
選: イザヤ書 13章 11節
わたしは、その悪のために世を罰し、その罪のために悪者を罰する。不遜な者の誇りをやめさせ、横暴な者の高ぶりを低くする。
メモ: 裁きは神様に任せよう。ね。
前Page