前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
(2008年 6月)

2008/ 6/ 1 読: イザヤ書 16章〜18章
選: イザヤ書 16章 4節〜5節
あなたの中に、モアブの散らされた者を宿らせ、荒らす者からのがれて来る者の隠れ家となれ。しいたげる者が死に、破壊も終わり、踏みつける者が地から消えうせるとき、
一つの王座が恵みによって堅く立てられ、さばきをなし、公正を求め、正義をすみやかに行う者が、ダビデの天幕で、真実をもって、そこにすわる。
メモ: のがれて来る者の隠れ家となれ。
2008/ 6/ 2 読: イザヤ書 19章〜21章
選: イザヤ書 19章 22節
主はエジプト人を打ち、打って彼らをいやされる。彼らが主に立ち返れば、彼らの願いを聞き入れ、彼らをいやされる。
メモ: 哀れみ深い神様。何としても人を救おうとする。
2008/ 6/ 3 読: イザヤ書 22章〜24章
選: イザヤ書 24章 14節〜15節
彼らは、声を張り上げて喜び歌い、海の向こうから主の威光をたたえて叫ぶ。
それゆえ、東の国々で主をあがめよ。西の島々で、イスラエルの神、主の御名をあがめよ。
メモ: 何があっても、今日は讃美するぞ。
2008/ 6/ 4 読: イザヤ書 25章〜27章
選: イザヤ書 26章 4節
いつまでも主に信頼せよ。ヤハ、主は、とこしえの岩だから。
メモ: 主はとこしえの岩。何と意味深いことばか。この岩を頼りにします。
2008/ 6/ 5 読: イザヤ書 28章〜30章
選: イザヤ書 29章 8節
飢えた者が、夢の中で食べ、目がさめると、その腹はからであるように、渇いている者が、夢の中で飲み、目がさめると、なんとも疲れて、のどが干からびているように、シオンの山に戦いをいどむすべての民の群れも、そのようになる。
メモ: 助けてくださる主に栄光あれ。
2008/ 6/ 6 読: イザヤ書 31章〜33章
選: イザヤ書 33章 10節〜11節
「今、わたしは立ち上がる。」と主は仰せられる。「今、わたしは自分を高め、今、あがめられるようにしよう。
あなたがたは枯れ草をはらみ、わらを産む。あなたがたの息は、あなたがたを食い尽くす火だ。
メモ: 主が中心となると、私たちは有益な者となる。
2008/ 6/ 7 読: イザヤ書 34章〜36章
選: イザヤ書 35章 6節〜8節
そのとき、足なえは鹿のようにとびはね、おしの舌は喜び歌う。荒野に水がわき出し、荒地に川が流れるからだ。
焼けた地は沢となり潤いのない地は水のわく所となり、ジャッカルの伏したねぐらは、葦やパピルスの茂みとなる。
そこに大路があり、その道は聖なる道と呼ばれる。汚れた者はそこを通れない。これは、贖われた者たちのもの。旅人も愚か者も、これに迷い込むことはない。
メモ: 神がわざをなす。僕はその恩恵にあずかろう。
2008/ 6/ 8 読: イザヤ書 37章〜39章
選: イザヤ書 37章 35節
わたしはこの町を守って、これを救おう。わたしのために、わたしのしもべダビデのために。」
メモ: 「わたしのしもべハラルドのために。」と言われたい。
2008/ 6/ 9 読: イザヤ書 40章〜42章
選: イザヤ書 41章 10節〜12節
恐れるな。わたしはあなたとともにいる。たじろぐな。わたしがあなたの神だから。わたしはあなたを強め、あなたを助け、わたしの義の右の手で、あなたを守る。
見よ。あなたに向かっていきりたつ者はみな、恥を見、はずかしめを受け、あなたと争う者たちは、無いもののようになって滅びる。
あなたと言い争いをする者を捜しても、あなたは見つけることはできず、あなたと戦う者たちは、全くなくなってしまう。
メモ: 頭で理解し、生活面で実行する。
2008/ 6/10 読: イザヤ書 43章〜45章
選: イザヤ書 45章 4節〜6節
わたしのしもべヤコブ、わたしが選んだイスラエルのために、わたしはあなたをあなたの名で呼ぶ。あなたはわたしを知らないが、わたしはあなたに肩書を与える。
わたしが主である。ほかにはいない。わたしのほかに神はいない。あなたはわたしを知らないが、わたしはあなたに力を帯びさせる。
それは、日の上る方からも、西からも、わたしのほかには、だれもいないことを、人々が知るためだ。わたしが主である。ほかにはいない。
メモ: 神様を完全に理解することは不可能。一方的な恵みを感謝します。
2008/ 6/11 読: イザヤ書 46章〜48章
選: イザヤ書 46章 3節〜5節
わたしに聞け、ヤコブの家と、イスラエルの家のすべての残りの者よ。胎内にいる時からになわれており、生まれる前から運ばれた者よ。
あなたがたが年をとっても、わたしは同じようにする。あなたがたがしらがになっても、わたしは背負う。わたしはそうしてきたのだ。なお、わたしは運ぼう。わたしは背負って、救い出そう。
わたしをだれになぞらえて比べ、わたしをだれと並べて、なぞらえるのか。
メモ: 神様はなんて優しいのだろう。ありえない。
2008/ 6/12 読: イザヤ書 49章〜51章
選: イザヤ書 51章 15節〜16節
わたしは、あなたの神、主であって、海をかき立て、波をとどろかせる。その名は万軍の主。
わたしは、わたしのことばをあなたの口に置き、わたしの手の陰にあなたをかばい、天を引き延べ、地の基を定め、「あなたはわたしの民だ。」とシオンに言う。
メモ: 今日の言葉は、「わたしは、わたしのことばをあなたの口に置く」だ。
2008/ 6/13 読: イザヤ書 52章〜54章
選: イザヤ書 54章 3節
あなたは右と左にふえ広がり、あなたの子孫は、国々を所有し、荒れ果てた町々を人の住む所とするからだ。
メモ: 僕も神様の祝福に預かり、世の中を潤したい。
2008/ 6/14 読: イザヤ書 55章〜57章
選: イザヤ書 57章 15節
いと高くあがめられ、永遠の住まいに住み、その名を聖ととなえられる方が、こう仰せられる。「わたしは、高く聖なる所に住み、心砕かれて、へりくだった人とともに住む。へりくだった人の霊を生かし、砕かれた人の心を生かすためである。
メモ: 神の前ではいつもへりくだっていたい。神とともに住みたい。
2008/ 6/15 読: イザヤ書 58章〜60章
選: イザヤ書 60章 1節〜3節
起きよ。光を放て。あなたの光が来て、主の栄光があなたの上に輝いているからだ。
見よ。やみが地をおおい。暗やみが諸国の民をおおっている。しかし、あなたの上には主が輝き、その栄光があなたの上に現れる。
国々はあなたの光のうちに歩み、王たちはあなたの輝きに照らされて歩む。
メモ: これは、まさに今、自分に与えられたことばだ。もう引き下がれない。
2008/ 6/16 読: イザヤ書 61章〜63章
選: イザヤ書 63章 7節〜9節
私は、主の恵みと、主の奇しいみわざをほめ歌おう。主が私たちに報いてくださったすべての事について、そのあわれみと、豊かな恵みによって報いてくださったイスラエルの家への豊かないつくしみについて。
主は仰せられた。「まことに彼らはわたしの民、偽りのない子たちだ。」と。こうして、主は彼らの救い主になられた。
彼らが苦しむときには、いつも主も苦しみ、ご自身の使いが彼らを救った。その愛とあわれみによって主は彼らを贖い、昔からずっと、彼らを背負い、抱いて来られた。
メモ: こんなすばらしい神様になぜ心の底から従えないのか。
2008/ 6/17 読: イザヤ書 64章〜66章
選: イザヤ書 66章 1節〜2節
主はこう仰せられる。「天はわたしの王座、地はわたしの足台。わたしのために、あなたがたの建てる家は、いったいどこにあるのか。わたしのいこいの場は、いったいどこにあるのか。
これらすべては、わたしの手が造ったもの、これらすべてはわたしのものだ。--- 主の御告げ。--- わたしが目を留める者は、へりくだって心砕かれ、わたしのことばにおののく者だ。
メモ: 私は、「主が目を留める者」でありたい。ただそれだけ。
2008/ 6/18 読: エレミヤ書 1章〜3章
選: エレミヤ書 1章 6節〜8節
そこで、私は言った。「ああ、神、主よ。ご覧のとおり、私はまだ若くて、どう語っていいかわかりません。」
すると、主は私に仰せられた。「まだ若い、と言うな。わたしがあなたを遣わすどんな所へでも行き、わたしがあなたに命じるすべての事を語れ。
彼らの顔を恐れるな。わたしはあなたとともにいて、あなたを救い出すからだ。--- 主の御告げ。--- 」
メモ: 「あなたを救い出す。」とある。問題がおきないわけけではない。
2008/ 6/19 読: エレミヤ書 4章〜6章
選: エレミヤ書 5章 21節〜23節
さあ、これを聞け。愚かで思慮のない民よ。彼らは、目があっても見えず、耳があっても聞こえない。
あなたがたは、わたしを恐れないのか。・・主の御告げ。・・それとも、わたしの前でおののかないのか。わたしは砂を、海の境とした。越えられない永遠の境界として。波が逆巻いても勝てず、鳴りとどろいても越えられない。
ところが、この民には、かたくなで、逆らう心があり、彼らは、そむいて去って行った。
メモ: 神様、あなたに逆らいたくないし、あなたを恐れたいです。
2008/ 6/20 読: エレミヤ書 7章〜9章
選: エレミヤ書 8章 21節
私の民の娘の傷のために、私も傷つき、私は憂え、恐怖が、私を捕えた。
メモ: 神様の愛を計ることはできない。少しでも近づきたい。
2008/ 6/21 読: エレミヤ書 10章〜12章
選: エレミヤ書 11章 12節〜13節
そこで、ユダの町々とエルサレムの住民は、彼らが香をたいた神々のもとに行って叫ぶだろうが、これらは、彼らのわざわいの時に、彼らを決して救うことはできない。
なぜなら、ユダよ、あなたの神々は、あなたの町の数ほどもあり、あなたがたは、恥ずべきもののための祭壇、バアルのためにいけにえを焼く祭壇を、エルサレムの通りの数ほども設けたからである。
メモ: 我々を救うことのできる神は、我々を創造した神のみである。
2008/ 6/22 読: エレミヤ書 13章〜15章
選: エレミヤ書 13章 11節
なぜなら、帯が人の腰に結びつくように、わたしは、イスラエルの全家とユダの全家をわたしに結びつけた。・・主の御告げ。・・それは、彼らがわたしの民となり、名となり、栄誉となり、栄えとなるためだったのに、彼らがわたしに聞き従わなかったからだ。
メモ: こんなにすばらしい神様なのに、私たちはなぜそれを嫌がるのだろう。
2008/ 6/23 読: エレミヤ書 16章〜18章
選: エレミヤ書 16章 17節
わたしの目は彼らのすべての行ないを見ているからだ。彼らはわたしの前から隠れることはできない。また、彼らの咎もわたしの目の前から隠されはしない。
メモ: すべての行いを見ている主よ、正しい事をいつもできる判断力をください。
2008/ 6/24 読: エレミヤ書 19章〜21章
選: エレミヤ書 20章 10節〜12節
私が多くの人のささやきを聞いたからです。「恐れが回りにあるぞ。訴えよ。われわれもあいつを訴えよう。」私の親しい者もみな、私のつまずくのを待ちもうけています。「たぶん、彼は惑わされるから、われわれが彼に勝って、復讐してやろう。」と。
しかし、主は私とともにあって、横暴な勇士のようです。ですから、私を追う者たちは、つまずいて、勝つことはできません。彼らは成功しないので、大いに恥をかき、それが忘れられない永久の恥となりましょう。
正しい者を調べ、思いと心を見ておられる万軍の主よ。あなたが彼らに復讐されるのを私に見せてください。あなたに私の訴えを打ち明けたのですから。
メモ: 「主は私とともにあって、横暴な勇士のようです。」おもしろい表現だね。
2008/ 6/25 読: エレミヤ書 22章〜24章
選: エレミヤ書 23章 23節〜24節
わたしは近くにいれば、神なのか。・・主の御告げ。・・遠くにいれば、神ではないのか。
人が隠れた所に身を隠したら、わたしは彼を見ることができないのか。・・主の御告げ。・・天にも地にも、わたしは満ちているではないか。・・主の御告げ。・・
メモ: 「天にも地にも、わたしは満ちているではないか。」見える目をください。
2008/ 6/26 読: エレミヤ書 25章〜27章
選: エレミヤ書 27章 8節〜10節
バビロンの王ネブカデネザルに仕えず、またバビロンの王のくびきに首を差し出さない民や王国があれば、わたしはその民を剣と、ききんと、疫病で罰し、・・主の御告げ。・・彼らを彼の手で皆殺しにする。
だから、あなたがたは、バビロンの王に仕えることはない、と言っているあなたがたの預言者、占い師、夢見る者、卜者、呪術者に聞くな。
彼らは、あなたがたに偽りを預言しているからだ。それで、あなたがたは、あなたがたの土地から遠くに移され、わたしはあなたがたを追い散らして、あなたがたが滅びるようにする。
メモ: 私たにちは、おかしいなと思えることでも、神様に聞き従いましょう。
2008/ 6/27 読: エレミヤ書 28章〜30章
選: エレミヤ書 29章 7節
わたしがあなたがたを引いて行ったその町の繁栄を求め、そのために主に祈れ。そこの繁栄は、あなたがたの繁栄になるのだから。」
メモ: 自分の関係しているところの繁栄を求めましょう。
2008/ 6/28 読: エレミヤ書 31章〜33章
選: エレミヤ書 32章 26節〜27節
エレミヤに次のような主のことばがあった。
「見よ。わたしは、すべての肉なる者の神、主である。わたしにとってできないことが一つでもあろうか。」
メモ: 「エレミヤ」の代わりに自分の名前を入れよう。
2008/ 6/29 読: エレミヤ書 34章〜36章
選: エレミヤ書 35章 13節〜15節
「イスラエルの神、万軍の主は、こう仰せられる。行って、ユダの人とエルサレムの住民に言え。『あなたがたはわたしのことばを聞いて懲らしめを受けようとしないのか。・・主の御告げ。・・
レカブの子ヨナダブが、酒を飲むなと子らに命じた命令は守られた。彼らは先祖の命令に聞き従ったので、今日まで飲まなかった。ところが、わたしがあなたがたにたびたび語っても、あなたがたはわたしに聞かなかった。
わたしはあなたがたに、わたしのしもべであるすべての預言者たちを早くからたびたび送って、さあ、おのおの悪の道から立ち返り、行ないを改めよ。ほかの神々を慕ってそれに仕えてはならない。わたしがあなたがたと先祖たちに与えた土地に住めと言ったのに、あなたがたは耳を傾けず、わたしに聞かなかった。
メモ: 神様の嘆きが聞こえてくる。自分の態度はどうだろうか。
2008/ 6/30 読: エレミヤ書 34章〜36章
選: エレミヤ書 35章 13節〜15節
「イスラエルの神、万軍の主は、こう仰せられる。行って、ユダの人とエルサレムの住民に言え。『あなたがたはわたしのことばを聞いて懲らしめを受けようとしないのか。・・主の御告げ。・・
レカブの子ヨナダブが、酒を飲むなと子らに命じた命令は守られた。彼らは先祖の命令に聞き従ったので、今日まで飲まなかった。ところが、わたしがあなたがたにたびたび語っても、あなたがたはわたしに聞かなかった。
わたしはあなたがたに、わたしのしもべであるすべての預言者たちを早くからたびたび送って、さあ、おのおの悪の道から立ち返り、行ないを改めよ。ほかの神々を慕ってそれに仕えてはならない。わたしがあなたがたと先祖たちに与えた土地に住めと言ったのに、あなたがたは耳を傾けず、わたしに聞かなかった。
メモ: 神様の嘆きが聞こえてくる。自分の態度はどうだろうか。
前Page