前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
(2008年 7月)

2008/ 7/ 1 読: エレミヤ書 40章〜42章
選: エレミヤ書 42章 11節〜12節
あなたがたが恐れているバビロンの王を恐れるな。彼をこわがるな。・・主の御告げ。・・わたしはあなたがたとともにいて、彼の手からあなたがたを救い、彼の手からあなたがたを救い出すからだ。
わたしがあなたがたにあわれみを施すので、彼は、あなたがたをあわれみ、あなたがたをあなたがたの土地に帰らせる。』
メモ: この哀れみ深いことばを無視するなんて、ありえない。自分はどうだろう。
2008/ 7/ 2 読: エレミヤ書 43章〜45章
選: エレミヤ書 44章 4節〜5節
それでわたしはあなたがたに、わたしのしもべであるすべての預言者たちを早くからたびたび送り、どうか、わたしの憎むこの忌みきらうべきことを行なわないように、と言ったのに、
彼らは聞かず、耳も傾けず、ほかの神々に香をたいて、その悪から立ち返らなかった。
メモ: 神様が人に対して、悪を行なわないようにと頼んでる。偉大な神の愛。
2008/ 7/ 3 読: エレミヤ書 46章〜48章
選: エレミヤ書 47章 6節〜7節
「ああ。主の剣よ。いつまで、おまえは休まないのか。さやに納まり、静かに休め。」
どうして、おまえは休めよう。主が剣に命じられたのだ。アシュケロンとその海岸・・そこに剣を向けられたのだ。
メモ: 主の剣を止めるために、私に何ができるのだろうか。
2008/ 7/ 4 読: エレミヤ書 48章
選: エレミヤ書 48章 11節〜13節
モアブは若い時から安らかであった。彼はぶどう酒のかすの上にじっとたまっていて、器から器へあけられたこともなく、捕囚として連れて行かれたこともなかった。それゆえ、その味はそのまま残り、かおりも変わらなかった。
「それゆえ、見よ、その日が来る。・・主の御告げ。・・その日、わたしは、彼に酒蔵の番人を送る。彼らはそれを器から移し、その器をあけ、そのつぼを砕く。
モアブは、ケモシュのために恥を見る。イスラエルの家が、彼らの拠り頼むベテルのために恥を見たように。」
メモ: 神に拠り頼めば、恥を見ない。
読: エレミヤ書 49章〜51章
選: エレミヤ書 51章 8節〜10節
たちまち、バビロンは倒れて砕かれた。このために泣きわめけ。その痛みのために乳香を取れ。あるいはいやされるかもしれない。
私たちは、バビロンをいやそうとしたのに、それはいやされなかった。私たちはこれを見捨てて、おのおの自分の国へ帰ろう。バビロンへの罰は、天に達し、大空まで上ったからだ。
主は、私たちの正義の主張を明らかにされた。来たれ。私たちはシオンで、私たちの神、主のみわざを語ろう。
メモ: バビロンはなくなった。イスラエルは残っている。すべては神の御わざ。
2008/ 7/ 5 読: エレミヤ書 52章、哀歌 1章〜2章
選: 哀歌 2章 3節〜5節
燃える怒りをもって、イスラエルのすべての角を折り、敵の前で、右の手を引き戻し、あたりを焼き尽くす燃える火で、ヤコブを焼かれた。
主は敵のように、弓を張り、右の手でしっかり構え、仇のように、いとしい者たちのすべてを虐殺し、シオンの娘の天幕に火のように憤りを注がれた。
主は、敵のようになって、イスラエルを滅ぼし、そのすべての宮殿を滅ぼし、その要塞を荒れすたらせて、ユダの娘の中にうめきと嘆きをふやされた。
メモ: 手を伸ばして、やさしく話しかけ、それでも悔い改めなければ、大きな罰。
2008/ 7/ 6 読: 哀歌 3章〜5章
選: 哀歌 5章 13節〜14節
若い男たちはひき臼をひかされ、幼い者たちはたきぎを背負ってよろめき、
年寄りたちは、城門に集まるのをやめ、若い男たちは、楽器を鳴らすのをやめました。
メモ: 聖書は、「私たちが罪を犯したからです。」と言っています。
2008/ 7/ 7 読: エゼキエル書 1章〜3章
選: エゼキエル書 3章 27節
しかし、わたしは、あなたと語るときあなたの口を開く。あなたは彼らに、『神である主はこう仰せられる。』と言え。聞く者には聞かせ、聞かない者には聞かせるな。彼らが反逆の家だからだ。
メモ: 私もこのように用いられるかな。
2008/ 7/ 8 読: エゼキエル書 4章〜6章
選: エゼキエル書 6章 12節〜14節
遠くにいる者は疫病で死に、近くにいる者は剣に倒れ、生き残ってとどめられている者はききんで死ぬ。彼らへのわたしの憤りは全うされる。
彼らのうちの刺し殺された者が、彼らの偶像の間、その祭壇の回りや、すべての高い丘の上、山々のすべての頂、すべての青木の下や、すべての茂った樫の木の下、彼らがすべての偶像になだめのかおりをたいた所に横たわるとき、あなたがたは、わたしが主であることを知ろう。
わたしが彼らの上に手を伸ばし、すべて彼らの住む所、荒野からリブラまで、その地を荒れ果てさせて荒廃した地とするとき、彼らは、わたしが主であることを知ろう。」
メモ: 神を無視し、慕っていた物のところで死体となる。神様のみを慕いましょう。
2008/ 7/ 9 読: エゼキエル書 7章〜9章
選: エゼキエル書 8章 4節
なんと、そこには、私がかつて谷間で見た姿と同じようなイスラエルの神の栄光があった。
メモ: 罪に満ちている世界で、このようなサプライズに合えるとは嬉しいね。
2008/ 7/10 読: エゼキエル書 10章〜12章
選: エゼキエル書 11章 18節〜20節
彼らがそこに来るとき、すべての忌むべきもの、すべての忌みきらうべきものをそこから取り除こう。
わたしは彼らに一つの心を与える。すなわち、わたしはあなたがたのうちに新しい霊を与える。わたしは彼らのからだから石の心を取り除き、彼らに肉の心を与える。
それは、彼らがわたしのおきてに従って歩み、わたしの定めを守り行なうためである。こうして、彼らはわたしの民となり、わたしは彼らの神となる。
メモ: あきらめない神の姿が見える。
2008/ 7/11 読: エゼキエル書 13章〜15章
選: エゼキエル書 14章 11節
それは、イスラエルの家が、二度とわたしから迷い出ず、重ねて自分たちのそむきの罪によって自分自身を汚さないためであり、彼らがわたしの民となり、わたしも彼らの神となるためである。・・神である主の御告げ。・・」
メモ: 神の愛と哀れみはなんて偉大なのだろう。
2008/ 7/12 読: エゼキエル書 16章〜18章
選: エゼキエル書 18章 23節
わたしは悪者の死を喜ぶだろうか。・・神である主の御告げ。・・彼がその態度を悔い改めて、生きることを喜ばないだろうか。
メモ: 私たちと反対だ。私たちには神の愛が限りなく必要だ。
選: エゼキエル書 18章 30節〜32節
それゆえ、イスラエルの家よ、わたしはあなたがたをそれぞれその態度にしたがってさばく。・・神である主の御告げ。・・悔い改めて、あなたがたのすべてのそむきの罪を振り捨てよ。不義に引き込まれることがないようにせよ。
あなたがたの犯したすべてのそむきの罪をあなたがたの中から放り出せ。こうして、新しい心と新しい霊を得よ。イスラエルの家よ。なぜ、あなたがたは死のうとするのか。
わたしは、だれが死ぬのも喜ばないからだ。・・神である主の御告げ。・・だから、悔い改めて、生きよ。
メモ: 強烈なことばだ。感動せずにはいられない。なんという愛だ。
2008/ 7/13 読: エゼキエル書 19章〜21章
選: エゼキエル書 20章 23節〜24節
だが、わたしは、彼らを諸国の民の中に散らし、国々へ追い散らすと荒野で彼らに誓った。
彼らがわたしの定めを行なわず、わたしのおきてをないがしろにし、わたしの安息日を汚し、彼らの心が父たちの偶像を慕ったからだ。
メモ: 私たちの幸せのためだ。神様のわずかなおきてをまもろうよ。
2008/ 7/14 読: エゼキエル書 22章〜24章
選: エゼキエル書 24章 12節〜14節
しかし、その骨折りはむだだった。そのひどいさびはそれから落ちず、そのさびは、なお、火の中にあった。
あなたのみだらな汚れを見て、わたしはあなたをきよめようとしたが、あなたはきよくなろうともしなかった。それでわたしがあなたに対するわたしの憤りを静めるまで、あなたは決してきよめられない。
主であるわたしは言った。それは必ず起こる。わたしはそれを行なって、なおざりにせず、惜しまず、思い直しもしない。あなたの行ないや、わざにしたがって、あなたをさばく。・・神である主の御告げ。・・」
メモ: かたくなにならず、神様に身を任せよう。私たちは愛されているのだから。
2008/ 7/15 読: エゼキエル書 25章〜27章
選: エゼキエル書 25章 6節〜7節
まことに、神である主はこう仰せられる。あなたは手を打ち、足を踏み鳴らし、イスラエルの地を心の底からあざけって喜んだ。
それゆえ、わたしは、あなたに手を伸ばし、異邦の民にあなたをえじきとして与え、あなたを国々の民の中から断ち滅ぼし、国々の間から消えうせさせる。このとき、あなたは、わたしが主であることを知ろう。
メモ: 同情はよい。しかし、何があろうと神の民をあざけってはいけない。
2008/ 7/16 読: エゼキエル書 28章〜30章
選: エゼキエル書 28章 2節
「人の子よ。ツロの君主に言え。神である主はこう仰せられる。あなたは心高ぶり、『私は神だ。海の真中で神の座に着いている。』と言った。あなたは自分の心を神のようにみなしたが、あなたは人であって、神ではない。
メモ: 我々は人であって、神ではない。神を無視することも高ぶりではないか。
2008/ 7/17 読: エゼキエル書 31章〜33章
選: エゼキエル書 33章 7節〜9節
人の子よ。わたしはあなたをイスラエルの家の見張り人とした。あなたは、わたしの口からことばを聞くとき、わたしに代わって彼らに警告を与えよ。
わたしが悪者に、『悪者よ。あなたは必ず死ぬ。』と言うとき、もし、あなたがその悪者にその道から離れるように語って警告しないなら、その悪者は自分の咎のために死ぬ。そしてわたしは彼の血の責任をあなたに問う。
あなたが、悪者にその道から立ち返るよう警告しても、彼がその道から立ち返らないなら、彼は自分の咎のために死ななければならない。しかし、あなたは自分のいのちを救うことになる。
メモ: 神様、私たちクリスチャンの役目はこれですか。
2008/ 7/18 読: エゼキエル書 34章〜36章
選: エゼキエル書 36章 7節〜9節
それゆえ、神である主はこう仰せられる。わたしは誓う。おまえたちを取り囲む諸国の民は、必ず自分たちの恥を負わなければならない。
だが、おまえたち、イスラエルの山々よ。おまえたちは枝を出し、わたしの民イスラエルのために実を結ぶ。彼らが帰って来るのが近いからだ。
わたしはおまえたちのところに行き、おまえたちのところに向かう。おまえたちは耕され、種が蒔かれる。
メモ: 神はわざを進めるために、環境も備えてくださる。
2008/ 7/19 読: エゼキエル書 37章〜39章
選: エゼキエル書 37章 12節〜14節
それゆえ、預言して彼らに言え。神である主はこう仰せられる。わたしの民よ。見よ。わたしはあなたがたの墓を開き、あなたがたをその墓から引き上げて、イスラエルの地に連れて行く。
わたしの民よ。わたしがあなたがたの墓を開き、あなたがたを墓から引き上げるとき、あなたがたは、わたしが主であることを知ろう。
わたしがまた、わたしの霊をあなたがたのうちに入れると、あなたがたは生き返る。わたしは、あなたがたをあなたがたの地に住みつかせる。このとき、あなたがたは、主であるわたしがこれを語り、これを成し遂げたことを知ろう。・・主の御告げ。・・」
メモ: 「あなたがたは、わたしが主であることを知ろう。」
2008/ 7/20 読: エゼキエル書 40章〜42章
選: エゼキエル書 42章 13節〜14節
彼は私に言った。「聖域に面している北の部屋と南の部屋は、聖なる部屋であって、主に近づく祭司たちが最も聖なるささげ物を食べる所である。その場所は神聖であるから、彼らはそこに最も聖なる物、すなわち穀物のささげ物、罪のためのいけにえ、罪過のためのいけにえを置く。
祭司たちは聖所にはいったなら、そこから外庭に出てはならない。彼らが奉仕に用いる服は神聖だから、それを脱いで他の服に着替えてから民の所に近づかなければならない。」
メモ: 聖なる神様に近づけるはずがない私たち。イエス様の贖いのおかげだ。
2008/ 7/21 読: エゼキエル書 43章〜45章
選: エゼキエル書 44章 4節
彼は私を、北の門を通って神殿の前に連れて行った。私が見ると、なんと、主の栄光が主の神殿に満ちていた。そこで、私はひれ伏した。
メモ: 私たちも主の神殿。主の栄光が満ちてるかな。
2008/ 7/22 読: エゼキエル書 46章〜48章
選: エゼキエル書 47章 8節〜10節
彼は私に言った。「この水は東の地域に流れ、アラバに下り、海にはいる。海に注ぎ込むとそこの水は良くなる。
この川が流れて行く所はどこででも、そこに群がるあらゆる生物は生き、非常に多くの魚がいるようになる。この水がはいると、そこの水が良くなるからである。この川がはいる所では、すべてのものが生きる。
漁師たちはそのほとりに住みつき、エン・ゲディからエン・エグライムまで網を引く場所となる。そこの魚は大海の魚のように種類も数も非常に多くなる。
メモ: 私もこうありたい。イエス様に生ける水をもらい、わたしはその泉となる。
2008/ 7/23 読: ダニエル書 1章〜3章
選: ダニエル書 3章 28節〜29節
ネブカデネザルは言った。「ほむべきかな、シャデラク、メシャク、アベデ・ネゴの神。神は御使いを送って、王の命令にそむき、自分たちのからだを差し出しても、神に信頼し、自分たちの神のほかはどんな神にも仕えず、また拝まないこのしもべたちを救われた。
それゆえ、私は命令する。諸民、諸国、諸国語の者のうち、シャデラク、メシャク、アベデ・ネゴの神を侮る者はだれでも、その手足は切り離され、その家をごみの山とさせる。このように救い出すことのできる神は、ほかにないからだ。」
メモ: 王の命令に逆らったのに、王に誉められた。このような信仰をもちたい。
2008/ 7/24 読: ダニエル書 4章〜6章
選: ダニエル書 6章 20節〜22節
その穴に近づくと、王は悲痛な声でダニエルに呼びかけ、ダニエルに言った。「生ける神のしもべダニエル。あなたがいつも仕えている神は、あなたを獅子から救うことができたか。」
すると、ダニエルは王に答えた。「王さま。永遠に生きられますように。
私の神は御使いを送り、獅子の口をふさいでくださったので、獅子は私に何の害も加えませんでした。それは私に罪のないことが神の前に認められたからです。王よ。私はあなたにも、何も悪いことをしていません。」
メモ: 「生ける神のしもべハラルド」と言われたい。
2008/ 7/25 読: ダニエル書 7章〜9章
選: ダニエル書 9章 3節〜5節
そこで私は、顔を神である主に向けて祈り、断食をし、荒布を着、灰をかぶって、願い求めた。
私は、私の神、主に祈り、告白して言った。「ああ、私の主、大いなる恐るべき神。あなたを愛し、あなたの命令を守る者には、契約を守り、恵みを下さる方。
私たちは罪を犯し、不義をなし、悪を行ない、あなたにそむき、あなたの命令と定めとを離れました。
メモ: 神に対して真剣に取り組む姿を見る。
2008/ 7/26 読: ダニエル書 10章〜12章
選: ダニエル書 10章 10節〜11節
ちょうどそのとき、一つの手が私に触れ、私のひざと手をゆさぶった。
それから彼は私に言った。「神に愛されている人ダニエルよ。私が今から語ることばをよくわきまえよ。そこに立ち上がれ。私は今、あなたに遣わされたのだ。」彼が、このことばを私に語ったとき、私は震えながら立ち上がった。
メモ: 「神に愛されている人ダニエルよ。」良いことばだ。
2008/ 7/27 読: ホセア書 1章〜3章
選: ホセア書 2章 14節〜16節
それゆえ、見よ、わたしは彼女をくどいて荒野に連れて行き、優しく彼女に語ろう。
わたしはその所を彼女のためにぶどう畑にし、アコルの谷を望みの門としよう。彼女が若かった日のように、彼女がエジプトの国から上って来たときのように、彼女はその所で答えよう。
その日、・・主の御告げ。・・あなたはわたしを『私の夫』と呼び、もう、わたしを『私のバアル』とは呼ぶまい。
メモ: 神様の偉大な愛。裏切ってばかりいるのに、なぜそこまで愛する。
2008/ 7/28 読: ホセア書 4章〜6章
選: ホセア書 5章 7節
彼らは主を裏切り、他国の男の子を生んだ。今や、新月が彼らとその地所を食い尽くす。
メモ: 主を裏切ることは、自分を滅ぼすことになる。
2008/ 7/29 読: ホセア書 7章〜9章
選: ホセア書 8章 12節〜14節
わたしが彼のために、多くのおしえを書いても、彼らはこれを他国人のもののようにみなす。
彼らがわたしにいけにえをささげ、肉を食べても、主はこれを喜ばない。今、主は彼らの不義を覚え、その罪を罰せられる。彼らはエジプトに帰るであろう。
イスラエルは自分の造り主を忘れて、多くの神殿を建て、ユダは城壁のある町々を増し加えた。しかし、わたしはその町々に火を放ち、その宮殿を焼き尽くす。
メモ: 罪を罰する恐い神様より、悲しんでいる神様の思いが伝わってくる。
2008/ 7/30 読: ホセア書 10章〜12章
選: ホセア書 11章 9節
わたしは燃える怒りで罰しない。わたしは再びエフライムを滅ぼさない。わたしは神であって、人ではなく、あなたがたのうちにいる聖なる者であるからだ。わたしは怒りをもっては来ない。
メモ: 「あなたがたのうちにいる聖なる者」自分は、この意味分かってるのかな。
2008/ 7/31 読: ホセア書 13章〜14章、ヨエル書 1章
選: ホセア書 14章 2節〜4節
あなたがたはことばを用意して、主に立ち返り、そして言え。「すべての不義を赦して、良いものを受け入れてください。私たちはくちびるの果実をささげます。
アッシリヤは私たちを救えません。私たちはもう、馬にも乗らず、自分たちの手で造った物に『私たちの神』とは言いません。みなしごが愛されるのはあなたによってだけです。」
わたしは彼らの背信をいやし、喜んでこれを愛する。わたしの怒りは彼らを離れ去ったからだ。
メモ: 限界のない神の愛を感じませんか。
前Page