前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
(2008年 8月)

2008/ 8/ 1 読: ヨエル書 2章〜3章、アモス書 1章
選: ヨエル書 2章 27節
あなたがたは、イスラエルの真中にわたしがいることを知り、わたしがあなたがたの神、主であり、ほかにはないことを知る。わたしの民は永遠に恥を見ることはない。
メモ: 「わたしがあなたがたの神、主であり、ほかにはいない。」うれしいね。
2008/ 8/ 2 読: アモス書 2章〜4章
選: アモス書 3章 7節
まことに、神である主は、そのはかりごとを、ご自分のしもべ、預言者たちに示さないでは、何事もなさらない。
メモ: 神様なのに、そこまでするの。
2008/ 8/ 3 読: アモス書 5章〜7章
選: アモス書 5章 4節〜6節
まことに主は、イスラエルの家にこう仰せられる。「わたしを求めて生きよ。
ベテルを求めるな。ギルガルに行くな。ベエル・シェバにおもむくな。ギルガルは必ず捕え移され、ベテルは無に帰するからだ。」
主を求めて生きよ。さもないと、主は火のように、ヨセフの家に激しく下り、これを焼き尽くし、ベテルのためにこれを消す者がいなくなる。
メモ: 主は言われる。「わたしを求めて生きよ。」
2008/ 8/ 4 読: アモス書 8章〜9章、オバデヤ書 1章
選: アモス書 9章 13節〜15節
見よ。その日が来る。・・主の御告げ。・・その日には、耕す者が刈る者に近寄り、ぶどうを踏む者が種蒔く者に近寄る。山々は甘いぶどう酒をしたたらせ、すべての丘もこれを流す。
わたしは、わたしの民イスラエルの捕われ人を帰らせる。彼らは荒れた町々を建て直して住み、ぶどう畑を作って、そのぶどう酒を飲み、果樹園を作って、その実を食べる。
わたしは彼らを彼らの地に植える。彼らは、わたしが彼らに与えたその土地から、もう、引き抜かれることはない。」とあなたの神、主は、仰せられる。
メモ: 神様、わたしをしっかり捕らえ、放さないでください。
2008/ 8/ 5 読: ヨナ書 1章〜3章
選: ヨナ書 3章 10節
神は、彼らが悪の道から立ち返るために努力していることをご覧になった。それで、神は彼らに下すと言っておられたわざわいを思い直し、そうされなかった。
メモ: 人は神様にもっと見習うべきだ。
2008/ 8/ 6 読: ヨナ書 4章、ミカ書 1章〜2章
選: ミカ書 2章 13節
打ち破る者は、彼らの先頭に立って上って行き、彼らは門を打ち破って進んで行き、そこを出て行く。彼らの王は彼らの前を進み、主が彼らの真先に進まれる。
メモ: 「主が彼らの真先に進まれる。」いいじゃないか。
2008/ 8/ 7 読: ミカ書 3章〜5章
選: ミカ書 5章 2節〜4節
ベツレヘム・エフラテよ。あなたはユダの氏族の中で最も小さいものだが、あなたのうちから、わたしのために、イスラエルの支配者になる者が出る。その出ることは、昔から、永遠の昔からの定めである。
それゆえ、産婦が子を産む時まで、彼らはそのままにしておかれる。彼の兄弟のほかの者はイスラエルの子らのもとに帰るようになる。
彼は立って、主の力と、彼の神、主の御名の威光によって群れを飼い、彼らは安らかに住まう。今や、彼の威力が地の果てまで及ぶからだ。
メモ: 僕はこの方の弟子だ。嬉しいね。
2008/ 8/ 8 読: ミカ書 6章〜7章、ナホム書 1章
選: ナホム書 1章 3節〜5節
主は怒るのにおそく、力強い。主は決して罰せずにおくことはしない方。主の道はつむじ風とあらしの中にある。雲はその足でかき立てられる砂ほこり。
主は海をしかって、これをからし、すべての川を干上がらせる。バシャンとカルメルはしおれ、レバノンの花はしおれる。
山々は主の前に揺れ動き、丘々は溶け去る。大地は御前でくつがえり、世界とこれに住むすべての者もくつがえる。
メモ: このすごい方が自分の神なのに、何ぜいつも心配するのか。
2008/ 8/ 9 読: ナホム書 2章〜3章、ハバクク書 1章
選: ナホム書 2章 3節〜4節
その勇士の盾は赤くいろどられ、その兵士は紅に身をよろう。戦車はその備えの日に、火のように輝き、軍馬はおどる。
戦車はちまたに狂い走り、大路に飛びかける。彼らはたいまつのように輝き、いなずまのように飛びかける。
メモ: ここに出てくる表現は、まるで映画やゲームで使われるのに似てる。
2008/ 8/10 読: ハバクク書 2章〜3章、ゼパニヤ書 1章
選: ハバクク書 3章 3節〜5節
神はテマンから来られ、聖なる方はパランの山から来られる。セラ/その尊厳は天をおおい、その賛美は地に満ちている。
輝きは光のよう。ひらめきはその手から放たれ、そこに力が隠されている。
その御前を疫病が行き、熱病はそのうしろに従う。
メモ: 「その讃美は地に満ちている。」もっと讃美しなくちゃだよ。
2008/ 8/11 読: ゼパニヤ書 2章〜3章、ハガイ書 1章
選: ハガイ書 1章 8節〜10節
山に登り、木を運んで来て、宮を建てよ。そうすれば、わたしはそれを喜び、わたしの栄光を現わそう。主は仰せられる。
あなたがたは多くを期待したが、見よ、わずかであった。あなたがたが家に持ち帰ったとき、わたしはそれを吹き飛ばした。それはなぜか。・・万軍の主の御告げ。・・それは、廃墟となったわたしの宮のためだ。あなたがたがみな、自分の家のために走り回っていたからだ。
それゆえ、天はあなたがたのために露を降らすことをやめ、地は産物を差し止めた。
メモ: 自分のために走りまわるのもいいけど、正しい優先順位を見失わないように。
2008/ 8/12 読: ハガイ書 2章、ゼカリヤ書 1章〜2章
選: ハガイ書 2章 8節〜9節
銀はわたしのもの。金もわたしのもの。・・万軍の主の御告げ。・・
この宮のこれから後の栄光は、先のものよりまさろう。万軍の主は仰せられる。わたしはまた、この所に平和を与える。・・万軍の主の御告げ。・・」
メモ: これから後の栄光は、先のものよりまさろう。平和を与えるのは万軍の主。
2008/ 8/13 読: ゼカリヤ書 3章〜5章
選: ゼカリヤ書 3章 5節〜7節
私は言った。「彼の頭に、きよいターバンをかぶらせなければなりません。」すると彼らは、彼の頭にきよいターバンをかぶらせ、彼に服を着せた。そのとき、主の使いはそばに立っていた。
主の使いはヨシュアをさとして言った。
「万軍の主はこう仰せられる。もし、あなたがわたしの道に歩み、わたしの戒めを守るなら、あなたはまた、わたしの宮を治め、わたしの庭を守るようになる。わたしは、あなたをこれらの立っている者たちの間で、宮に出入りする者とする。
メモ: きよいターバンって何だ。
2008/ 8/14 読: ゼカリヤ書 6章〜8章
選: ゼカリヤ書 8章 14節〜17節
万軍の主はこう仰せられる。「あなたがたの先祖がわたしを怒らせたとき、わたしはあなたがたにわざわいを下そうと考えた。・・万軍の主は仰せられる。・・そしてわたしは思い直さなかった。
しかし、このごろ、わたしはエルサレムとユダの家とに幸いを下そうと考えている。恐れるな。
これがあなたがたのしなければならないことだ。互いに真実を語り、あなたがたの町囲みのうちで、真実と平和のさばきを行なえ。
互いに心の中で悪を計るな。偽りの誓いを愛するな。これらはみな、わたしが憎むからだ。・・主の御告げ。・・」
メモ: 互いに真実を語りなさい。
2008/ 8/15 読: ゼカリヤ書 9章〜11章
選: ゼカリヤ書 10章 11節〜12節
彼らは苦難の海を渡り、海では波を打つ。彼らはナイル川のすべての淵をからす。アッシリヤの誇りは低くされ、エジプトの杖は離れる。
彼らの力は主にあり、彼らは主の名によって歩き回る。−−主の御告げ。−−
メモ: 彼らの力は主にあり、彼らは主の名によって歩き回る。いいじゃないか。
2008/ 8/16 読: ゼカリヤ書 12章〜14章
選: ゼカリヤ書 13章 1節〜2節
その日、ダビデの家とエルサレムの住民のために、罪と汚れをきよめる一つの泉が開かれる。
その日、・・万軍の主の御告げ。・・わたしは、偶像の名をこの国から断ち滅ぼす。その名はもう覚えられない。わたしはまた、その預言者たちと汚れの霊をこの国から除く。
メモ: 神様中心の生活は、すばらしいに違いない。今からそうであることを願う。
2008/ 8/17 読: マラキ書 1章〜3章
選: マラキ書 3章 4節
ユダとエルサレムのささげ物は、昔の日のように、ずっと前の年のように、主を喜ばせる。
メモ: もっと祈りに時間を使わなくちゃだよ。
2008/ 8/18 読: マラキ書 4章、マタイの福音書 1章〜2章
選: マタイの福音書 2章 13節〜15節
彼らが帰って行ったとき、見よ、主の使いが夢でヨセフに現われて言った。「立って、幼子とその母を連れ、エジプトへ逃げなさい。そして、私が知らせるまで、そこにいなさい。ヘロデがこの幼子を探し出して殺そうとしています。」
そこで、ヨセフは立って、夜のうちに幼子とその母を連れてエジプトに立ちのき、
ヘロデが死ぬまでそこにいた。これは、主が預言者を通して、「わたしはエジプトから、わたしの子を呼び出した。」と言われた事が成就するためであった。
メモ: 神のなさることを全て理解できたら、わたしは人ではない。
2008/ 8/19 読: マタイの福音書 3章〜5章
選: マタイの福音書 3章 4節
このヨハネは、らくだの毛の着物を着、腰には皮の帯を締め、その食べ物はいなごと野蜜であった。
メモ: 人はこのヨハネを見て、どう思ったでしょう。しかし、すごい食事だな。
2008/ 8/20 読: マタイの福音書 6章〜8章
選: マタイの福音書 7章 8節
だれであれ、求める者は受け、捜す者は見つけ出し、たたく者には開かれます。
メモ: 条件はついていない。実に分かりやすい。
2008/ 8/21 読: マタイの福音書 9章〜11章
選: マタイの福音書 10章 32節
ですから、わたしを人の前で認める者はみな、わたしも、天におられるわたしの父の前でその人を認めます。
メモ: 書いてあるとおりです。もっと人前で自分の主を認めなければいけない。
2008/ 8/22 読: マタイの福音書 12章〜14章
選: マタイの福音書 13章 3節
イエスは多くのことを、彼らにたとえで話して聞かされた。「種を蒔く人が種蒔きに出かけた。
メモ: 私の前にいる人は、世の中の失われた人を現わしているのか。大変なことだ。
2008/ 8/23 読: マタイの福音書 15章〜17章
選: マタイの福音書 16章 7節
すると、彼らは、「これは私たちがパンを持って来なかったからだ。」と言って、議論を始めた。
メモ: 身近にいた弟子でさえイエス様を過小評価していた。我々はどうか。
2008/ 8/24 読: マタイの福音書 18章〜20章
選: マタイの福音書 18章 3節
言われた。「まことに、あなたがたに告げます。あなたがたも悔い改めて子どもたちのようにならない限り、決して天の御国には、はいれません。
メモ: 子供のようにすなおでありたい。
2008/ 8/25 読: マタイの福音書 21章〜23章
選: マタイの福音書 22章 24節
言った。「先生。モーセは『もし、ある人が子のないままで死んだなら、その弟は兄の妻をめとって、兄のための子をもうけねばならない。』と言いました。
メモ: 子孫を残さなければいけない大切さって何だろう。
2008/ 8/26 読: マタイの福音書 24章〜26章
選: マタイの福音書 25章 1節〜3節
そこで、天の御国は、たとえて言えば、それぞれがともしびを持って、花婿を出迎える十人の娘のようです。
そのうち五人は愚かで、五人は賢かった。
愚かな娘たちは、ともしびは持っていたが、油を用意しておかなかった。
メモ: 天の御国とは、いつのことを言っているのだろう。
2008/ 8/27 読: マタイの福音書 27章〜28章、マルコの福音書 1章
選: マタイの福音書 28章 3節
その顔は、いなずまのように輝き、その衣は雪のように白かった。
メモ: 突然現れた主の使いの姿だけど、びっくりするだろうな。見てみたい。
2008/ 8/28 読: マルコの福音書 2章〜4章
選: マルコの福音書 4章 3節
「よく聞きなさい。種を蒔く人が種蒔きに出かけた。
メモ: 種を蒔く人は絶対に必要なのだ。
選: マルコの福音書 3章 7節〜8節
それから、イエスは弟子たちとともに湖のほうに退かれた。すると、ガリラヤから出て来た大ぜいの人々がついて行った。またユダヤから、
エルサレムから、イドマヤから、ヨルダンの川向こうやツロ、シドンあたりから、大ぜいの人々が、イエスの行なっておられることを聞いて、みもとにやって来た。
メモ: 人がどのように集まってくるかが書かれている。
2008/ 8/29 読: マルコの福音書 5章〜7章
選: マルコの福音書 7章 20節〜23節
また言われた。「人から出るもの、これが、人を汚すのです。
内側から、すなわち、人の心から出て来るものは、悪い考え、不品行、盗み、殺人、
姦淫、貪欲、よこしま、欺き、好色、ねたみ、そしり、高ぶり、愚かさであり、
これらの悪はみな、内側から出て、人を汚すのです。」
メモ: 神様、私の内側を清めてください。
2008/ 8/30 読: マルコの福音書 8章〜10章
選: マルコの福音書 9章 3節
その御衣は、非常に白く光り、世のさらし屋では、とてもできないほどの白さであった。
メモ: 非常に白く光る衣ってどんなのだろう。
2008/ 8/31 読: マルコの福音書 11章〜13章
選: マルコの福音書 11章 3節
もし、『なぜそんなことをするのか。』と言う人があったら、『主がお入用なのです。すぐに、またここに送り返されます。』と言いなさい。」
メモ: 「主がお入用です。」で解決。何という権威でしょう。
前Page