前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
(2008年 9月)

2008/ 9/ 1 読: マルコの福音書 14〜16章
選: マルコの福音書 16章14節
しかしそれから後になって、イエスは、その十一人が食卓に着いているところに現われて、彼らの不信仰とかたくなな心をお責めになった。それは、彼らが、よみがえられたイエスを見た人たちの言うところを信じなかったからである。
メモ: ぼくも間違いなくイエス様に責められるうちの一人です。
2008/ 9/ 2 読: ルカの福音書 1〜3章
選: ルカの福音書 3章2節
アンナスとカヤパが大祭司であったころ、神のことばが、荒野でザカリヤの子ヨハネに下った。
メモ: 神のことばがヨハネに下った。そして彼は行動を起こした。
2008/ 9/ 3 読: ルカの福音書 4〜6章
選: ルカの福音書 6章7節
そこで律法学者、パリサイ人たちは、イエスが安息日に人を直すかどうか、じっと見ていた。彼を訴える口実を見つけるためであった。
メモ: 人を、例え心の中だけでも、訴える口実をさがすことはないだろうか。
2008/ 9/ 4 読: ルカの福音書 7章〜9章
選: ルカの福音書 7章 9節
これを聞いて、イエスは驚かれ、ついて来ていた群衆のほうに向いて言われた。「あなたがたに言いますが、このようなりっぱな信仰は、イスラエルの中にも見たことがありません。」
メモ: このように言われたい。
2008/ 9/ 5 読: ルカの福音書 10章〜12章
選: ルカの福音書 11章 13節
してみると、あなたがたも、悪い者ではあっても、自分の子どもには良い物を与えることを知っているのです。とすれば、なおのこと、天の父が、求める人たちに、どうして聖霊を下さらないことがありましょう。」
メモ: 主よ、聖霊で満たしてください。
2008/ 9/ 6 読: ルカの福音書 13章〜15章
選: ルカの福音書 13章 14節
すると、それを見た会堂管理者は、イエスが安息日にいやされたのを憤って、群衆に言った。「働いてよい日は六日です。その間に来て直してもらうがよい。安息日には、いけないのです。」
メモ: 癒すのが「仕事」か分からないけど、この会堂管理者は神様にけちつけてる。
2008/ 9/ 7 読: ルカの福音書 16章〜18章
選: ルカの福音書 18章 3節〜5節
その町に、ひとりのやもめがいたが、彼のところにやって来ては、『私の相手をさばいて、私を守ってください。』と言っていた。
彼は、しばらくは取り合わないでいたが、後には心ひそかに『私は神を恐れず人を人とも思わないが、
どうも、このやもめは、うるさくてしかたがないから、この女のために裁判をしてやることにしよう。でないと、ひっきりなしにやって来てうるさくてしかたがない。』と言った。」
メモ: 僕もしつこく神に願おう。いろいろと。
2008/ 9/ 8 読: ルカの福音書 19章〜21章
選: ルカの福音書 21章 3節〜4節
それでイエスは言われた。「わたしは真実をあなたがたに告げます。この貧しいやもめは、どの人よりもたくさん投げ入れました。
みなは、あり余る中から献金を投げ入れたのに、この女は、乏しい中から、持っていた生活費の全部を投げ入れたからです。」
メモ: 自分の生活全部をささげなさい。
2008/ 9/ 9 読: ルカの福音書 22章〜24章
選: ルカの福音書 22章 23節
そこで弟子たちは、そんなことをしようとしている者は、いったいこの中のだれなのかと、互いに議論をし始めた。
メモ: ユダもしらばっくれて議論に参加したのかな。
2008/ 9/10 読: ヨハネの福音書 1章〜3章
選: ヨハネの福音書 2章 8節
イエスは彼らに言われた。「さあ、今くみなさい。そして宴会の世話役のところに持って行きなさい。」彼らは持って行った。
メモ: この手伝いの人たちは、とにかく言われた通りにした。奇跡はおきた。
2008/ 9/11 読: ヨハネの福音書 4章〜6章
選: ヨハネの福音書 4章 3節 & 5章 6節
主はユダヤを去って、またガリラヤへ行かれた。

イエスは彼が伏せっているのを見、それがもう長い間のことなのを知って、彼に言われた。「よくなりたいか。」
メモ: イエス様は、人に優しく声をかけ、その人を癒す旅人だった。
2008/ 9/12 読: ヨハネの福音書 7章〜9章
選: ヨハネの福音書 9章 8節
近所の人たちや、前に彼がこじきをしていたのを見ていた人たちが言った。「これはすわって物ごいをしていた人ではないか。」
メモ: 生活の中の突然の変化に驚く人たち。奇跡が生み出す現象。
2008/ 9/13 読: ヨハネの福音書 10章〜12章
選: ヨハネの福音書 11章 8節
弟子たちはイエスに言った。「先生。たった今ユダヤ人たちが、あなたを石打ちにしようとしていたのに、またそこにおいでになるのですか。」
メモ: イエス様の行動に驚く弟子たち。彼の行動基準は我々のとは違う。
2008/ 9/14 読: ヨハネの福音書 13章〜15章
選: ヨハネの福音書 14章 8節
ピリポはイエスに言った。「主よ。私たちに父を見せてください。そうすれば満足します。」
メモ: 実を言うと、僕もピリポと同じだよ。イエス様の言ってることを理解しない。
2008/ 9/15 読: ヨハネの福音書 16章〜18章
選: ヨハネの福音書 17章 4節
あなたがわたしに行なわせるためにお与えになったわざを、わたしは成し遂げて、地上であなたの栄光を現わしました。
メモ: イエス様が天の父に話したように、我々もいつか同じ様に言えるのだろうか。
2008/ 9/16 読: ヨハネの福音書 19章〜21章
選: ヨハネの福音書 21章 17節
イエスは三度ペテロに言われた。「ヨハネの子シモン。あなたはわたしを愛しますか。」ペテロは、イエスが三度「あなたはわたしを愛しますか。」と言われたので、心を痛めてイエスに言った。「主よ。あなたはいっさいのことをご存じです。あなたは、私があなたを愛することを知っておいでになります。」イエスは彼に言われた。「わたしの羊を飼いなさい。
メモ: イエス様が私に同じ質問をしたら、心底から同じ返事ができるのだろうか。
2008/ 9/17 読: ルカの福音書 1章〜3章
選: ルカの福音書 2章 13節
すると、たちまち、その御使いといっしょに、多くの天の軍勢が現われて、神を賛美して言った。
メモ: 想像してみて、御使いと天の軍勢が神を讃美するすがたを。
2008/ 9/18 読: 使徒の働き 1章〜3章
選: 使徒の働き 2章 13節
しかし、ほかに「彼らは甘いぶどう酒に酔っているのだ。」と言ってあざける者たちもいた。
メモ: 人は何かと、人レベルの理解力で理由を探したがるんだな、昔も今も。
2008/ 9/19 読: 使徒の働き 4章〜6章
選: 使徒の働き 4章 1節〜3節
彼らが民に話していると、祭司たち、宮の守衛長、またサドカイ人たちがやって来たが、
この人たちは、ペテロとヨハネが民を教え、イエスのことを例にあげて死者の復活を宣べ伝えているのに、困り果て、
彼らに手をかけて捕えた。そして翌日まで留置することにした。すでに夕方だったからである。
メモ: 偉い人達は何に困り果てたのだろう。中身のない偉い人たちだったからかな。
2008/ 9/20 読: 使徒の働き 7章〜9章
選: 使徒の働き 8章 1節〜3節
サウロは、ステパノを殺すことに賛成していた。
その日、エルサレムの教会に対する激しい迫害が起こり、使徒たち以外の者はみな、ユダヤとサマリヤの諸地方に散らされた。
敬虔な人たちはステパノを葬り、彼のために非常に悲しんだ。
サウロは教会を荒らし、家々にはいって、男も女も引きずり出し、次々に牢に入れた。
メモ: サウロは純粋に自分の行動は正しいと思っていた。だけど神の愛はなかった。
2008/ 9/21 読: 使徒の働き 10章〜12章
選: 使徒の働き 10章 7節〜8節
御使いが彼にこう語って立ち去ると、コルネリオはそのしもべたちの中のふたりと、側近の部下の中の敬虔な兵士ひとりとを呼び寄せ、
全部のことを説明してから、彼らをヨッパへ遣わした。
メモ: 御使いに言われて、しもべと部下を派遣した。彼はどう思われたのだろう。
2008/ 9/22 読: 使徒の働き 13章〜15章
選: 使徒の働き 14章 6節〜7節
ふたりはそれを知って、ルカオニヤの町であるルステラとデルベ、およびその付近の地方に難を避け、
そこで福音の宣教を続けた。
メモ: 彼らはどこへ行っても口を閉じることはなかった。そして福音は世界中へ。
2008/ 9/23 読: 使徒の働き 16章〜18章
選: 使徒の働き 17章 3節〜4節
そして、キリストは苦しみを受け、死者の中からよみがえらなければならないことを説明し、また論証して、「私があなたがたに伝えているこのイエスこそ、キリストなのです。」と言った。
彼らのうちの幾人かはよくわかって、パウロとシラスに従った。またほかに、神を敬うギリシヤ人が大ぜいおり、貴婦人たちも少なくなかった。
メモ: 聞いている相手に良く分かるようなことばで、福音を伝えなくちゃだよ。
2008/ 9/24 読: 使徒の働き 19章〜21章
選: 使徒の働き 20章 4節〜5節
プロの子であるベレヤ人ソパテロ、テサロニケ人アリスタルコとセクンド、デルベ人ガイオ、テモテ、アジヤ人テキコとトロピモは、パウロに同行していたが、
彼らは先発して、トロアスで私たちを待っていた。
メモ: イエス・キリストの愛(神の愛)とその救いに国境はない。
2008/ 9/25 読: 使徒の働き 22章〜24章
選: 使徒の働き 23章 3節
その時、パウロはアナニヤに向かってこう言った。「ああ、白く塗った壁。神があなたを打たれる。あなたは、律法に従って私をさばく座に着きながら、律法にそむいて、私を打てと命じるのですか。」
メモ: 律法の前にあるものは、人への絶大な神の愛。これを忘れちゃーいけないな。
2008/ 9/26 読: 使徒の働き 25章〜27章
選: 使徒の働き 26章 4節〜6節
では申し述べますが、私が最初から私の国民の中で、またエルサレムにおいて過ごした若い時からの生活ぶりは、すべてのユダヤ人の知っているところです。
彼らは以前から私を知っていますので、証言するつもりならできることですが、私は、私たちの宗教の最も厳格な派に従って、パリサイ人として生活してまいりました。
そして今、神が私たちの先祖に約束されたものを待ち望んでいることで、私は裁判を受けているのです。
メモ: パウロはそれでも自分を訴えている人を憎まなかった。自分はどうだろう。
2008/ 9/27 読: 使徒の働き 28章、ローマ人への手紙 1章〜2章
選: 使徒の働き 28章 3節〜6節
パウロがひとかかえの柴をたばねて火にくべると、熱気のために、一匹のまむしがはい出して来て、彼の手に取りついた。
島の人々は、この生き物がパウロの手から下がっているのを見て、「この人はきっと人殺しだ。海からはのがれたが、正義の女神はこの人を生かしてはおかないのだ。」と互いに話し合った。
しかし、パウロは、その生き物を火の中に振り落として、何の害も受けなかった。
島の人々は、彼が今にも、はれ上がって来るか、または、倒れて急死するだろうと待っていた。しかし、いくら待っても、彼に少しも変わった様子が見えないので、彼らは考えを変えて、「この人は神さまだ。」と言いだした。
メモ: 人の考えはこのようにすぐに変わる。重要なのは神様が僕をどう見てるかだ。
2008/ 9/28 読: ローマ人への手紙 3章〜5章
選: ローマ人への手紙 3章 5節、5章 8節
しかし、もし私たちの不義が神の義を明らかにするとしたら、どうなるでしょうか。人間的な言い方をしますが、怒りを下す神は不正なのでしょうか。

しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。
メモ: なかなか怒りを下さない神様。私たちを無限に愛してる神様。
2008/ 9/29 読: ローマ人への手紙 6章〜8章
選: ローマ人への手紙 8章 31節〜32節
では、これらのことからどう言えるでしょう。神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。
私たちすべてのために、ご自分の御子をさえ惜しまずに死に渡された方が、どうして、御子といっしょにすべてのものを、私たちに恵んでくださらないことがありましょう。
メモ: このことばを覚えて、生活の中で実現させます。
2008/ 9/30 読: ローマ人への手紙 9章〜11章
選: ローマ人への手紙 11章 36節
というのは、すべてのことが、神から発し、神によって成り、神に至るからです。どうか、この神に、栄光がとこしえにありますように。アーメン。
メモ: すべてのことが、神から発しているのです。信じますか。
前Page