前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
(2008年10月)

2008/10/ 1 読: ローマ人への手紙 12章〜14章
選: ローマ人への手紙 12章 1節〜2節
そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。
この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。
メモ: 自分を神にささげること、これこそ最高の幸せでしょうね。
2008/10/ 2 読: ローマ人への手紙 15章〜16章、コリント人への手紙 第一 1章
選: ローマ人への手紙 16章 3節
キリスト・イエスにあって私の同労者であるプリスカとアクラによろしく伝えてください。
メモ: 神の国に属する同労者。最高の組織の一員だよ。ちゃんと自覚してるのかな。
2008/10/ 3 読: コリント人への手紙 第T 2章〜4章
選: コリント人への手紙 第T 3章20節、4章20節
また、次のようにも書いてあります。「主は、知者の論議を無益だと知っておられる。」

神の国はことばにはなく、力にあるのです。
メモ: と言うことは、神の国に属している人には、パワーがあるってことだ。
2008/10/ 4 読: コリント人への手紙 第T 5章〜7章
選: コリント人への手紙 第T 7章 22節
奴隷も、主にあって召された者は、主に属する自由人であり、同じように、自由人も、召された者はキリストに属する奴隷だからです。
メモ: 本当の自由とは、創造された目的に歩むこと。主にあって、それは成り立つ。
2008/10/ 5 読: コリント人への手紙 第T 8章〜10章
選: コリント人への手紙 第T 8章 11節
その弱い人は、あなたの知識によって、滅びることになるのです。キリストはその兄弟のためにも死んでくださったのです。
メモ: 僕の周りにいる人はみな神様に愛されている。そのことを自覚してるかな。
2008/10/ 6 読: コリント人への手紙 第T 11章〜13章
選: コリント人への手紙 第T 13章 3節〜6節
また、たとい私が持っている物の全部を貧しい人たちに分け与え、また私のからだを焼かれるために渡しても、愛がなければ、何の役にも立ちません。
愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません。
礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず、
不正を喜ばずに真理を喜びます。
メモ: 根本に愛のない行動は、結局のところ、自己満足でしかない。
2008/10/ 7 読: コリント人への手紙 第T 14章〜16章
選: コリント人への手紙 第T 15章 3節〜5節
私があなたがたに最もたいせつなこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、
また葬られたこと、また、聖書に従って三日目によみがえられたこと、
また、ケパに現われ、それから十二弟子に現われたことです。
メモ: そして、イエス・キリストは今も生きていて、私とともにいます。
2008/10/ 8 読: コリント人への手紙 第U 1章〜3章
選: コリント人への手紙 第U 3章 2節〜3節
私たちの推薦状はあなたがたです。それは私たちの心にしるされていて、すべての人に知られ、また読まれているのです。
あなたがたが私たちの奉仕によるキリストの手紙であり、墨によってではなく、生ける神の御霊によって書かれ、石の板にではなく、人の心の板に書かれたものであることが明らかだからです。
メモ: 私に推薦状はいらない。あなたがたを見れば、私の働きが読める。すごいな。
2008/10/ 9 読: コリント人への手紙 第U 4章〜6章
選: コリント人への手紙 第U 6章 3節〜4節
私たちは、この務めがそしられないために、どんなことにも人につまずきを与えないようにと、
あらゆることにおいて、自分を神のしもべとして推薦しているのです。すなわち非常な忍耐と、悩みと、苦しみと、嘆きの中で、
メモ: 僕もあらゆることにおいて、自分を神のしもべとして推薦できるかな。
2008/10/10 読: コリント人への手紙 第U 7章〜9章
選: コリント人への手紙 第U 8章 16節
私があなたがたのことを思うのと同じ熱心を、テトスの心にも与えてくださった神に感謝します。
メモ: 人のことを熱心に思う心って、神から与えられるものなのかな。
2008/10/11 読: コリント人への手紙 第U 10章〜12章
選: コリント人への手紙 第U 12章 3節〜4節
私はこの人が、・・それが肉体のままであったか、肉体を離れてであったかは知りません。神はご存じです。・・
パラダイスに引き上げられて、人間には語ることを許されていない、口に出すことのできないことばを聞いたことを知っています。
メモ: 神が人を創造したのです。このようなことがあっても不思議ではありません。
2008/10/12 読: コリント人への手紙 第U 13章、ガラテヤ人への手紙 1章〜2章
選: ガラテヤ人への手紙 2章 20節〜21節
私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。いま私が、この世に生きているのは、私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです。
私は神の恵みを無にはしません。もし義が律法によって得られるとしたら、それこそキリストの死は無意味です。」
メモ: キリストがしてくださったことを自覚すれば、このように言えるのだろう。
2008/10/13 読: ガラテヤ人への手紙 3章〜5章
選: ガラテヤ人への手紙 5章 13節
兄弟たち。あなたがたは、自由を与えられるために召されたのです。ただ、その自由を肉の働く機会としないで、愛をもって互いに仕えなさい。
メモ: 自由人とは人本来の姿。「好き勝手に、自己中心的に行動する」のとは別物。
2008/10/14 読: ガラテヤ人への手紙 6章、エペソ人への手紙 1章〜2章
選: エペソ人への手紙 2章 8節〜9節
あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。
行ないによるのではありません。だれも誇ることのないためです。
メモ: 信じて救われるってことは、神からの恵みによるいただきもの。
2008/10/15 読: エペソ人への手紙 3章〜5章
選: エペソ人への手紙 5章 1節
ですから、愛されている子どもらしく、神にならう者となりなさい。
メモ: どうしたら良いか分からなくなったとき、神だったらどうするのかと考える。
2008/10/16 読: エペソ人への手紙 6章、ピリピ人への手紙 1章〜2章
選: ピリピ人への手紙 2章 3節
何事でも自己中心や虚栄からすることなく、へりくだって、互いに人を自分よりもすぐれた者と思いなさい。
メモ: だそうだ。
2008/10/17 読: ピリピ人への手紙 3章〜4章、コロサイ人への手紙 1章
選: ピリピ人への手紙 4章 6節〜7節
何も思い煩わないで、あらゆるばあいに、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。
そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あながたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。
メモ: いつになったら、この通りにできるようになるのだろう。
2008/10/18 読: コロサイ人への手紙 2章〜4章
選: コロサイ人への手紙 3章 4節
私たちのいのちであるキリストが現われると、そのときあなたがたも、キリストとともに、栄光のうちに現われます。
メモ: キリストは、私のいのちです。私の生きて活動するもとになる力です。
2008/10/19 読: テサロニケ人への手紙 第T 1章〜3章
選: テサロニケ人への手紙 第T 3章 11節
どうか、私たちの父なる神であり、また私たちの主イエスである方ご自身が、私たちの道を開いて、あなたがたのところに行かせてくださいますように。
メモ: 使徒でさえ、いや、だからこそ神の導きを待つ。自分もこうありたいな。
2008/10/20 読: テサロニケ人への手紙 第T 4章〜5章、テサロニケ人への手紙U 1章
選: テサロニケ人への手紙 第T 5章 18節
すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。
メモ: 分かってても、しない、できない。おかしいと思われても良い。徹底しよう。
2008/10/21 読: テサロニケ人への手紙 第U 2章〜3章、テモテへの手紙T 1章
選: テサロニケ人への手紙 第U 2章 2節〜4節
霊によってでも、あるいはことばによってでも、あるいは私たちから出たかのような手紙によってでも、主の日がすでに来たかのように言われるのを聞いて、すぐに落ち着きを失ったり、心を騒がせたりしないでください。
だれにも、どのようにも、だまされないようにしなさい。なぜなら、まず背教が起こり、不法の人、すなわち滅びの子が現われなければ、主の日は来ないからです。
彼は、すべて神と呼ばれるもの、また礼拝されるものに反抗し、その上に自分を高く上げ、神の宮の中に座を設け、自分こそ神であると宣言します。
メモ: 自分は神であると言う人たちは、みなうそつき。真理は聖書の中にある。
2008/10/22 読: テモテへの手紙 第T 2章〜4章
選: テモテへの手紙 第T 4章 13節
私が行くまで、聖書の朗読と勧めと教えとに専念しなさい。
メモ: 「聖書は何と言ってるか。」これが幸せな人生を送るための基本です。
2008/10/23 読: テモテへの手紙 第T 5章〜6章、テモテへの手紙 第U 1章
選: テモテへの手紙 第T 5章 23節
これからは水ばかり飲まないで、胃のために、また、たびたび起こる病気のためにも、少量のぶどう酒を用いなさい。
メモ: 健康管理もしっかりやるように勧めている。神から与えられた体を大切に。
2008/10/24 読: テモテへの手紙 第U 2章〜4章
選: テモテへの手紙 第U 3章 16節
聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。
メモ: 人は聖書を読むことによって矯正される。これも神様の働きの一つ。
2008/10/25 読: テトスへの手紙 1章〜3章
選: テトスへの手紙 2章 14節
キリストが私たちのためにご自身をささげられたのは、私たちをすべての不法から贖い出し、良いわざに熱心なご自分の民を、ご自分のためにきよめるためでした。
メモ: 私たちはキリストによって、きよめられる。嬉しいことだ。
2008/10/26 読: ピレモンへの手紙 1章、ヘブル人への手紙 1章〜2章
選: ピレモンへの手紙 1章 12節〜14節
そのオネシモを、あなたのもとに送り返します。彼は私の心そのものです。
私は、彼を私のところにとどめておき、福音のために獄中にいる間、あなたに代わって私のために仕えてもらいたいとも考えましたが、
あなたの同意なしには何一つすまいと思いました。それは、あなたがしてくれる親切は強制されてではなく、自発的でなければいけないからです。
メモ: 親切は自発的が重要。じゃないと、いつかは自分は損してると思う。
2008/10/27 読: ヘブル人への手紙 3章〜5章
選: ヘブル人への手紙 4章 2節
福音を説き聞かされていることは、私たちも彼らと同じなのです。ところが、その聞いたみことばも、彼らには益になりませんでした。みことばが、それを聞いた人たちに、信仰によって、結びつけられなかったからです。
メモ: 教会へ「良い話し」を聞きに行くだけでは、み言葉は実を結ばないみたいだ。
2008/10/28 読: ヘブル人への手紙 6章〜8章
選: ヘブル人への手紙 7章 13節〜14節
私たちが今まで論じて来たその方は、祭壇に仕える者を出したことのない別の部族に属しておられるのです。
私たちの主が、ユダ族から出られたことは明らかですが、モーセは、この部族については、祭司に関することを何も述べていません。
メモ: 何について論じてもいい。言えることは、イエス様は僕のあがない主です。
2008/10/29 読: ヘブル人への手紙 9章〜11章
選: ヘブル人への手紙 11章 13節
これらの人々はみな、信仰の人々として死にました。約束のものを手に入れることはありませんでしたが、はるかにそれを見て喜び迎え、地上では旅人であり寄留者であることを告白していたのです。
メモ: 信仰による生活は、真の喜びを与えてくれる。
2008/10/30 読: ヘブル人への手紙 12章〜13章、ヤコブの手紙 1章
選: ヘブル人への手紙 12章 14節
すべての人との平和を追い求め、また、聖められることを追い求めなさい。聖くなければ、だれも主を見ることができません。
メモ: 主を信じた者は神によって日々聖められることを感謝します。
2008/10/31 読: ヤコブの手紙 2章〜4章
選: ヤコブの手紙 3章 16節〜17節
ねたみや敵対心のあるところには、秩序の乱れや、あらゆる邪悪な行ないがあるからです。
しかし、上からの知恵は、第一に純真であり、次に平和、寛容、温順であり、また、あわれみと良い実とに満ち、えこひいきがなく、見せかけのないものです。
メモ: 主よ、私をねたみや敵対心から完全に解放してください。
前Page