前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
(2008年11月)

2008/11/ 1 読: ヤコブの手紙 5章、ペテロの手紙第T 1章〜2章
選: ペテロの手紙 第T 2章 13節〜15節
人の立てたすべての制度に、主のゆえに従いなさい。それが主権者である王であっても、
また、悪を行なう者を罰し、善を行なう者をほめるように王から遣わされた総督であっても、そうしなさい。
というのは、善を行なって、愚かな人々の無知の口を封じることは、神のみこころだからです。
メモ: 神様は、僕が世の中の決りごとを守ることを望んでいる。
2008/11/ 2 読: ペテロの手紙 第T 3章〜5章
選: ペテロの手紙 第T 3章 10節〜12節
「いのちを愛し、幸いな日々を過ごしたいと思う者は、舌を押えて悪を言わず、くちびるを閉ざして偽りを語らず、
悪から遠ざかって善を行ない、平和を求めてこれを追い求めよ。
主の目は義人の上に注がれ、主の耳は彼らの祈りに傾けられる。しかし主の顔は、悪を行なう者に立ち向かう。」
メモ: 神様、私の生活を導き、あなたに喜んでいただけるように、お導き下さい。
2008/11/ 3 読: ペテロの手紙 第U 1章〜3章
選: ペテロの手紙 第U 2章 1節
しかし、イスラエルの中には、にせ預言者も出ました。同じように、あなたがたの中にも、にせ教師が現われるようになります。彼らは、滅びをもたらす異端をひそかに持ち込み、自分たちを買い取ってくださった主を否定するようなことさえして、自分たちの身にすみやかな滅びを招いています。
メモ: イエス様、僕の知人、友人が皆あなたに買い取られますように。
2008/11/ 4 読: ヨハネの手紙 第T 1章〜3章
選: ヨハネの手紙 第T 3章 16節〜18節
キリストは、私たちのために、ご自分のいのちをお捨てになりました。それによって私たちに愛がわかったのです。ですから私たちは、兄弟のために、いのちを捨てるべきです。
世の富を持ちながら、兄弟が困っているのを見ても、あわれみの心を閉ざすような者に、どうして神の愛がとどまっているでしょう。
子どもたちよ。私たちは、ことばや口先だけで愛することをせず、行ないと真実をもって愛そうではありませんか。
メモ: 行ないを見て、はじめて本物かわかる。
2008/11/ 5 読: ヨハネの手紙 第T 4章〜5章、ヨハネの手紙 第U 1章
選: ヨハネの手紙 第U 1章 4節〜6節
あなたの子どもたちの中に、御父から私たちが受けた命令のとおりに真理のうちを歩んでいる人たちがあるのを知って、私は非常に喜んでいます。
そこで婦人よ。お願いしたいことがあります。それは私が新しい命令を書くのではなく、初めから私たちが持っていたものなのですが、私たちが互いに愛し合うということです。
愛とは、御父の命令に従って歩むことであり、命令とは、あなたがたが初めから聞いているとおり、愛のうちを歩むことです。
メモ: 天のお父さんの命令は、真理と愛のうちを歩むことです。従います。
2008/11/ 6 読: ヨハネの手紙 第V 1章、ユダの手紙 1章、ヨハネの黙示録 1章
選: ユダの手紙 1章 8節
それなのに、この人たちもまた同じように、夢見る者であり、肉体を汚し、権威ある者を軽んじ、栄ある者をそしっています。
メモ: 教会に忍び込んで、教会を荒らす者と、信仰ゆえに戦いなさい。
2008/11/ 7 読: ヨハネの黙示録 2章〜4章
選: ヨハネの黙示録 3章 15節〜16節
「わたしは、あなたの行ないを知っている。あなたは、冷たくもなく、熱くもない。わたしはむしろ、あなたが冷たいか、熱いかであってほしい。
このように、あなたはなまぬるく、熱くも冷たくもないので、わたしの口からあなたを吐き出そう。
メモ: 「冷たいか、熱いかであってほしい。」神様は中途半端を嫌うようだ。
2008/11/ 8 読: ヨハネの黙示録 5章〜7章
選: ヨハネの黙示録 5章 11節〜14節
また私は見た。私は、御座と生き物と長老たちとの回りに、多くの御使いたちの声を聞いた。その数は万の幾万倍、千の幾千倍であった。
彼らは大声で言った。「ほふられた小羊は、力と、富と、知恵と、勢いと、誉れと、栄光と、賛美を受けるにふさわしい方です。」
また私は、天と地と、地の下と、海の上のあらゆる造られたもの、およびその中にある生き物がこう言うのを聞いた。「御座にすわる方と、小羊とに、賛美と誉れと栄光と力が永遠にあるように。」
また、四つの生き物はアーメンと言い、長老たちはひれ伏して拝んだ。
メモ: 小羊とは、イエス・キリストのこと。僕の救い主であり、友達なんだな。
2008/11/ 9 読: ヨハネの黙示録 8章〜10章
選: ヨハネの黙示録 9章 20節〜20節
これらの災害によって殺されずに残った人々は、その手のわざを悔い改めないで、悪霊どもや、金、銀、銅、石、木で造られた、見ることも聞くことも歩くこともできない偶像を拝み続け、
その殺人や、魔術や、不品行や、盗みを悔い改めなかった。
メモ: 人を造られ、愛しておられる神様は、この態度をすごく悲しんでると思う。
2008/11/10 読: ヨハネの黙示録 11章〜13章
選: ヨハネの黙示録 13章 2節〜4節
私の見たその獣は、ひょうに似ており、足は熊の足のようで、口はししの口のようであった。竜はこの獣に、自分の力と位と大きな権威とを与えた。
その頭のうちの一つは打ち殺されたかと思われたが、その致命的な傷も直ってしまった。そこで、全地は驚いて、その獣に従い、
そして、竜を拝んだ。獣に権威を与えたのが竜だからである。また彼らは獣をも拝んで、「だれがこの獣に比べられよう。だれがこれと戦うことができよう。」と言った。
メモ: 人は奇跡的なことを見ると、そこに心が向く。しかし、人を造った神は無視。
2008/11/11 読: ヨハネの黙示録 14章〜16章
選: ヨハネの黙示録 15章 3節〜4節
彼らは、神のしもべモーセの歌と小羊の歌とを歌って言った。「あなたのみわざは偉大であり、驚くべきものです。主よ。万物の支配者である神よ。あなたの道は正しく、真実です。もろもろの民の王よ。
主よ。だれかあなたを恐れず、御名をほめたたえない者があるでしょうか。ただあなただけが、聖なる方です。すべての国々の民は来て、あなたの御前にひれ伏します。あなたの正しいさばきが、明らかにされたからです。」
メモ: 「御名をほめたたえない者があるでしょうか。」今からでも良いんじゃない。
2008/11/12 読: ヨハネの黙示録 17章〜19章
選: ヨハネの黙示録 18章 19節
それから、彼らは、頭にちりをかぶって、泣き悲しみ、叫んで言いました。『わざわいが来た。わざわいが来た。大きな都よ。海に舟を持つ者はみな、この都のおごりによって富を得ていたのに、それが一瞬のうちに荒れすたれるとは。』
メモ: 歴史は一瞬のうちに変わる。変わらないのは、神のことば。
2008/11/13 読: ヨハネの黙示録 20章〜22章
選: ヨハネの黙示録 22章 21節
主イエスの恵みがすべての者とともにあるように。アーメン。
メモ: 聖書の最後のことば。私たちには、主イエス様の恵みが必要なのです。
2008/11/14 読: 創世記 1章〜3章
選: 創世記 1章 27節〜28節
神はこのように、人をご自身のかたちに創造された。神のかたちに彼を創造し、男と女とに彼らを創造された。
神はまた、彼らを祝福し、このように神は彼らに仰せられた。「生めよ。ふえよ。地を満たせ。地を従えよ。海の魚、空の鳥、地をはうすべての生き物を支配せよ。」
メモ: この事を信じるか信じないかで、人生は大きく変わる。
2008/11/15 読: 創世記 4章〜6章
選: 創世記 4章 6節〜7節
そこで、主は、カインに仰せられた。「なぜ、あなたは憤っているのか。なぜ、顔を伏せているのか。
あなたが正しく行なったのであれば、受け入れられる。ただし、あなたが正しく行なっていないのなら、罪は戸口で待ち伏せして、あなたを恋い慕っている。だが、あなたは、それを治めるべきである。」
メモ: 人は罪を自分の支配下に置かなければならないのに、罪に振り回されている。
2008/11/16 読: 創世記 7章〜9章
選: 創世記 8章 9節
鳩は、その足を休める場所が見あたらなかったので、箱舟の彼のもとに帰って来た。水が全地の面にあったからである。彼は手を差し伸べて鳩を捕え、箱舟の自分のところに入れた。
メモ: 僕も地上に足を休める場所がない。だからいつも神のもとへ帰るのだ。
2008/11/17 読: 創世記 10章〜12章
選: 創世記 12章 11節〜13節
彼はエジプトに近づき、そこにはいろうとするとき、妻のサライに言った。「聞いておくれ。あなたが見目麗しい女だということを私は知っている。
エジプト人は、あなたを見るようになると、この女は彼の妻だと言って、私を殺すが、あなたは生かしておくだろう。
どうか、私の妹だと言ってくれ。そうすれば、あなたのおかげで私にも良くしてくれ、あなたのおかげで私は生きのびるだろう。」
メモ: 人は不安になると、何をするか分からない。どんな時にも神様に信頼しよう。
2008/11/18 読: 創世記 13章〜15章
選: 創世記 14章 13節〜16節
ひとりの逃亡者が、ヘブル人アブラムのところに来て、そのことを告げた。アブラムはエモリ人マムレの樫の木のところに住んでいた。マムレはエシュコルとアネルの親類で、彼らはアブラムと盟約を結んでいた。
アブラムは自分の親類の者がとりこになったことを聞き、彼の家で生まれたしもべども三百十八人を召集して、ダンまで追跡した。
夜になって、彼と奴隷たちは、彼らに向かって展開し、彼らを打ち破り、ダマスコの北にあるホバまで彼らを追跡した。
そして、彼はすべての財産を取り戻し、また親類の者ロトとその財産、それにまた、女たちや人々をも取り戻した。
メモ: ある一族が王のいる軍隊に勝つなんて。神様が共にいれば、不可能はない。
2008/11/19 読: 創世記 16章〜18章
選: 創世記 18章 23節〜26節
アブラハムは近づいて申し上げた。「あなたはほんとうに、正しい者を、悪い者といっしょに滅ぼし尽くされるのですか。
もしや、その町の中に五十人の正しい者がいるかもしれません。ほんとうに滅ぼしてしまわれるのですか。その中にいる五十人の正しい者のために、その町をお赦しにはならないのですか。
正しい者を悪い者といっしょに殺し、そのため、正しい者と悪い者とが同じようになるというようなことを、あなたがなさるはずがありません。とてもありえないことです。全世界をさばくお方は、公義を行なうべきではありませんか。」
主は答えられた。「もしソドムで、わたしが五十人の正しい者を町の中に見つけたら、その人たちのために、その町全部を赦そう。」
メモ: 神様は、正しい人と、悪人を一緒に滅ぼすことは決してしない。
2008/11/20 読: 創世記 19章〜21章
選: 創世記 19章 18節〜20節
ロトは彼らに言った。「主よ。どうか、そんなことになりませんように。
ご覧ください。このしもべはあなたの心にかない、あなたは私のいのちを救って大きな恵みを与えてくださいました。しかし、私は、山に逃げることができません。わざわいが追いついて、たぶん私は死ぬでしょう。
ご覧ください。あそこの町は、のがれるのに近いのです。しかもあんなに小さいのです。どうか、あそこに逃げさせてください。あんなに小さいではありませんか。私のいのちを生かしてください。」
メモ: 災いから助けだされたのに、更に注文。しかし、哀れみの神様、聞き入れる。
2008/11/21 読: 創世記 22章〜24章
選: 創世記 24章 12節〜14節
そうして言った。「私の主人アブラハムの神、主よ。きょう、私のためにどうか取り計らってください。私の主人アブラハムに恵みを施してください。
ご覧ください。私は泉のほとりに立っています。この町の人々の娘たちが、水を汲みに出てまいりましょう。
私が娘に『どうかあなたの水がめを傾けて私に飲ませてください。』と言い、その娘が『お飲みください。私はあなたのらくだにも水を飲ませましょう。』と言ったなら、その娘こそ、あなたがしもべイサクのために定めておられたのです。このことで私は、あなたが私の主人に恵みを施されたことを知ることができますように。」
メモ: 僕も同じ様に神様に条件を言って、祈りの答えとして受け取っていいのかな。
2008/11/22 読: 創世記 25章〜27章
選: 創世記 26章 12節〜13節
イサクはその地に種を蒔き、その年に百倍の収穫を見た。主が彼を祝福してくださったのである。
こうして、この人は富み、ますます栄えて、非常に裕福になった。
メモ: 「主が彼を祝福してくださったのである。」主よ、僕をも祝福してください。
2008/11/23 読: 創世記 28章〜30章
選: 創世記 29章 20節
ヤコブはラケルのために七年間仕えた。ヤコブは彼女を愛していたので、それもほんの数日のように思われた。
メモ: このくらいの愛を、絶対裏切らない神様に対して持ちたい。
2008/11/24 読: 創世記 31章〜33章
選: 創世記 33章 12節〜14節
エサウが、「さあ、旅を続けて行こう。私はあなたのすぐ前に立って行こう。」と言うと、
ヤコブは彼に言った。「あなたもご存じのように、子どもたちは弱く、乳を飲ませている羊や牛は私が世話をしています。一日でも、ひどく追い立てると、この群れは全部、死んでしまいます。
あなたは、しもべよりずっと先に進んで行ってください。私は、私の前に行く家畜や子どもたちの歩みに合わせて、ゆっくり旅を続け、あなたのところ、セイルへまいります。」
メモ: だれかを恐れたり頼りにしてしまうと、神様への信頼が薄れるかもしれない。
2008/11/25 読: 創世記 34章〜36章
選: 創世記 35章 13節〜15節
神は彼に語られたその所で、彼を離れて上られた。
ヤコブは、神が彼に語られたその場所に柱、すなわち、石の柱を立て、その上に注ぎのぶどう酒を注ぎ、またその上に油をそそいだ。
ヤコブは、神が自分と語られたその所をベテルと名づけた。
メモ: 神様はヤコブと時々直接話しをしていた。だけどヤコブってよく恐れてたな。
2008/11/26 読: 創世記 37章〜39章
選: 創世記 39章 2節〜5節
主がヨセフとともにおられたので、彼は幸運な人となり、そのエジプト人の主人の家にいた。
彼の主人は、主が彼とともにおられ、主が彼のすることすべてを成功させてくださるのを見た。
それでヨセフは主人にことのほか愛され、主人は彼を側近の者とし、その家を管理させ、彼の全財産をヨセフの手にゆだねた。
主人が彼に、その家と全財産とを管理させた時から、主はヨセフのゆえに、このエジプト人の家を、祝福された。それで主の祝福が、家や野にある、全財産の上にあった。
メモ: 主がともにいる人は、幸運なひとです。信じますか。信じなさい。
2008/11/27 読: 創世記 40章〜42章
選: 創世記 41章 15節〜16節
パロはヨセフに言った。「私は夢を見たが、それを解き明かす者がいない。あなたについて言われていることを聞いた。あなたは夢を聞いて、それを解き明かすということだが。」
ヨセフはパロに答えて言った。「私ではありません。神がパロの繁栄を知らせてくださるのです。」
メモ: 「私ではありません。神です。」僕だったらどう答えるだろう。
2008/11/28 読: 創世記 43章〜45章
選: 創世記 44章 12節〜13節
彼は年長の者から調べ始めて年下の者で終わった。ところがその杯はベニヤミンの袋から見つかった。
そこで彼らは着物を引き裂き、おのおのろばに荷を負わせて町に引き返した。
メモ: ヨセフを売り、父をだましていた兄弟たち。罪の意識が彼らを変えたのか。
2008/11/29 読: 創世記 46章〜48章
選: 創世記 48章 15節〜16節
それから、ヨセフを祝福して言った。「私の先祖アブラハムとイサクが、その御前に歩んだ神。きょうのこの日まで、ずっと私の羊飼いであられた神。
すべてのわざわいから私を贖われた御使い。この子どもたちを祝福してください。私の名が先祖アブラハムとイサクの名とともに、彼らのうちにとなえ続けられますように。また彼らが地のまなかで、豊かにふえますように。」
メモ: 「ずっと私の羊飼いであられた神。」わがままな羊の羊飼いって大変だよね。
2008/11/30 読: 創世記 46章〜48章、出エジプト記 1章
選: 出エジプト記 1章 20節〜21節
神はこの助産婦たちによくしてくださった。それで、イスラエルの民はふえ、非常に強くなった。
助産婦たちは神を恐れたので、神は彼女たちの家を栄えさせた。
メモ: 「神はこの助産婦たちによくしてくださった。」分かりやすい表現だね。
前Page