前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
(2008年12月)

2008/12/ 1 読: 出エジプト記 2章〜4章
選: 出エジプト記 3章 14節
神はモーセに仰せられた。「わたしは、『わたしはある。』という者である。」また仰せられた。「あなたはイスラエル人にこう告げなければならない。『わたしはあるという方が、私をあなたがたのところに遣わされた。』と。」
メモ: 神様は「わたしはある。」という者。ふかく考える必要はないと思う。
2008/12/ 2 読: 出エジプト記 5章〜7章
選: 出エジプト記 7章 4節〜5節
パロがあなたがたの言うことを聞き入れないなら、わたしは、手をエジプトの上に置き、大きなさばきによって、わたしの集団、わたしの民イスラエル人をエジプトの地から連れ出す。
わたしが手をエジプトの上に伸ばし、イスラエル人を彼らの真中から連れ出すとき、エジプトはわたしが主であることを知るようになる。」
メモ; 神様は主です。全ての主です。私たちの「神とは」は、どうでもいいのです。
2008/12/ 3 読: 出エジプト記 8章〜10章
選: 出エジプト記 8章 24節
主がそのようにされたので、おびただしいあぶの群れが、パロの家とその家臣の家とにはいって来た。エジプトの全土にわたり、地はあぶの群れによって荒れ果てた。
メモ: 主はことを行う。その時を待ちましょう。
2008/12/ 4 読: 出エジプト記 11章〜13章
選: 出エジプト記 12章 14節
この日は、あなたがたにとって記念すべき日となる。あなたがたはこれを主への祭りとして祝い、代々守るべき永遠のおきてとしてこれを祝わなければならない。
メモ: 私たちは、神様の定めた記念日を祝う必要がある。嬉しい定めだ。
2008/12/ 5 読: 出エジプト記 14章〜16章
選: 出エジプト記 14章 11節〜14節
そしてモーセに言った。「エジプトには墓がないので、あなたは私たちを連れて来て、この荒野で、死なせるのですか。私たちをエジプトから連れ出したりして、いったい何ということを私たちにしてくれたのです。
私たちがエジプトであなたに言ったことは、こうではありませんでしたか。『私たちのことはかまわないで、私たちをエジプトに仕えさせてください。』事実、エジプトに仕えるほうがこの荒野で死ぬよりも私たちには良かったのです。」
それでモーセは民に言った。「恐れてはいけない。しっかり立って、きょう、あなたがたのために行なわれる主の救いを見なさい。あなたがたは、きょう見るエジプト人をもはや永久に見ることはできない。
主があなたがたのために戦われる。あなたがたは黙っていなければならない。」
メモ: 自分恐れただろう。恐れないで、主に信頼し、その救いを経験し、喜ぼう。
2008/12/ 6 読: 出エジプト記 17章〜19章
選: 出エジプト記 18章 15節〜16節
モーセはしゅうとに答えた。「民は、神のみこころを求めて、私のところに来るのです。
彼らに何か事件があると、私のところに来ます。私は双方の間をさばいて、神のおきてとおしえを知らせるのです。」
メモ: モーセって、神様と直結していたのかな。だけどすごい忍耐の持ち主だな。
2008/12/ 7 読: 出エジプト記 20章〜22章
選: 出エジプト記 20章 3節〜4節
あなたには、わたしのほかに、ほかの神々があってはならない。
あなたは、自分のために、偶像を造ってはならない。上の天にあるものでも、下の地にあるものでも、地の下の水の中にあるものでも、どんな形をも造ってはならない。
メモ: これは、神様から人への、人が幸せでいるための、愛のこもった命令だ。
2008/12/ 8 読: 出エジプト記 23章〜25章
選: 出エジプト記 23章 2節〜3節
悪を行なう権力者の側に立ってはならない。訴訟にあたっては、権力者にかたよって、不当な証言をしてはならない。
また、その訴訟において、貧しい人を特に重んじてもいけない。
要するに、真実「実際に起こったこと」を語れだ。
2008/12/ 9 読: 出エジプト記 26章〜28章
選: 出エジプト記 28章 2節〜3節
また、あなたの兄弟アロンのために、栄光と美を表わす聖なる装束を作れ。
あなたは、わたしが知恵の霊を満たした、心に知恵のある者たちに告げて、彼らにアロンの装束を作らせなければならない。彼を聖別し、わたしのために祭司の務めをさせるためである。
メモ: 「栄光」と「美」を現わす聖なる装束は、知恵の霊に満たされた人が作った。
2008/12/10 読: 出エジプト記 29章〜31章
選: 出エジプト記 30章 15節
あなたがた自身を贖うために、主に奉納物を納めるとき、富んだ者も半シェケルより多く払ってはならず、貧しい者もそれより少なく払ってはならない。
メモ: 神様から見れば、貧富は関係ない。神様は同じ思いで一人一人を創造された。
2008/12/11 読: 出エジプト記 32章〜34章
選: 出エジプト記 32章 23節〜24節
彼らは私に言いました。『私たちに先立って行く神を、造ってくれ。私たちをエジプトの地から連れ上ったあのモーセという者が、どうなったのか、私たちにはわからないから。』
それで、私は彼らに、『だれでも、金を持っている者は私のために、それを取りはずせ。』と言いました。彼らはそれを私に渡したので、私がこれを火に投げ入れたところ、この子牛が出て来たのです。」
メモ: 大きな奇跡を経験して間もないのに。心配から誤ったことをしないように。
2008/12/12 読: 出エジプト記 35章〜37章
選: 出エジプト記 36章 12節〜13節
その一枚の幕に輪五十個をつけ、他のつなぎ合わせた幕の端にも輪五十個をつけ、その輪を互いに向かい合わせにした。
そして、金の留め金五十個を作り、その留め金で、幕を互いにつなぎ合わせて、一つの幕屋にした。
メモ: 会見の幕屋は、神様が指示した通りに作られた。みんな迷わず仕事ができた。
2008/12/13 読: 出エジプト記 38章〜40章
選: 出エジプト記 38章 21節
幕屋、すなわち、あかしの幕屋の記録は、次のとおりである。これは、モーセの命令によって調べたもの、祭司アロンの子イタマルのもとでの、レビ人の奉仕である。
メモ: 記録を取ることで、ただの空想話じゃないことが証明される。
2008/12/14 読: レビ記 1章〜3章
選: レビ記 2章 9節
祭司はその穀物のささげ物から、記念の部分を取り出し、祭壇の上で焼いて煙にしなさい。これは主へのなだめのかおりの火によるささげ物である。
メモ: 「焼いて煙にしなさい。」いったんささげた物をまた欲しがってはならない。
2008/12/15 読: レビ記 4章〜6章
選: レビ記 4章 3節
もし油そそがれた祭司が、罪を犯して、民に罪過をもたらすなら、その人は、自分の犯した罪のために、傷のない若い雄牛を、罪のためのいけにえとして主にささげなければならない。
メモ: 神様にささげるものは、傷のないもの。自分にとっては、どういう意味かな。
2008/12/16 読: レビ記 7章〜9章
選: レビ記 9章 12節
それから、アロンは全焼のいけにえをほふり、アロンの子らが、その血を彼に渡すと、彼はそれを祭壇の回りに注ぎかけた。
メモ: 民を恐れ、神として金の子牛を作ったアロン。だけど聖なる職務に選ばれた。
2008/12/17 読: レビ記 10章〜12章
選: レビ記 11章 45節
わたしは、あなたがたの神となるために、あなたがたをエジプトの地から導き出した主であるから。あなたがたは聖なる者となりなさい。わたしが聖であるから。」
メモ: わたしは、あなたの神となるため、あなたをあがなった。
2008/12/18 読: レビ記 13章〜15章
選: レビ記 14章 16節
祭司は右の指を左の手のひらにある油に浸し、その指で、油を七たび主の前に振りかける。
メモ: 「右の指を左の手のひらにある油に浸し、」神様は、事細かに教えてくれた。
2008/12/19 読: レビ記 16章〜18章
選: レビ記 18章 2節〜3節
「イスラエルの人々に告げて言え。わたしはあなたの神、主である。
あなたがたは、あなたがたが住んでいたエジプトの地のならわしをまねてはならない。またわたしがあなたがたを導き入れようとしているカナンの地のならわしをまねてもいけない。彼らの風習に従って歩んではならない。
メモ: 僕は神の国の住民。神様が良しとされないことは、避けたいと思う。
2008/12/20 読: レビ記 19章〜21章
選: レビ記 20章 24節〜26節
それゆえ、あなたがたに言った。『あなたがたは彼らの土地を所有するようになる。わたしが乳と蜜の流れる地を、あなたがたに与えて、所有させよう。わたしは、あなたがたを国々の民からえり分けたあなたがたの神、主である。
あなたがたは、きよい動物と汚れた動物、また、汚れた鳥ときよい鳥を区別するようになる。わたしがあなたがたのために汚れているとして区別した動物や鳥や地をはうすべてのものによって、あなたがた自身を忌むべきものとしてはならない。
あなたがたはわたしにとって聖なるものとなる。主であるわたしは聖であり、あなたがたをわたしのものにしようと、国々の民からえり分けたからである。』
メモ: 神様は、私たちを幸せにしたいので、いろいろと教えてくれる。嬉しいね。
2008/12/21 読: レビ記 22章〜24章
選: レビ記 22章 21節〜22節
また、人が特別の誓願を果たすため、あるいは進んでささげるささげ物として、牛か羊の中から和解のいけにえを主にささげるときは、それが受け入れられるためには傷のないものでなければならない。それにはどのような欠陥もあってはならない。
盲のもの、折れたところのあるもの、傷のあるもの、あるいは、うみの出るもの、湿疹のあるもの、かさぶたのあるもの、あなたがたはこれらのものを主にささげてはならない。また、これらのものを主への火によるささげ物として祭壇の上にささげてはならない。
メモ: 「あなたのあまった時間を主にささげてはならない。」と言われた気がする。
2008/12/22 読: レビ記 25章〜27章
選: レビ記 27章 3節
その評価は、次のとおりにする。二十歳から六十歳までの男なら、その評価は聖所のシェケルで銀五十シェケル。
メモ: 人を成人として認める年齢や、定年退職時期等の基準はここからかな。
2008/12/23 読: 民数記 1章〜3章
選: 民数記 3章 14節
主はシナイの荒野でモーセに告げて仰せられた。
メモ: 主が語られる場所は限定されていない。これも嬉しい事実の一つだね。
2008/12/24 読: 民数記 4章〜6章
選: 民数記 6章 24節〜26節
『主があなたを祝福し、あなたを守られますように。
主が御顔をあなたに照らし、あなたを恵まれますように。
主が御顔をあなたに向け、あなたに平安を与えられますように。』
メモ: 今日は、イエス・キリストがこの世に来られたこを記念する日の前日ですよ。
2008/12/25 読: 民数記 7章〜9章
選: 民数記 9章 21節〜23節
雲が夕方から朝までとどまるようなときがあっても、朝になって雲が上れば、彼らはただちに旅立った。昼でも、夜でも、雲が上れば、彼らはいつも旅立った。
二日でも、一月でも、あるいは一年でも、雲が幕屋の上にとどまって去らなければ、イスラエル人は宿営して旅立たなかった。ただ雲が上ったときだけ旅立った。
彼らは主の命令によって宿営し、主の命令によって旅立った。彼らはモーセを通して示された主の命令によって、主の戒めを守った。
メモ: 僕もこのように、主の働く時を待ち、また直に応じることができるだろうか。
2008/12/26 読: 民数記 10章〜12章
選: 民数記 11章 23節
主はモーセに答えられた。「主の手は短いのだろうか。わたしのことばが実現するかどうかは、今わかる。」
メモ: 主に不可能はない。主が語られたことは、必ず実現する。
2008/12/27 読: 民数記 13章〜15章
選: 民数記 14章 33節〜34節
あなたがたの子どもたちは、この荒野で四十年の間羊を飼う者となり、あなたがたが死体となってこの荒野で倒れてしまうまで、あなたがたの背信の罪を負わなければならない。
あなたがたが、かの地を探った日数は四十日であった。その一日を一年と数えて、四十年の間あなたがたは自分の咎を負わなければならない。こうしてわたしへの反抗が何かを思い知ろう。
メモ: でも、神様は彼らに荒野で食料を与え、彼らを養った。
2008/12/28 読: 民数記 16章〜18章
選: 民数記 18章 19節
イスラエル人が主に供える聖なる奉納物をみな、わたしは、あなたとあなたの息子たちと、あなたとともにいるあなたの娘たちに与えて、永遠の分け前とする。それは、主の前にあって、あなたとあなたの子孫に対する永遠の塩の契約となる。」
メモ: 神様がすぐそこにいて、話しをしているみたい。このように会話してみたい。
2008/12/29 読: 民数記 19章〜21章
選: 民数記 21章 3節
主はイスラエルの願いを聞き入れ、カナン人を渡されたので、彼らはカナン人
と彼らの町々を聖絶した。そしてその所の名をホルマと呼んだ。
メモ: はたして、僕は罪を聖絶できるようにと、神様に願っているのだろうか。
2008/12/30 読: 民数記 22章〜24章
選: 民数記 24章 1節
バラムはイスラエルを祝福することが主の御心にかなうのを見、これまでのように、まじないを求めに行くことをせず、その顔を荒野に向けた。
メモ: 基本的な神様の御心は、聖書に書かれている。再び祈り求める必要はない。
2008/12/31 読: 民数記 25章〜27章
選: 民数記 27章 15節〜17節
それでモーセは主に申し上げた。
「すべての肉なるもののいのちの神、主よ。ひとりの人を会衆の上に定め、
彼が、彼らに先立って出て行き、彼らに先立ってはいり、また彼らを連れ出し、彼らをはいらせるようにしてください。主の会衆を、飼う者のいない羊のようにしないでください。」
メモ: 神様とともに歩んでいたモーセは、思いやりある、愛の人だった。
前Page