前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2009年 1月)

2009/ 1/ 1 読: 民数記 28章〜30章
選: 民数記 28章 7節
それにつく注ぎのささげ物は子羊一頭につき四分の一ヒンとする。聖所で、主への注ぎのささげ物として強い酒を注ぎなさい。
メモ: 直に理解できなくても、主がそうするようにと望むことは、実行するが幸せ。
2009/ 1/ 2 読: 民数記 31章〜33章
選: 民数記 32章 20節〜22節
モーセは彼らに言った。「もしあなたがたがそのようにし、もし主の前に戦いのため武装をし、
あなたがたのうちの武装した者がみな、主の前でヨルダンを渡り、ついに主がその敵を御前から追い払い、
その地が主の前に征服され、その後あなたがたが帰って来るのであれば、あなたがたは主に対しても、イスラエルに対しても責任が解除される。そして、この地は主の前であなたがたの所有地となる。
メモ: 神様の御心に反する「罪」に対する戦いに、神様は、私たちを用いて下さる。
2009/ 1/ 3 読: 民数記 34章〜36章
選: 民数記 35章 34節
あなたがたは、自分たちの住む土地、すなわち、わたし自身がそのうちに宿る土地を汚してはならない。主であるわたしが、イスラエル人の真中に宿るからである。」
メモ: 「主であるわたしが、あなたの中に宿るからである。」と言われてしまった。
2009/ 1/ 4 読: 申命記 1章〜3章
選: 申命記 1章 30節〜32節
あなたがたに先立って行かれるあなたがたの神、主が、エジプトにおいて、あなたがたの目の前で、あなたがたのためにしてくださったそのとおりに、あなたがたのために戦われるのだ。
また、荒野では、あなたがたがこの所に来るまでの、全道中、人がその子を抱くように、あなたの神、主が、あなたを抱かれたのを見ているのだ。
このようなことによってもまだ、あなたがたはあなたがたの神、主を信じていない。
メモ: 信じない者にならないで、信じる者になりなさい。はい、わかりました。
2009/ 1/ 5 読: 申命記 4章〜6章
選: 申命記 4章 7節
まことに、私たちの神、主は、私たちが呼ばわるとき、いつも、近くにおられる。このような神を持つ偉大な国民が、どこにあるだろうか。
メモ: 私たちの神様は偉大です。ときどきそのことを忘れてしまう気がする。
2009/ 1/ 6 読: 申命記 7章〜9章
選: 申命記 8章 17節〜18節
あなたは心のうちで、「この私の力、私の手の力が、この富を築き上げたのだ。」と言わないように気をつけなさい。
あなたの神、主を心に据えなさい。主があなたに富を築き上げる力を与えられるのは、あなたの先祖たちに誓った契約を今日のとおりに果たされるためである。
メモ: 富を築き上げる力を与えるのは主である。あなたの神、主を心に据えなさい。
2009/ 1/ 7 読: 申命記 10章〜12章
選: 申命記 11章 13節〜15節
もし、私が、きょう、あなたがたに命じる命令に、あなたがたがよく聞き従って、あなたがたの神、主を愛し、心を尽くし、精神を尽くして仕えるなら、
「わたしは季節にしたがって、あなたがたの地に雨、先の雨と後の雨を与えよう。あなたは、あなたの穀物と新しいぶどう酒と油を集めよう。
また、わたしは、あなたの家畜のため野に草を与えよう。あなたは食べて満ち足りよう。」
メモ: 「みなさん、幸せでいてください。」という神様の願いを、強く感じる。
2009/ 1/ 8 読: 申命記 13章〜15章
選: 申命記 15章 9節〜10節
あなたは心に邪念をいだき、「第七年、免除の年が近づいた。」と言って、貧しい兄弟に物惜しみして、これに何も与えないことのないように気をつけなさい。その人があなたのことで主に訴えるなら、あなたは有罪となる。
必ず彼に与えなさい。また与えるとき、心に未練を持ってはならない。このことのために、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださる。
メモ: 「与えるとき、心に未練を持ってはならない。」行動においても同じと思う。
2009/ 1/ 9 読: 申命記 16章〜18章
選: 申命記 18章 13節
あなたは、あなたの神、主に対して全き者でなければならない。
メモ: 私には、聖霊様の助けもあることだし、その気になれば、十分可能でしょう。
2009/ 1/10 読: 申命記 19章〜21章
選: 申命記 20章 3節〜4節
彼らに言いなさい。「聞け。イスラエルよ。あなたがたは、きょう、敵と戦おうとしている。弱気になってはならない。恐れてはならない。うろたえてはならない。彼らのことでおじけてはならない。
共に行って、あなたがたのために、あなたがたの敵と戦い、勝利を得させてくださるのは、あなたがたの神、主である。」
メモ: 私たちの戦いは、悪に対する戦い。主である神様が勝利を得させてくださる。
2009/ 1/11 読: 申命記 22章〜24章
選: 申命記 23章 15節〜16節
主人のもとからあなたのところに逃げて来た奴隷を、その主人に引き渡してはならない。
あなたがたのうちに、あなたの町囲みのうちのどこでも彼の好むままに選んだ場所に、あなたとともに住まわせなければならない。彼をしいたげてはならない。
メモ: 助けを求めながら逃げて来たのだろう。神様は受け入れなさいと言っている。
2009/ 1/12 読: 申命記 25章〜27章
選: 申命記 25章 2節〜3節
もし、その悪い者が、むち打ちにすべき者なら、さばきつかさは彼を伏させ、自分の前で、その罪に応じて数を数え、むち打ちにしなければならない。
四十までは彼をむち打ってよいが、それ以上はいけない。それ以上多くむち打たれて、あなたの兄弟が、あなたの目の前で卑しめられないためである。
メモ: あなたの兄弟が、あなたの目の前で卑しめられないためである。
2009/ 1/13 読: 申命記 28章〜30章
選: 申命記 30章 19節〜20節
私は、きょう、あなたがたに対して天と地とを、証人に立てる。私は、いのちと死、祝福とのろいを、あなたの前に置く。あなたはいのちを選びなさい。あなたもあなたの子孫も生き、
あなたの神、主を愛し、御声に聞き従い、主にすがるためだ。確かに主はあなたのいのちであり、あなたは主が、あなたの先祖、アブラハム、イサク、ヤコブに与えると誓われた地で、長く生きて住む。
メモ: 「あなたはいのちを選びなさい。」選ぶのは、私であり、あなたです。
2009/ 1/14 読: 申命記 31章〜33章
選: 申命記 32章 6節〜7節
あなたがたはこのように主に恩を返すのか。愚かで知恵のない民よ。主はあなたを造った父ではないか。主はあなたを造り上げ、あなたを堅く建てるのではないか。
昔の日々を思い出し、代々の年を思え。あなたの父に問え。彼はあなたに告げ知らせよう。長老たちに問え。彼らはあなたに話してくれよう。
メモ: 我々は、時間とともに出来事や約束を忘れる。主は昔も今も変わらないかた。
2009/ 1/15 読: 申命記 34章、ヨシュア記 1章〜2章
選: ヨシュア記 2章 11節
私たちは、それを聞いたとき、あなたがたのために、心がしなえて、もうだれにも、勇気がなくなってしまいました。あなたがたの神、主は、上は天、下は地において神であられるからです。
メモ: 「あなたがたの神、主は、上は天、下は地において神であられるからです。」
2009/ 1/16 読: ヨシュア記 3章〜5章
選: ヨシュア記 5章 1節
ヨルダン川のこちら側、西のほうにいたエモリ人のすべての王たちと、海辺にいるカナン人のすべての王たちとは、主がイスラエル人の前でヨルダン川の水をからし、ついに彼らが渡って来たことを聞いて、イスラエル人のために彼らの心がしなえ、彼らのうちに、もはや勇気がなくなってしまった。
メモ: 神様の御わざにはだれも逆らえない。恐れあるのみ。この神様は僕の主です。
2009/ 1/17 読: ヨシュア記 6章〜8章
選: ヨシュア記 8章 34節〜35節
それから後、ヨシュアは律法の書にしるされているとおりに、祝福とのろいについての律法のことばを、ことごとく読み上げた。
モーセが命じたすべてのことばの中で、ヨシュアがイスラエルの全集会、および女と子どもたち、ならびに彼らの間に来る在留異国人の前で読み上げなかったことばは、一つもなかった。
メモ: どんな成功者であっても、神様に与えられたことばに手を加えてはならない。
2009/ 1/18 読: ヨシュア記 9章〜11章
選: ヨシュア記 10章 12節〜14節
主がエモリ人をイスラエル人の前に渡したその日、ヨシュアは主に語り、イスラエルの見ている前で言った。「日よ。ギブオンの上で動くな。月よ。アヤロンの谷で。」
民がその敵に復讐するまで、日は動かず、月はとどまった。これは、ヤシャルの書にしるされているではないか。こうして、日は天のまなかにとどまって、まる一日ほど出て来ることを急がなかった。
主が人の声を聞き入れたこのような日は、先にもあとにもなかった。主がイスラエルのために戦ったからである。
メモ: 簡単に数行で書いてあることだけど、想像を絶する奇跡だ。
2009/ 1/19 読: ヨシュア記 12章〜14章
選: ヨシュア記 14章 7節〜8節
主のしもべモーセがこの地を偵察するために、私をカデシュ・バルネアから遣わしたとき、私は四十歳でした。そのとき、私は自分の心の中にあるとおりを彼に報告しました。
私といっしょに上って行った私の身内の者たちは、民の心をくじいたのですが、私は私の神、主に従い通しました。
メモ: 身内の者たちが何と言おうと、私は私の神、主に従い通しました。
2009/ 1/20 読: ヨシュア記 15章〜17章
選: ヨシュア記 17章 16節〜18節
ヨセフ族は答えた。「山地は私どもには十分ではありません。それに、谷間の地に住んでいるカナン人も、ベテ・シェアンとそれに属する村落にいる者も、イズレエルの谷にいる者もみな、鉄の戦車を持っています。」
するとヨシュアは、ヨセフ家の者、エフライムとマナセにこう言った。「あなたは数の多い民で、大きな力を持っている。あなたは、ただ一つのくじによる割り当て地だけを持っていてはならない。
山地もあなたのものとしなければならない。それが森であっても、切り開いて、その終わる所まで、あなたのものとしなければならない。カナン人は鉄の戦車を持っていて、強いのだから、あなたは彼らを追い払わなければならないのだ。」
メモ: 主の約束がある。相手が強いか、すごい武器を持っているかは問題ではない。
2009/ 1/21 読: ヨシュア記 18章〜20章
選: ヨシュア記 18章 7節
しかしレビ人には、あなたがたの中で割り当て地がない。主の祭司として仕えることが、その相続地だからである。また、ガドと、ルベンと、マナセの半部族とは、ヨルダン川の向こう側、東のほうで、すでに彼らの相続地を受けている。それは、主のしもべモーセが、彼らに与えたものである。」
メモ: 主に仕えるために一つの部族が選ばれている。主に仕えることは重要なこと。
2009/ 1/22 読: ヨシュア記 21章〜23章
選: ヨシュア記 22章 5節
ただ主のしもべモーセが、あなたがたに命じた命令と律法をよく守り行ない、あなたがたの神、主を愛し、そのすべての道に歩み、その命令を守って、主にすがり、心を尽くし、精神を尽くして、主に仕えなさい。」
メモ: 大人が「すがる」なんてどうかと思う。しかし、主に「すがる」のだ。
2009/ 1/23 読: ヨシュア記 24章、士師記 1章〜2章
選: ヨシュア記 24章 6節〜7節
わたしが、あなたがたの先祖たちをエジプトから連れ出し、あなたがたが海に来たとき、エジプト人は、戦車と騎兵とをもってあなたがたの先祖たちのあとを追い、葦の海まで来た。
あなたがたが主に叫び求めたので、主はあなたがたとエジプト人との間に暗やみを置き、海に彼らを襲いかからせ、彼らをおおわれた。あなたがたは、わたしがエジプトで行なったことをその目で見てから、長い間、荒野に住んだ。
メモ: 神様は、人に頼まれなくても計画を実行できるが、ここでは人を立てている。
2009/ 1/24 読: 士師記 3章〜5章
選: 士師記 3章 1節〜2節
カナンでの戦いを少しも知らないすべてのイスラエルを試みるために、主が残しておかれた国民は次のとおり。
・・これはただイスラエルの次の世代の者、これまで戦いを知らない者たちに、戦いを教え、知らせるためである。・・
メモ: 神様を頼る生活を送るために、戦いは常に必要だと思う。祈る人になるから。
2009/ 1/25 読: 士師記 6章〜8章
選: 士師記 6章 12節〜13節
主の使いが彼に現われて言った。「勇士よ。主があなたといっしょにおられる。」
ギデオンはその御使いに言った。「ああ、主よ。もし主が私たちといっしょにおられるなら、なぜこれらのことがみな、私たちに起こったのでしょうか。私たちの先祖たちが、『主は私たちをエジプトから上らせたではないか。』と言って、私たちに話したあの驚くべきみわざはみな、どこにありますか。今、主は私たちを捨てて、ミデヤン人の手に渡されました。」
メモ: この「勇士」の心は、素直だった。
2009/ 1/26 読: 士師記 9章〜11章
選: 士師記 11章 29節
主の霊がエフタの上に下ったとき、彼はギルアデとマナセを通り、ついで、ギルアデのミツパを通って、ギルアデのミツパからアモン人のところへ進んで行った。
メモ: 「主の霊がエフタの上に下ったとき」。全てのことに、神の定めた時がある。
2009/ 1/27 読: 士師記 12章〜14章
選: 士師記 13章 3節〜5節
主の使いがその女に現われて、彼女に言った。「見よ。あなたは不妊の女で、子どもを産まなかったが、あなたはみごもり、男の子を産む。
今、気をつけなさい。ぶどう酒や強い酒を飲んではならない。汚れた物をいっさい食べてはならない。
見よ。あなたはみごもっていて、男の子を産もうとしている。その子の頭にかみそりを当ててはならない。その子は胎内にいるときから神へのナジル人であるからだ。彼はイスラエルをペリシテ人の手から救い始める。」
メモ: おなかにいる子供に悪影響をあたえないために、禁じられた食べ物や飲物か。
2009/ 1/28 読: 士師記 15章〜17章
選: 士師記 16章 15節〜17節
そこで、彼女はサムソンに言った。「あなたの心は私を離れているのに、どうして、あなたは『おまえを愛する。』と言えるのでしょう。あなたはこれで三回も私をだまして、あなたの強い力がどこにあるのかを教えてくださいませんでした。」
こうして、毎日彼女が同じことを言って、しきりにせがみ、責め立てたので、彼は死ぬほどつらかった。
それで、ついにサムソンは、自分の心をみな彼女に明かして言った。「私の頭には、かみそりが当てられたことがない。私は母の胎内にいるときから、神へのナジル人だからだ。もし私の髪の毛がそり落とされたら、私の力は私から去り、私は弱くなり、普通の人のようになろう。」
メモ: 力ある男も、女性の滑らかな言葉には弱いようだな。気をつけなくちゃだね。
2009/ 1/29 読: 士師記 18章〜20章
選: 士師記 20章 3節
・・ベニヤミン族は、イスラエル人がミツパに上って来たことを聞いた。・・イスラエル人は、「こんな悪い事がどうして起こったのか、話してください。」と言った。
メモ: 問題を一人で解決できない場合は、黙り込まないで、助け人と相談も必要だ。
2009/ 1/30 読: 士師記 21章、ルツ記 1章〜2章
選: ルツ記 2章 11節〜12節
ボアズは答えて言った。「あなたの夫がなくなってから、あなたがしゅうとめにしたこと、それにあなたの父母や生まれた国を離れて、これまで知らなかった民のところに来たことについて、私はすっかり話を聞いています。
主があなたのしたことに報いてくださるように。また、あなたがその翼の下に避け所を求めて来たイスラエルの神、主から、豊かな報いがあるように。」
メモ: 「また、あなたがその翼の下に避け所を求めて来た神」心暖まることばだね。
2009/ 1/31 読: ルツ記 3章〜4章、サムエル記 第T 1章
選: ルツ記 4章 14節〜15節
女たちはナオミに言った。「イスラエルで、その名が伝えられるよう、きょう、買い戻す者をあなたに与えて、あなたの跡を絶やさなかった主が、ほめたたえられますように。
その子は、あなたを元気づけ、あなたの老後をみとるでしょう。あなたを愛し、七人の息子にもまさるあなたの嫁が、その子を産んだのですから。」
メモ: 女性たちの口から最初に出たことばは、主を「ほめたたえる」ことばだった。
前Page