前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2009年 2月)

2009/ 2/ 1 読: サムエル記 第T 2章〜4章
選: サムエル記 第T 3章 10節
そのうちに主が来られ、そばに立って、これまでと同じように、「サムエル。サムエル。」と呼ばれた。サムエルは、「お話しください。しもべは聞いております。」と申し上げた。
メモ: 先ずは聖書を読んで、神様の語ろうとしていることに耳を傾けることが重要。
2009/ 2/ 2 読: サムエル記 第T 5章〜7章
選: サムエル記 第T 6章 7節〜9節
それで今、一台の新しい車を仕立て、くびきをつけたことのない、乳を飲ませている二頭の雌牛を取り、その雌牛を車につなぎ、子牛は引き離して牛小屋に戻しなさい。
また主の箱を取ってその車に載せなさい。罪過のためのいけにえとして返す金の品物を鞍袋に入れ、そのかたわらに置き、それを行くがままにさせなければならない。
あなたがたは、箱がその国への道をベテ・シェメシュに上って行けば、私たちにこの大きなわざわいを起こしたのは、あの箱だと思わなければならない。もし、行かなければ、その手は私たちを打たず、それは私たちに偶然起こったことだと知ろう。」
メモ: 車を引いた経験のない牛を使うことで、真実を知ろうとした彼らは素直だな。
2009/ 2/ 3 読: サムエル記 第T 8章〜10章
選: サムエル記 第T 8章 3節
この息子たちは父の道に歩まず、利得を追い求め、わいろを取り、さばきを曲げていた。
メモ: きっかけは、親への反発かもしれない。しかし、さばきを曲げることは罪だ。
2009/ 2/ 4 読: サムエル記 第T 11章〜13章
選: サムエル記 第T 12章 21節〜22節
役にも立たず、救い出すこともできないむなしいものに従って、わきへそれてはならない。それはむなしいものだ。
まことに主は、ご自分の偉大な御名のために、ご自分の民を捨て去らない。主はあえて、あなたがたをご自分の民とされるからだ。
メモ: 「主はあえて、あなたがたを自分の民とされる。」嬉しいことばではないか。
2009/ 2/ 5 読: サムエル記 第T 14章〜16章
選: サムエル記 第T 16章 17節〜18節
そこでサウルは家来たちに言った。「どうか、私のためにじょうずなひき手を見つけて、私のところに連れて来てくれ。」
すると、若者のひとりが答えて言った。「おります。私はベツレヘム人エッサイの息子を見たことがあります。琴がじょうずで勇士であり、戦士です。ことばには分別があり、体格も良い人です。主がこの人とともにおられます。」
メモ: 家来は、何を見て「主がこの人とともにおられます。」と言えたのだろうか。
2009/ 2/ 6 読: サムエル記 第T 17章〜19章
選: サムエル記 第T 18章 12節
サウルはダビデを恐れた。主はダビデとともにおられ、サウルのところから去られたからである。
メモ: 主がダビデとともにおられたことを、他の人はどのように分かったのだろう。
2009/ 2/ 7 読: サムエル記 第T 20章〜22章
選: サムエル記 第T 22章 13節〜16節
サウルは彼に言った。「おまえとエッサイの子は、なぜ私に謀反を企てるのか。おまえは彼にパンと剣を与え、彼がきょうあるように、私に、はむかうために彼のために神に伺ったりしている。」
アヒメレクは王に答えて言った。「あなたの家来のうち、ダビデほど忠実な者が、ほかにだれかいるでしょうか。ダビデは王の婿であり、あなたの護衛の長であり、あなたの家では尊敬されているではありませんか。
私が彼のために神に伺うのは、きょうに始まったことでしょうか。決して、決して。王さま。私や、私の父の家の者全部に汚名を着せないでください。しもべは、この事件については、いっさい知らないのですから。」
しかし王は言った。「アヒメレク。おまえは必ず死ななければならない。おまえも、おまえの父の家の者全部もだ。」
メモ: エゴゆえに理性を失っての気違い的な判断を下す人は多いのでは。神愛必要。
2009/ 2/ 8 読: サムエル記 第T 23章〜25章
選: サムエル記 第T 25章 30節〜33節
主が、あなたについて約束されたすべての良いことを、ご主人さまに成し遂げ、あなたをイスラエルの君主に任じられたとき、
むだに血を流したり、ご主人さま自身で復讐されたりしたことが、あなたのつまずきとなり、ご主人さまの心の妨げとなりませんように。主がご主人さまをしあわせにされたなら、このはしためを思い出してください。」
ダビデはアビガイルに言った。「きょう、あなたを私に会わせるために送ってくださったイスラエルの神、主がほめたたえられますように。
あなたの判断が、ほめたたえられるように。また、きょう、私が血を流す罪を犯し、私自身の手で復讐しようとしたのをやめさせたあなたに、誉れがあるように。
メモ: 復讐についてのいい教訓がここに。主に任せることが一生の幸せにつながる。
2009/ 2/ 9 読: サムエル記 第T 26章〜28章
選: サムエル記 第T 26章 9節〜11節
しかしダビデはアビシャイに言った。「殺してはならない。主に油そそがれた方に手を下して、だれが無罪でおられよう。」
ダビデは言った。「主は生きておられる。主は、必ず彼を打たれる。彼はその生涯の終わりに死ぬか、戦いに下ったときに滅ぼされるかだ。
私が、主に油そそがれた方に手を下すなど、主の前に絶対にできないことだ。さあ、今は、あの枕もとにある槍と水差しとを取って行くことにしよう。」
メモ: 主に油そそがれた人は今もたくさんいる。ことばで殺そうとしていないかい。
2009/ 2/10 読: サムエル記 第T 29章〜31章
選: サムエル記 第T 30章 23節〜24節
ダビデは言った。「兄弟たちよ。主が私たちに賜わった物を、そのようにしてはならない。主が私たちを守り、私たちを襲った略奪隊を私たちの手に渡されたのだ。
だれが、このことについて、あなたがたの言うことを聞くだろうか。戦いに下って行った者への分け前も、荷物のそばにとどまっていた者への分け前も同じだ。共に同じく分け合わなければならない。」
メモ: 主が守って下さったのに、自分たちの力でやったと思い上がってはいけない。
2009/ 2/11 読: サムエル記 第U 1章〜3章
選: サムエル記 第U 3章 35節〜37節
民はみな、まだ日のあるうちにダビデに食事をとらせようとしてやって来たが、ダビデは誓って言った。「もし私が、日の沈む前にパンでも、ほかの何物でも味わったなら、神がこの私を幾重にも罰せられますように。」
民はみな、それを認めて、それでよいと思った。王のしたことはすべて、民を満足させた。
それで民はみな、すなわち、全イスラエルは、その日、ネルの子アブネルを殺したのは、王から出たことではないことを知った。
メモ: ダビデの謙遜さに満ちた行動が誤解を防いだ。リーダー達に必要な心構え。
2009/ 2/12 読: サムエル記 第U 4章〜6章
選: サムエル記 第U 5章 10節
ダビデはますます大いなる者となり、万軍の神、主が彼とともにおられた。
メモ: 万軍の神、主が彼とともにおられた。さり気なく書いてあるが、過激的な事。
2009/ 2/13 読: サムエル記 第U 7章〜9章
選: サムエル記 第U 7章 14節
わたしは彼にとって父となり、彼はわたしにとって子となる。もし彼が罪を犯すときは、わたしは人の杖、人の子のむちをもって彼を懲らしめる。
メモ: 神様は、罪を犯した人を悔い改めに導くために、他の人を使うようだね。
2009/ 2/14 読: サムエル記 第U 10章〜12章
選: サムエル記 第U 12章 20節
するとダビデは地から起き上がり、からだを洗って身に油を塗り、着物を着替えて、主の宮にはいり、礼拝をしてから、自分の家へ帰った。そして食事の用意をさせて、食事をとった。
メモ: 何かが終わったとき、何かを始めるとき、先ず「主を礼拝」してから。
2009/ 2/15 読: サムエル記 第U 13章〜15章
選: サムエル記 第U 14章 18節〜21節
すると、王はこの女に答えて言った。「私が尋ねることを、私に隠さず言ってくれ。」女は言った。「王さま。どうぞおっしゃってください。」
王は言った。「これは全部、ヨアブの指図によるのであろう。」女は答えて言った。「王さま。あなたのたましいは生きておられます。王さまが言われることから、だれも右にも左にもそれることはできません。確かにあなたの家来ヨアブが私に命じ、あの方がこのはしための口に、これらすべてのことばを授けたのです。
あなたの家来ヨアブは、事の成り行きを変えるために、このことをしたのです。あなたさまは、神の使いの知恵のような知恵があり、この地上のすべての事をご存じですから。」
それで、王はヨアブに言った。「よろしい。その願いを聞き入れた。行って、若者アブシャロムを連れ戻しなさい。」
メモ: 上の人の過ちを正すために、私たちが用いられることもあるかもしれない。
2009/ 2/16 読: サムエル記 第U 16章〜18章
選: サムエル記 第U 16章 11節〜12節
ダビデはアビシャイと彼のすべての家来たちに言った。「見よ。私の身から出た私の子さえ、私のいのちをねらっている。今、このベニヤミン人としては、なおさらのことだ。ほうっておきなさい。彼にのろわせなさい。主が彼に命じられたのだから。
たぶん、主は私の心をご覧になり、主は、きょうの彼ののろいに代えて、私にしあわせを報いてくださるだろう。」
メモ: 「主は私の心をご覧になり、私にしあわせを報いてくださるだろう。」同思。
2009/ 2/17 読: サムエル記 第U 19章〜21章
選: サムエル記 第U 19章 18節 (前半)
そして彼は、王の家族を渡らせるために渡しを渡って行き、王が喜ぶことをした。
メモ: 人が喜ぶことをしましょう。人を喜ばせましょう。人に喜びを与えましょう。
2009/ 2/18 読: サムエル記 第U 22章〜24章
選: サムエル記 第U 23章 2節〜5節
「主の霊は、私を通して語り、そのことばは、私の舌の上にある。
イスラエルの神は仰せられた。イスラエルの岩は私に語られた。『義をもって人を治める者、神を恐れて治める者は、
太陽の上る朝の光、雲一つない朝の光のようだ。雨の後に、地の若草を照らすようだ。』
まことにわが家は、このように神とともにある。とこしえの契約が私に立てられているからだ。このすべては備えられ、また守られる。まことに神は、私の救いと願いとを、すべて、育て上げてくださる。
メモ: ダビデは神様にしっかり結び付いていたので、このように言えたのだろうね。
2009/ 2/19 読: 列王記 第T 1章〜3章
選: 列王記 第T 2章 3節
あなたの神、主の戒めを守り、モーセの律法に書かれているとおりに、主のおきてと、命令と、定めと、さとしとを守って主の道を歩まなければならない。あなたが何をしても、どこへ行っても、栄えるためである。
メモ: 主は、私たちが栄えることを望んでいる。そのために主の望む生活を送ろう。
2009/ 2/20 読: 列王記 第T 4章〜6章
選: 列王記 第T 6章 11節〜13節
そのとき、ソロモンに次のような主のことばがあった。
「あなたが建てているこの神殿については、もし、あなたがわたしのおきてに歩み、わたしの定めを行ない、わたしのすべての命令を守り、これによって歩むなら、わたしがあなたの父ダビデにあなたについて約束したことを成就しよう。
わたしはイスラエルの子らのただ中に住み、わたしの民イスラエルを捨てることはしない。」
メモ: 神様の望む生活をすれば、神様が私たちとともにいる事をもっと実感できる。
2009/ 2/21 読: 列王記 第T 7章〜9章
選: 列王記 第T 9章 3節〜5節
主は彼に仰せられた。「あなたがわたしの前で願った祈りと願いをわたしは聞いた。わたしは、あなたがわたしの名をとこしえまでもここに置くために建てたこの宮を聖別した。わたしの目とわたしの心は、いつもそこにある。
あなたが、あなたの父ダビデが歩んだように、全き心と正しさをもって、わたしの前に歩み、わたしがあなたに命じたことをすべてそのまま実行し、わたしのおきてと定めとを守るなら、
わたしが、あなたの父ダビデに、『あなたには、イスラエルの王座から人が断たれない。』と言って約束したとおり、あなたの王国の王座をイスラエルの上に永遠に確立しよう。
メモ: 神様に喜ばれる生活をしましょう。それ以上の幸せはありません。神喜幸生。
2009/ 2/22 読: 列王記 第T 10章〜12章
選: 列王記 第T 12章 26節〜28節
ヤロブアムは心に思った。「今のままなら、この王国はダビデの家に戻るだろう。
この民が、エルサレムにある主の宮でいけにえをささげるために上って行くことになっていれば、この民の心は、彼らの主君、ユダの王レハブアムに再び帰り、私を殺し、ユダの王レハブアムのもとに帰るだろう。」
そこで、王は相談して、金の子牛を二つ造り、彼らに言った。「もう、エルサレムに上る必要はない。イスラエルよ。ここに、あなたをエジプトから連れ上ったあなたの神々がおられる。」
メモ: 恐れは大きな過ちを犯すきっかけにもなる。神様に対する絶対的信頼が必要。
2009/ 2/23 読: 列王記 第T 13章〜15章
選: 列王記 第T 14章 12節〜13節
さあ、家へ帰りなさい。あなたの足が町にはいるとき、あの子は死にます。
イスラエルのすべてがその子のためにいたみ悲しんで葬りましょう。ヤロブアムの家の者で、墓に葬られるのは、彼だけでしょう。ヤロブアムの家で、彼は、イスラエルの神、主の御心にかなっていたからです。
メモ: 主の御心にかなっている人も病気で死ぬ。この場合、彼は大虐殺から免れた。
2009/ 2/24 読: 列王記 第T 16章〜18章
選: 列王記 第T 18章 1節
それから、かなりたって、三年目に、次のような主のことばがエリヤにあった。「アハブに会いに行け。わたしはこの地に雨を降らせよう。」
メモ: 天気を支配するのは、神様です。どんな天気をも感謝しよう。
2009/ 2/25 読: 列王記 第T 19章〜21章
選: 列王記 第T 21章 17節〜19節
そのとき、ティシュベ人エリヤに次のような主のことばがあった。
「さあ、サマリヤにいるイスラエルの王アハブに会いに下って行け。今、彼はナボテのぶどう畑を取り上げようと、そこに下って来ている。
彼にこう言え。『主はこう仰せられる。あなたはよくも人殺しをして、取り上げたものだ。』また、彼に言え。『主はこう仰せられる。犬どもがナボテの血をなめたその場所で、その犬どもがまた、あなたの血をなめる。』」
メモ: 主は、頼まなくも、人々の行いを見ている。僕もいつも見られているのだな。
2009/ 2/26 読: 列王記 第T 22章、列王記 第U 1章〜2章
選: 列王記 第U 2章 3節
すると、ベテルの預言者のともがらがエリシャのところに出て来て、彼に言った。「きょう、主があなたの主人をあなたから取り上げられることを知っていますか。」エリシャは、「私も知っているが、黙っていてください。」と答えた。
メモ: この預言者の集団って、どんな人たちだったのだろう。今後注目してみよう。
2009/ 2/27 読: 列王記 第U 3章〜5章
選: 列王記 第U 2章 11節〜12節
ヨシャパテは言った。「ここには主のみこころを求めることのできる主の預言者はいないのですか。」すると、イスラエルの王の家来のひとりが答えて言った。「ここには、シャファテの子エリシャがいます。エリヤの手に水を注いだ者です。」
ヨシャパテが、「主のことばは彼とともにある。」と言ったので、イスラエルの王と、ヨシャパテと、エドムの王とは彼のところに下って行った。
メモ: 今の時代、先ずは聖書を読んで、神様のみこころを求めましょう。
2009/ 2/28 読: 列王記 第U 6章〜8章
選: 列王記 第U 7章 1節〜2節
エリシャは言った。「主のことばを聞きなさい。主はこう仰せられる。『あすの今ごろ、サマリヤの門で、上等の小麦粉一セアが一シェケルで、大麦二セアが一シェケルで売られるようになる。』」
しかし、侍従で、王がその腕に寄りかかっていた者が、神の人に答えて言った。「たとい、主が天に窓を作られるにしても、そんなことがあるだろうか。」そこで、彼は言った。「確かに、あなたは自分の目でそれを見るが、それを食べることはできない。」
メモ: 主が介入すれば、あり得ない事がおきる。今日もそれはかわらない。
前Page