前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2009年 3月)

2009/ 3/ 1 読: 列王記 第U 9章〜11章
選: 列王記 第U 10章 18節〜19節
エフーは民全部を集めて、彼らに言った。「アハブは少ししかバアルに仕えなかったが、エフーは大いに仕えるつもりだ。
だから今、バアルの預言者や、その信者、および、その祭司たちをみな、私のところに呼び寄せよ。ひとりでも欠けてはならない。私は大いなるいけにえをバアルにささげるつもりである。列席しない者は、だれでも生かしてはおかない。」これは、エフーがバアルの信者たちを滅ぼすために、悪巧みを計ったのである。
メモ: 自分の中にも、神様への愛と信頼を妨げることがらがあってはいけないのだ。
2009/ 3/ 2 読: 列王記 第U 12章〜14章
選: 列王記 第U 13章 22節〜23節
アラムの王ハザエルは、エホアハズの生きている間中、イスラエル人をしいたげたが、
主は、アブラハム、イサク、ヤコブとの契約のために、彼らを恵み、あわれみ、顧みて、彼らを滅ぼし尽くすことは望まず、今日まで彼らから御顔をそむけられなかった。
メモ: 神様の愛ゆえに、私たちも滅ぼされないで、今日を生きているのではないか。
2009/ 3/ 3 読: 列王記 第U 15章〜17章
選: 列王記 第U 17章 12節〜15節
主が彼らに、「このようなことをしてはならない。」と命じておられたのに、彼らは偶像に仕えたのである。
主はすべての預言者とすべての先見者を通して、イスラエルとユダとに次のように警告して仰せられた。「あなたがたは悪の道から立ち返れ。わたしがあなたがたの先祖たちに命じ、また、わたしのしもべである預言者たちを通して、あなたがたに伝えた律法全体に従って、わたしの命令とおきてとを守れ。」
しかし、彼らはこれを聞き入れず、彼らの神、主を信じなかった彼らの先祖たちよりも、うなじのこわい者となった。
彼らは主のおきてと、彼らの先祖たちと結ばれた主の契約と、彼らに与えられた主の警告とをさげすみ、むなしいものに従って歩んだので、自分たちもむなしいものとなり、主が、ならってはならないと命じられた周囲の異邦人にならって歩んだ。
メモ: 人は何故むなしい存在になり得るのかが、ここに書かれているではないか。
2009/ 3/ 4 読: 列王記 第U 18章〜20章
選: 列王記 第U 19章 17節〜19節
主よ。アッシリヤの王たちが、国々と、その国土とを廃墟としたのは事実です。
彼らはその神々を火に投げ込みました。それらは神ではなく、人の手の細工、木や石にすぎなかったので、滅ぼすことができたのです。
私たちの神、主よ。どうか今、私たちを彼の手から救ってください。そうすれば、地のすべての王国は、主よ、あなただけが神であることを知りましょう。」
メモ: そして、彼は救われた。ほんとうの神様により頼んだから。僕もそうするよ。
2009/ 3/ 5 読: 列王記 第U 21章〜23章
選: 列王記 第U 22章 18節〜20節
主のみこころを求めるために、あなたがたを遣わしたユダの王には、こう言わなければなりません。『あなたが聞いたことばについて、イスラエルの神、主は、こう仰せられます。
あなたが、この場所とその住民について、これは恐怖となり、のろいとなると、わたしが言ったのを聞いたとき、あなたは心を痛め、主の前にへりくだり、自分の衣を裂き、わたしの前で泣いたので、わたしもまた、あなたの願いを聞き入れる。・・主の御告げです・・
それゆえ、見よ、わたしは、あなたを先祖たちのもとに集めよう。あなたは安らかに自分の墓に集められる。それで、あなたは自分の目で、わたしがこの場所にもたらすすべてのわざわいを見ることがない。』」彼らはそれを王に報告した。
メモ: この王は書物の内容を真剣に受け止めた。聖書を真剣に受け止め行動しよう。
2009/ 3/ 6 読: 列王記 第U 24章〜25章、歴代誌 第T 1章
選: 列王記 第U 24章 2節〜4節
そこで主は、カルデヤ人の略奪隊、アラムの略奪隊、モアブの略奪隊、アモン人の略奪隊を遣わしてエホヤキムを攻められた。ユダを攻めて、これを滅ぼすために彼らを遣わされた。主がそのしもべである預言者たちによって告げられたことばのとおりであった。
ユダを主の前から除くということは、実に主の命令によることであって、それは、マナセが犯したすべての罪のためであり、
また、マナセが流した罪のない者の血のためであった。マナセはエルサレムを罪のない者の血で満たした。そのため主はその罪を赦そうとはされなかった。
メモ: ついにユダは主の前から除かれた。しかし、上に立つ人の責任は重大だな。
2009/ 3/ 7 読: 歴代誌 第T 2章〜4章
選: 歴代誌 第T 2章 13節〜16節
エッサイは、長子エリアブ、次男アビナダブ、三男シムア、
四男ネタヌエル、五男ラダイ、
六男オツェム、七男ダビデを生んだ。
彼らの姉妹はツェルヤとアビガイルであり、ツェルヤの子は、アブシャイ、ヨアブ、アサエルの三人であった。
メモ: ダビデの部下ヨアブは、ダビデの甥だったんだ。系図を読んでの新たな認識。
2009/ 3/ 8 読: 歴代誌 第T 5章〜7章
選: 歴代誌 第T 5章 18節〜20節
ルベン族、ガド人、マナセの半部族で、盾と剣を取り、弓を引き、戦いの訓練を受けた勇者たちのうち、従軍する者は、四万四千七百六十人であった。
ここに、彼らはハガル人およびエトル、ナフィシュ、ノダブと戦いを交えたが、
助けを得てこれらに当たった。それで、ハガル人およびこれとともにいた者はみな彼らの手に渡された。それは、彼らがその戦いのときに、神に呼ばわったからである。彼らが神に拠り頼んだので、神は彼らの願いを聞き入れられた。
メモ: 神様により頼んだので、神様は彼らの願いを聞き入れられた。二心はだめだ。
2009/ 3/ 9 読: 歴代誌 第T 8章〜10章
選: 歴代誌 第T 10章 13節〜14節
このように、サウルは主に逆らったみずからの不信の罪のために死んだ。主のことばを守らず、そのうえ、霊媒によって伺いを立て、
主に尋ねなかった。それで、主は彼を殺し、王位をエッサイの子ダビデに回された。
メモ: サウルの行動に対しての厳しい結末。人事ではなく、教訓として受け止める。
2009/ 3/10 読: 歴代誌 第T 11章〜13章
選: 歴代誌 第T 12章 8節、12章 14節
また、ガド人から離れて、荒野の要害をさしてダビデのもとに来た人々は、勇士であって戦いのために従軍している人であり、大盾と槍の備えのある者であった。彼らの顔は獅子の顔で、早く走ることは、山のかもしかのようであった。
これらはガド族から出た軍のかしらたちで、その最も小さい者もひとりが百人に匹敵し、最も大いなる者は千人に匹敵した。
メモ: 神様がダビデとともにいたから、ダビデはこの人達の長になれたのだと思う。
2009/ 3/11 読: 歴代誌 第T 14章〜16章
選: 歴代誌 第T 16章 9節〜12節
主に歌え。主にほめ歌を歌え。そのすべての奇しいみわざに思いを潜めよ。
主の聖なる名を誇りとせよ。主を慕い求める者の心を喜ばせよ。
主とその御力を尋ね求めよ。絶えず御顔を慕い求めよ。
主が行なわれた奇しいみわざを思い起こせ。その奇蹟と御口のさばきとを。
メモ: 命令のようだけれども、私たちの幸せのため。この方こそ、私たちの神、主。
2009/ 3/12 読: 歴代誌 第T 17章〜19章
選: 歴代誌 第T 18章 14節
ダビデはイスラエルの全部を治め、その民のすべての者に正しいさばきを行なった。
メモ: ダビデの基準は神様のことばだった。だからこそ正しい判決を下したと思う。
2009/ 3/13 読: 歴代誌 第T 20章〜22章
選: 歴代誌 第T 21章 13節
ダビデはガドに言った。「それは私には非常につらいことです。私を主の手に陥らせてください。主のあわれみは深いからです。人の手には陥りたくありません。」
メモ: 「神には哀れみがあるが、彼に哀れみはない。」映画のセリフでも聞いたな。
2009/ 3/14 読: 歴代誌 第T 23章〜25章
選: 歴代誌 第T 23章 4節〜7節
「そのうち、主の宮の仕事を指揮する者は二万四千、つかさとさばきつかさは六千、
そして、四千人は門衛となり、四千人は私が賛美するために作った楽器を手にして、主を賛美する者となりなさい。」
そして、ダビデは彼らを組に分けた。レビ族を、ゲルション、ケハテ、メラリに分け、
ゲルション人をラダンとシムイに分けた。
メモ: 「主を讃美する者となりなさい。」ダビデの重要課題を我々はどう受け取る。
2009/ 3/15 読: 歴代誌 第T 26章〜28章
選: 歴代誌 第T 28章 18節〜20節
精金の香の壇についてはその目方、主の契約の箱の上で翼を伸べ、防ぎ守っているケルビムの車のひな型の金のことが示されていた。
「これらすべては、私に与えられた主の手による書き物にある。彼は、この仕様書のすべての仕事を賢く行なう。」
それから、ダビデはその子ソロモンに言った。「強く、雄々しく、事を成し遂げなさい。恐れてはならない。おののいてはならない。神である主、私の神が、あなたとともにおられるのだから・・。主は、あなたを見放さず、あなたを見捨てず、主の宮の奉仕のすべての仕事を完成させてくださる。
メモ: 宮の中の様々の器具までも「主の手による」だった。宮である自分はどうか。
2009/ 3/16 読: 歴代誌 第T 29章、歴代誌 第U 1章〜2章
選: 歴代誌 第T 29章 2節〜3節
私は全力を尽くして、私の神の宮のために用意をした。すなわち、金製品のための金、銀製品のための銀、青銅製品のための青銅、鉄製品のための鉄、木製品のための木、しまめのう、色とりどりのモルタルの石の象眼細工、あらゆる宝石、大理石をおびただしく用意した。
そのうえ、私は、私の神の宮を喜ぶあまり、聖なる宮のために私が用意したすべてのものに加えて、私の宝としていた金銀を、私の神の宮のためにささげた。
メモ: 「私は、私の神の宮を喜ぶあまり・・・」ダビデのような気持ちになりたいな。
2009/ 3/17 読: 歴代誌 第U 3章〜5章
選: 歴代誌 第U 4章 19節〜21節
ついで、ソロモンは神の宮にあるすべての用具を作った。すなわち、金の祭壇と供えのパンを載せる机、
内堂の前で火をともすための燭台と、その上のともしび皿を規格どおりに純金で作った。
さらに、金の花模様、ともしび皿、心切りばさみ。この金は混じりけのない純金であった。
メモ: 混じりけのない、純粋な神様の道具でありたいと思わないかい。
2009/ 3/18 読: 歴代誌 第U 6章〜8章
選: 歴代誌 第U 8章 12節〜13節
それから、ソロモンは、彼が玄関の前に建てた主の祭壇の上に、主のために全焼のいけにえをささげた。
すなわち、モーセの命令どおりに、毎日の日課により、これをささげ、安息日ごとに、新月の祭りごとに、年三回の例祭、すなわち、種を入れないパンの祭り、七週の祭り、仮庵の祭りごとに、これをささげた。
メモ: モーセの命令は、神様からの命令。もう少し命令を重要視してもよいのでは。
2009/ 3/19 読: 歴代誌 第U 9章〜11章
選: 歴代誌 第U 11章 13節〜15節
イスラエル全土の祭司たち、レビ人たちは、あらゆる地域から出て来て、彼の側についた。
実は、レビ人は自分たちの放牧地と所有地を捨てて、ユダとエルサレムに来たのである。ヤロブアムとその子らが、主の祭司としての彼らの職を解き、
自分のために祭司たちを任命して、彼が造った高き所と雄やぎと子牛に仕えさせたからである。
メモ: 祭司やレビ人たちは、住む場所を変えてまで、神に仕えることを重要視した。
2009/ 3/20 読: 歴代誌 第U 12章〜14章
選: 歴代誌 第U 14章 4節〜7節
それから、ユダに命じて、彼らの父祖の神、主を求めさせ、その律法と命令を行なわせた。
さらに、彼はユダのすべての町々から高き所と香の台を取り除いた。こうして、王国は彼の前に平安を保った。
彼はユダに防備の町々を築いた。当時数年の間、その地は平安を保ち、主が彼に安息を与えられたので、彼に戦いをいどむ者はなかったからである。
彼はユダに向かってこう言った。「さあ、これらの町々を建てようではないか。そして、その回りに城壁とやぐらと門とかんぬきを設けよう。この地はなおも私たちの前にある。私たちが私たちの神、主を求めたからである。私たちが求めたところ、神は、周囲の者から守って私たちに安息を下さった。」こうして、彼らは建設し、繁栄した。
メモ: 私たちにも安息は必要。主が私たちに心底からの安息を与えられますように。
2009/ 3/21 読: 歴代誌 第U 15章〜17章
選: 歴代誌 第U 16章 7節〜9節
そのとき、予見者ハナニがユダの王アサのもとに来て、彼に言った。「あなたはアラムの王に拠り頼み、あなたの神、主に拠り頼みませんでした。それゆえ、アラム王の軍勢はあなたの手からのがれ出たのです。
あのクシュ人とルブ人は大軍勢ではなかったでしょうか。戦車と騎兵は非常におびただしかったではありませんか。しかし、あなたが主に拠り頼んだとき、主は彼らをあなたの手に渡されたのです。
主はその御目をもって、あまねく全地を見渡し、その心がご自分と全く一つになっている人々に御力をあらわしてくださるのです。あなたは、このことについて愚かなことをしました。今から、あなたは数々の戦いに巻き込まれます。」
メモ: 昔は神様に頼ったけど、今はそうでもないってことを神様は決して喜ばない。
2009/ 3/22 読: 歴代誌 第U 18章〜20章
選: 歴代誌 第U 20章 2節〜4節
そこで、人々は来て、ヨシャパテに告げて言った。「海の向こうのアラムからおびただしい大軍があなたに向かって攻めて来ました。早くも、彼らはハツァツォン・タマル、すなわちエン・ゲディに来ています。」
ヨシャパテは恐れて、ただひたすら主に求め、ユダ全国に断食を布告した。
ユダの人々は集まって来て、主の助けを求めた。すなわち、ユダのすべての町々から人々が出て来て、主を求めた。
メモ: 目に見えない神様に信頼したヨシャパテは、勇者であり冒険家であると思う。
2009/ 3/23 読: 歴代誌 第U 21章〜23章
選: 歴代誌 第U 21章 6節〜7節
彼はアハブの家の者がしたように、イスラエルの王たちの道に歩んだ。アハブの娘が彼の妻であったからである。彼は主の目の前に悪を行なったが、
主は、ダビデと結ばれた契約のゆえに、ダビデの家を滅ぼすことを望まれなかった。主はダビデとその子孫にいつまでもともしびを与えようと、約束されたからである。
メモ: 悪人がすぐに滅ぼされない理由として、こういうこともあるのかもしれない。
2009/ 3/24 読: 歴代誌 第U 24章〜26章
選: 歴代誌 第U 25章 6節〜9節
さらに、彼はイスラエルから、銀百タラントで、十万人の勇士を雇った。
神の人が彼のもとに来て言った。「王よ。イスラエルの軍勢をあなたとともに行かせてはなりません。主は、イスラエル、すなわち、すべてのエフライム族とは、共におられないからです。
それでも、あなたが行くと言われるのなら、そうしなさい。雄々しく戦いなさい。神は敵の前にあなたをつまずかせられます。神には、助ける力があり、つまずかせる力もあるからです。」
アマツヤは神の人に言った。「では、イスラエルの軍勢に与えた百タラントはどうしたらよいのか。」神の人は答えた。「主はそれよりも多くのものをあなたに与えることがおできになります。」
メモ: 多くを投資しても、それが主の望まないことであれば、きっぱり捨てること。
2009/ 3/25 読: 歴代誌 第U 27章〜29章
選: 歴代誌 第U 29章 3節〜6節
彼はその治世の第一年の第一の月に主の宮の戸を開き、これらを修理した。
さらに、彼は祭司とレビ人を連れて来て、東側の広場に集め、
彼らに言った。「レビ人たち。聞きなさい。今、あなたがたは自分自身を聖別しなさい。あなたがたの父祖の神、主の宮を聖別し、聖所から忌まわしいものを出してしまいなさい。
というのも、私たちの父たちが不信の罪を犯し、私たちの神、主の目の前に悪を行ない、この方を捨て去って、その顔を主の御住まいからそむけ、背を向けたからです。
メモ: ヒゼキヤは心の中ではわかっていた。もっとも重要なことは、神様との関係。
2009/ 3/26 読: 歴代誌 第U 30章〜32章
選: 歴代誌 第U 32章 27節〜29節
さて、ヒゼキヤは、富と誉れに非常に恵まれた。彼は銀、金、宝石、バルサム油、盾、すべての尊い器を納める宝物倉、
穀物、新しいぶどう酒、油の収穫のための倉庫、および、すべての家畜のそれぞれの小屋、群れの小屋を造った。
彼は町々を建て、羊や牛の家畜もおびただしいものであった。神が、非常に多
くの財産を彼に与えられたからである。
メモ: ヒゼキヤは神様に喜ばれる生活を追い求めた。そうしたら多くを与えれれた。
2009/ 3/27 読: 歴代誌 第U 33章〜35章
選: 歴代誌 第U 35章 21節〜24節
ところが、ネコは彼のもとに使者を遣わして言った。「ユダの王よ。私とあなたと何の関係があるのですか。きょうは、あなたを攻めに来たのではありません。私の戦う家へ行くところなのです。神は、早く行けと命じておられます。私とともにおられる神に逆らわずに、控えていなさい。さもなければ、神があなたを滅ぼされます。」
しかし、ヨシヤは身を引かず、かえって、彼と戦おうとして変装し、神の御口から出たネコのことばを聞かなかった。そして、メギドの平地で戦うために行った。
射手たちがヨシヤ王を射たとき、王は家来たちに言った。「私を降ろしてくれ。傷を負ったのだ。」
そこで、家来たちは彼を戦車から降ろし、彼の持っていた第二の車に乗せた。そして、彼をエルサレムに連れ帰った。彼は死んだので、その先祖たちの墓に葬られた。全ユダとエルサレムはヨシヤのために喪に服した。
メモ: 神に仕えて、多くの祝福を得ている人も、いつも初心に返る必要がありそう。
2009/ 3/28 読: 歴代誌 第U 36章、エズラ記 1章〜2章
選: 歴代誌 第U 36章 15節〜16節
彼らの父祖の神、主は、彼らのもとに、使者たちを遣わし、早くからしきりに使いを遣わされた。それは、ご自分の民と、ご自分の御住まいをあわれまれたからである。
ところが、彼らは神の使者たちを笑いものにし、そのみことばを侮り、その預言者たちをばかにしたので、ついに、主の激しい憤りが、その民に対して積み重ねられ、もはや、いやされることがないまでになった。
メモ: ここに書いてあることは宗教についてではない。神様の人への愛についてだ。
2009/ 3/29 読: エズラ記 3章〜5章
選: エズラ記 3章 10節〜13節
建築師たちが主の神殿の礎を据えたとき、イスラエルの王ダビデの規定によって主を賛美するために、祭服を着た祭司たちはラッパを持ち、アサフの子らのレビ人たちはシンバルを持って出て来た。
そして、彼らは主を賛美し、感謝しながら、互いに、「主はいつくしみ深い。その恵みはとこしえまでもイスラエルに。」と歌い合った。こうして、主の宮の礎が据えられたので、民はみな、主を賛美して大声で喜び叫んだ。
しかし、祭司、レビ人、一族のかしらたちのうち、最初の宮を見たことのある多くの老人たちは、彼らの目の前でこの宮の基が据えられたとき、大声をあげて泣いた。一方、ほかの多くの人々は喜びにあふれて声を張り上げた。
そのため、だれも喜びの叫び声と民の泣き声とを区別することができなかった。民が大声をあげて喜び叫んだので、その声は遠い所まで聞こえた。
メモ: 主はいつくしみ深い。その恵みはとこしえまでもあなたに、私に。
2009/ 3/30 読: エズラ記 6章〜8章
選: エズラ記 3章 24節〜25節
私は祭司長たちのうちから十二人、すなわち、シェレベヤとハシャブヤ、および彼らの同僚十人を選び出し、
王や、議官たち、つかさたち、および、そこにいたすべてのイスラエル人がささげた、私たちの神の宮への奉納物の銀、金、器類を量って彼らに渡した。
メモ: 人には神様から、それぞれに与えられた役割分担がある。素直に受け取ろう。
2009/ 3/31 読: エズラ記 9章〜10章、ネヘミヤ記 1章
選: ネヘミヤ記 1章 8節〜9節
しかしどうか、あなたのしもべモーセにお命じになったことばを、思い起こしてください。『あなたがたが不信の罪を犯すなら、わたしはあなたがたを諸国民の間に散らす。
あなたがたがわたしに立ち返り、わたしの命令を守り行なうなら、たとい、あなたがたのうちの散らされた者が天の果てにいても、わたしはそこから彼らを集め、わたしの名を住ませるためにわたしが選んだ場所に、彼らを連れて来る。』と。
メモ: 「彼らを連れて来る。」人には不可能と思えることも、神様には可能である。
前Page