前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2009年 4月)

2009/ 4/ 1 読: ネヘミヤ記 2章〜4章
選: ネヘミヤ記 4章 13節〜15節
そこで私は、民をその家族ごとに、城壁のうしろの低い所の、空地に、剣や槍や弓を持たせて配置した。
私は彼らが恐れているのを見て立ち上がり、おもだった人々や、代表者たち、およびその他の人々に言った。「彼らを恐れてはならない。大いなる恐るべき主を覚え、自分たちの兄弟、息子、娘、妻、また家のために戦いなさい。」
私たちの敵が、彼らのたくらみは私たちに悟られ、神がそれを打ちこわされたということを聞いたとき、私たちはみな、城壁に帰り、それぞれ自分の工事に戻った。
メモ: 主がともにいてくださるからといって、何もしないわけではない。
2009/ 4/ 2 読: ネヘミヤ記 5章〜7章
選: ネヘミヤ記 6章 12節〜13節
私にはわかっている。今、彼を遣わしたのは、神ではない。彼がこの預言を私に伝えたのは、トビヤとサヌバラテが彼を買収したからである。
彼が買収されたのは、私が恐れ、言われるとおりにして、私が罪を犯すようにするためであり、彼らの悪口の種とし、私をそしるためであった。
メモ: もっともらしく聞こえてくることばも、場合によってはわなかもしれない。
2009/ 4/ 3 読: ネヘミヤ記 8章〜10章
選: ネヘミヤ記 9章 17節〜19節
彼らは聞き従うことを拒み、あなたが彼らの間で行なわれた奇しいみわざを記憶もせず、かえってうなじをこわくし、ひとりのかしらを立ててエジプトでの奴隷の身に戻ろうとしました。それにもかかわらず、あなたは赦しの神であり、情け深く、あわれみ深く、怒るのにおそく、恵み豊かであられるので、彼らをお捨てになりませんでした。
彼らが自分たちのために、一つの鋳物の子牛を造り、『これがあなたをエジプトから導き上ったあなたの神だ。』と言って、ひどい侮辱を加えたときでさえ、
あなたは、大きなあわれみをかけ、彼らを荒野に見捨てられませんでした。昼間は雲の柱が彼らから離れないで、道中、彼らを導き、夜には火の柱が彼らの行くべき道を照らしました。
メモ: これが神様の哀れみと愛だ。我々にはまねできないが、一方的に与えられる。
2009/ 4/ 4 読: ネヘミヤ記 11章〜13章
選: ネヘミヤ記 12章 42節〜43節
また、マアセヤ、シェマヤ、エルアザル、ウジ、ヨハナン、マルキヤ、エラム、エゼルも位置に着いた。それから、歌うたいたちは、監督者イゼラフヤの指揮で歌った。
こうして、彼らはその日、数多くのいけにえをささげて喜び歌った。神が彼らを大いに喜ばせてくださったからである。女も子どもも喜び歌ったので、エルサレムの喜びの声ははるか遠くまで聞こえた。
メモ: 「神が彼らを大いに喜ばせてくださった。」素直に神様の業を喜びましょう。
2009/ 4/ 5 読: エステル記 1章〜3章
選: エステル記 3章 2節
それで、王の門のところにいる王の家来たちはみな、ハマンに対してひざをかがめてひれ伏した。王が彼についてこのように命じたからである。しかし、モルデカイはひざもかがめず、ひれ伏そうともしなかった。
メモ: 彼の、ひざをかがめ、ひれ伏す相手は、神様だけだったと思う。見習います。
2009/ 4/ 6 読: エステル記 4章〜6章
選: エステル記 4章 15節〜17節
エステルはモルデカイに返事を送って言った。
「行って、シュシャンにいるユダヤ人をみな集め、私のために断食をしてください。三日三晩、食べたり飲んだりしないように。私も、私の侍女たちも、同じように断食をしましょう。たとい法令にそむいても私は王のところへまいります。私は、死ななければならないのでしたら、死にます。」
そこで、モルデカイは出て行って、エステルが彼に命じたとおりにした。
メモ: ほんとうに真剣な時は、断食が伴うのかな。自分も見習って、結果を見たい。
2009/ 4/ 7 読: エステル記 7章〜10章
選: エステル記 7章 9節〜10節
そのとき、王の前にいた宦官のひとりハルボナが言った。「ちょうど、王に良い知らせを告げたモルデカイのために、ハマンが用意した高さ五十キュビトの柱がハマンの家に立っています。」すると王は命じた。「彼をそれにかけよ。」
こうしてハマンは、モルデカイのために準備しておいた柱にかけられた。それで王の憤りはおさまった。
メモ: モルデカイには絶体絶命的な状態だった。しかし、大どんでん返しは起きた。
2009/ 4/ 8 読: ヨブ記 1章〜3章
選: ヨブ記 1章 9節〜10節
サタンは主に答えて言った。「ヨブはいたずらに神を恐れましょうか。
あなたは彼と、その家とそのすべての持ち物との回りに、垣を巡らしたではありませんか。あなたが彼の手のわざを祝福されたので、彼の家畜は地にふえ広がっています。
メモ: 持ち物の周りに垣を巡らした神様。私たちも同じように守られているのでは。
2009/ 4/ 9 読: ヨブ記 4章〜6章
選: ヨブ記 6章 22節〜24節
私が言ったことがあるか。「私に与えよ。」とか、「あなたがたの持ち物の中から、私のために贈り物をせよ。」と。
あるいは「敵の手から私を救い出せ。横暴な者の手から私を贖え。」と。
私に教えよ。そうすれば、私は黙ろう。私がどんなあやまちを犯したか、私に悟らせよ。
メモ: もっともっと、このヨブみたいな絶対的な自信をもってもいいのではないか。
2009/ 4/10 読: ヨブ記 7章〜9章
選: ヨブ記 9章 34節〜35節
神がその杖を私から取り去られるように。その恐ろしさで私をおびえさせないように。
そうすれば、私は語りかけ、神を恐れまい。いま私はそうではないからだ。
メモ: 頼みの綱としていた神様からそっぽを向かれたような思いでいたヨブ。辛い。
2009/ 4/11 読: ヨブ記 10章〜12章
選: ヨブ記 10章 7節〜8節
あなたは、私に罪のないことを知っておられ、だれもあなたの手から救い出せる者はいないのに。
あなたの御手は私を形造り、造られました。それなのにあなたは私を滅ぼそうとされます。
メモ: ヨブの神様に対する力強い訴え。行き場のない辛さゆえにか。見習いたいな。
2009/4 /12 読: ヨブ記 13章〜15章
選: ヨブ記 13章 7節〜9節
あなたがたは神の代わりに、なんと、不正を言うのか。神の代わりに、欺きを語るのか。
神の顔を、あなたがたは立てるつもりなのか。神の代わりに言い争うのか。
神があなたがたを調べても、大丈夫か。あなたがたは、人が人を欺くように、神を欺こうとするのか。
メモ: 神様とともに歩んでいたヨブだからこそ、このように強く言えたのだと思う。
2009/ 4/13 読: ヨブ記 16章〜18章
選: ヨブ記 16章 19節〜21節
今でも天には、私の証人がおられます。私を保証してくださる方は高い所におられます。
私の友は私をあざけります。しかし、私の目は神に向かって涙を流します。
その方が、人のために神にとりなしをしてくださいますように。人の子がその友のために。
メモ: 人が何と言おうと、望みを神様においているヨブの姿が見える。すごい先輩。
2009/ 4/14 読: ヨブ記 19章〜21章
選: ヨブ記 21章 34節
どうしてあなたがたは、私を慰めようとするのか。むだなことだ。あなたがたの答えることは、ただ不信実だ。
メモ: 僕も、背景を知らなければ、ヨブの友人と同じ、無意味な返事をしていたね。
2009/ 4/15 読: ヨブ記 22章〜24章
選: ヨブ記 23章 3節〜6節
ああ、できれば、どこで神に会えるかを知り、その御座にまで行きたい。
私は御前に訴えを並べたて、ことばの限り討論したい。
私は神が答えることばを知り、私に言われることが何であるかを悟りたい。
神は力強く私と争われるだろうか。いや、むしろ私に心を留めてくださろう。
メモ: このように思うことが度々ある。私に心を留めてくれる神様に感謝です。
2009/ 4/16 読: ヨブ記 25章〜27章
選: ヨブ記 27章 1節〜4節
ヨブはまた、自分の格言を取り上げて言った。
私の権利を取り去った神、私のたましいを苦しめた全能者をさして誓う。
私の息が私のうちにあり、神の霊が私の鼻にあるかぎり、
私のくちびるは不正を言わず、私の舌は決して欺きを告げない。
メモ: 不正を言っているのか、欺き告げているのか、本人が一番よく知っている。
2009/ 4/17 読: ヨブ記 28章〜30章
選: ヨブ記 28章 28節
こうして、神は人に仰せられた。「見よ。主を恐れること、これが知恵である。悪から離れることは悟りである。」
メモ: ここに書いてある二つのことは、そんなに難しいことだと思わないけどね。
2009/ 4/18 読: ヨブ記 31章〜33章
選: ヨブ記 33章 3節〜5節
私の言うことは真心からだ。私のくちびるは、きよく知識を語る。
神の霊が私を造り、全能者の息が私にいのちを与える。
あなたにできれば、私に返事をし、ことばを並べたて、私の前に立ってみよ。
メモ: 友よ、あなたは正しい。だが、何故限られた知識の中で理由を探そうとする。
2009/ 4/19 読: ヨブ記 34章〜36章
選: ヨブ記 34章 11節〜12節
神は、人の行ないをその身に報い、人に、それぞれ自分の道を見つけるようにされる。
神は決して悪を行なわない。全能者は公義を曲げない。
メモ: だからと言って、我々人間が、人の状態を見て、かってに裁いてもいいのか。
2009/ 4/20 読: ヨブ記 37章〜39章
選: ヨブ記 38章 1節〜3節
主はあらしの中からヨブに答えて仰せられた。
知識もなく言い分を述べて、摂理を暗くするこの者はだれか。
さあ、あなたは勇士のように腰に帯を締めよ。わたしはあなたに尋ねる。わたしに示せ。
メモ: 神様に何と言われようと、この時、ヨブは、最高に嬉しかったと思う。
2009/ 4/21 読: ヨブ記 40章〜42章
選: ヨブ記 42章 7節〜8節
さて、主がこれらのことばをヨブに語られて後、主はテマン人エリファズに仰せられた。「わたしの怒りはあなたとあなたのふたりの友に向かって燃える。それは、あなたがたがわたしについて真実を語らず、わたしのしもべヨブのようではなかったからだ。
今、あなたがたは雄牛七頭、雄羊七頭を取って、わたしのしもべヨブのところに行き、あなたがたのために全焼のいけにえをささげよ。わたしのしもべヨブはあなたがたのために祈ろう。わたしは彼を受け入れるので、わたしはあなたがたの恥辱となることはしない。あなたがたはわたしについて真実を語らず、わたしのしもべヨブのようではなかったが。」
メモ: ヨブの友人たちは、真実を語ったつもりだった。しかし、それは違っていた。
2009/ 4/22 読: 詩篇 1篇〜3篇
選: 詩篇 2篇 2節〜4節
地の王たちは立ち構え、治める者たちは相ともに集まり、主と、主に油をそそがれた者とに逆らう。
「さあ、彼らのかせを打ち砕き、彼らの綱を、解き捨てよう。」
天の御座に着いておられる方は笑う。主はその者どもをあざけられる。
メモ: 神様の決めたことに逆らう人間とは、なんておろか者なんだろう。
2009/ 4/23 読: 詩篇 4篇〜6篇
選: 詩篇 4篇 2節
人の子たちよ。いつまでわたしの栄光をはずかしめ、むなしいものを愛し、まやかしものを慕い求めるのか。セラ
メモ: 主よ、私がこのようなことを絶対にしないように、守ってください。
2009/ 4/24 読: 詩篇 7篇〜9篇
選: 詩篇 8篇 3節〜4節
あなたの指のわざである天を見、あなたが整えられた月や星を見ますのに、
人とは、何者なのでしょう。あなたがこれを心に留められるとは。人の子とは、何者なのでしょう。あなたがこれを顧みられるとは。
メモ: 私たちはちっぽけな者かもしれない。しかし、神様にとってたいせつな存在。
2009/ 4/25 読: 詩篇 10篇〜12篇
選: 詩篇 11篇 7節
主は正しく、正義を愛される。直ぐな人は、御顔を仰ぎ見る。
メモ: 純粋でありたい。偽りたくない。まっすぐでありたい。正義を愛したい。
2009/ 4/26 読: 詩篇 13篇〜15篇
選: 詩篇 14篇 2節〜3節
主は天から人の子らを見おろして、神を尋ね求める、悟りのある者がいるかどうかをご覧になった。
彼らはみな、離れて行き、だれもかれも腐り果てている。善を行なう者はいない。ひとりもいない。
メモ: 神様から離れている人は、腐り果てている。神様に近づき、新鮮でいたい。
2009/ 4/27 読: 詩篇 16篇〜18篇
選: 詩篇 18篇 13節〜14節
主は天に雷鳴を響かせ、いと高き方は御声を発せられた。雹、そして、火の炭。
主は、矢を放って彼らを散らし、すさまじいいなずまで彼らをかき乱された。
メモ: このように自然界を使って、神様は、人の悪巧みを、妨害することもある。
2009/ 4/28 読: 詩篇 19篇〜21篇
選: 詩篇 20篇 2節〜3節
主が聖所から、あなたに助けを送り、シオンから、あなたをささえられますように。
あなたの穀物のささげ物をすべて心に留め、あなたの全焼のいけにえを受け入れてくださいますように。セラ
メモ: このように願っていただく以前に、あまり捧げていない気がする。
2009/ 4/29 読: 詩篇 22篇〜24篇
選: 詩篇 23篇 3節
主は私のたましいを生き返らせ、御名のために、私を義の道に導かれます。
メモ: なんと嬉しいことばだろう。「御名のために、私を義の道に導かれます。」
2009/ 4/30 読: 詩篇 25篇〜27篇
選: 詩篇 26篇 2節〜3節
主よ。私を調べ、私を試みてください。私の思いと私の心をためしてください。
あなたの恵みが私の目の前にあり、私はあなたの真理のうちを歩み続けました。
メモ: 私も言えるだろうか。「私はあなたの真理のうちを歩み続けました。」と。
前Page