前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2009年 5月)

2009/ 5/ 1 読: 詩篇 28篇〜30篇
選: 詩篇 30篇 12節
私のたましいがあなたをほめ歌い、黙っていることがないために。私の神、主よ。私はとこしえまでも、あなたに感謝します。
メモ: 「私はとこしえまでも、あなたに感謝します。」と僕も言わせてもらいます。
2009/ 5/ 2 読: 詩篇 31篇〜33篇
選: 詩篇 32篇 8節
わたしは、あなたがたに悟りを与え、行くべき道を教えよう。わたしはあなたがたに目を留めて、助言を与えよう。
メモ: 神様、この約束を感謝します。
2009/ 5/ 3 読: 詩篇 34篇〜36篇
選: 詩篇 35篇 12節〜14節
彼らは善にかえて悪を報い、私のたましいは見捨てられる。
しかし、私は・・、彼らの病のとき、私の着物は荒布だった。私は断食してたましいを悩ませ、私の祈りは私の胸を行き来していた。
私の友、私の兄弟にするように、私は歩き回り、母の喪に服するように、私はうなだれて泣き悲しんだ。
メモ: 人を愛する、神様からの愛って、こういうことだろうか。
2009/ 5/ 4 読: 詩篇 37篇〜39篇
選: 詩篇 38篇 12節〜15節
私のいのちを求める者はわなを仕掛け、私を痛めつけようとする者は私の破滅を告げ、一日中、欺きを語っています。
しかし私には聞こえません。私は耳しいのよう。口を開かないおしのよう。
まことに私は、耳が聞こえず、口で言い争わない人のようです。
それは、主よ、私があなたを待ち望んでいるからです。わが神、主よ。あなたが答えてくださいますように。
メモ: 見習う必要のある対応のしかただと思う。
2009/ 5/ 5 読: 詩篇 40篇〜42篇
選: 詩篇 42篇 11節
わがたましいよ。なぜ、おまえは絶望しているのか。なぜ、御前で思い乱れているのか。神を待ち望め。私はなおも神をほめたたえる。私の救い、私の神を。
メモ: あせる自分がいる。しかし、「神を待ち望め」。頼れる聖書のことばを感謝。
2009/ 5/ 6 読: 詩篇 43篇〜45篇
選: 詩篇 44篇 17節〜18節
これらのことすべてが私たちを襲いました。しかし私たちはあなたを忘れませんでした。また、あなたの契約を無にしませんでした。
私たちの心はたじろがず、私たちの歩みはあなたの道からそれませんでした。
メモ: 神様に見放されたと思われるときも、この詩篇のようでありたいね。
2009/ 5/ 7 読: 詩篇 46篇〜48篇
選: 詩篇 48篇 14節
この方こそまさしく神。世々限りなくわれらの神であられる。神は私たちをとこしえに導かれる。
メモ: 嬉しいじゃないか。
2009/ 5/ 8 読: 詩篇 49篇〜51篇
選: 詩篇 51篇 1節〜2節
神よ。御恵みによって、私に情けをかけ、あなたの豊かなあわれみによって、私のそむきの罪をぬぐい去ってください。
どうか私の咎を、私から全く洗い去り、私の罪から、私をきよめてください。
メモ: 実存する神様への心からの願いです。これは宗教心からの戯言ではないよ。
2009/ 5/ 9 読: 詩篇 52篇〜54篇
選: 詩篇 54篇 4節
まことに、神は私を助ける方、主は私のいのちをささえる方です。
メモ: その通りです。
2009/ 5/10 読: 詩篇 55篇〜57篇
選: 詩篇 57篇 8節〜9節
私のたましいよ。目をさませ。十弦の琴よ。立琴よ、目をさませ。私は暁を呼びさましたい。
主よ。私は国々の民の中にあって、あなたに感謝し、国民の中にあって、あなたにほめ歌を歌いましょう。
メモ: 目をさませ。目をさませ。目をさませ。感謝し、讃美しよう。
2009/ 5/11 読: 詩篇 58篇〜60篇
選: 詩篇 59篇 16節〜17節
しかし、この私は、あなたの力を歌います。まことに、朝明けには、あなたの恵みを喜び歌います。それは、私の苦しみの日に、あなたは私のとりで、また、私の逃げ場であられたからです。
私の力、あなたに、私はほめ歌を歌います。神は私のとりで、私の恵みの神であられます。
メモ: 神様は私の力、私のとりで。これ以上に嬉しいことはないのでは。
2009/ 5/12 読: 詩篇 61篇〜63篇
選: 詩篇 62篇 5節〜7節
私のたましいは黙って、ただ神を待ち望む。私の望みは神から来るからだ。
神こそ、わが岩。わが救い。わがやぐら。私はゆるがされることはない。
私の救いと、私の栄光は、神にかかっている。私の力の岩と避け所は、神のうちにある。
メモ: すぐに願うようにならないからといって、神様の存在を疑ってはいけないよ。
2009/ 5/13 読: 詩篇 64篇〜66篇
選: 詩篇 66篇 17節〜20節
私は、この口で神に呼ばわり、この舌であがめた。
もしも私の心にいだく不義があるなら、主は聞き入れてくださらない。
しかし、確かに、神は聞き入れ、私の祈りの声を心に留められた。
ほむべきかな。神。神は、私の祈りを退けず、御恵みを私から取り去られなかった。
メモ: 目にみえる変化がなくても、私の祈りは聞かれているのです。今後が楽しみ。
2009/ 5/14 読: 詩篇 67篇〜69篇
選: 詩篇 68篇 12節〜13節
万軍の王たちは逃げ去り、また逃げ去る。そして家に居残っている女が獲物を分ける。
あなたがたは羊のおりの間に横たわるとき、銀でおおわれた、鳩の翼。その羽はきらめく黄金でおおわれている。
メモ: 銀でおおわれた、鳩の翼。羽は黄金。輝いてるな。しかし、どういう意味か。
2009/ 5/15 読: 詩篇 70篇〜72篇
選: 詩篇 71篇 10節〜12節
私の敵が私のことを話し合い、私のいのちをつけねらう者どもが共にたくらんでいるからです。
彼らはこう言っています。「神は彼を見捨てたのだ。追いかけて、彼を捕えよ。救い出す者はいないから。」
神よ。私から遠く離れないでください。わが神よ。急いで私を助けてください。
メモ: 神様に守られている私たちを捕えることのできるものは、どこにもないのだ。
2009/ 5/16 読: 詩篇 73篇〜75篇
選: 詩篇 73篇 21節〜24節
私の心が苦しみ、私の内なる思いが突き刺されたとき、
私は、愚かで、わきまえもなく、あなたの前で獣のようでした。
しかし私は絶えずあなたとともにいました。あなたは私の右の手をしっかりつかまえられました。
あなたは、私をさとして導き、後には栄光のうちに受け入れてくださいましょう。
メモ: どんな時にも神様を頼りにし、道をそれなければ、感謝の心で満たされるよ。
2009/ 5/17 読: 詩篇 76篇〜78篇
選: 詩篇 77篇 11節〜12節
私は、主のみわざを思い起こそう。まことに、昔からのあなたの奇しいわざを思い起こそう。
私は、あなたのなさったすべてのことに思いを巡らし、あなたのみわざを、静かに考えよう。
メモ: 忙しさに振り回されると、心も貧しくなるし、望みも消えてしまうかも。
2009/ 5/18 読: 詩篇 79篇〜81篇
選: 詩篇 81篇 1節〜2節
われらの力であられる神に喜び歌え。ヤコブの神に喜び叫べ。
声高らかにほめ歌を歌え。タンバリンを打ち鳴らせ。六弦の琴に合わせて、良い音の立琴をかき鳴らせ。
メモ: 「われらの力である神に喜び歌え。」神様は私たちにこのことを望んでいる。
2009/ 5/19 読: 詩篇 82篇〜84篇
選: 詩篇 83篇 17節〜18節
彼らが恥を見、いつまでも恐れおののきますように。彼らがはずかしめを受け、滅びますように。
こうして彼らが知りますように。その名、主であるあなただけが、全地の上にいますいと高き方であることを。
メモ: そして、世界中の人が知りますように。あなただけが神様であることを。
2009/ 5/20 読: 詩篇 85篇〜87篇
選: 詩篇 85篇 6節
あなたは、私たちを再び生かされないのですか。あなたの民があなたによって喜ぶために。
メモ: 神様、私を再び生かしてください。私は、あなたによって喜びたいのです。
2009/ 5/21 読: 詩篇 88篇〜90篇
選: 詩篇 90篇 15節〜17節
あなたが私たちを悩まされた日々と、私たちがわざわいに会った年々に応じて、私たちを楽しませてください。
あなたのみわざをあなたのしもべらに、あなたの威光を彼らの子らに見せてください。
私たちの神、主のご慈愛が私たちの上にありますように。そして、私たちの手のわざを確かなものにしてください。どうか、私たちの手のわざを確かなものにしてください。
メモ: この祈りに共感。神様、私も同じように祈らせていただきます。
2009/ 5/22 読: 詩篇 91篇〜93篇
選: 詩篇 92篇 3節〜5節
十弦の琴や六弦の琴、それに立琴によるたえなる調べに合わせて。
主よ。あなたは、あなたのなさったことで、私を喜ばせてくださいましたから、私は、あなたの御手のわざを、喜び歌います。
主よ。あなたのみわざはなんと大きいことでしょう。あなたの御計らいは、いとも深いのです。
メモ: 今日、主の御わざを新たに発見し、大いに喜びましょう。あなたもだよ。
2009/ 5/23 読: 詩篇 94篇〜96篇
選: 詩篇 95篇 1節〜3節
さあ、主に向かって、喜び歌おう。われらの救いの岩に向かって、喜び叫ぼう。
感謝の歌をもって、御前に進み行き、賛美の歌をもって、主に喜び叫ぼう。
主は大いなる神であり、すべての神々にまさって、大いなる王である。
メモ: 悩んでても問題は解決しない。開き直って、この詩編を生活に取り入れよう。
2009/ 5/24 読: 詩篇 97篇〜99篇
選: 詩篇 97篇 10節
主を愛する者たちよ。悪を憎め。主は聖徒たちのいのちを守り、悪者どもの手から、彼らを救い出される。
メモ: すごく分かりやすいメッセージだな。「主を愛する者は、悪を憎みなさい。」
2009/ 5/25 読: 詩篇 100篇〜102篇
選: 詩篇 100篇 3節〜5節
知れ。主こそ神。主が、私たちを造られた。私たちは主のもの、主の民、その牧場の羊である。
感謝しつつ、主の門に、賛美しつつ、その大庭に、はいれ。主に感謝し、御名をほめたたえよ。
主はいつくしみ深くその恵みはとこしえまで、その真実は代々に至る。
メモ: 「主が、私たちを造られた。」この真実を認めないと、人生は空しくなるよ。
2009/ 5/26 読: 詩篇 103篇〜105篇
選: 詩篇 103篇 11節〜13節
天が地上はるかに高いように、御恵みは、主を恐れる者の上に大きい。
東が西から遠く離れているように、私たちのそむきの罪を私たちから遠く離される。
父がその子をあわれむように、主は、ご自分を恐れる者をあわれまれる。
メモ: 神様の愛を痛感することばだ。しかし、自分の生活に取り入れているのかな。
2009/ 5/27 読: 詩篇 106篇〜108篇
選: 詩篇 107篇 11節〜14節
彼らは、神のことばに逆らい、いと高き方のさとしを侮ったのである。
それゆえ主は苦役をもって彼らの心を低くされた。彼らはよろけたが、だれも助けなかった。
この苦しみのときに、彼らが主に向かって叫ぶと、主は彼らを苦悩から救われた。
主は彼らをやみと死の陰から連れ出し、彼らのかせを打ち砕かれた。
メモ: 神様は私たちにうわべだけの、一時の救いを与えようとしているのではない。
2009/ 5/28 読: 詩篇 109篇〜111篇
選: 詩篇 111篇 10節
主を恐れることは、知恵の初め。これを行なう人はみな、良い明察を得る。主の誉れは永遠に堅く立つ。
メモ: 知恵を得たければ、主を恐れなさい。すごく簡単なことだと思いませんか。
2009/ 5/29 読: 詩篇 112篇〜114篇
選: 詩篇 112篇 5節〜8節
しあわせなことよ。情け深く、人には貸し、自分のことを公正に取り行なう人は。
彼は決してゆるがされない。正しい者はとこしえに覚えられる。
その人は悪い知らせを恐れず、主に信頼して、その心はゆるがない。
その心は堅固で、恐れることなく、自分の敵をものともしないまでになる。
メモ: 恐れない心、堅固な心は、主を信頼することから得られるようだね。
2009/ 5/30 読: 詩篇 115篇〜117篇
選: 詩篇 115篇 5節〜8節
口があっても語れず、目があっても見えない。
耳があっても聞こえず、鼻があってもかげない。
手があってもさわれず、足があっても歩けない。のどがあっても声をたてることもできない。
これを造る者も、これに信頼する者もみな、これと同じである。
メモ: 空しい物に頼る者は、空しい者である。空しい者は、頼りにならない。
2009/ 5/31 読: 詩篇 118篇〜120篇
選: 詩篇 118篇 28節〜29節
あなたは、私の神。私はあなたに感謝します。あなたは私の神、私はあなたをあがめます。
主に感謝せよ。主はまことにいつくしみ深い。その恵みはとこしえまで。
メモ: いつでも主に感謝しよう。悲しんでいても、いらついていても何の徳もない。
前Page