前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2009年 6月)

2009/ 6/ 1 読: 詩篇 121篇〜123篇
選: 詩篇 121篇 3節〜5節
主はあなたの足をよろけさせず、あなたを守る方は、まどろむこともない。
見よ。イスラエルを守る方は、まどろむこともなく、眠ることもない。
主は、あなたを守る方。主は、あなたの右の手をおおう陰。
メモ: 気休めや、嘘が書いてあるわけではないでしょう。受入れ、信じましょうよ。
2009/ 6/ 2 読: 詩篇 124篇〜126篇
選: 詩篇 126篇 1節〜3節
主がシオンの捕われ人を帰されたとき、私たちは夢を見ている者のようであった。
そのとき、私たちの口は笑いで満たされ、私たちの舌は喜びの叫びで満たされた。そのとき、国々の間で、人々は言った。「主は彼らのために大いなることをなされた。」
主は私たちのために大いなることをなされ、私たちは喜んだ。
メモ: 永年、縛られている事から開放されたら、言おう。主は大なることをされた。
2009/ 6/ 3 読: 詩篇 127篇〜129篇
選: 詩篇 128篇 2節〜4節
あなたは、自分の手の勤労の実を食べるとき、幸福で、しあわせであろう。
あなたの妻は、あなたの家の奥にいて、豊かに実を結ぶぶどうの木のようだ。あなたの子らは、あなたの食卓を囲んで、オリーブの木を囲む若木のようだ。
見よ。主を恐れる人は、確かに、このように祝福を受ける。
メモ: 主からの祝福を限りなく受けたい。
2009/ 6/ 4 読: 詩篇 130篇〜132篇
選: 詩篇 132篇 1節〜2節
主よ。私の心は誇らず、私の目は高ぶりません。及びもつかない大きなことや、奇しいことに、私は深入りしません。
まことに私は、自分のたましいを和らげ、静めました。乳離れした子が母親の前にいるように、私のたましいは乳離れした子のように御前におります。
メモ: 「私は、自分のたましいを和らげ、静めました。」安らぎを得ましょう。
2009/ 6/ 5 読: 詩篇 133篇〜135篇
選: 詩篇 135篇 3節
ハレルヤ。主はまことにいつくしみ深い。主の御名にほめ歌を歌え。その御名はいかにも麗しい。
メモ: 一人でいるとき、主の御名にほめ歌を歌おう。優しい顔つきになると思うよ。
2009/ 6/ 6 読: 詩篇 136篇〜138篇
選: 詩篇 136篇 4節
ただひとり、大いなる不思議を行なわれる方に。その恵みはとこしえまで。
メモ: 大いなる不思議を行うことができるのは、すべてを造られた創造主だけです。
2009/ 6/ 7 読: 詩篇 139篇〜141篇
選: 詩篇 139篇 11節〜12節
たとい私が「おお、やみよ。私をおおえ。私の回りの光よ。夜となれ。」と言っても、
あなたにとっては、やみも暗くなく夜は昼のように明るいのです。暗やみも光も同じことです。
メモ: 神様の目は、私たちの目と同じではない。なんでも見えているのだよ。
2009/ 6/ 8 読: 詩篇 142篇〜144篇
選: 詩篇 144篇 13節〜15節
私たちの倉は満ち、あらゆる産物を備えますように。私たちの羊の群れは、私たちの野原で、幾千幾万となりますように。
私たちの牛が子牛を産み、死ぬこともなく、出て行くこともなく、また、哀れな叫び声が私たちの町にありませんように。
幸いなことよ。このようになる民は。幸いなことよ。主をおのれの神とするその民は。
メモ: 幸いなことよ。主を自分の神とする人は。揺るがぬ土台の上に人生を築ける。
2009/ 6/ 9 読: 詩篇 145篇〜147篇
選: 詩篇 147篇 7節〜9節
感謝をもって主に歌え。立琴でわれらの神にほめ歌を歌え。
神は雲で天をおおい、地のために雨を備え、また、山々に草を生えさせ、
獣に、また、鳴く烏の子に食物を与える方。
メモ: 山間の道を走っているときに、思い出したい。きっと心が喜びで踊るだろう。
2009/ 6/10 読: 詩篇 148篇〜150篇
選: 詩篇 148篇 11節〜13節
地の王たちよ。すべての国民よ。君主たちよ。地のすべてのさばきづかさよ。
若い男よ。若い女よ。年老いた者と幼い者よ。
彼らに主の名をほめたたえさせよ。主の御名だけがあがめられ、その威光は地と天の上にあるからだ。
メモ: このことを実行すれば、地上に完全な平和がやってくる。確実にやってくる。
2009/ 6/11 読: 箴言 1章〜3章
選: 箴言 3章 17節〜18節
その道は楽しい道であり、その通り道はみな平安である。
知恵は、これを堅く握る者にはいのちの木である。これをつかんでいる者は幸いである。
メモ: 神は人に言われた。「見よ。主を恐れること、これが知恵である。」(ヨブ記)
2009/ 6/12 読: 箴言 4章〜6章
選: 箴言 4章 23節〜24節
力の限り、見張って、あなたの心を見守れ。いのちの泉はこれからわく。
偽りを言う口をあなたから取り除き、曲がったことを言うくちびるをあなたから切り離せ。
メモ: 要するに、「事実と違うことを言うことには縁がない。」の状態になれだな。
2009/ 6/13 読: 箴言 7章〜9章
選: 箴言 8章 13節
主を恐れることは悪を憎むことである。わたしは高ぶりと、おごりと、悪の道と、ねじれたことばを憎む。
メモ: はっきりしてるね。迷う必要はない。何かを憎むのであれば、悪を憎む。
2009/ 6/14 読: 箴言 10章〜12章
選: 箴言 12章 15節〜16節
愚か者は自分の道を正しいと思う。しかし知恵のある者は忠告を聞き入れる。
愚か者は自分の怒りをすぐ現わす。利口な者ははずかしめを受けても黙っている。
メモ: 愚か者にはなりたくないね。自己主張しなくてもいい。神様がすべて見てる。
2009/ 6/15 読: 箴言 13章〜15章
選: 箴言 14章 4節
牛がいなければ飼葉おけはきれいだ。しかし牛の力によって収穫は多くなる。
メモ: 様々なことにあてはめることができることばだ。結果がプラスになるように。
2009/ 6/16 読: 箴言 16章〜18章
選: 箴言 16章 7節
主は、人の行ないを喜ぶとき、その人の敵をも、その人と和らがせる。
メモ: 先ずは、主に喜ばれる生活をすること。何よりも嬉しいのが心の安らぐこと。
2009/ 6/17 読: 箴言 19章〜21章
選: 箴言 21章 13
寄るベのない者の叫びに耳を閉じる者は、自分が呼ぶときに答えられない。
メモ: 「困っている人の叫びを無視すれば、自分も同じくされる。」とも言えるか。
2009/ 6/18 読: 箴言 22章〜24章
選: 箴言 23章 6節〜7節
貪欲な人の食物を食べるな。彼のごちそうを欲しがるな。
彼は、心のうちでは勘定ずくだから。あなたに、「食え、飲め。」と言っても、その心はあなたとともにない。
メモ: 素直な人は、少し気を付けなければいけないかも。
2009/ 6/19 読: 箴言 25章〜27章
選: 箴言 26章 20節〜21節
たきぎがなければ火が消えるように、陰口をたたく者がなければ争いはやむ。
おき火に炭を、火にたきぎをくべるように、争い好きな人は争いをかき立てる。
メモ: 陰口をたたくことを徹底的にやめよう。争いがなくなるって、いいじゃない。
2009/ 6/20 読: 箴言 28章〜30章
選: 箴言 28章 13節
自分のそむきの罪を隠す者は成功しない。それを告白して、それを捨てる者はあわれみを受ける。
メモ: 自分の罪を内に秘めての生活に、ほんとうの開放感はない。知ってましたか。
2009/ 6/21 読: 箴言 31章、伝道者の書 1章〜2章
選: 箴言 31章 10節〜12節
しっかりした妻をだれが見つけることができよう。彼女の値うちは真珠よりもはるかに尊い。
夫の心は彼女を信頼し、彼は「収益」に欠けることがない。
彼女は生きながらえている間、夫に良いことをし、悪いことをしない。
メモ: 理想の姿が書いてあると思う。お互いに信頼しあうこと、これがポイントだ。
2009/ 6/22 読: 伝道者の書 3章〜5章
選: 伝道者の書 5章 18節〜20節
見よ。私がよいと見たこと、好ましいことは、神がその人に許されるいのちの日数の間、日の下で骨折るすべての労苦のうちに、しあわせを見つけて、食べたり飲んだりすることだ。これが人の受ける分なのだ。
実に神はすべての人間に富と財宝を与え、これを楽しむことを許し、自分の受ける分を受け、自分の労苦を喜ぶようにされた。これこそが神の賜物である。
こういう人は、自分の生涯のことをくよくよ思わない。神が彼の心を喜びで満たされるからだ。
メモ: 神様が心を喜びで満たすから、生涯のことをくよくよ思わないことにしてる。
2009/ 6/23 読: 伝道者の書 6章〜8章
選: 伝道者の書 8章 11節
悪い行ないに対する宣告がすぐ下されないので、人の子らの心は悪を行なう思いで満ちている。
メモ: この一節、引っ掛かるなあ。はっきり分かっている場合は、判決を急ぐこと。
2009/ 6/24 読: 伝道者の書 9章〜11章
選: 伝道者の書 9章 9節
日の下であなたに与えられたむなしい一生の間に、あなたの愛する妻と生活を楽しむがよい。それが、生きている間に、日の下であなたがする労苦によるあなたの受ける分である。
メモ: 「あなたの愛する妻と生活を楽しむがよい。」→妻と生活を楽しみましょう。
2009/ 6/25 読: 伝道者の書 12章、雅歌 1章〜2章
選: 雅歌 2章 11節〜12節
ほら、冬は過ぎ去り、大雨も通り過ぎて行った。
地には花が咲き乱れ、歌の季節がやって来た。山鳩の声が、私たちの国に聞こえる。
メモ: 壁に囲まれた生活を脱ぎ捨てて、もっともっと自然の中へ出て行きたいな。
2009/ 6/26 読: 雅歌 3章〜5章
選: 雅歌 4章 9節〜11節
私の妹、花嫁よ。あなたは私の心を奪った。あなたのただ一度のまなざしと、あなたの首飾りのただ一つの宝石で、私の心を奪ってしまった。
私の妹、花嫁よ。あなたの愛は、なんと麗しいことよ。あなたの愛は、ぶどう酒よりもはるかにまさり、あなたの香油のかおりは、すべての香料にもまさっている。
花嫁よ。あなたのくちびるは蜂蜜をしたたらせ、あなたの舌の裏には蜜と乳がある。あなたの着物のかおりは、レバノンのかおりのようだ。
メモ: 「あなたは私の心を奪った。」このセリフをどなたかに向かって言いたいな。
2009/ 6/27 読: 雅歌 6章〜8章
選: 雅歌 8章 6節〜7節
私を封印のようにあなたの心臓の上に、封印のようにあなたの腕につけてください。愛は死のように強く、ねたみはよみのように激しいからです。その炎は火の炎、すさまじい炎です。
大水もその愛を消すことができません。洪水も押し流すことができません。もし、人が愛を得ようとして、自分の財産をことごとく与えても、ただのさげすみしか得られません。
メモ: 愛は神様からのたまもの。決してお金で買えるものではありません。
2009/ 6/28 読: イザヤ書 1章〜3章
選: イザヤ書 2章 3節
多くの民が来て言う。「さあ、主の山、ヤコブの神の家に上ろう。主はご自分の道を、私たちに教えてくださる。私たちはその小道を歩もう。」それは、シオンからみおしえが出、エルサレムから主のことばが出るからだ。
メモ: 人が考えた教えではない。神様がご自分の道を、私たち教えてくださるのだ。
2009/ 6/29 読: イザヤ書 4章〜6章
選: イザヤ書 5章 4節〜5節
わがぶどう畑になすべきことで、なお、何かわたしがしなかったことがあるのか。なぜ、甘いぶどうのなるのを待ち望んだのに、酸いぶどうができたのか。
さあ、今度はわたしが、あなたがたに知らせよう。わたしがわがぶどう畑に対してすることを。その垣を除いて、荒れすたれるに任せ、その石垣をくずして、踏みつけるままにする。
メモ: 私たちに必要なことはすべて準備された。神様の期待に答えないのは私たち。
2009/ 6/30 読: イザヤ書 7章〜9章
選: イザヤ書 8章 17節
私は主を待つ。ヤコブの家から御顔を隠しておられる方を。私はこの方に、望みをかける。
メモ: 書いてあるように感じられることもある。しかし、私も神様に望みをかける。
前Page