前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2009年 7月)

2009/ 7/ 1 読: イザヤ書 10章〜12章
選: イザヤ書 10章 15節〜16節
斧は、それを使って切る人に向かって高ぶることができようか。のこぎりは、それをひく人に向かっておごることができようか。それは棒が、それを振り上げる人を動かし、杖が、木でない人を持ち上げるようなものではないか。
それゆえ、万軍の主、主は、その最もがんじょうな者たちのうちにやつれを送り、その栄光のもとで、火が燃えるように、それを燃やしてしまう。
メモ: 主のが介入に逆らうことはだれにもできない。主を恐れることが平安への道。
2009/ 7/ 2 読: イザヤ書 13章〜15章
選: イザヤ書 14章 1節〜2節
まことに、主はヤコブをあわれみ、再びイスラエルを選び、彼らを自分たちの土地にいこわせる。在留異国人も彼らに連なり、ヤコブの家に加わる。
国々の民は彼らを迎え、彼らの所に導き入れる。イスラエルの家は主の土地でこの異国人を奴隷、女奴隷として所有し、自分たちをとりこにした者をとりこにし、自分たちをしいたげた者を支配するようになる。
メモ: 大どんでん返しがあるかもしれない。主を恐れつつ、日々の生活を楽しもう。
2009/ 7/ 3 読: イザヤ書 16章〜18章
選: イザヤ書 17章 7節〜8節
その日、人は自分を造られた方に目を向け、その目はイスラエルの聖なる方を見、
自分の手で造った祭壇に目を向けず、自分の指で造ったもの、アシェラ像や香の台を見もしない。
メモ: いずれはこうなる。だったら今からそのようにすればいいじゃない、と思う。
2009/ 7/ 4 読: イザヤ書 19章〜21章
選: イザヤ書 19章 22節
主はエジプト人を打ち、打って彼らをいやされる。彼らが主に立ち返れば、彼らの願いを聞き入れ、彼らをいやされる。
メモ: 神様の望みは、人が神様に立ち返り、神様とともに生活をすることだと思う。
2009/ 7/ 5 読: イザヤ書 22章〜24章
選: イザヤ書 23章 11節〜12節
主は御手を海の上に伸ばし、王国をおののかせた。主は命令を下してカナンのとりでを滅ぼした。
そして仰せられた。「もう二度とこおどりして喜ぶな。しいたげられたおとめ、シドンの娘よ。立ってキティムに渡れ。そこでもあなたは休めない。」
メモ: 人はまいたものを刈り取る。悪を行えば報いを受ける。主を恐れることが幸。
2009/ 7/ 6 読: イザヤ書 25章〜27章
選: イザヤ書 26章 3節
志の堅固な者を、あなたは全き平安のうちに守られます。その人があなたに信頼しているからです。
メモ: 神様に信頼し、志をしっかり持ち、ふらふらしないことを神様は喜ばれる。
2009/ 7/ 7 読: イザヤ書 28章〜30章
選: イザヤ書 30章 15節
神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」しかし、あなたがたは、これを望まなかった。
メモ: 落ち着いて、神様に信頼することを、もう一度学ぼう。
2009/ 7/ 8 読: イザヤ書 31章〜33章
選: イザヤ書 33章 2節
主よ。私たちをあわれんでください。私たちはあなたを待ち望みます。朝ごとに、私たちの腕となり、苦難の時の私たちの救いとなってください。
メモ: 素直な心から出る祈りだと思う。いつも素直でいたいと思う。
2009/ 7/ 9 読: イザヤ書 34章〜36章
選: イザヤ書 35章 5節〜7節
そのとき、盲人の目は開かれ、耳しいた者の耳はあけられる。
そのとき、足なえは鹿のようにとびはね、おしの舌は喜び歌う。荒野に水がわき出し、荒地に川が流れるからだ。
焼けた地は沢となり潤いのない地は水のわく所となり、ジャッカルの伏したねぐらは、葦やパピルスの茂みとなる。
メモ: 神様に不可能はない。慌てずに、その時が来るのを待とう。
2009/ 7/10 読: イザヤ書 37章〜39章
選: イザヤ書 37章 23節
あなたはだれをそしり、ののしったのか。だれに向かって声をあげ、高慢な目を上げたのか。イスラエルの聖なる方に対してだ。
メモ: 私たちの発言や行動が、神様への挑戦となることがないように。
2009/ 7/11 読: イザヤ書 40章〜42章
選: イザヤ書 40章 6節〜8節
「呼ばわれ。」と言う者の声がする。私は、「何と呼ばわりましょう。」と答えた。「すべての人は草、その栄光は、みな野の花のようだ。
主のいぶきがその上に吹くと、草は枯れ、花はしぼむ。まことに、民は草だ。
草は枯れ、花はしぼむ。だが、私たちの神のことばは永遠に立つ。」
メモ: 「私たちの神のことばは永遠に立つ。」我々の思いや感情とは関係ないのだ。
2009/ 7/12 読: イザヤ書 43章〜45章
選: イザヤ書 44章 19節〜21節
彼らは考えてもみず、知識も英知もないので、『私は、その半分を火に燃やし、その炭火でパンを焼き、肉をあぶって食べた。その残りで忌みきらうべき物を造り、木の切れ端の前にひれ伏すのだろうか。』とさえ言わない。
灰にあこがれる者の心は欺かれ、惑わされて、自分を救い出すことができず、『私の右の手には偽りがないのだろうか。』とさえ言わない。
ヤコブよ。これらのことを覚えよ。イスラエルよ。あなたはわたしのしもべ。わたしが、あなたを造り上げた。あなたは、わたし自身のしもべだ。イスラエルよ。あなたはわたしに忘れられることがない。
メモ: 人の愚かさと、神様の人への愛の強いコントラスト。
2009/ 7/13 読: イザヤ書 46章〜48章
選: イザヤ書 47章 13節
あなたに助言する者が多すぎて、あなたは疲れている。さあ、天を観測する者、星を見る者、新月ごとにあなたに起こる事を知らせる者を並べたてて、あなたを救わせてみよ。
メモ: 「助けを求める対象が違うよ。」と、神様からの悲痛な叫びが聞こえてくる。
2009/ 7/14 読: イザヤ書 49章〜51章
選: イザヤ書 49章 25節〜26節
まことに、主はこう仰せられる。「勇士のとりこは取り戻され、横暴な者に奪われた物も奪い返される。あなたの争う者とわたしは争い、あなたの子らをこのわたしが救う。
わたしは、あなたをしいたげる者に、彼ら自身の肉を食らわせる。彼らは甘いぶどう酒に酔うように、自分自身の血に酔う。すべての者が、わたしが主、あなたの救い主、あなたの贖い主、ヤコブの力強き者であることを知る。」
メモ: これを読むと思うこと。何をも恐れる必要はないのだと。
2009/ 7/15 読: イザヤ書 52章〜54章
選: イザヤ書 53章 3節〜6節
彼はさげすまれ、人々からのけ者にされ、悲しみの人で病を知っていた。人が顔をそむけるほどさげすまれ、私たちも彼を尊ばなかった。
まことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みをになった。だが、私たちは思った。彼は罰せられ、神に打たれ、苦しめられたのだと。
しかし、彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれた。彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。
私たちはみな、羊のようにさまよい、おのおの、自分かってな道に向かって行った。しかし、主は、私たちのすべての咎を彼に負わせた。
メモ: 神様から使わされたイエス・キリストについて予言されている。神様の愛だ。
2009/ 7/16 読: イザヤ書 55章〜57章
選: イザヤ書 55章 8節〜9節
「わたしの思いは、あなたがたの思いと異なり、わたしの道は、あなたがたの道と異なるからだ。・・主の御告げ。・・
天が地よりも高いように、わたしの道は、あなたがたの道よりも高く、わたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い。
こうなればいいなと願う。しかし、神様はもっとすてきなことを計画中かも。
2009/ 7/17 読: イザヤ書 58章〜60章
選: イザヤ書 58章 9節〜10節
そのとき、あなたが呼ぶと、主は答え、あなたが叫ぶと、「わたしはここにいる。」と仰せられる。もし、あなたの中から、くびきを除き、うしろ指をさすことや、つまらないおしゃべりを除き、
飢えた者に心を配り、悩む者の願いを満足させるなら、あなたの光は、やみの中に輝き上り、あなたの暗やみは、真昼のようになる。
メモ: うしろ指をさすことや、つまらないおしゃべりはやめよう。惨めになるだけ。
2009/ 7/18 読: イザヤ書 61章〜63章
選: イザヤ書 62章 5節
若い男が若い女をめとるように、あなたの子らはあなたをめとり、花婿が花嫁を喜ぶように、あなたの神はあなたを喜ぶ。
メモ: 「あなたの神はあなたを喜ぶ。」神様は、僕にもそう言ってくれるだろうか。
2009/ 7/19 読: イザヤ書 64章〜66章
選: イザヤ書 65章 12節〜14節
わたしはあなた方を剣に渡す。それであなたがたはみな、虐殺されて倒れる。わたしが呼んでも答えず、わたしが語りかけても聞かず、わたしの目の前に悪を行ない、わたしの喜ばない事を選んだからだ。」
それゆえ、神である主はこう仰せられる。「見よ。わたしのしもべたちは食べる。しかし、あなたがたは飢える。見よ。わたしのしもべたちは飲む。しかし、あなたがたは渇く。見よ。わたしのしもべたちは喜ぶ。しかし、あなたがたは恥を見る。
見よ。わたしのしもべたちは心の楽しみによって喜び歌う。しかし、あなたがたは心の痛みによって叫び、たましいの傷によって泣きわめく。
メモ: 「わたしの喜ばない事を選んだからだ。」と、主に言われない生活を選ぼう。
2009/ 7/20 読: エレミヤ書 1章〜3章
選: エレミヤ書 2章 31節〜32節
あなたがた、この時代の人々よ。主のことばに心せよ。わたしはイスラエルにとって、荒野であったのか。あるいは暗黒の地であったのか。どうしてわたしの民は、『私たちはさまよい出て、もうあなたのところには帰りません。』と言うのか。
おとめが自分の飾り物を忘れ、花嫁が自分の飾り帯を忘れるだろうか。それなのに、わたしの民がわたしを忘れた日数は数えきれない。
メモ: 神様の愛は、計り知れない。僕が神様だったら、地球はとっくに消滅してる。
2009/ 7/21 読: エレミヤ書 4章〜6章
選: エレミヤ書 6章 7節〜9節
これでは、どうして、わたしがあなたを赦せよう。あなたの子らはわたしを捨て、神でないものによって誓っていた。わたしが彼らを満ち足らせたときも、彼らは姦通をし、遊女の家で身を傷つけた。
彼らは、肥え太ってさかりのついた馬のように、おのおの隣の妻を慕っていななく。
これらに対して、わたしが罰しないだろうか。・・主の御告げ。・・このような国に、わたしが復讐しないだろうか。
メモ: それでも、私たちはまだ生かされている。哀れみ深い神様に心から感謝する。
2009/ 7/22 読: エレミヤ書 7章〜9章
選: エレミヤ書 7章 26節
彼らはわたしに聞かず、耳を傾けず、うなじのこわい者となって、先祖たちよりも悪くなった。
メモ: 先祖の目に「悪」と写ることも、我々は気にもしないで、行なっているかも。
2009/ 7/23 読: エレミヤ書 10章〜12章
選: エレミヤ書 11章 11節〜13節
それゆえ、主はこう仰せられる。「見よ。わたしは彼らにわざわいを下す。彼らはそれからのがれることはできない。彼らはわたしに叫ぶだろうが、わたしは彼らに聞かない。
そこで、ユダの町々とエルサレムの住民は、彼らが香をたいた神々のもとに行って叫ぶだろうが、これらは、彼らのわざわいの時に、彼らを決して救うことはできない。
なぜなら、ユダよ、あなたの神々は、あなたの町の数ほどもあり、あなたがたは、恥ずべきもののための祭壇、バアルのためにいけにえを焼く祭壇を、エルサレムの通りの数ほども設けたからである。
メモ: 身勝手な生活をしないで、神様に喜ばれることは何かを求めて行きましょう。
2009/ 7/24 読: エレミヤ書 13章〜15章
選: エレミヤ書 14章 16節〜18節
彼らの預言を聞いた民も、ききんと剣によってエルサレムの道ばたに投げ出され、彼らを葬る者もいなくなる。彼らも、その妻も、息子、娘もそのようになる。わたしは、彼らの上にわざわいを注ぎかける。
あなたは彼らに、このことばを言え。『私の目は夜も昼も涙を流して、やむことがない。私の民の娘、おとめの打たれた傷は大きく、いやしがたい、ひどい打ち傷。
野に出ると、見よ、剣で刺し殺された者たち。町にはいると、見よ、飢えて病む者たち。しかし、預言者も祭司も、地にさまよって、途方にくれている。』」
メモ: 嘘の預言に惑わされた民の結末を悲しむ神様。その優しい神様に逆らえない。
2009/ 7/25 読: エレミヤ書 16章〜18章
選: エレミヤ書 17章 14節
私をいやしてください。主よ。そうすれば、私はいえましょう。私をお救いください。そうすれば、私は救われます。あなたこそ、私の賛美だからです。
メモ: 神様がいて、人が後。だからこのように言えるのです。
2009/ 7/26 読: エレミヤ書 19章〜21章
選: エレミヤ書 20章 9節〜11節
私は、「主のことばを宣べ伝えまい。もう主の名で語るまい。」と思いましたが、主のみことばは私の心のうちで、骨の中に閉じ込められて燃えさかる火のようになり、私はうちにしまっておくのに疲れて耐えられません。
私が多くの人のささやきを聞いたからです。「恐れが回りにあるぞ。訴えよ。われわれもあいつを訴えよう。」私の親しい者もみな、私のつまずくのを待ちもうけています。「たぶん、彼は惑わされるから、われわれが彼に勝って、復讐してやろう。」と。
しかし、主は私とともにあって、横暴な勇士のようです。ですから、私を追う者たちは、つまずいて、勝つことはできません。彼らは成功しないので、大いに恥をかき、それが忘れられない永久の恥となりましょう。
メモ: 預言者の仕事って辛いと思う。しかし「主は私とともにあって、」とつづく。
2009/ 7/27 読: エレミヤ書 22章〜24章
選: エレミヤ書 23章 23節〜24節
わたしは近くにいれば、神なのか。・・主の御告げ。・・遠くにいれば、神ではないのか。
人が隠れた所に身を隠したら、わたしは彼を見ることができないのか。・・主の御告げ。・・天にも地にも、わたしは満ちているではないか。・・主の御告げ。・・
メモ: 私たちに見えていない世界が存在することを、しっかりと再認識しておこう。
2009/ 7/28 読: エレミヤ書 25章〜27章
選: エレミヤ書 26章 1節〜3節
ヨシヤの子、ユダの王エホヤキムの治世の初めに、主から次のようなことばがあった。
「主はこう仰せられる。主の宮の庭に立ち、主の宮に礼拝しに来るユダのすべての町の者に、わたしがあなたに語れと命じたことばを残らず語れ。一言も省くな。
彼らがそれを聞いて、それぞれ悪の道から立ち返るかもしれない。そうすれば、わたしは、彼らの悪い行ないのために彼らに下そうと考えていたわざわいを思い直そう。
メモ: 主の宮に礼拝をしに来た人たちへのことば。悔い改めはだれにも必要なこと。
2009/ 7/29 読: エレミヤ書 28章〜30章
選: エレミヤ書 28章 15節〜16節
そこで預言者エレミヤは、預言者ハナヌヤに言った。「ハナヌヤ。聞きなさい。主はあなたを遣わされなかった。あなたはこの民を偽りに拠り頼ませた。
それゆえ、主はこう仰せられる。『見よ。わたしはあなたを地の面から追い出す。ことし、あなたは死ぬ。主への反逆をそそのかしたからだ。』」
メモ: 偽りに拠り頼むことがないように。聖書の言葉は、真実で、現代も新鮮です。
2009/ 7/30 読: エレミヤ書 31章〜33章
選: エレミヤ書 33章 10節〜11節
主はこう仰せられる。「あなたがたが、『人間も家畜もいなくて廃墟となった。』と言っているこの所、人間も住民も家畜もいなくて荒れすたれたユダの町々とエルサレムのちまたで、
楽しみの声と喜びの声、花婿の声と花嫁の声、『万軍の主に感謝せよ。主はいつくしみ深く、その恵みはとこしえまで。』と言って、主の宮に感謝のいけにえを携えて来る人たちの声が再び聞こえる。それは、わたしがこの国の捕われ人を帰らせ、初めのようにするからである。」と主は仰せられる。
メモ: 神様に不可能はない。自分たちの思いで、神様の可能性を制限しないように。
2009/ 7/31 読: エレミヤ書 34章〜36章
選: エレミヤ書 34章 13節〜16節
「イスラエルの神、主は、こう仰せられる。『わたしが、あなたがたの先祖をエジプトの国、奴隷の家から連れ出した日に、わたしは彼らと契約を結んで言った。
七年の終わりには、各自、自分のところに売られて来た同胞のヘブル人を去らせなければならない。六年の間、あなたに仕えさせ、その後、あなたは彼を自由の身にせよと。しかし、あなたがたの先祖は、わたしに聞かず、耳を傾けなかった。
しかし、あなたがたは、きょう悔い改め、各自、隣人の開放を告げてわたしが正しい見ることを行い、わたしの名がつけられているこの家で、わたしの前に契約を結んだ。
それなのに、あなたがたは心を翻して、わたしの名を汚し、いったん自由の身にした奴隷や女奴隷をかってに連れ戻し、彼らをあなたがたの奴隷や女奴隷として使役した。』
メモ: 神様をかるくみて、神様との約束を破って、その名を汚していることがある。
前Page