前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2009年 8月)

2009/ 8/ 1 読: エレミヤ書 37章〜39章
選: エレミヤ書 37章 12節〜15節
エレミヤは、ベニヤミンの地に行き、民の間で割り当ての地を決めるためにエルサレムから出て行った。
彼がベニヤミンの門に来たとき、そこにハナヌヤの子シェレムヤの子のイルイヤと言う名の当直の者がいて、「あなたはカルデヤ人のところへ落ちのびるのか。」と言って、預言者エレミヤを捕えた。
エレミヤは、「違う。私はカルデヤ人のところに落ちのびるのではない。」と言ったが、イルイヤは聞かず、エレミヤを捕えて、首長たちのところに連れて行った。
首長たちはエレミヤに向かって激しく怒り、彼を打ちたたき、書記ヨナタンの家にある牢屋に入れた。そこを獄屋にしていたからである。
メモ: 誤った判断を避けるため、人の話しをよく聞きくこと。何事にも理由はある。
2009/ 8/ 2 読: エレミヤ書 40章〜42章
選: エレミヤ書 42章 11節
あなたがたが恐れているバビロンの王を恐れるな。彼をこわがるな。・・主の御告げ。・・わたしはあなたがたとともにいて、彼の手からあなたがたを救い、彼の手からあなたがたを救い出すからだ。
メモ: しかし、民は「予定」を変更せず、主のことばを無視した。私ならどうする。
2009/ 8/ 3 読: エレミヤ書 43章〜45章
選: エレミヤ書 44章 22節〜23節
主は、あなたがたの悪い行ない、あなたがたが行なったあの忌みきらうべきことのために、もう耐えられず、それであなたがたの国は今日のように、住む者もなく、廃墟となり、恐怖、ののしりとなった。
あなたがたがいけにえをささげ、主に罪を犯して、主の御声に聞き従わず、主の律法と定めとあかしに歩まなかったために、あなたがたに、このわざわいが今日のように来たのだ。」
メモ: 今日においても、神様は同じことを言おうとしているのではないか、と思う。
2009/ 8/ 4 読: エレミヤ書 46章〜48章
選: エレミヤ書 48章 33節
「モアブの果樹園とその国から、喜びと楽しみは取り去られ、私は酒ぶねから酒を絶やした。喜びの声をあげてぶどうを踏む者もなく、ぶどう踏みの喜びの声は、もう喜びの声ではない。」
メモ: 罪を犯す(神様が嫌うことをする)と、心からの喜びや楽しみを経験できない。
2009/ 8/ 5 読: エレミヤ書 49章〜51章
選: エレミヤ書 51章 17節〜18節
すべての人間は愚かで無知だ。すべての金細工人は、偶像のために恥を見る。その鋳た像は偽りで、その中に息がないからだ。
それは、むなしいもの、物笑いの種だ。刑罰の時に、それらは滅びる。
メモ: 人の造った物のを拝むくらいなら、それを造った、息のあるその人を拝むよ。
2009/ 8/ 6 読: エレミヤ書 52章、哀歌 1章〜2章
選: 哀歌 2章 5節〜7節
主は、敵のようになって、イスラエルを滅ぼし、そのすべての宮殿を滅ぼし、その要塞を荒れすたらせて、ユダの娘の中にうめきと嘆きをふやされた。
主は、畑の仮小屋のように、ご自分の幕屋を投げ捨てて、例祭の場所を荒れすたらせた。主はシオンでの例祭と安息日とを忘れさせ、激しい憤りで、王と祭司を退けられた。
主は、その祭壇を拒み、聖所を汚し、その宮殿の城壁を敵の手に渡された。すると、例祭の日のように、彼らは、主の宮でほえたけった。
メモ: 主を悲しませることをし続けたので、こうなった。私たちは大丈夫だろうか。
2009/ 8/ 7 読: 哀歌 3章〜5章
選: 哀歌 5章 3節〜4節
私たちは父親のないみなしごとなり、私たちの母はやもめになりました。
私たちは自分たちの水を、金を払って飲み、自分たちのたきぎも、代価を払って手に入れなければなりません。
メモ: 神様なしの人生って、このような人生になるのだろうか。
2009/ 8/ 8 読: エゼキエル書 1章〜3章
選: エゼキエル書 2章 5節〜7節
彼らは反逆の家だから、彼らが聞いても、聞かなくても、彼らは、彼らのうちに預言者がいることを知らなければならない。
人の子よ。彼らや、彼らのことばを恐れるな。たとい、あざみといばらがあなたといっしょにあっても、またあなたがさそりの中に住んでも、恐れるな。彼らは反逆の家だから、そのことばを恐れるな。彼らの顔にひるむな。
彼らは反逆の家だから、彼らが聞いても、聞かなくても、あなたはわたしのことばを彼らに語れ。
メモ: 反逆者も見捨てないで、なんとか救おうとする神様の愛に感動。見習います。
2009/ 8/ 9 読: エゼキエル書 4章〜6章
選: エゼキエル書 5章 9節〜11節
あなたのしたすべての忌みきらうべきことのために、今までしたこともなく、これからもしないようなことを、あなたのうちで行なう。
それで、あなたのうちの父たちは自分の子どもを食べ、子どもたちは、自分の父を食べるようになる。わたしは、あなたにさばきを下し、あなたのうちの残りの者をすべて四方に散らす。
それゆえ、・・わたしは生きている。神である主の御告げ。・・あなたはあなたのすべての忌むべきものと、すべての忌みきらうべきことで、わたしの聖所を汚したので、わたしはあなたを取り去り、わたしはあなたを惜しまず、また、あわれまない。
メモ: 創造主は、愛の満ちあふれる神様。しかし、罪を嫌う。見下してはならない。
2009/ 8/10 読: エゼキエル書 7章〜9章
選: エゼキエル書 7章 5節〜7節
この地に住む者よ。あなたの上に終局が来る。その時が来る。その日は近い。しかし、山々での歓声の日ではなく、恐慌の日だ。
今、わたしはただちに、憤りをあなたに注ぎ、あなたへのわたしの怒りを全うする。わたしはあなたの行ないにしたがって、あなたをさばき、あなたのすべての忌みきらうべきわざに報いをする。
わたしは惜しまず、あわれまない。わたしがあなたの行ないに仕返しをし、あなたのうちの忌みきらうべきわざをあらわにするとき、あなたがたは、わたしがあなたがたを打っている主であることを知ろう。
メモ: このことばは、今の時代に対しても言われていると思う。厳しいことばだな。
2009/ 8/11 読: エゼキエル書 10章〜12章
選: エゼキエル書 12章 2節〜3節
「人の子よ。あなたは反逆の家の中に住んでいる。彼らは反逆の家だから、見る目があるのに見ず、聞く耳があるのに聞こうとしない。
人の子よ。あなたは捕囚のための荷物を整え、彼らの見ている前で、昼のうちに移れ。彼らの見ている前で、今いる所から他の所へ移れ。もしかしたら、彼らに自分たちが反逆の家であることがわかるかもしれない。
メモ: あの手この手で、人を救おうとする神様の愛を見る。それでも無視するのか。
2009/ 8/12 読: エゼキエル書 13章〜15章
選: エゼキエル書 14章 4節〜6節
それゆえ、彼らに告げよ。神である主はこう仰せられると言え。心の中に偶像を秘め、不義に引き込むものを自分の顔の前に置きながら、預言者のところに来るすべてのイスラエルの家の者には、主であるわたしが、その多くの偶像に応じて答えよう。
偶像のために、みなわたしから離されてしまったイスラエルの家の心をわたしがとらえるためである。
それゆえ、イスラエルの家に言え。神である主はこう仰せられる。悔い改めよ。偶像を捨て去り、すべての忌みきらうべきものをあなたがたの前から遠ざけよ。
メモ: 自分は正しいと、思い込みで固まっている、自分の民に対する神様の叫び声。
2009/ 8/13 読: エゼキエル書 16章〜18章
選: エゼキエル書 16章 17節
あなたは、わたしが与えた金や銀の美しい品々を取って、自分のために男の像を造り、それと姦淫を行なった。
メモ: 神様から与えられた物で、神様の嫌うことを行っていることが多いと思う。
2009/ 8/14 読: エゼキエル書 19章〜21章
選: エゼキエル書 21章 31節〜32節
わたしはあなたの上にわたしの憤りを注ぎ、激しい怒りの火を吹きつけ、滅ぼすことに巧みな残忍な者たちの手に、あなたを渡す。
あなたは火のたきぎとなり、あなたの血はその国の中で流され、もう思い出されることはない。主であるわたしがこう語ったからだ。」
メモ: 神様はどんな思いで語ったのだろう。辛く、やるせない思いからに違いない。
2009/ 8/15 読: エゼキエル書 22章〜24章
選: エゼキエル書 24章 11節〜13節
なべをからにして炭火にかけ、その青銅を熱くして、その中の汚れを溶かし、さびがなくなるようにせよ。
しかし、その骨折りはむだだった。そのひどいさびはそれから落ちず、そのさびは、なお、火の中にあった。
あなたのみだらな汚れを見て、わたしはあなたをきよめようとしたが、あなたはきよくなろうともしなかった。それでわたしがあなたに対するわたしの憤りを静めるまで、あなたは決してきよめられない。
メモ: 汚れてしまった自分の民をきよめようとする神様の愛と、それを拒む私たち。
2009/ 8/16 読: エゼキエル書 25章〜27章
選: エゼキエル書 25章 3節〜4節
あなたはアモン人に言え。神である主のことばを聞け。神である主はこう仰せられる。わたしの聖所が汚されたとき、イスラエルの地が荒れ果てたとき、ユダの家が捕囚となって行ったとき、あなたは、あはは、と言ってあざけった。
それゆえ、わたしは、あなたを東の人々に渡して、彼らの所有とする。彼らはあなたのうちに宿営を張り、あなたのうちに住まいを作り、あなたの産物を食べ、あなたの乳を飲むようになる。
メモ: 神様が愛する者を罰するとき、それを見て笑ったり裁いたりしてはいけない。
2009/ 8/17 読: エゼキエル書 28章〜30章
選: エゼキエル書 29章 13節〜15節
まことに、神である主はこう仰せられる。四十年の終わりになって、わたしはエジプト人を、散らされていた国々の民の中から集め、
エジプトの捕われ人を帰らせる。彼らをその出身地、パテロスの地に帰らせる。彼らはそこで、取るに足りない王国となる。
どの王国にも劣り、二度と諸国の民の上にぬきんでることはない。彼らが諸国の民を支配しないように、わたしは彼らを小さくする。
メモ: 表からはそう見えなくても、神様は、すべてのことを支配しているみたいだ。
2009/ 8/18 読: エゼキエル書 31章〜33章
選: エゼキエル書 33章 11節〜13節
彼らにこう言え。『わたしは誓って言う。・・神である主の御告げ。・・わたしは決して悪者の死を喜ばない。かえって、悪者がその態度を悔い改めて、生きることを喜ぶ。悔い改めよ。悪の道から立ち返れ。イスラエルの家よ。なぜ、あなたがたは死のうとするのか。』
人の子よ。あなたの民の者たちに言え。正しい人の正しさも、彼がそむきの罪を犯したら、それは彼を救うことはできない。悪者の悪も、彼がその悪から立ち返るとき、その悪は彼を倒すことはできない。正しい人でも、罪を犯すとき、彼は自分の正しさによって生きることはできない。
わたしが正しい人に、『あなたは必ず生きる。』と言っても、もし彼が自分の正しさに拠り頼み、不正をするなら、彼の正しい行ないは何一つ覚えられず、彼は自分の行なった不正によって死ななければならない。
メモ: 「わたしは決して悪者の死を喜ばない。」これが神様の本音だ。
2009/ 8/19 読: エゼキエル書 34章〜36章
選: エゼキエル書 34章 15節〜16節
わたしがわたしの羊を飼い、わたしが彼らをいこわせる。・・神である主の御告げ。・・
わたしは失われたものを捜し、迷い出たものを連れ戻し、傷ついたものを包み、病気のものを力づける。わたしは、肥えたものと強いものを滅ぼす。わたしは正しいさばきをもって彼らを養う。
メモ: 神様に与えられた知恵や知識で思い上がらず、この身を神様に任せましょう。
2009/ 8/20 読: エゼキエル書 37章〜39章
選: エゼキエル書 37章 12節〜13節
それゆえ、預言して彼らに言え。神である主はこう仰せられる。わたしの民よ。見よ。わたしはあなたがたの墓を開き、あなたがたをその墓から引き上げて、イスラエルの地に連れて行く。
わたしの民よ。わたしがあなたがたの墓を開き、あなたがたを墓から引き上げるとき、あなたがたは、わたしが主であることを知ろう。
メモ: 死んでいる神様の民。絶望的な状態であっても、神様にとって不可能はない。
2009/ 8/21 読: エゼキエル書 40章〜42章
選: エゼキエル書 40章 20節
彼が外壁の回りを巡って四方を測ると、その長さは五百さお、幅も五百さおで、聖なるものと俗なるものとを区別していた。
メモ: 「聖なるものと俗なるものとを区別していた。」自分はどうしているだろう。
2009/ 8/22 読: エゼキエル書 43章〜45章
選: エゼキエル書 43章 12節
宮に関する律法は次のとおりである。山の頂のその回りの全地域は最も神聖である。これが宮に関する律法である。
メモ: 「聖霊の宮」であるクリスチャンの回りも、神聖な地域になるのかな。
2009/ 8/23 読: エゼキエル書 46章〜48章
選: エゼキエル書 46章 9節
しかし、一般の人々が例祭の日に主の前にはいって来るとき、北の門を通って礼拝に来る者は南の門を通って出て行き、南の門を通ってはいって来る者は北の門を通って出て行かなければならない。自分のはいって来た門を通って帰ってはならない。その反対側から出て行かなければならない。
メモ: 宮を通過し、入った反対側の門から出ることが決められていた。なぜだろう。
2009/ 8/24 読: ダニエル書 1章〜3章
選: ダニエル書 1章 8節〜9節
ダニエルは、王の食べるごちそうや王の飲むぶどう酒で身を汚すまいと心に定め、身を汚さないようにさせてくれ、と宦官の長に願った。
神は宦官の長に、ダニエルを愛しいつくしむ心を与えられた。
メモ: 聖霊の宮である体を、様々なことで汚してしまう自分。ダニエルを見習おう。
2009/ 8/25 読: ダニエル書 4章〜6章
選: ダニエル書 6章 13節〜14節
そこで、彼らは王に告げて言った。「ユダからの捕虜のひとりダニエルは、王よ、あなたとあなたの署名された禁令とを無視して、日に三度、祈願をささげています。」
このことを聞いて、王は非常に憂え、ダニエルを救おうと決心し、日暮れまで彼を助けようと努めた。
メモ: ダニエルは神様によって救われたが、自己中心からくる決めごとは失敗の元。
2009/ 8/26 読: ダニエル書 7章〜9章
選: ダニエル書 9章 4節〜6節
私は、私の神、主に祈り、告白して言った。「ああ、私の主、大いなる恐るべき神。あなたを愛し、あなたの命令を守る者には、契約を守り、恵みを下さる方。
私たちは罪を犯し、不義をなし、悪を行ない、あなたにそむき、あなたの命令と定めとを離れました。
私たちはまた、あなたのしもべである預言者たちが御名によって、私たちの王たち、首長たち、先祖たち、および一般の人すべてに語ったことばに、聞き従いませんでした。
メモ: 現在は、「私たちは、あなたの御言葉である聖書を無視し、」になるのかな。
2009/ 8/27 読: ダニエル書 10章〜12章
選: ダニエル書 11章 11節〜13節
それで、南の王は大いに怒り、出て来て、彼、すなわち北の王と戦う。北の王はおびただしい大軍を起こすが、その大軍は敵の手に渡される。
その大軍を連れ去ると、南の王の心は高ぶり、数万人を倒す。しかし、勝利を得ない。
北の王がまた、初めより大きなおびただしい大軍を起こし、何年かの後、大軍勢と多くの武器をもって必ず攻めて来るからである。
メモ: これから起ころうとしていることも、神様はご存じだ。神様に身を任せよう。
2009/ 8/28 読: ホセア書 1章〜3章
選: ホセア書 3章 1節
主は私に仰せられた。「再び行って、夫に愛されていながら姦通している女を愛せよ。ちょうど、ほかの神々に向かい、干しぶどうの菓子を愛しているイスラエルの人々を主が愛しておられるように。」
メモ: 「..を主が愛しておられるように。」神様の偉大な愛に、脱帽するばかりだ。
2009/ 8/29 読: ホセア書 4章〜6章
選: ホセア書 4章 6節
わたしの民は知識がないので滅ぼされる。あなたが知識を退けたので、わたしはあなたを退けて、わたしの祭司としない。あなたは神のおしえを忘れたので、わたしもまた、あなたの子らを忘れよう。
メモ: 神様のおしえと正しい知識で、私たちの生活は、楽しく充実したものとなる。
2009/ 8/30 読: ホセア書 7章〜9章
選: ホセア書 7章 14節〜15節
彼らはわたしに向かって心から叫ばず、ただ、床の上で泣きわめく。彼らは、穀物と新しいぶどう酒のためには集まって来るが、わたしからは離れ去る。
わたしが訓戒し、わたしが彼らの腕を強くしたのに、彼らはわたしに対して悪事をたくらむ。
メモ: なんか悲しいね。他のことのためなら出かけるが、教会に行くのはめんどう。
2009/ 8/31 読: ホセア書 10章〜12章
選: ホセア書 12章 13節
主はひとりの預言者によって、イスラエルをエジプトから連れ上り、ひとりの預言者によって、これを守られた。
メモ: 主にとって、主に忠実な人がひとりいれば十分。そのような人になりたいね。
前Page