前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2009年 9月)

2009/ 9/ 1 読: ホセア書 13章〜14章、ヨエル書 1章
選: ホセア書 13章 4節
しかし、わたしは、エジプトの国にいたときから、あなたの神、主である。あなたはわたしのほかに神を知らない。わたしのほかに救う者はいない。
メモ: 「わたしは、あなたが辛い中にあっても、あなたの神、主である。」なのだ。
2009/ 9/ 2 読: ヨエル書 2章〜3章、アモス書 1章
選: ヨエル書 2章 3節
彼らの前では、火が焼き尽くし、彼らのうしろでは、炎がなめ尽くす。彼らの来る前には、この国はエデンの園のようであるが、彼らの去ったあとでは、荒れ果てた荒野となる。これからのがれるものは一つもない。
メモ: こうなった時、生き残っていたら、何を頼りに生きていけば良いのだろうか。
2009/ 9/ 3 読: アモス書 2章〜4章
選: アモス書 4章 7節〜8節
わたしはまた、刈り入れまでなお三か月あるのに、あなたがたには雨をとどめ、一つの町には雨を降らせ、他の町には雨を降らせなかった。一つの畑には雨が降り、雨の降らなかった他の畑はかわききった。
二、三の町は水を飲むために一つの町によろめいて行ったが、満ち足りることはなかった。それでも、あなたがたはわたしのもとに帰って来なかった。・・主の御告げ。・・
メモ: 神様は、「わたしのもとに帰って来なさい。」と願っている。だから、かも。
2009/ 9/ 4 読: アモス書 5章〜7章
選: アモス書 5章 14節
善を求めよ。悪を求めるな。そうすれば、あなたがたは生き、あなたがたが言うように、万軍の神、主が、あなたがたとともにおられよう。
メモ: 実に分かりやすい。しかし、頭で理解しているだけでは足りない。実行せよ。
2009/ 9/ 5 読: アモス書 8章〜9章、オバデヤ書 1章
選: オバデヤ書 1章 13節〜15節
彼らのわざわいの日に、あなたは、私の民の門に、はいるな。そのわざわいの日に、あなたは、その困難をながめているな。そのわざわいの日に、彼らの財宝に手を伸ばすな。
そののがれる者を断つために、別れ道に立ちふさがるな。その苦難の日に、彼らの生き残った者を引き渡すな。
主の日はすべての国々の上に近づいている。あなたがしたように、あなたにもされる。あなたの報いは、あなたの頭上に返る。
メモ: 「あなたがしたように、あなたにもされる。」人の不幸を喜んではいけない。
2009/ 9/ 6 読: ヨナ書 1章〜3章
選: ヨナ書 1章 8節
そこで彼らはヨナに言った。「だれのせいで、このわざわいが私たちに降りかかったのか、告げてくれ。あなたの仕事は何か。あなたはどこから来たのか。あなたの国はどこか。いったいどこの民か。」
メモ: 問題解決に、「だれのせいで、何のせいで。」をもっと問う必要があるかも。
2009/ 9/ 7 読: ヨナ書 1章、ミカ書 1章〜2章
選: ヨナ書 4章 9節〜11節
すると、神はヨナに仰せられた。「このとうごまのために、あなたは当然のことのように怒るのか。」ヨナは言った。「私が死ぬほど怒るのは当然のことです。」
主は仰せられた。「あなたは、自分で骨折らず、育てもせず、一夜で生え、一夜で滅びたこのとうごまを惜しんでいる。
まして、わたしは、この大きな町ニネベを惜しまないでいられようか。そこには、右も左もわきまえない十二万以上の人間と、数多くの家畜とがいるではないか。」
メモ: 神様は、だれをも滅ぼしたくないので、今も忍耐をもって待っておられる。
2009/ 9/ 8 読: ミカ書 3章〜5章
選: ミカ書 5章 2節
ベツレヘム・エフラテよ。あなたはユダの氏族の中で最も小さいものだが、あなたのうちから、わたしのために、イスラエルの支配者になる者が出る。その出ることは、昔から、永遠の昔からの定めである。
メモ: イエス・キリストが生まれるだいぶ前に、彼の生まれる場所が記されたのだ。
2009/ 9/ 9 読: ミカ書 6章〜7章、ナホム書 1章
選: ミカ書 6章 14節〜15節
あなたは食べても満ち足りず、あなたの腹は飢える。あなたは、移しても、のがすことはできない。あなたがのがした者は、わたしが剣に渡す。
あなたは種を蒔いても、刈ることがなく、オリーブをしぼっても、油を身に塗ることがない。新しいぶどう酒を造っても、ぶどう酒を飲むことができない。
メモ: 神様はこうなることを喜ぶだろうか。だったら黙ってそうするだろうと思う。
2009/ 9/10 読: ナホム書 2章〜3章、ハバクク書 1章
選: ハバクク書 1章 2節〜4節
主よ。私が助けを求めて叫んでいますのに、あなたはいつまで、聞いてくださらないのですか。私が「暴虐。」とあなたに叫んでいますのに、あなたは救ってくださらないのですか。
なぜ、あなたは私に、わざわいを見させ、労苦をながめておられるのですか。暴行と暴虐は私の前にあり、闘争があり、争いが起こっています。
それゆえ、律法は眠り、さばきはいつまでも行なわれません。悪者が正しい人を取り囲み、さばきが曲げて行なわれています。
メモ: 現在もこのように嘆いている多くの人がいると思う。人に善への進化はない。
2009/ 9/11 読: ハバクク書 2章〜3章、ゼパニヤ書 1章
選: ハバクク書 3章 17節〜19節
そのとき、いちじくの木は花を咲かせず、ぶどうの木は実をみのらせず、オリーブの木も実りがなく、畑は食物を出さない。羊は囲いから絶え、牛は牛舎にいなくなる。
しかし、私は主にあって喜び勇み、私の救いの神にあって喜ぼう。
私の主、神は、私の力。私の足を雌鹿のようにし、私に高い所を歩ませる。指揮者のために。弦楽器に合わせて。
メモ: 神様を信じる者は、環境に影響されない喜びを持ち合わている。真の喜びだ。
2009/ 9/12 読: ゼパニヤ書 2章〜3章、ハガイ書 1章
選: ハガイ書 1章 12節〜14節
そこで、シェアルティエルの子ゼルバベルと、エホツァダクの子、大祭司ヨシュアと、民のすべての残りの者とは、彼らの神、主の御声と、また、彼らの神、主が遣わされた預言者ハガイのことばとに聞き従った。民は主の前で恐れた。
そのとき、主の使いハガイは、主から使命を受けて、民にこう言った。「わたしは、あなたがたとともにいる。・・主の御告げ。・・」
主は、シェアルティエルの子、ユダの総督ゼルバベルの心と、エホツァダクの子、大祭司ヨシュアの心と、民のすべての残りの者の心とを奮い立たせたので、彼らは彼らの神、万軍の主の宮に行って、仕事に取りかかった。
メモ: 「わたしは、あなたがたとともにいる。・主の御告げ。・」恐いものなしだ。
2009/ 9/13 読: ハガイ書 2章、ゼカリヤ書 1章〜2章
選: ゼカリヤ書 2章 2節〜5節
私がその人に、「あなたはどこへ行かれるのですか。」と尋ねると、彼は答えた。「エルサレムを測りに行く。その幅と長さがどれほどあるかを見るために。」
私と話していた御使いが出て行くと、すぐ、もうひとりの御使いが、彼に会うために出て行った。
そして彼に言った。「走って行って、あの若者にこう告げなさい。『エルサレムは、その中の多くの人と家畜のため、城壁のない町とされよう。
しかし、わたしが、それを取り巻く火の城壁となる。・・主の御告げ。・・わたしがその中の栄光となる。』
メモ: 自分もこのエルサレムでありたい。周囲は主の城壁、内側からは主の栄光。
2009/ 9/14 読: ゼカリヤ書 3章〜5章
選: ゼカリヤ書 3章 4節
御使いは、自分の前に立っている者たちに答えてこう言った。「彼のよごれた服を脱がせよ。」そして彼はヨシュアに言った。「見よ。わたしは、あなたの不義を除いた。あなたに礼服を着せよう。」
メモ: 「見よ。わたしは、あなたの不義を除いた。」こう宣言できるのは神様のみ。
2009/ 9/15 読: ゼカリヤ書 6章〜8章
選: ゼカリヤ書 7章 9節〜10節
万軍の主はこう仰せられる。「正しいさばきを行ない、互いに誠実を尽くし、あわれみ合え。
やもめ、みなしご、在留異国人、貧しい者をしいたげるな。互いに心の中で悪をたくらむな。」
メモ: 「心の中で悪をたくらむな。」無意識のうちにもしてるかも。気をつけよう。
2009/ 9/16 読: ゼカリヤ書 9章〜11章
選: ゼカリヤ書 9章 9節〜10節
シオンの娘よ。大いに喜べ。エルサレムの娘よ。喜び叫べ。見よ。あなたの王があなたのところに来られる。この方は正しい方で、救いを賜わり、柔和で、ろばに乗られる。それも、雌ろばの子の子ろばに。
わたしは戦車をエフライムから、軍馬をエルサレムから絶やす。戦いの弓も断たれる。この方は諸国の民に平和を告げ、その支配は海から海へ、大川から地の果てに至る。
メモ: 私はこの方の友であり、弟子であり、働き手であることを非常に嬉しく思う。
2009/ 9/17 読: ゼカリヤ書 12章〜14章
選: ゼカリヤ書 14章 11節〜12節
そこには人々が住み、もはや絶滅されることはなく、エルサレムは安らかに住む。
主は、エルサレムを攻めに来るすべての国々の民にこの災害を加えられる。彼らの肉をまだ足で立っているうちに腐らせる。彼らの目はまぶたの中で腐り、彼らの舌は口の中で腐る。
メモ: 主が守っているものに対して、戦いを仕掛けてくる愚者はだれか。見極めよ。
2009/ 9/18 読: マラキ書 1章〜3章
選: マラキ書 2章 12節〜14節
「なぜなのか。」とあなたがたは言う。それは主が、あなたとあなたの若い時の妻との証人であり、あなたがその妻を裏切ったからだ。彼女はあなたの伴侶であり、あなたの契約の妻であるのに。
神は人を一体に造られたのではないか。彼には、霊の残りがある。その一体の人は何を求めるのか。神の子孫ではないか。あなたがたは、あなたがたの霊に注意せよ。あなたの若い時の妻を裏切ってはならない。
「わたしは、離婚を憎む。」とイスラエルの神、主は仰せられる。「わたしは、暴力でその着物をおおう。」と万軍の主は仰せられる。あなたがたは、あなたがたの霊に注意せよ。裏切ってはならない。
メモ: 「神様に従って行きます。」と約束してから、何度よそ見をしたでしょうか。
2009/ 9/19 読: マラキ書 4章、マタイの福音書 1章〜2章
選: マラキ書 4章 1節〜2節
見よ。その日が来る。かまどのように燃えながら。その日、すべて高ぶる者、すべて悪を行なう者は、わらとなる。来ようとしているその日は、彼らを焼き尽くし、根も枝も残さない。・・万軍の主は仰せられる。・・
しかし、わたしの名を恐れるあなたがたには、義の太陽が上り、その翼には、癒しがある。あなたがたは外に出て、牛舎の子牛のようにはね回る。
メモ: 「しかし、わたしの名を恐れるあなたがたには、」僕のことが語られている。
2009/ 9/20 読: マタイの福音書 3章〜5章
選: マタイの福音書 3章 16節〜17節
こうして、イエスはバプテスマを受けて、すぐに水から上がられた。すると、天が開け、神の御霊が鳩のように下って、自分の上に来られるのをご覧になった。
また、天からこう告げる声が聞こえた。「これは、わたしの愛する子、わたしはこれを喜ぶ。」
メモ: イエスは、神様に「わたしの愛する子。」と言われた。イエスは神様の子だ。
2009/ 9/21 読: マタイの福音書 6章〜8章
選: マタイの福音書 6章 14節〜15節
もし人の罪を赦すなら、あなたがたの天の父もあなたがたを赦してくださいます。
しかし、人を赦さないなら、あなたがたの父もあなたがたの罪をお赦しになりません。
メモ: 自分で黒い部分を手放さないでいれば、真っ白な心になるはずがないと思う。
2009/ 9/22 読: マタイの福音書 9章〜11章
選: マタイの福音書 9章 11節〜13節
すると、これを見たパリサイ人たちが、イエスの弟子たちに言った。「なぜ、あなたがたの先生は、取税人や罪人たちといっしょに食事をするのですか。」
イエスはこれを聞いて言われた。「医者を必要とするのは丈夫な者ではなく、病人です。
『わたしはあわれみは好むが、いけにえは好まない。』とはどういう意味か、行って学んで来なさい。わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招くために来たのです。」
メモ: 神様から見て、正しい人は存在しない。すべての人にイエス様が必要なのだ。
2009/ 9/23 読: マタイの福音書 12章〜14章
選: マタイの福音書 13章 13節
わたしが彼らにたとえで話すのは、彼らは見てはいるが見ず、聞いてはいるが聞かず、また、悟ることもしないからです。
メモ: 自然界も神様からのたとえ話しで満ちているはず。もっと悟る人になりたい。
2009/ 9/24 読: マタイの福音書 15章〜17章
選: マタイの福音書 17章 27節
しかし、彼らにつまずきを与えないために、湖に行って釣りをして、最初に釣れた魚を取りなさい。その口をあけるとスタテル一枚が見つかるから、それを取って、わたしとあなたとの分として納めなさい。」
メモ: イエス様はなぜ「釣り」をペテロにさせたのか。彼の得意業だったからかな。
2009/ 9/25 読: マタイの福音書 18章〜20章
選: マタイの福音書 18章 18節〜19節
まことに、あなたがたに告げます。何でもあなたがたが地上でつなぐなら、それは天においてもつながれており、あなたがたが地上で解くなら、それは天においても解かれているのです。
まことに、あなたがたにもう一度、告げます。もし、あなたがたのうちふたりが、どんな事でも、地上で心を一つにして祈るなら、天におられるわたしの父は、それをかなえてくださいます。
メモ: この約束を自分のものにしなくちゃもったいない。後は実行のみ。楽しみだ。
2009/ 9/26 読: マタイの福音書 21章〜23章
選: マタイの福音書 22章 37節〜39節
そこで、イエスは彼に言われた。「『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』
これがたいせつな第一の戒めです。
『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』という第二の戒めも、それと同じようにたいせつです。
メモ: 自分をも含め、神様が創造された「人」を愛することが平和への道だと思う。
2009/ 9/27 読: マタイの福音書 24章〜26章
選: マタイの福音書 26章 7節〜9節
ひとりの女がたいへん高価な香油のはいった石膏のつぼを持ってみもとに来て、食卓に着いておられたイエスの頭に香油を注いだ。
弟子たちはこれを見て、憤慨して言った。「何のために、こんなむだなことをするのか。
この香油なら、高く売れて、貧乏な人たちに施しができたのに。」
メモ: イエス様に行われたことを「むだなこと。」と言った弟子たち。自分はどう。
2009/ 9/28 読: マタイの福音書 27章〜28章、マルコの福音書 1章
選: マタイの福音書 28章 11節〜13節
女たちが行き着かないうちに、もう、数人の番兵が都に来て、起こった事を全部、祭司長たちに報告した。
そこで、祭司長たちは民の長老たちとともに集まって協議し、兵士たちに多額の金を与えて、
こう言った。「『夜、私たちが眠っている間に、弟子たちがやって来て、イエスを盗んで行った。』と言うのだ。
メモ: 最初にイエス様の復活を伝えたのは番兵のようだ。真実を信じれば楽なのに。
2009/ 9/29 読: マルコの福音書 2章〜4章
選: マルコの福音書 4章 37節〜39節
すると、激しい突風が起こり、舟は波をかぶって水でいっぱいになった。
ところがイエスだけは、とものほうで、枕をして眠っておられた。弟子たちはイエスを起こして言った。「先生。私たちがおぼれて死にそうでも、何とも思われないのですか。」
イエスは起き上がって、風をしかりつけ、湖に「黙れ、静まれ。」と言われた。すると風はやみ、大なぎになった。
メモ: 僕がおぼれてしまえばイエス様もおぼれてしまう。そんなことは有り得ない。
2009/ 9/30 読: マルコの福音書 5章〜7章
選: マルコの福音書 5章 35節〜36節
イエスが、まだ話しておられるときに、会堂管理者の家から人がやって来て言った。「あなたのお嬢さんはなくなりました。なぜ、このうえ先生を煩わすことがありましょう。」
イエスは、その話しのことばをそばで聞いて、会堂管理者に言われた。「恐れないで、ただ信じていなさい。」
メモ: イエス様の業に限界をもうけた人々。神様の業に限界はないことを忘れずに。
前Page