前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2009年 10月)

2009/10/ 1 読: マルコの福音書 8章〜10章
選: マルコの福音書 10章 51節〜52節
そこでイエスは、さらにこう言われた。「わたしに何をしてほしいのか。」すると、盲人は言った。「先生。目が見えるようになることです。」
するとイエスは、彼に言われた。「さあ、行きなさい。あなたの信仰があなたを救ったのです。」すると、すぐさま彼は見えるようになり、イエスの行かれる所について行った。
メモ: 「わたしに何をしてほしいのですか。」素直に答えることがベストだと思う。
2009/10/ 2 読: マルコの福音書 11章〜13章
選: マルコの福音書 13章 31節
この天地は滅びます。しかし、わたしのことばは決して滅びることがありません。
メモ: 「この天地は滅びます。」「滅びるかも知れません」とは書いてありません。
2009/10/ 3 読: マルコの福音書 14章〜16章
選: マルコの福音書 15章 22節
そして、彼らはイエスをゴルゴタの場所(訳すと、「どくろ」の場所)へ連れて行った。
メモ: 神の子は「生きるに値しないもの」とされた。自分たちこそ「どくろ」だよ。
2009/10/ 4 読: ルカの福音書 1章〜3章
選: ルカの福音書 2章 34節〜35節
また、シメオンは両親を祝福し、母マリヤに言った。「ご覧なさい。この子は、イスラエルの多くの人が倒れ、また、立ち上がるために定められ、また、反対を受けるしるしとして定められています。
剣があなたの心さえも刺し貫くでしょう。それは多くの人の心の思いが現われるためです。」
メモ: 真理の光に照らされると、ほんとうの姿が見えてくる。みんな救いが必要だ。
2009/10/ 5 読: ルカの福音書 4章〜6章
選: ルカの福音書 6章 45節
良い人は、その心の良い倉から良い物を出し、悪い人は、悪い倉から悪い物を出します。なぜなら人の口は、心に満ちているものを話すからです。
メモ: 人は心に満ちていることがらを、お酒の席等で、より話しやすくなると思う。
2009/10/ 6 読: ルカの福音書 7章〜9章
選: ルカの福音書 7章 29節〜30節
ヨハネの教えを聞いたすべての民は、取税人たちさえ、ヨハネのバプテスマを受けて、神の正しいことを認めたのです。
これに反して、パリサイ人、律法の専門家たちは、彼からバプテスマを受けないで、神の自分たちに対するみこころを拒みました。
メモ: 自分は対象者ではないと思い、神様のみこころを拒んでいることがあるかも。
2009/10/ 7 読: ルカの福音書 10章〜12章
選: ルカの福音書 10章 41節〜42節
主は答えて言われた。「マルタ、マルタ。あなたは、いろいろなことを心配して、気を使っています。
しかし、どうしても必要なことはわずかです。いや、一つだけです。マリヤはその良いほうを選んだのです。彼女からそれを取り上げてはいけません。」
メモ: マリヤが選んだのは、「みことばに聞き入る」ことでした。見習いましょう。
2009/10/ 8 読: ルカの福音書 13章〜15章
選: ルカの福音書 13章 14節〜16節
すると、それを見た会堂管理者は、イエスが安息日にいやされたのを憤って、群衆に言った。「働いてよい日は六日です。その間に来て直してもらうがよい。安息日には、いけないのです。」
しかし、主は彼に答えて言われた。「偽善者たち。あなたがたは、安息日に、牛やろばを小屋からほどき、水を飲ませに連れて行くではありませんか。
この女はアブラハムの娘なのです。それを十八年もの間サタンが縛っていたのです。安息日だからといってこの束縛を解いてやってはいけないのですか。」
メモ: 神の子に意見するなんて。身分をわきまえなさい。で、自分はどうなのかな。
2009/10/ 9 読: ルカの福音書 16章〜18章
選: ルカの福音書 17章 12節〜13節
ある村にはいると、十人のらい病人がイエスに出会った。彼らは遠く離れた所に立って、
声を張り上げて、「イエスさま、先生。どうぞあわれんでください。」と言った。
メモ: 行き場のない十人の病人達は、周りを気にせずに素直に願った。見習います。
2009/10/10 読: ルカの福音書 19章〜21章
選: ルカの福音書 21章 2節〜4節
また、ある貧しいやもめが、そこにレプタ銅貨二つを投げ入れているのをご覧になった。
それでイエスは言われた。「わたしは真実をあなたがたに告げます。この貧しいやもめは、どの人よりもたくさん投げ入れました。
みなは、あり余る中から献金を投げ入れたのに、この女は、乏しい中から、持っていた生活費の全部を投げ入れたからです。」
メモ: 神様の「たくさん」と、私たちの「たくさん」とは、基準が違うようだ。
2009/10/11 読: ルカの福音書 22章〜24章
選: ルカの福音書 22章 36節〜37節
そこで言われた。「しかし、今は、財布のある者は財布を持ち、同じく袋を持ち、剣のない者は着物を売って剣を買いなさい。
あなたがたに言いますが、『彼は罪人たちの中に数えられた。』と書いてあるこのことが、わたしに必ず実現するのです。わたしにかかわることは実現します。」
メモ: イエス様が「罪人たちの中に数えられた」時、弟子達を守る者はいなかった。
2009/10/12 読: ヨハネの福音書 1章〜3章
選: ヨハネの福音書 2章 14節〜16節
そして、宮の中に、牛や羊や鳩を売るものたちと両替人たちがすわっているのをご覧になり、
細なわでむち作って、羊も牛もみな、宮から追い出し、両替人の金を散らし、その台を倒し、
また、鳩を売る者に言われた。「それをここから持って行け。わたしの父の家を商売の家としてはならない。」
メモ: 宮は祈りの家。心の中からも、祈りを妨げることがらを追い出す必要がある。
2009/10/13 読: ヨハネの福音書 4章〜6章
選: ヨハネの福音書 6章 5節〜6節
イエスは目を上げて、大ぜいの人の群れがご自分のほうに来るのを見て、ピリポに言われた。「どこからパンを買って来て、この人々に食べさせようか。」
もっとも、イエスは、ピリポをためしてこう言われたのであった。イエスは、ご自分では、しようとしていることを知っておられたからである。
メモ: 信仰が試されるときがあるのです。しかし、心配する必要はなさそうですね。
2009/10/14 読: ヨハネの福音書 7章〜9章
選: ヨハネの福音書 9章 30節〜31節
彼は答えて言った。「これは、驚きました。あなたがたは、あの方がどこから来られたのか、ご存じないと言う。しかし、あの方は私の目をおあけになったのです。
神は、罪人の言うことはお聞きになりません。しかし、だれでも神を敬い、そのみこころを行なうなら、神はその人の言うことを聞いてくださると、私たちは知っています。
メモ: 「私たちは知っています。」一つの事実として「知っています」と言い切る。
2009/10/15 読: ヨハネの福音書 10章〜12章
選: ヨハネの福音書 11章 13節〜15節
しかし、イエスは、ラザロの死のことを言われたのである。だが、彼らは眠った状態のことを言われたものと思った。
そこで、イエスはそのとき、はっきりと彼らに言われた。「ラザロは死んだのです。
わたしは、あなたがたのため、すなわちあなたがたが信じるためには、わたしがその場に居合わせなかったことを喜んでいます。さあ、彼のところへ行きましょう。」
メモ: 神様は、我々の信仰を確かなものとするために、最悪を赦されることもある。
2009/10/16 読: ヨハネの福音書 13章〜15章
選: ヨハネの福音書 14章 16節〜17節
わたしは父にお願いします。そうすれば、父はもうひとりの助け主をあなたがたにお与えになります。その助け主がいつまでもあなたがたと、ともにおられるためにです。
その方は、真理の御霊です。世はその方を受け入れることができません。世はその方を見もせず、知りもしないからです。しかし、あなたがたはその方を知っています。その方はあなたがたとともに住み、あなたがたのうちにおられるからです。
メモ: もうひとりの助け主をどれだけ意識して生活しているのだろうか。情けない。
2009/10/17 読: ヨハネの福音書 16章〜18章
選: ヨハネの福音書 18章 1節〜2節
イエスはこれらのことを話し終えられると、弟子たちとともに、ケデロンの川筋の向こう側に出て行かれた。そこに園があって、イエスは弟子たちといっしょに、そこにはいられた。
ところで、イエスを裏切ろうとしていたユダもその場所を知っていた。イエスがたびたび弟子たちとそこで会合されたからである。
メモ: イエス様は弟子たちとどのような内容のミーティングをしていたのだろうか。
2009/10/18 読: ヨハネの福音書 19章〜21章
選: ヨハネの福音書 21章 24節〜25節
これらのことについてあかしした者、またこれらのことを書いた者は、その弟子である。そして、私たちは、彼のあかしが真実であることを、知っている。
イエスが行なわれたことは、ほかにもたくさんあるが、もしそれらをいちいち書きしるすなら、世界も、書かれた書物を入れることができまい、と私は思う。
メモ: イエス様のことをもっと知りたいと思うが、教えを守らなければ意味がない。
2009/10/19 読: 使徒の働き 1章〜3章
選: 使徒の働き 3章 10節〜11節
そして、これが、施しを求めるために宮の「美しの門」にすわっていた男だとわかると、この人の身に起こったことに驚き、あきれた。
この人が、ペテロとヨハネにつきまとっている間に、非常に驚いた人々がみないっせいに、ソロモンの廊という回廊にいる彼らのところに、やって来た。
メモ: 神様のわざがなされるところに、人は、呼ばれなくても集まってくるようだ。
2009/10/20 読: 使徒の働き 4章〜6章
選: 使徒の働き 4章 15節〜17節
彼らはふたりに議会から退場するように命じ、そして互いに協議した。
彼らは言った。「あの人たちをどうしよう。あの人たちによって著しいしるしが行なわれたことは、エルサレムの住民全部に知れ渡っているから、われわれはそれを否定できない。
しかし、これ以上民の間に広がらないために、今後だれにもこの名によって語ってはならないと、彼らをきびしく戒めよう。」
メモ: 当時の指導者たちの努力もむなしく、福音は現在も語り伝えられているのだ。
2009/10/21 読: 使徒の働き 7章〜9章
選: 使徒の働き 7章 12節〜14節
しかし、ヤコブはエジプトに穀物があると聞いて、初めに私たちの先祖たちを遣わしました。
二回目のとき、ヨセフは兄弟たちに、自分のことを打ち明け、ヨセフの家族のことがパロに明らかになりました。
そこで、ヨセフは人をやって、父ヤコブと七十五人の全親族を呼び寄せました。
メモ: 歴史は人の行為によって動いているようだが、すべては神様の手の中にある。
2009/10/22 読: 使徒の働き 10章〜12章
選: 使徒の働き 10章 9節
その翌日、この人たちが旅を続けて、町の近くまで来たころ、ペテロは祈りをするために屋上に上った。昼の十二時頃であった。
メモ: イエス様の弟子たちは、一日に何度祈りのために時間をとっていたのだろう。
2009/10/23 読: 使徒の働き 13章〜15章
選: 使徒の働き 14章 19節〜20節
ところが、アンテオケとイコニオムからユダヤ人たちが来て、群衆を抱き込み、パウロを石打ちにし、死んだものと思って、町の外に引きずり出した。
しかし、弟子たちがパウロを取り囲んでいると、彼は立ち上がって町にはいって行った。その翌日、彼はバルナバとともにデルベに向かった。
メモ: 神様の愛と力は、人の憎しみのパワーよりもはるかに強いのだ。安心ですね。
2009/10/24 読: 使徒の働き 16章〜18章
選: 使徒の働き 16章 30節〜32節
そして、ふたりを外に連れ出して「先生がた。救われるためには、何をしなければなりませんか。」と言った。
ふたりは、「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます。」と言った。
そして、彼とその家の者全部に主のことばを語った。
メモ: 「主イエスを信じなさい。」そうすれば救われます。他の方法はありません。
2009/10/25 読: 使徒の働き 19章〜21章
選: 使徒の働き 19章 23節〜25節
のころ、この道のことから、ただならぬ騒動が持ち上がった。
それというのは、デメテリオという銀細工人がいて、銀でアルテミス神殿の模型を作り、職人たちにかなりの収入を得させていたが、
彼が、その職人たちや、同業の者たちをも集めて、こう言ったからである。「皆さん。ご承知のように、私たちが繁盛しているのは、この仕事のおかげです。
メモ: 「私たちが繁栄しているのは、人を迷わす仕事のおかげです。」とも言える。
2009/10/26 読: 使徒の働き 22章〜24章
選: 使徒の働き 24章 12節〜13節
そして、宮でも会堂でも、また市内でも、私がだれかと論争したり、群衆を騒がせたりするのを見た者はありません。
いま私を訴えていることについて、彼らは証拠をあげることができないはずです。
メモ: 論争は無意味。神様は必要に応じ、適切なことばと判断力を与えてくださる。
2009/10/27 読: 使徒の働き 25章〜27章
選: 使徒の働き 26章 15節〜18節
私が『主よ。あなたはどなたですか。』と言いますと、主がこう言われました。『わたしは、あなたが迫害しているイエスである。
起き上がって、自分の足で立ちなさい。わたしがあなたに現われたのは、あなたが見たこと、また、これから後わたしがあなたに現われて示そうとすることについて、あなたを奉仕者、また証人に任命するためである。
わたしは、この民と異邦人との中からあなたを救い出し、彼らのところに遣わす。
それは彼らの目を開いて、暗やみから光に、サタンの支配から神に立ち返らせ、わたしを信じる信仰によって、彼らに罪の赦しを得させ、聖なるものとされた人々の中にあって御国を受け継がせるためである。』
メモ: イエス様が語ったことば。神様が望んでいることがはっきりと書かれている。
2009/10/28 読: 使徒の働き 28章、ローマ人への手紙 1章〜2章
選: 選: ローマ人への手紙 2章 1節
ですから、すべて他人をさばく人よ。あなたに弁解の余地はありません。あなたは、他人をさばくことによって、自分自身を罪に定めています。さばくあなたが、それと同じことを行なっているからです。
メモ: 神様から自分に与えられた課題、試練等と思えば、他人に原因をさがさない。
2009/10/29 読: ローマ人への手紙 3章〜5章
選: ローマ人への手紙 3章 22節〜24節
すなわち、イエス・キリストを信じる信仰による神の義であって、それはすべての信じる人に与えられ、何の差別もありません。
すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、
ただ、神の恵により、キリスト・イエスによる贖いのゆえに、価なしに義と認められるのです。
メモ: これぞ福音です。吉報です。簡単すぎて、受け入れることができないのかな。
2009/10/30 読: ローマ人への手紙 6章〜8章
選: ローマ人への手紙 6章 22節〜24節
しかし今は、罪から解放されて神の奴隷となり、聖潔に至る実を得たのです。その行き着く所は永遠のいのちです。
罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。
メモ: 永遠のいのちを受けている者らしく、喜びに満ち、生活しているのだろうか。
2009/10/31 読: ローマ人への手紙 9章〜11章
選: ローマ人への手紙 9章 31節〜33節
しかし、イスラエルは、義の律法を追い求めながら、その律法に到達しませんでした。
なぜでしょうか。信仰によって追い求めることをしないで、行ないによるかのように追い求めたからです。彼らは、つまずきの石につまずいたのです。
それは、こう書かれているとおりです。「見よ。わたしは、シオンに、つまづきの石、妨げの岩を置く。彼に信頼する者は、失望させられることがない。」
メモ: 難行苦行等で神様が満足するはずがない。求められているのは信仰だけです。
前Page