前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2009年 11月)

2009/11/ 1 読: ローマ人への手紙 12章〜14章
選: ローマ人への手紙 13章 9節〜10節
「姦淫するな、殺すな、盗むな、むさぼるな。」という戒め、またほかにどんな戒めがあっても、それらは、「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。」ということばの中に要約されているからです。
愛は隣人に対して害を与えません。それゆえ、愛は律法を全うします。
メモ: 愛は律法の上に位置するもの。ただし、神様が与える愛が基準になると思う。
2009/11/ 2 読: ローマ人への手紙 15章〜16章、コリント人への手紙 第T 1章
選: コリント人への手紙 第T 1章 30節〜31節
しかしあなたがたは、神によってキリスト・イエスのうちにあるのです。キリストは、私たちにとって、神の知恵となり、また、義と聖めと、贖いとになられました。
まさしく、「誇る者は主にあって誇れ。」と書かれているとおりになるためです。
メモ: 「誇る者は主にあって誇れ」をもっと日々の生活で意識していきたいと思う。
2009/11/ 3 読: コリント人への手紙 第T 2章〜4章
選: コリント人への手紙 第T 4章 12節〜13節
また、私たちは苦労して自分の手で働いています。はずかしめられるときにも祝福し、迫害されるときにも耐え忍び、
ののしられるときには、慰めのことばをかけます。今でも、私たちはこの世のちり、あらゆるもののかすです。
メモ: みんなにどう思われようかが問題ではない。神様がどう思っているかが基準。
2009/11/ 4 読: コリント人への手紙 第T 5章〜7章
選: コリント人への手紙 第T 5章 6節〜8節
あなたがたの高慢は、よくないことです。あなたがたは、ほんのわずかのパン種が、粉のかたまり全体をふくらませることを知らないのですか。
新しい粉のかたまりのままでいるために、古いパン種を取り除きなさい。あなたがたはパン種のないものだからです。私たちの過越の小羊キリストが、すでにほふられたからです。
ですから、私たちは、古いパン種を用いたり、悪意と不正のパン種を用いたりしないで、パン種のはいらない、純粋で真実なパンで、祭りをしようではありませんか。
メモ: 普段は表に出てこない良くない思い。熱が加われば支配される。取り除こう。
2009/11/ 5 読: コリント人への手紙 第T 8章〜10章
選: コリント人への手紙 第T 10章 23節〜24節
すべてのことは、してもよいのです。しかし、すべてのことが有益とはかぎりません。すべてのことは、してもよいのです。しかし、すべてのことが徳を高めるとはかぎりません。
だれでも、自分の利益を求めないで、他人の利益を心がけなさい。
メモ: 「自分の利益を求めないで、他人の利益を心掛る」と、自分が一番得しそう。
2009/11/ 6 読: コリント人への手紙 第T 11章〜13章
選: コリント人への手紙 第T 13章 4節〜7節
愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません。
礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず、
不正を喜ばずに真理を喜びます。
すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。
メモ: 愛とは何か。勘違いしている人が多いと思う。考えなおして実践してみよう。
2009/11/ 7 読: コリント人への手紙 第T 14章〜16章
選: コリント人への手紙 第T 15章 17節〜19節
そして、もしキリストがよみがえらなかったのなら、あなたがたの信仰はむなしく、あなたがたは今もなお、自分の罪の中にいるのです。
そうだったら、キリストにあって眠った者たちは、滅んでしまったのです。
もし、私たちがこの世にあってキリストに単なる希望を置いているだけなら、私たちは、すべての人の中で一番哀れな者です。
メモ: キリストはよみがえりました。だから今も存在しています。これは実話です。
2009/11/ 8 読: コリント人への手紙 第U 1章〜3章
選: コリント人への手紙 第U 3章 18節
私たちはみな、顔のおおいを取りのけられて、鏡のように主の栄光を反映させながら、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられて行きます。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。
メモ: 御霊なる主が自由に働くことができれば、私たちはすごいことになるようだ。
2009/11/ 9 コリント人への手紙 第U 4章〜6章
選: コリント人への手紙 第U 6章 10節
悲しんでいるようでも、いつも喜んでおり、貧しいようでも、多くの人を富ませ、何も持たないようでも、すべてのものを持っています。
メモ: 天国人の発言か。見た目だけでは分からない、心の中に隠されている宝だな。
2009/11/10 読: コリント人への手紙 第U 7章〜9章
選: コリント人への手紙 第U 8章 3節〜4節
私はあかしします。彼らは自ら進んで、力に応じ、いや力以上にささげ、
聖徒たちをささえる交わりの恵みにあずかりたいと、熱心に私たちに願ったのです。
メモ: 彼らは、聖徒たちをささえる交わりの恵みにあずかりたい、と熱心に願った。
2009/11/11 読: コリント人への手紙 第U 10章〜12章
選: コリント人への手紙 第U 10章 7節
あなたがたは、うわべのことだけを見ています。もし自分はキリストに属する者だと確信している人がいるなら、その人は、自分がキリストに属しているように、私たちもまたキリストに属しているということを、もう一度、自分でよく考えなさい。
メモ: 「見下す」とも言える、自分が陥りやすい状態を指摘されている。改心必要。
2009/11/12 読: コリント人への手紙 第U 13章、ガラテヤ人への手紙 1章〜2章
選: コリント人への手紙 第U 13章 5節〜6節
あなたがたは、信仰に立っているかどうか、自分自身をためし、また吟味しなさい。それとも、あなたがたのうちにはイエス・キリストがおられることを、自分で認めないのですか。・・あなたがたがそれに不適格であれば別です。・・
しかし、私たちは不適格でないことを、あなたがたが悟るように私は望んでいます。
メモ: 信仰に立っている人のうちにはイエス・キリストがおられる。不敵格者なし。
2009/11/13 読: ガラテヤ人への手紙 3章〜5章
選: ガラテヤ人への手紙 4章 16節〜17節
それでは、私は、あなたがたに真理を語ったために、あなたがたの敵になったのでしょうか。
あなたがたに対するあの人々の熱心は正しいものではありません。彼らはあなたがたを自分たちに熱心にならせようとして、あなたがたを福音の恵みから締め出そうとしているのです。
メモ: 真理を受け入れない人は、真理に属さない人。何かに縛られてしまっている。
2009/11/14 読: ガラテヤ人への手紙 6章、エペソ人への手紙 1章〜2章
選: エペソ人への手紙 2章 14節〜17節
キリストこそ私たちの平和であり、二つのものを一つにし、隔ての壁を打ちこわし、
ご自分の肉において、敵意を廃棄された方です。敵意とは、さまざまの規定から成り立っている戒めの律法なのです。このことは、二つのものをご自身において新しいひとりの人に造り上げて、平和を実現するためであり、
また、両者を一つのからだとして、十字架によって神と和解させるためなのです。敵意は十字架によって葬り去られました。
それからキリストは来られて、遠くにいたあなたがたに平和を宣べ、近くにいた人たちにも平和を宣べられました。
メモ: キリスト者は、キリスト故に、平和を創りだす力を持ち合わせていると思う。
2009/11/15 読: エペソ人への手紙 3章〜5章
選: エペソ人への手紙 5章 33節
それはそうとして、あなたがたも、おのおの自分の妻を自分と同様に愛しなさい。妻もまた自分の夫を敬いなさい。
メモ: 「自分の妻を自分と同様に愛しなさい。」こんな自分も神様に愛されている。
2009/11/16 読: エペソ人への手紙 6章、ピリピ人への手紙 1章〜2章
選: ピリピ人への手紙 2章 6節〜7節
キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることができないとは考えないで、
ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられたのです。
メモ: キリストは「仕える者」の姿をとった。人は「仕える者」として創造された。
2009/11/17 読: ピリピ人への手紙 3章〜4章、コロサイ人への手紙 1章
選: ピリピ人への手紙 4章 9節
あなたがたが私から学び、受け、聞き、また見たことを実行しなさい。そうすれば、平和の神があなたがたとともにいてくださいます。
メモ: 信仰生活においては、非常識と思われることをも実行する場合が多いと思う。
2009/11/18 読: コロサイ人への手紙 2章〜4章
選: コロサイ人への手紙 4章 17節
アルキポに、「主にあって受けた務めを、注意してよく果たすように。」と言ってください。
メモ: 私の「主にあって受けた勤め」とは、何だろうか。確信をもって行ないたい。
2009/11/19 読: テサロニケ人への手紙 第T 1章〜3章
選: テサロニケ人への手紙 第T 3章 11節〜12節
どうか、私たちの父なる神であり、また私たちの主イエスである方ご自身が、私たちの道を開いて、あなたがたのところに行かせてくださいますように。
また、私たちがあなたがたを愛しているように、あなたがたの互いの間の愛を、またすべての人に対する愛を増させ、満ちあふれさせてくださいますように。
メモ: 神様ご自信が、私の、すべての人に対する愛を増させてくださいますように。
2009/11/20 読: テサロニケ人への手紙 第T 4章〜5章、テサロニケ人への手紙 第U 1章
選: テサロニケ人への手紙 第U 1章 3節
兄弟たち。あなたがたのことについて、私たちはいつも神に感謝しなければなりません。そうするのが当然なのです。なぜならあなたがたの信仰が目に見えて成長し、あなたがたすべての間で、ひとりひとりに相互の愛が増し加わっているからです。
メモ: キリスト者の信仰は成長するものであり、互いの愛は増し加わるはずである。
2009/11/21 読: テサロニケ人への手紙 第U 2章〜3章、テモテへの手紙 第T 1章
選: テサロニケ人への手紙 第U 2章 6節〜7節
どうか、私たちの主イエス・キリストであり、私たちの父なる神である方、すなわち、私たちを愛し、恵みによって永遠の慰めとすばらしい望みとを与えてくださった方ご自身が、
あらゆる良いわざとことばとに進むよう、あなたがたの心を慰め、強めてくださいますように。
メモ: 私の主イエス・キリストであり、私の父なる神である方にお願いできる幸せ。
2009/11/22 読: テモテへの手紙 第T 2章〜4章
選: テモテへの手紙 第T 2章 1節
そこで、まず初めに、このことを勧めます。すべての人のために、また王とすべての高い地位にある人たちのために願い、祈り、とりなし、感謝がささげられるようにしなさい。
メモ: 願い、祈り、とりなし、感謝についての初歩的なことを生活の一部にしたい。
2009/11/23 読: テモテへの手紙 第T 5章〜6章、テモテへの手紙 第U 1章
選: テモテへの手紙 第U 1章 13節〜14節
あなたは、キリスト・イエスにある信仰と愛をもって、私から聞いた健全なことばを手本にしなさい。
そして、あなたにゆだねられた良いものを、私たちのうちに宿る聖霊によって、守りなさい。
メモ: 「私たちのうちに宿る聖霊によって、、、」聖霊の働きをもっと意識したい。
2009/11/24 読: テモテへの手紙 第U 2章〜4章
選: テモテへの手紙 第U 3章 16節〜17節
聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。
それは、神の人が、すべての良い働きのためにふさわしい十分に整えられた者となるためです。
メモ: 神様の霊感によって書かれた聖書。信じないほうがおかしいと改めて思った。
2009/11/25 読: テトスへの手紙 1章〜3章
選: テトスへの手紙 3章 5節〜6節
神は、私たちが行なった義のわざによってではなく、ご自分のあわれみのゆえに、聖霊による、新生と更新との洗いをもって私たちを救ってくださいました。
神は、この聖霊を、私たちの救い主なるイエス・キリストによって、私たちに豊かに注いでくださったのです。
メモ: 聖霊の働きを妨げているのは、自分のいろいろな負の思い込みかもしれない。
2009/11/26 読: ピレモンへの手紙 1章、ヘブル人への手紙 1章〜2章
選: ピレモンへの手紙 1章 22節
それにまた、私の宿の用意もしておいてください。あなたがたの祈りによって、私もあなたがたのところに行けることと思っています。
メモ: 「あなたがたの祈りによって、、、」祈りには何かを動かす力があるようだ。
2009/11/27 読: ヘブル人への手紙 3章〜5章
選: ヘブル人への手紙 3章 18節〜19節
また、わたしの安息にはいらせないと神が誓われたのは、ほかでもない、従おうとしなかった人たちのことではありませんか。
それゆえ、彼らが安息にはいれなかったのは、不信仰のためであったことがわかります。
メモ: 神様の御ことば、教えに従えば、安息にはいれる。ただし、信仰が伴います。
2009/11/28 読: ヘブル人への手紙 6章〜8章
選: ヘブル人への手紙 6章 7節〜8節
土地は、その上にしばしば降る雨を吸い込んで、これを耕す人たちのために有用な作物を生じるなら、神の祝福にあずかります。
しかし、いばらやあざみなどを生えさせるなら、無用なものであって、やがてのろいを受け、ついには焼かれてしまいます。
メモ: 神様からの祝福は、すべての人に注がれている。妨げる物を排除しましょう。
2009/11/29 読: ヘブル人への手紙 9章〜11章
選: ヘブル人への手紙 10章 17節〜19節
「わたしは、もはや決して彼らの罪と不法とを思い出すことはしない。」
これらのことが赦されるところでは、罪のためのささげ物はもはや無用です。
こういうわけですから、兄弟たち。私たちは、イエスの血によって、大胆にまことの聖所にはいることができるのです。
メモ: 「こんな私が神様に受け入れられるはすがない」と考えてはいけないのです。
2009/11/30 読: ヘブル人への手紙 12章〜13章、ヤコブの手紙 1章
選: ヤコブの手紙 1章 5節〜8節
あなたがたの中に知恵の欠けた人がいるなら、その人は、だれにでも惜しげなく、とがめることなくお与えになる神に願いなさい。そうすればきっと与えられます。
ただし、少しも疑わずに、信じて願いなさい。疑う人は、風に吹かれて揺れ動く、海の大波のようです。
そういう人は、主から何かをいただけると思ってはなりません。
そういうのは、二心のある人で、その歩む道のすべてに安定を欠いた人です。
メモ: 「ただし、少しも疑わずに、信じて願いなさい。」素直な心で受け入れます。
前Page