前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2009年 12月)

2009/12/ 1 読: ヤコブの手紙 2章〜4章
選: ヤコブの手紙 2章 16節〜17節
あなたがたのうちだれかが、その人たちに、「安心して行きなさい。暖かになり、十分に食べなさい。」と言っても、もしからだに必要な物を与えないなら、何の役に立つでしょう。
それと同じように、信仰も、もし行ないがなかったなら、それだけでは、死んだものです。
メモ: 言うことは簡単。みんなと同じ判断基準での行動なら、信仰なんていらない。
2009/12/ 2 読: ヤコブの手紙 5章、ペテロの手紙 第T 1章〜2章
選: ペテロの手紙 第T 1章 17節
また、人をそれぞれのわざに従って公平にさばかれる方を父と呼んでいるのなら、あなたがたが地上にしばらくとどまっている間の時を、恐れかしこんで過ごしなさい。
メモ: 公平さに疑問を抱いたときは、正しい判断をする天のお父様に任せましょう。
2009/12/ 3 読: ペテロの手紙 第T 3章〜5章
選: ペテロの手紙 第T 3章 11節
悪から遠ざかって善を行ない、平和を求めてこれを追い求めよ。
メモ: 「善を行い、平和を求めてこれを追い求めよ。」行動が要求されているのだ。
2009/12/ 4 読: ペテロの手紙 第U 1章〜3章
選: ペテロの手紙 第U 3章 17節
愛する人たち。そういうわけですから、このことをあらかじめ知っておいて、よく気をつけ、無節操な者たちの迷いに誘い込まれて自分自身の堅実さを失うことにならないようにしなさい。
メモ: 基本的な事だと思うが、陥りやすいわなだと思う。流されない人生を歩もう。
2009/12/ 5 読: ヨハネの手紙 第T 1章〜3章
選: ヨハネの手紙 第T 1章 6節
もし私たちが、神と交わりがあると言っていながら、しかもやみの中を歩んでいるなら、私たちは偽りを言っているのであって、真理を行なってはいません。
メモ: 闇の中では、正しい判断をするための事柄すら見えない。光の中を歩みます。
2009/12/ 6 読: ヨハネの手紙 第T 4章〜5章、ヨハネの手紙 第U 1章
選: ヨハネの手紙 第T 4章 10節〜11節
私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。
愛する者たち。神がこれほどまでに私たちを愛してくださったのなら、私たちもまた互いに愛し合うべきです。
メモ: 最高の権威者が来て、あなたが幸せになるために身代わりになるよと言った。
2009/12/ 7 読: ヨハネの手紙 第V 1章、ユダの手紙 1章、ヨハネの黙示録 1章
選: ユダの手紙 1章 20節〜21節
しかし、愛する人々よ。あなたがたは、自分の持っている最も聖い信仰の上に自分自身を築き上げ、聖霊によって祈り、
神の愛のうちに自分自身を保ち、永遠のいのちに至らせる、私たちの主イエス・キリストのあわれみを待ち望みなさい。
メモ: いろいろな誘惑や教えもたくさんあるが、裏切らない「救いの道」は唯一だ。
2009/12/ 8 読: ヨハネの黙示録 2章〜4章
選: ヨハネの黙視録 3章 8節
「わたしは、あなたの行ないを知っている。見よ。わたしは、だれも閉じることのできない門を、あなたの前に開いておいた。なぜなら、あなたには少しばかりの力があって、わたしのことばを守り、わたしの名を否まなかったからである。
メモ: 今日与えられた約束のことばです。神様のことばをますます守っていきます。
2009/12/ 9 読: ヨハネの黙示録 5章〜7章
選: ヨハネの黙視録 5章 13節〜14節
また私は、天と地と、地の下と、海の上のあらゆる造られたもの、およびその中にある生き物がこう言うのを聞いた。「御座にすわる方と、小羊とに、賛美と誉れと栄光と力が永遠にあるように。」
また、四つの生き物はアーメンと言い、長老たちはひれ伏して拝んだ。
メモ: 父なる神様、友なるイエス様と呼びかけても、この姿勢を忘れてはいけない。
2009/12/10 読: ヨハネの黙示録 8章〜10章
選: ヨハネの黙視録 9章 20節〜21節
これらの災害によって殺されずに残った人々は、その手のわざを悔い改めないで、悪霊どもや、金、銀、銅、石、木で造られた、見ることも聞くことも歩くこともできない偶像を拝み続け、
その殺人や、魔術や、不品行や、盗みを悔い改めなかった。
メモ: 自分の生き方を聖書のことばに照らし合わせてみたら、ずれがはっきりする。
2009/12/11 読: ヨハネの黙示録 11章〜13章
選: ヨハネの黙視録 12章 11節〜12節
兄弟たちは、小羊の血と、自分たちのあかしのことばのゆえに彼に打ち勝った。彼らは死に至るまでもいのちを惜しまなかった。
それゆえ、天とその中に住む者たち。喜びなさい。しかし、地と海とには、わざわいが来る。悪魔が自分の時の短いことを知り、激しく怒って、そこに下ったからである。」
メモ: 「しかし、わざわいが来る。」既に忍び寄っていて、見えにくいだけと思う。
2009/12/12 読: ヨハネの黙示録 14章〜16章
選: ヨハネの黙視録 15章 1節
また私は、天にもう一つの巨大な驚くべきしるしを見た。七人の御使いが、最後の七つの災害を携えていた。神の激しい怒りはここに窮まるのである。
メモ: 「神の激しい怒りはここに窮まるのである。」将来必ずやってくる出来事だ。
2009/12/13 読: ヨハネの黙示録 17章〜19章
選: ヨハネの黙視録 19章 1節〜2節
この後、私は、天に大群衆の大きい声のようなものが、こう言うのを聞いた。「ハレルヤ。救い、栄光、力は、われらの神のもの。
神のさばきは真実で、正しいからである。神は不品行によって地を汚した大淫婦をさばき、ご自分のしもべたちの血の報復を彼女にされたからである。」
メモ: 「神のさばきは真実で、正しい。」神様に何もかも任せて、安心したいです。
2009/12/14 読: ヨハネの黙示録 20章〜22章
選: ヨハネの黙視録 21章 27節
しかし、すべて汚れた者や、憎むべきことと偽りとを行なう者は、決して都にはいれない。小羊のいのちの書に名が書いてある者だけが、はいることができる。
メモ: 私の名前は、この「いのちの書」に書かれていますが、あなたはどうですか。
2009/12/15 読: 創世記 1章〜3章
選: 創世記 3章 11節〜13節
すると、仰せになった。「あなたが裸であるのを、だれがあなたに教えたのか。あなたは、食べてはならない、と命じておいた木から食べたのか。」
人は言った。「あなたが私のそばに置かれたこの女が、あの木から取って私にくれたので、私は食べたのです。」
そこで、神である主は女に仰せられた。「あなたは、いったいなんということをしたのか。」女は答えた。「蛇が私を惑わしたのです。それで私は食べたのです。」
メモ: 神様のことばを自分の土台としないと、惑わされ、過ちを犯す可能性が高い。
2009/12/16 読: 創世記 4章〜6章
選: 創世記 6章 3節
そこで、主は、「わたしの霊は、永久には人のうちにとどまらないであろう。それは人が肉にすぎないからだ。それで人の齢は、百二十年にしよう。」と仰せられた。
メモ: ある本を読んでいたら、計算上、人は 120歳まで生きられると書いてあった。
2009/12/17 読: 創世記 7章〜9章
選: 創世記 7章 1節
主はノアに仰せられた。「あなたとあなたの全家族とは、箱舟にはいりなさい。あなたがこの時代にあって、わたしの前に正しいのを、わたしが見たからである。
メモ: 主はノアの家族を箱舟で救った。箱舟は、主の命令によって、ノアが造った。
2009/12/18 読: 創世記 10章〜12章
選: 創世記 11章 5節〜7節
そのとき主は人間の建てた町と塔をご覧になるために降りて来られた。
主は仰せになった。「彼らがみな、一つの民、一つのことばで、このようなことをし始めたのなら、今や彼らがしようと思うことで、とどめられることはない。
さあ、降りて行って、そこでの彼らのことばを混乱させ、彼らが互いにことばが通じないようにしよう。」
メモ: 神様は人に多くの能力を与えている。しかし、これを正しく使うことが重要。
2009/12/19 読: 創世記 13章〜15章
選: 創世記 15章 3節〜4節
さらに、アブラムは、「ご覧ください。あなたが子孫を私に下さらないので、私の家の奴隷が、私の跡取りになるでしょう。」と申し上げた。
すると、主のことばが彼に臨み、こう仰せられた。「その者があなたの跡を継いではならない。ただ、あなた自身から生まれ出て来る者が、あなたの跡を継がなければならない。」
メモ: 彼はいろいろと対策を考えただろう。しかし、神様の約束を信じ神業を見た。
2009/12/20 読: 創世記 16章〜18章
選: 創世記 18章 3節〜5節
そして言った。「ご主人。お気に召すなら、どうか、あなたのしもべのところを素通りなさらないでください。
少しばかりの水を持って来させますから、あなたがたの足を洗い、この木の下でお休みください。
私は少し食べ物を持ってまいります。それで元気を取り戻してください。それから、旅を続けられるように。せっかく、あなたがたのしもべのところをお通りになるのですから。」彼らは答えた。「あなたの言ったとおりにしてください。」
メモ: 知らない人々をもてなすなんて、そうしたくても恐くてできない変な世の中。
2009/12/21 読: 創世記 19章〜21章
選: 創世記 21章 17節〜19節
神は少年の声を聞かれ、神の使いは天からハガルを呼んで、言った。「ハガルよ。どうしたのか。恐れてはいけない。神があそこにいる少年の声を聞かれたからだ。
行ってあの少年を起こし、彼を力づけなさい。わたしはあの子を大いなる国民とするからだ。」
神がハガルの目を開かれたので、彼女は井戸を見つけた。それで行って皮袋に水を満たし、少年に飲ませた。
メモ: 救いは既に用意されている。見えなくしているのは自分の思いかもしれない。
2009/12/22 読: 創世記 22章〜24章
選: 創世記 24章 50節〜51節
するとラバンとベトエルは答えて言った。「このことは主から出たことですから、私たちはあなたによしあしを言うことはできません。
ご覧ください。リベカはあなたの前にいます。どうか連れて行ってください。主が仰せられたとおり、あなたの主人のご子息の妻となりますように。」
メモ: 主から出たことだ、私はよしあしを言うことはできない。と言うへりくだり。
2009/12/23 読: 創世記 25章〜27章
選: 創世記 26章 12節〜13節
イサクはその地に種を蒔き、その年に百倍の収穫を見た。主が彼を祝福してくださったのである。
こうして、この人は富み、ますます栄えて、非常に裕福になった。
メモ: 人は大自然から得られたもので生きているのだ。背後の創造主を認めなさい。
2009/12/24 読: 創世記 28章〜30章
選: 創世記 30章 29節〜30節
ヤコブは彼に言った。「私がどのようにあなたに仕え、また私がどのようにあなたの家畜を飼ったかは、あなたがよくご存じです。
私が来る前には、わずかだったのが、ふえて多くなりました。それは、私の行く先で主があなたを祝福されたからです。いったい、いつになったら私も自分自身の家を持つことができましょう。」
メモ: 「私の行く先で主があなたを祝福されたからです。」自信に満ちた発言だな。
2009/12/25 読: 創世記 31章〜33章
選: 創世記 31章 2節〜3節
ヤコブもまた、彼に対するラバンの態度が、以前のようではないのに気づいた。
主はヤコブに仰せられた。「あなたが生まれた、あなたの先祖の国に帰りなさい。わたしはあなたとともにいる。」
メモ: 神様は、置かれている状況に合わせて、新しい方向へと導かれることもある。
2009/12/26 読: 創世記 34章〜36章
選: 創世記 35章 9節〜10節
こうしてヤコブがパダン・アラムから帰って来たとき、神は再び彼に現われ、彼を祝福された。
神は彼に仰せられた。「あなたの名はヤコブであるが、あなたの名は、もう、ヤコブと呼んではならない。あなたの名はイスラエルでなければならない。」それで彼は自分の名をイスラエルと呼んだ。
メモ: 神様はヤコブに自分をイスラエルと呼ぶように言われた。イスラエルの起源。
2009/12/27 読: 創世記 37章〜39章
選: 創世記 37章 13節〜14節
それで、イスラエルはヨセフに言った。「お前の兄さんたちはシェケムで群れを飼っている。さあ、あの人たちのところに使いに行ってもらいたい。」すると答えた。「はい。まいります。」
また言った。「さあ、行って兄さんたちや、羊の群れが無事であるかを見て、そのことを私に知らせに帰って来ておくれ。」こうして彼をヘブロンの谷から使いにやった。それで彼はシェケムに行った。
メモ: ヨセフは兄弟達に憎まれていた。一人で使いに行くのは恐くなかったのかな。
2009/12/28 読: 創世記 40章〜42章
選: 創世記 40章 12節〜15節
ヨセフは彼に言った。「その解き明かしはこうです。三本のつるは三日のことです。
三日のうちに、パロはあなたを呼び出し、あなたをもとの地位に戻すでしょう。あなたは、パロの献酌官であったときの以前の規定に従って、パロの杯をその手にささげましょう。
あなたがしあわせになったときには、きっと私を思い出してください。私に恵みを施してください。私のことをパロに話してください。この家から私が出られるようにしてください。
実は私は、ヘブル人の国から、さらわれて来たのです。ここでも私は投獄されるようなことは何もしていないのです。」
メモ: 献酌官はヨセフのことを忘れた。しかし、神様はヨセフを忘れていなかった。
2009/12/29 読: 創世記 43章〜45章
選: 創世記 45章 4節〜5節
ヨセフは兄弟たちに言った。「どうか私に近寄ってください。」彼らが近寄ると、ヨセフは言った。「私はあなたがたがエジプトに売った弟のヨセフです。
今、私をここに売ったことで心を痛めたり、怒ったりしてはなりません。神はいのちを救うために、あなたがたより先に、私を遣わしてくださったのです。
メモ: ヨセフは、自分が神様に用いられていることがだんだんと分かってきていた。
2009/12/30 読: 創世記 46章〜48章
選: 創世記 46章 2節〜4節
神は、夜の幻の中でイスラエルに、「ヤコブよ、ヤコブよ。」と言って呼ばれた。彼は答えた。「はい。ここにいます。」
すると仰せられた。「わたしは神、あなたの父の神である。エジプトに下ることを恐れるな。わたしはそこで、あなたを大いなる国民にするから。
わたし自身があなたといっしょにエジプトに下り、また、わたし自身が必ずあなたを再び導き上る。ヨセフの手はあなたの目を閉じてくれるであろう。」
メモ: 神様は、この時までヨセフが死んでいるとヤコブに思って欲しかったのかな。
2009/12/31 読: 創世記 49章〜50章、出エジプト記 1章
選: 出エジプト記 1章 11節〜12節
そこで、彼らを苦役で苦しめるために、彼らの上に労務の係長を置き、パロのために倉庫の町ピトムとラメセスを建てた。
しかし苦しめれば苦しめるほど、この民はますますふえ広がったので、人々はイスラエル人を恐れた。
メモ: 神様が祝福している人、民族や国民に逆らおうと思っても、負けを見るだけ。
前Page