前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2010年 1月)

2010/ 1/ 1 読: 出エジプト記 2章〜4章
選: 出エジプト記 4章 10節〜12節
モーセは主に申し上げた。「ああ主よ。私はことばの人ではありません。以前からそうでしたし、あなたがしもべに語られてからもそうです。私は口が重く、舌が重いのです。」
主は彼に仰せられた。「だれが人に口をつけたのか。だれがおしにしたり、耳しいにしたり、あるいは、目をあけたり、盲目にしたりするのか。それはこのわたし、主ではないか。
さあ行け。わたしがあなたの口とともにあって、あなたの言うべきことを教えよう。」
メモ: 神様は、その人にできないことは要求しない。自分の感情で判断しないこと。
2010/ 1/ 2 読: 出エジプト記 5章〜7章
選: 出エジプト記 6章 2節〜3節
神はモーセに告げて仰せられた。「わたしは主である。
わたしは、アブラハム、イサク、ヤコブに全能の神として現われたが、主という名では、わたしを彼らに知らせなかった。
メモ: 主である神様の望んでいる生活をするのは、人である私にとって当然のこと。
2010/ 1/ 3 読: 出エジプト記 8章〜10章
選: 出エジプト記 9章 18節〜21節
さあ、今度は、あすの今ごろ、エジプトにおいて建国の日以来、今までになかったきわめて激しい雹をわたしは降らせる。
それゆえ、今すぐ使いをやり、あなたの家畜、あなたが持っている野にあるすべてのものを避難させよ。野にいて家へ連れ戻すことのできない人や獣はみな雹が落ちて来ると死んでしまう。』」
パロの家臣のうちで主のことばを恐れた者は、しもべたちと家畜を家に避難させた。
しかし、主のことばを心に留めなかった者は、しもべたちや家畜をそのまま野に残した。
メモ: 多くの神業を経験しても、「偶然」と片付けてしまえば、生活に影響しない。
2010/ 1/ 4 読: 出エジプト記 11章〜13章
選: 出エジプト記 12章 17節
あなたがたは種を入れないパンの祭りを守りなさい。それは、ちょうどこの日に、わたしがあなたがたの集団をエジプトの地から連れ出すからである。あなたがたは永遠のおきてとして代々にわたって、この日を守りなさい。
メモ: 「この日を守りなさい。」みわざを忘れないために、記念日の設定も必要だ。
2010/ 1/ 5 読: 出エジプト記 14章〜16章
選: 出エジプト記 16章 15節〜17節
イスラエル人はこれを見て、「これは何だろう。」と互いに言った。彼らはそれが何か知らなかったからである。モーセは彼らに言った。「これは主があなたがたに食物として与えてくださったパンです。
主が命じられたことはこうです。『各自、自分の食べる分だけ、ひとり当たり一オメルずつ、あなたがたの人数に応じてそれを集めよ。各自、自分の天幕にいる者のために、それを取れ。』」
そこで、イスラエル人はそのとおりにした。ある者は多く、ある者は少なく集めた。
メモ: 「そこで、そのとおりにした。」主に言われた通りにすることがベスト選択。
2010/ 1/ 6 読: 出エジプト記 17章〜19章
選: 出エジプト記 18章 19節〜20節
さあ、私の言うことを聞いてください。私はあなたに助言をしましょう。どうか神があなたとともにおられるように。あなたは民に代わって神の前にいて、事件を神のところに持って行きなさい。
あなたは彼らにおきてとおしえとを与えて、彼らの歩むべき道と、なすべきわざを彼らに知らせなさい。
メモ: 神様と直接会話をしていたモーセは、人の助言をも聞き入れた。謙遜な人だ。
2010/ 1/ 7 読: 出エジプト記 20章〜22章
選: 出エジプト記 20章 8節〜11節
安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ。
六日間、働いて、あなたのすべての仕事をしなければならない。
しかし七日目は、あなたの神、主の安息である。あなたはどんな仕事もしてはならない。・・あなたも、あなたの息子、娘、それにあなたの男奴隷や女奴隷、家畜、また、あなたの町囲みの中にいる在留異国人も。・・
それは主が六日のうちに、天と地と海、またそれらの中にいるすべてのものを造り、七日目に休まれたからである。それゆえ、主は安息日を祝福し、これを聖なるものと宣言された。
メモ: この定めがなければ、人は休まずに働いていると思う。ありがたい定めです。
2010/ 1/ 8 読: 出エジプト記 23章〜25章
選: 出エジプト記 25章 9節
幕屋の型と幕屋のすべての用具の型とを、わたしがあなたに示すのと全く同じように作らなければならない。
メモ: 厳しさの中に優しさ。少なくとも示された通りにすれば、迷いや不安はない。
2010/ 1/ 9 読: 出エジプト記 26章〜28章
選: 出エジプト記 28章 4節
彼らが作らなければならない装束は次のとおりである。胸当て、エポデ、青服、市松模様の長服、かぶり物、飾り帯。彼らは、あなたの兄弟アロンとその子らに、わたしのために祭司の務めをさせるため、この聖なる装束を作らなければならない。
メモ: 装束は、特別のことをするための衣服。神様を信じている私たちは特別な者。
2010/ 1/10 読: 出エジプト記 29章〜31章
選: 出エジプト記 29章 45節〜46節
わたしはイスラエル人の間に住み、彼らの神となろう。
彼らは、わたしが彼らの神、主であり、彼らの間に住むために、彼らをエジプトの地から連れ出した者であることを知るようになる。わたしは彼らの神、主である。
メモ: 神様が私たちを通して、その力を現すためには、束縛からの解放が必要です。
2010/ 1/11 読: 出エジプト記 32章〜34章
選: 出エジプト記 34章 21節
あなたは六日間は働き、七日目には休まなければならない。耕作の時も、刈り入れの時にも、休まなければならない。
メモ: 神様は、どんなに忙しい時でも、七日目は休みなさいと言ってる。守得祝福。
2010/ 1/12 読: 出エジプト記 35章〜37章
選: 出エジプト記 36章 12節〜13節
その一枚の幕に輪五十個をつけ、他のつなぎ合わせた幕の端にも輪五十個をつけ、その輪を互いに向かい合わせにした。
そして、金の留め金五十個を作り、その留め金で、幕を互いにつなぎ合わせて、一つの幕屋にした。
メモ: 神様は、会見の幕屋を、組立、解体や運搬に適した現実的な形に設計された。
2010/ 1/13 読: 出エジプト記 38章〜40章
選: 出エジプト記 39章 42節〜43節
イスラエル人は、すべて、主がモーセに命じられたとおりに、そのすべての奉仕を行なった。
モーセが、すべての仕事を彼らが、まことに主が命じられたとおりに、したのを見たとき、モーセは彼らを祝福した。
メモ: 奉仕はすべて「主が命じられた」とおりに行われた。奉仕も主の導きによる。
2010/ 1/14 読: レビ記 1章〜3章
選: レビ記 2章 3節
その穀物のささげ物の残りは、アロンとその子らのものとなる。それは主への火によるささげ物の最も聖なるものである。
メモ: まず主のために。残りは自分のために。時間についてもそう考えたいと思う。
2010/ 1/15 読: レビ記 4章〜6章
選: レビ記 4章 1節
ついで主はモーセに告げて仰せられた。
メモ: 多く使われている表現だ。見過ごしてしまうほど短いが、聖書の重みを語る。
2010/ 1/16 読: レビ記 7章〜9章
選: レビ記 9章 3節
あなたはまた、イスラエル人に告げて言わなければならない。あなたがたは、雄やぎを罪のためのいけにえとして、また、一歳の傷のない子牛と子羊とを全焼のいけにえとして取りなさい。
メモ: 「一歳の傷のない、、、」価値の低い物、余ったものをささげるのではない。
2010/ 1/17 読: レビ記 10章〜12章
選: レビ記 11章 44節
わたしはあなたがたの神、主であるからだ。あなたがたは自分の身を聖別し、聖なる者となりなさい。わたしが聖であるから。地をはういかなる群生するものによっても、自分自身を汚してはならない。
メモ: 地上のいかなる罪によっても自分自身を汚してはならない、と聞こえてくる。
2010/ 1/18 読: レビ記 13章〜15章
選: レビ記 13章 59節
以上は、羊毛あるいは亜麻布の衣服、織物、編物、あるいはすべての皮製品のらい病の患部についてのおしえであり、それをきよい、あるいは汚れている、と宣言するためである。
メモ: 「それはきよい、あるいは汚れている。」神様にグレーゾーンは無いと思う。
2010/ 1/19 読: レビ記 16章〜18章
選: レビ記 18章 30節
あなたがたは、わたしの戒めを守り、あなたがたの先に行なわれていた忌みきらうべき風習を決して行なわないようにしなさい。それによって身を汚してはならない。わたしはあなたがたの神、主である。」
メモ: 「風習だから、習わしだから」で済ませてはいけない行事なども多いのでは。
2010/ 1/20 読: レビ記 19章〜21章
選: レビ記 19章 18節
復讐してはならない。あなたの国の人々恨んではならない。あなたの隣人をあなた自身のように愛しなさい。わたしは主である。
メモ: 「あなたの隣人をあなた自身のように愛しなさい。」平和を創りだす大前提。
2010/ 1/21 読: レビ記 22章〜24章
選: レビ記 22章 32節
わたしの聖なる名を汚してはならない。むしろわたしはイスラエル人のうちで聖とされなければならない。わたしはあなたがたを聖別した主である。
メモ: わたしの聖なる名を汚してはならないとあるが、どれだけ汚しているだろう。
2010/ 1/22 読: レビ記 25章〜27章
選: レビ記 25章 55節
わたしにとって、イスラエル人はしもべだからである。彼らは、わたしがエジプトの地から連れ出したわたしのしもべである。わたしはあなたがたの神、主である。
メモ: しもべであることに徹してみたい。そうすれば間違いないし、心配も不必要。
2010/ 1/23 読: 民数記 1章〜3章
選: 民数記 3章 12節〜13節
「わたしはイスラエル人のうちで最初に生まれたすべての初子の代わりに、今これからイスラエル人の中からレビ人を取ることにした。レビ人はわたしのものである。
初子はすべてわたしのものだからである。エジプトの国でわたしがすべての初子を打ち殺した日に、わたしは、人間から始めて家畜に至るまでイスラエルのうちのすべての初子をわたしのものとして聖別した。彼らはわたしのものである。わたしは主である。」
メモ: 今でも特別扱いされて欲しいな、「長男はわたしのものとして聖別した」と。
2010/ 1/24 読: 民数記 4章〜6章
選: 民数記 6章 11節〜12節
祭司はその一羽を罪のためのいけにえとし、他の一羽を全焼のいけにえとしてささげ、死体によって招いた罪について彼のために贖いをし、彼はその日にその頭を聖なるものとし、
ナジル人としての聖別の期間をあらためて主のものとして聖別する。そして一歳の雄の子羊を携えて来て、罪過のためのいけにえとする。それ以前の日数は、彼の聖別が汚されたので無効になる。
メモ: 神様の視点からは、不本意に起きた出来事でも、罪になりうる可能性がある。
2010/ 1/25 読: 民数記 7章〜9章
選: 民数記 8章 23節〜26節
ついで主はモーセに告げて仰せられた。
「これはレビ人に関することである。二十五歳以上の者は会見の天幕の奉仕の務めを果たさなければならない。
しかし、五十歳からは奉仕の務めから退き、もう奉仕してはならない。
その人はただ、会見の天幕で、自分の同族の者が任務を果たすのを助けることはできるが、自分で奉仕をしてはならない。あなたは、レビ人に、彼らの任務に関して、このようにしなければならない。」
メモ: 何かを決める時には、神様のことばを調べ、それを基準にしたらいいと思う。
2010/ 1/26 読: 民数記 10章〜12章
選: 民数記 10章 29節
さて、モーセは、彼のしゅうとミデヤン人レウエルの子ホバブに言った。「私たちは、主があなたがたに与えると言われた場所へ出発するところです。私たちといっしょに行きましょう。私たちはあなたをしあわせにします。主がイスラエルにしあわせを約束しておられるからです。」
メモ: 主が私に幸せを約束したので、私と一緒に行けば、あなたも幸せになります。
2010/ 1/27 読: 民数記 13章〜15章
選: 民数記 14章 11節〜12節
主はモーセに仰せられた。「この民はいつまでわたしを侮るのか。わたしがこの民の間で行なったすべてのしるしにもかかわらず、いつまでわたしを信じないのか。
わたしは疫病で彼らを打って滅ぼしてしまい、あなたを彼らよりも大いなる強い国民にしよう。」
メモ: 私も多くのことを経験している。同じことを言われないように気をつけたい。
2010/ 1/28 読: 民数記 16章〜18章
選: 民数記 17章 10節〜11節
主はモーセに言われた。「アロンの杖をあかしの箱の前に戻して、逆らう者どもへの戒めのため、しるしとせよ。彼らのわたしに対する不平を全くなくして、彼らが死ぬことのないように。」
モーセはそうした。主が命じられたとおりにした。
メモ: 「わたしに対する不平を全くなくし、死ぬことのないように。」神の愛です。
2010/ 1/29 読: 民数記 19章〜21章
選: 民数記 21章 7節〜9節
民はモーセのところに来て言った。「私たちは主とあなたを非難して罪を犯しました。どうか、蛇を私たちから取り去ってくださるよう、主に祈ってください。」モーセは民のために祈った。
すると、主はモーセに仰せられた。「あなたは燃える蛇を作り、それを旗ざおの上につけよ。すべてかまれた者は、それを仰ぎ見れば、生きる。」
モーセは一つの青銅の蛇を作り、それを旗ざおの上につけた。もし蛇が人をかんでも、その者が青銅の蛇を仰ぎ見ると、生きた。
メモ: 神様のことばを信じて、青銅の蛇を仰ぎ見た人は、かまれても死ななかった。
2010/ 1/30 読: 民数記 22章〜24章
選: 民数記 22章 12節
神はバラムに言われた。「あなたは彼らといっしょに行ってはならない。またその民をのろってもいけない。その民は祝福されているからだ。」
メモ: 問題だらけの民のことをも「祝福されている。」と言ってくださる愛の神様。
2010/ 1/31 読: 民数記 25章〜27章
選: 民数記 27章 12節〜14節
ついで主はモーセに言われた。「このアバリム山に登り、わたしがイスラエル人に与えた地を見よ。
それを見れば、あなたもまた、あなたの兄弟アロンが加えられたように、あなたの民に加えられる。
ツィンの荒野で会衆が争ったとき、あなたがたがわたしの命令に逆らい、その水のほとりで、彼らの目の前に、わたしを聖なる者としなかったからである。」これはツィンの荒野のメリバテ・カデシュの水のことである。
メモ: モーセは死を宣告された。指導者は、より従順であることが求められている。
前Page