前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2010年 2月)

2010/ 2/ 1 読: 民数記 28章〜30章
選: 民数記 28章 27節
あなたがたは、主へのなだめのかおりとして、全焼のいけにえ、すなわち、若い雄牛二頭、雄羊一頭、一歳の雄の子羊七頭をささげなさい。
メモ: 私は、主をより喜ばすために、どのようなかおりを放てば良いのでしょうか。
2010/ 2/ 2 読: 民数記 31章〜33章
選: 民数記 33章 55節〜56節
もしその地の住民をあなたがたの前から追い払わなければ、あなたがたが残しておく者たちは、あなたがたの目のとげとなり、わき腹のいばらとなり、彼らはあなたがたの住むその土地であなたがたを悩ますようになる。
そしてわたしは、彼らに対してしようと計ったとおりをあなたがたにしよう。」
メモ: 時には、誤った自己判断で中断もある。後悔することになると聖書は教える。
2010/ 2/ 3 読: 民数記 34章〜36章
選: 民数記 35章 16節〜18節
人がもし鉄の器具で人を打って死なせたなら、その者は殺人者である。その殺人者は必ず殺されなければならない。
もし、人を殺せるほどの石の道具で人を打って死なせたなら、その者は殺人者である。殺人者は必ず殺されなければならない。
あるいは、人を殺せるほどの木製の器具で、人を打って死なせたなら、その者は殺人者である。殺人者は必ず殺されなければならない。
メモ: 今の時代は、殺人者の保護のため、善良な人々が犠牲になっている気がする。
2010/ 2/ 4 読: 申命記 1章〜3章
選: 申命記 3章 21節〜22章
私は、そのとき、ヨシュアに命じて言った。「あなたは、あなたがたの神、主が、これらふたりの王になさったすべてのことをその目で見た。主はあなたがたがこれから渡って行くすべての国々にも、同じようにされる。
彼らを恐れてはならない。あなたがたのために戦われるのはあなたがたの神、主であるからだ。」
メモ: 私は行動を取るけど、戦われるのは私の神、主である。なんと心強い言葉か。
2010/ 2/ 5 読: 申命記 4章〜6章
選: 申命記 6章 4節〜7章
聞きなさい。イスラエル。主は私たちの神。主はただひとりである。
心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。
私がきょう、あなたに命じるこれらのことばを、あなたの心に刻みなさい。
これをあなたの子どもたちによく教え込みなさい。あなたが家にすわっているときも、道を歩くときも、寝るときも、起きるときも、これを唱えなさい。
メモ: 今までは「唱えなさい。」を無視していました。今後は「唱え」ていきます。
2010/ 2/ 6 読: 申命記 7章〜9章
選: 申命記 7章 25節〜26章
あなたがたは彼らの神々の彫像を火で焼かなければならない。それにかぶせた銀や金を欲しがってはならない。自分のものとしてはならない。あなたがわなにかけられないために。それは、あなたの神、主の忌みきらわれるものである。
忌みきらうべきものを、あなたの家に持ち込んで、あなたもそれと同じように聖絶のものとなってはならない。それをあくまで忌むべきものとし、あくまで忌みきらわなければならない。それは聖絶のものだからである。
メモ: はがした金は、違う形になっている。それでも自分のものにしてはいけない。
2010/ 2/ 7 読: 申命記 10章〜12章
選: 申命記 10章 21節
主はあなたの賛美、主はあなたの神であって、あなたが自分の目で見たこれらの大きい、恐ろしいことを、あなたのために行なわれた。
メモ: 主は私の誇り、私の神である。もっと「恐ろしいこと」を経験したいと思う。
2010/ 2/ 8 読: 申命記 13章〜15章
選: 申命記 13章 2節〜4章
あなたに告げたそのしるしと不思議が実現して、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう。」と言っても、
その預言者、夢見る者のことばに従ってはならない。あなたがたの神、主は、あなたがたが心を尽くし、精神を尽くして、ほんとうに、あなたがたの神、主を愛するかどうかを知るために、あなたがたを試みておられるからである。
あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕え、主にすがらなければならない。
メモ: 「主にすがらなければならない。」ということばが特に心に語りかけてきた。
2010/ 2/ 9 読: 申命記 16章〜18章
選: 申命記 18章 21節〜22章
あなたが心の中で、「私たちは、主が言われたのでないことばを、どうして見分けることができようか。」と言うような場合は、
預言者が主の名によって語っても、そのことが起こらず、実現しないなら、それは主が語られたことばではない。その預言者が不遜にもそれを語ったのである。彼を恐れてはならない。
メモ: 神様からの預言は必ず実現する。騒がれても、実現しない預言はただのうそ。
2010/ 2/10 読: 申命記 19章〜21章
選: 申命記 21章 23節
その死体を次の日まで木に残しておいてはならない。その日のうちに必ず埋葬しなければならない。木につるされた者は、神にのろわれた者だからである。あなたの神、主が相続地としてあなたに与えようとしておられる地を汚してはならない。
メモ: イエス・キリストも私たちのために、神様にのろわれた者となって下さった。
2010/ 2/11 読: 申命記 22章〜24章
選: 申命記 24章 18節
思い起こしなさい。あなたがエジプトで奴隷であったことを。そしてあなたの神、主が、そこからあなたを贖い出されたことを。だから、私はあなたにこのことをせよと命じる。
メモ: 何から救われたのか、どこから出発したのか。常に原点を思い返しましょう。
2010/ 2/12 読: 申命記 25章〜27章
選: 申命記 25章 13節〜16章
あなたは袋に大小異なる重り石を持っていてはならない。
あなたは家に大小異なる枡を持っていてはならない。
あなたは完全に正しい重り石を持ち、完全に正しい枡を持っていなければならない。あなたの神、主があなたに与えようとしておられる地で、あなたが長く生きるためである。
すべてこのようなことをなし、不正をする者を、あなたの神、主は忌みきらわれる。
メモ: 不正をする者を、あなたの神、主は忌みきらわれる。僕はきらわれたくない。
2010/ 2/13 読: 申命記 28章〜30章
選: 申命記 30章 14節〜16章
まことに、みことばは、あなたのごく身近にあり、あなたの口にあり、あなたの心にあって、あなたはこれを行なうことができる。
見よ。私は、確かにきょう、あなたの前にいのちと幸い、死とわざわいを置く。
私が、きょう、あなたに、あなたの神、主を愛し、主の道に歩み、主の命令とおきてと定めとを守るように命じるからである。確かに、あなたは生きて、その数はふえる。あなたの神、主は、あなたが、はいって行って、所有しようとしている地で、あなたを祝福される。
メモ: 神様の要求は難しくない。主を愛し、主の道に歩み、主の命令を守りなさい。
2010/ 2/14 読: 申命記 31章〜33章
選: 申命記 31章 12節
民を、男も、女も、子どもも、あなたの町囲みの中にいる在留異国人も、集めなさい。彼らがこれを聞いて学び、あなたがたの神、主を恐れ、このみおしえのすべてのことばを守り行なうためである。
メモ: 聞いて学ぶために「集めなさい」とある。学ぶために、人は行く必要もある。
2010/ 2/15 読: 申命記 34章、ヨシュア記 1章〜2章
選: ヨシュア記 1章 7節
ただ強く、雄々しくあって、わたしのしもべモーセがあなたに命じたすべての律法を守り行なえ。これを離れて右にも左にもそれてはならない。それは、あなたが行く所ではどこででも、あなたが栄えるためである。
メモ: なぜ、律法を守り行ないなさいですか。私がどこへ行っても栄えるためです。
2010/ 2/16 読: ヨシュア記 3章〜5章
選: ヨシュア記 3章 3節〜5節
民に命じて言った。「あなたがたは、あなたがたの神、主の契約の箱を見、レビ人の祭司たちが、それをかついでいるのを見たなら、あなたがたのいる所を発って、そのうしろを進まなければならない。
あなたがたと箱との間には、約二千キュビトの距離をおかなければならない。それに近づいてはならない。それは、あなたがたの行くべき道を知るためである。あなたがたは、今までこの道を通ったことがないからだ。」
ヨシュアは民に言った。「あなたがたの身をきよめなさい。あす、主が、あなたがたのうちで不思議を行なわれるから。」
メモ: 新しい道を示してくださるのも、不思議を行われるのも、私の神様、主です。
2010/ 2/17 読: ヨシュア記 6章〜8章
選: ヨシュア記 7章 8節
ああ、主よ。イスラエルが敵の前に背を見せた今となっては、何を申し上げることができましょう。
メモ: 僕も気付いてはいなかった。神様の働きを妨げていたのは自分だったことを。
2010/ 2/18 読: ヨシュア記 9章〜11章
選: ヨシュア記 10章 18節〜19節
そこでヨシュアは言った。「ほら穴の口に大きな石をころがし、そのそばに人を置いて、彼らを見張りなさい。
しかしあなたがたはそこにとどまってはならない。敵のあとを追い、彼らのしんがりを攻撃しなさい。彼らの町にはいらせてはならない。あなたがたの神、主が彼らをあなたがたの手に渡されたからだ。」
メモ: 「主がしてくださる。」と聞くと、行動を起こさなくなる過ちに陥りやすい。
2010/ 2/19 読: ヨシュア記 12章〜14章
選: ヨシュア記 14章 12節〜14節
どうか今、主があの日に約束されたこの山地を私に与えてください。あの日、あなたが聞いたように、そこにはアナク人がおり、城壁のある大きな町々があったのです。主が私とともにいてくだされば、主が約束されたように、私は彼らを追い払うことができましょう。」
それでヨシュアは、エフネの子カレブを祝福し、彼にヘブロンを相続地として与えた。
それで、ヘブロンは、ケナズ人エフネの子カレブの相続地となった。今日もそうである。それは、彼がイスラエルの神、主に従い通したからである。
メモ: カレブは、主に従い通したから、ヘブロンをもらえた。しかし戦いは続いた。
2010/ 2/20 読: ヨシュア記 15章〜17章
選: ヨシュア記 17章 12節〜13節
しかしマナセ族は、これらの町々を占領することができなかった。カナン人はこの土地に住みとおした。
イスラエル人は、強くなってから、カナン人に苦役を課したが、彼らを追い払ってしまうことはなかった。
メモ: 強いうちはいいが、弱くなったときに、排除しなかった悪に支配されるかも。
2010/ 2/21 読: ヨシュア記 18章〜20章
選: ヨシュア記 18章 3節
そこで、ヨシュアはイスラエル人に言った。「あなたがたの父祖の神、主が、あなたがたに与えられた地を占領しに行くのを、あなたがたはいつまで延ばしているのか。
メモ: 「あなたがたはいつまで延ばしているのか。」思い当たることありませんか。
2010/ 2/22 読: ヨシュア記 21章〜23章
選: ヨシュア記 23章 7節〜8節
あなたがたは、これらの国民、あなたがたの中に残っているこれらの国民と交わってはならない。彼らの神々の名を口にしてはならない。それらによって誓ってはならない。それらに仕えてはならない。それらを拝んではならない。
ただ、今日までしてきたように、あなたがたの神、主にすがらなければならない。
メモ: 問題を抱えてない状態でも、「あなたの神、主にすがらなければならない。」
2010/ 2/23 読: ヨシュア記 24章、士師記 1章〜2章
選: 士師記 2章 12節〜14節
彼らは、エジプトの地から自分たちを連れ出した父祖の神、主を捨てて、ほかの神々、彼らの回りにいる国々の民の神々に従い、それらを拝み、主を怒らせた。
彼らが主を捨てて、バアルとアシュタロテに仕えたので、
主の怒りがイスラエルに向かって燃え上がり、主は彼らを略奪者の手に渡して、彼らを略奪させた。主は回りの敵の手に彼らを売り渡した。それで、彼らはもはや、敵の前に立ち向かうことができなかった。
メモ: 人は見える物に動かされやすい。しかし、神様は目で見ることはできません。
2010/ 2/24 読: 士師記 3章〜5章
選: 士師記 5章 3節
聞け、王たちよ。耳を傾けよ、君主たちよ。私は主に向かって歌う。イスラエルの神、主にほめ歌を歌う。
メモ: このことばに共感した。私は主に向かって歌う。私の神、主にほめ歌を歌う。
2010/ 2/25 読: 士師記 6章〜8章
選: 士師記 6章 12節〜14節
主の使いが彼に現われて言った。「勇士よ。主があなたといっしょにおられる。」
ギデオンはその御使いに言った。「ああ、主よ。もし主が私たちといっしょにおられるなら、なぜこれらのことがみな、私たちに起こったのでしょうか。私たちの先祖たちが、『主は私たちをエジプトから上らせたではないか。』と言って、私たちに話したあの驚くべきみわざはみな、どこにありますか。今、主は私たちを捨てて、ミデヤン人の手に渡されました。」
すると、主は彼に向かって仰せられた。「あなたのその力で行き、イスラエルをミデヤン人の手から救え。わたしがあなたを遣わすのではないか。」
メモ: 勇士よ。主があなたと一緒におられる。主があなたを遣わすのだ。安心せよ。
2010/ 2/26 読: 士師記 9章〜11章
選: 士師記 10章 13節
しかし、あなたがたはわたしを捨てて、ほかの神々に仕えた。だから、わたしはこれ以上あなたがたを救わない。
メモ: 神様をこのような思いにさせたくない。僕を救う方は、他にはいないからだ。
2010/ 2/27 読: 士師記 12章〜14章
選: 士師記 12章 2節〜3節
そこでエフタは彼らに言った。「かつて、私と私の民とがアモン人と激しく争ったとき、私はあなたがたを呼び集めたが、あなたがたは私を彼らの手から救ってくれなかった。
あなたがたが私を救ってくれないことがわかったので、私は自分のいのちをかけてアモン人のところへ進んで行った。そのとき、主は彼らを私の手に渡された。なぜ、あなたがたは、きょう、私のところに上って来て、私と戦おうとするのか。」
メモ: 「そのとき、主は○○をしてくださった」と、普通に言えるようになりたい。
2010/ 2/28 読: 士師記 15章〜17章
選: 士師記 15章 18節〜19節
そのとき、彼はひどく渇きを覚え、主に呼び求めて言った。「あなたは、しもべの手で、この大きな救いを与えられました。しかし、今、私はのどが渇いて死にそうで、無割礼の者どもの手に落ちようとしています。」
すると、神はレヒにあるくぼんだ所を裂かれ、そこから水が出た。サムソンは水を飲んで元気を回復して生き返った。それゆえその名は、エン・ハコレと呼ばれた。それは今日もレヒにある。
メモ: 「あなたは、しもべの手で、この救いを与えられました。」救いは神様から。
前Page