前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2010年 3月)

2010/ 3/ 1 読: 士師記 18章〜20章
選: 士師記 20章 12節〜14節
それから、イスラエルの諸部族は、ベニヤミンの諸族のすべてに人をやって言わせた。「あなたがたのうちに起こったあの悪い事は、何ということか。
今、ギブアにいるあのよこしまな者たちを渡せ。彼らを殺して、イスラエルから悪を除き去ろう。」ベニヤミン族は、自分たちの同族イスラエル人の言うことに聞き従おうとしなかった。
それどころか、ベニヤミン族は町々からギブアに集まり、イスラエル人との戦いに出て行こうとした。
メモ: 悪をかばった結果、多くの人が犠牲になった。私は悪を絶対にかばいません。
2010/ 3/ 2 読: 士師記 21章、ルツ記 1章〜2章
選: ルツ記 2章 4節
ちょうどその時、ボアズはベツレヘムからやって来て、刈る者たちに言った。「主があなたがたとともにおられますように。」彼らは、「主があなたを祝福されますように。」と答えた。
メモ: 当時、イスラエルで普通に使われていた挨拶のことばかな。素敵な挨拶だな。
2010/ 3/ 3 読: ルツ記 3章〜4章、サムエル記 第T 1章
選: サムエル記 第T 1章 26節〜27節
ハンナは言った。「おお、祭司さま。あなたは生きておられます。祭司さま。私はかつて、ここのあなたのそばに立って、主に祈った女でございます。
この子のために、私は祈ったのです。主は私がお願いしたとおり、私の願いをかなえてくださいました。
それで私もまた、この子を主にお渡しいたします。この子は一生涯、主に渡されたものです。」こうして彼らはそこで主を礼拝した。
メモ: ハンナの決断と行動によって、後に一つの国家を正しく導く祭司が登場した。
2010/ 3/ 4 読: サムエル記 第T 2章〜4章
選: サムエル記 第T 2章 2節
主のように聖なる方はありません。あなたに並ぶ者はないからです。私たちの神のような岩はありません。
メモ: 岩よりもはるかに強い神様の上に、私の人生を立てたら、どうなるだろうか。
2010/ 3/ 5 読: サムエル記 第T 5章〜7章
選: サムエル記 第T 7章 13節
こうしてペリシテ人は征服され、二度とイスラエルの領内に、はいって来なかった。サムエルの生きている間、主の手がペリシテ人を防いでいた。
メモ: 「主の手が○○を防いだ。」私も主の手にどれだけ守られているのだろうか。
2010/ 3/ 6 読: サムエル記 第T 8章〜10章
選: サムエル記 第T 8章 6節
彼らが、「私たちをさばく王を与えてください。」と言ったとき、そのことばはサムエルの気に入らなかった。そこでサムエルは主に祈った。
メモ: サムエルは怒ったりしないで、「主に祈った」。この行動を私も見習います。
2010/ 3/ 7 読: サムエル記 第T 11章〜13章
選: サムエル記 第T 12章 20節〜22節
サムエルは民に言った。「恐れてはならない。あなたがたは、このすべての悪を行なった。しかし主に従い、わきにそれず、心を尽くして主に仕えなさい。
役にも立たず、救い出すこともできないむなしいものに従って、わきへそれてはならない。それはむなしいものだ。
まことに主は、ご自分の偉大な御名のために、ご自分の民を捨て去らない。主はあえて、あなたがたをご自分の民とされるからだ。
メモ: 今日のみことばは、「わきにそれず、心を尽くして主に仕えなさい。」です。
2010/ 3/ 8 読: サムエル記 第T 14章〜16章
選: サムエル記 第T 16章 17節〜19節
そこでサウルは家来たちに言った。「どうか、私のためにじょうずなひき手を見つけて、私のところに連れて来てくれ。」
すると、若者のひとりが答えて言った。「おります。私はベツレヘム人エッサイの息子を見たことがあります。琴がじょうずで勇士であり、戦士です。ことばには分別があり、体格も良い人です。主がこの人とともにおられます。」
そこでサウルは使いをエッサイのところに遣わし、「羊の番をしているあなたの子ダビデを私のところによこしてください。」と言わせた。
メモ: ダビデが王家へ通うきっかけができた。僕は今日も神様の導きに期待します。
2010/ 3/ 9 読: サムエル記 第T 17章〜19章
選: サムエル記 第T 17章 48節〜50節
そのペリシテ人は、立ち上がり、ダビデを迎え撃とうと近づいて来た。ダビデもすばやく戦場を走って行き、ペリシテ人に立ち向かった。
ダビデは袋の中に手を差し入れ、石を一つ取り、石投げでそれを放ち、ペリシテ人の額を打った。石は額に食い込み、彼はうつぶせに倒れた。
こうしてダビデは、石投げと一つの石で、このペリシテ人に勝った。ダビデの手には、一振りの剣もなかったが、このペリシテ人を打ち殺してしまった。
メモ: ダビデは常識とされていたものと異なる戦略を心得ていた。そして勝利した。
2010/ 3/10 読: サムエル記 第T 20章〜22章
選: サムエル記 第T 20章 42節
ヨナタンはダビデに言った。「では、安心して行きなさい。私たちふたりは、『主が、私とあなた、また、私の子孫とあなたの子孫との間の永遠の証人です。』と言って、主の御名によって誓ったのです。」こうしてダビデは立ち去った。ヨナタンは町へ帰って行った。
メモ: 「主が永遠の証人です。」と普通に会話で使われている。これが普通ですね。
2010/ 3/11 読: サムエル記 第T 23章〜25章
選: サムエル記 第T 24章 10節〜12節
実はきょう、いましがた、主があのほら穴で私の手にあなたをお渡しになったのを、あなたはご覧になったのです。ある者はあなたを殺そうと言ったのですが、私は、あなたを思って、『私の主君に手を下すまい。あの方は主に油そそがれた方だから。』と申しました。
わが父よ。どうか、私の手にあるあなたの上着のすそをよくご覧ください。私はあなたの上着のすそを切り取りましたが、あなたを殺しはしませんでした。それによって私に悪いこともそむきの罪もないことを、確かに認めてください。私はあなたに罪を犯さなかったのに、あなたは私のいのちを取ろうとつけねらっておられます。
どうか、主が、私とあなたの間をさばき、主が私の仇を、あなたに報いられますように。私はあなたを手にかけることはしません。
メモ: ダビデが敵を殺していたら、直に王様になれたはずが、彼は神の時を待った。
2010/ 3/12 読: サムエル記 第T 26章〜28章
選: サムエル記 第T 26章 10節〜12節
ダビデは言った。「主は生きておられる。主は、必ず彼を打たれる。彼はその生涯の終わりに死ぬか、戦いに下ったときに滅ぼされるかだ。
私が、主に油そそがれた方に手を下すなど、主の前に絶対にできないことだ。さあ、今は、あの枕もとにある槍と水差しとを取って行くことにしよう。」
こうしてダビデはサウルの枕もとの槍と水差しとを取り、ふたりは立ち去ったが、だれひとりとしてこれを見た者も、気づいた者も、目をさました者もなかった。主が彼らを深い眠りに陥れられたので、みな眠りこけていたからである。
メモ: 「主が彼らを深い眠りに陥れられた。」予測できない主の働きを期待します。
2010/ 3/13 読: サムエル記 第T 29章〜31章
選: サムエル記 第T 30章 22節〜24節
そのとき、ダビデといっしょに行った者たちのうち、意地の悪い、よこしまな者たちがみな、口々に言った。「彼らはいっしょに行かなかったのだから、われわれが取り戻した分捕り物を、彼らに分けてやるわけにはいかない。ただ、めいめい自分の妻と子どもを連れて行くがよい。」
ダビデは言った。「兄弟たちよ。主が私たちに賜わった物を、そのようにしてはならない。主が私たちを守り、私たちを襲った略奪隊を私たちの手に渡されたのだ。
だれが、このことについて、あなたがたの言うことを聞くだろうか。戦いに下って行った者への分け前も、荷物のそばにとどまっていた者への分け前も同じだ。共に同じく分け合わなければならない。」
メモ: 主がこの体制で与えてくださったのだから、与えられたものは平等に扱おう。
2010/ 3/14 読: サムエル記 第U 1章〜3章
選: サムエル記 第U 1章 17節〜18節
ダビデは、サウルのため、その子ヨナタンのために、この哀歌を作り、
この弓の歌をユダの子らに教えるように命じた。これはヤシャルの書にしるされている。
メモ: サウルは、ダビデの命をならっていた王様。ダビデのような心を持ちたいな。
2010/ 3/15 読: サムエル記 第U 4章〜6章
選: サムエル記 第U 6章 6節〜8節
こうして彼らがナコンの打ち場まで来たとき、ウザは神の箱に手を伸ばして、それを押えた。牛がそれをひっくり返しそうになったからである。
すると、主の怒りがウザに向かって燃え上がり、神は、その不敬の罪のために、彼をその場で打たれたので、彼は神の箱のかたわらのその場で死んだ。
ダビデの心は激した。ウザによる割りこみに主が怒りを発せられたからである。それで、その場所はペレツ・ウザと呼ばれた。今日もそうである。
メモ: 理由はどうあれ、神様の領域に踏み込んではならないことを示しているのか。
2010/ 3/16 読: サムエル記 第U 7章〜9章
選: サムエル記 第U 9章 3節〜5節
王は言った。「サウルの家の者で、まだ、だれかいないのか。私はその者に神の恵みを施したい。」ツィバは王に言った。「まだ、ヨナタンの子で足の不自由な方がおられます。」
王は彼に言った。「彼は、どこにいるのか。」ツィバは王に言った。「今、ロ・デバルのアミエルの子マキルの家におられます。」
そこでダビデ王は人をやり、ロ・デバルのアミエルの子マキルの家から彼を連れて来させた。
メモ: 「私はその者に神の恵みを施したい。」神の恵みを受け、施すのも神の恵み。
2010/ 3/17 読: サムエル記 第U 10章〜12章
選: サムエル記 第U 12章 21節〜23節
すると家来たちが彼に言った。「あなたのなさったこのことは、いったいどういうことですか。お子さまが生きておられる時は断食をして泣かれたのに、お子さまがなくなられると、起き上がり、食事をなさるとは。」
ダビデは言った。「子どもがまだ生きている時に私が断食をして泣いたのは、もしかすると、主が私をあわれみ、子どもが生きるかもしれない、と思ったからだ。
しかし今、子どもは死んでしまった。私はなぜ、断食をしなければならないのか。あの子をもう一度、呼び戻せるであろうか。私はあの子のところに行くだろうが、あの子は私のところに戻っては来ない。」
メモ: 神様を中心に生活する人の行動は、時には理解しにくい。基準が違うからね。
2010/ 3/18 読: サムエル記 第U 13章〜15章
選: サムエル記 第U 15章 24節〜26節
ツァドクも、すべてのレビ人といっしょに、神の契約の箱をかついでいたが、神の箱をそこに降ろした。エブヤタルも来て、民が全部、町から出て行ってしまうまでいた。
王はツァドクに言った。「神の箱を町に戻しなさい。もし、私が主の恵みをいただくことができれば、主は、私を連れ戻し、神の箱とその住まいとを見せてくださろう。
もし主が、『あなたはわたしの心にかなわない。』と言われるなら、どうか、この私に主が良いと思われることをしてくださるように。」
メモ: ダビデ王は、どんな状態に置かれても、神様に信頼した。自分もそうします。
2010/ 3/19 読: サムエル記 第U 16章〜18章
選: サムエル記 第U 16章 11節〜12節
ダビデはアビシャイと彼のすべての家来たちに言った。「見よ。私の身から出た私の子さえ、私のいのちをねらっている。今、このベニヤミン人としては、なおさらのことだ。ほうっておきなさい。彼にのろわせなさい。主が彼に命じられたのだから。
たぶん、主は私の心をご覧になり、主は、きょうの彼ののろいに代えて、私にしあわせを報いてくださるだろう。」
メモ: いつも心のうちを主の前にさらけ出している人がこう言えるのだろうと思う。
2010/ 3/20 読: サムエル記 第U 19章〜21章
選: サムエル記 第U 21章 14節
こうして、彼らはサウルとその子ヨナタンの骨を、ベニヤミンの地のツェラにあるサウルの父キシュの墓に葬り、すべて王が命じたとおりにした。その後、神はこの国の祈りに心を動かされた。
メモ: 祈りがきかれるために、解決しなければいけないことがらが残っているかも。
2010/ 3/21 読: サムエル記 第U 22章〜24章
選: サムエル記 第U 24章 23節〜24節
王さま。このアラウナはすべてを王に差し上げます。」アラウナはさらに王に言った。「あなたの神、主が、あなたのささげ物を受け入れてくださいますように。」
しかし王はアラウナに言った。「いいえ、私はどうしても、代金を払って、あなたから買いたいのです。費用もかけずに、私の神、主に、全焼のいけにえをささげたくありません。」そしてダビデは、打ち場と牛とを銀五十シェケルで買った。
メモ: もらった物でも「自分の物」。もらい物ですが、捧げますだと何か足りない。
2010/ 3/22 読: 列王記 第T 1章〜3章
選: 列王記 第T 2章 1節〜3節
ダビデの死ぬ日が近づいたとき、彼は息子のソロモンに次のように言いつけた。
「私は世のすべての人の行く道を行こうとしている。強く、男らしくありなさい。
あなたの神、主の戒めを守り、モーセの律法に書かれているとおりに、主のおきてと、命令と、定めと、さとしとを守って主の道を歩まなければならない。あなたが何をしても、どこへ行っても、栄えるためである。
メモ: ダビデ王が最後に後継ぎに語った重要なことば。現代でも同じく重要と思う。
2010/ 3/23 読: 列王記 第T 4章〜6章
選: 列王記 第T 4章 20節〜23節
ユダとイスラエルの人口は、海辺の砂のように多くなり、彼らは飲み食いして楽しんでいた。
ソロモンは、大河からペリシテ人の地、さらには、エジプトの国境に至るすべての王国を支配した。これらの王国は、ソロモンの一生の間みつぎものを持って来て、彼に仕えた。
ソロモンの一日分の食糧は、小麦粉三十コル、大麦粉六十コル。
それに、肥えた牛十頭、放牧の牛二十頭、羊百頭。そのほか、雄鹿、かもしか、のろじかと、肥えた鳥であった。
メモ: イスラエルは祝福され、周辺の王国は、仕えることにより平和を得たと思う。
2010/ 3/24 読: 列王記 第T 7章〜9章
選: 列王記 第T 9章 2節〜5節
主は、かつてギブオンで彼に現われたときのように、ソロモンに再び現われた。
主は彼に仰せられた。「あなたがわたしの前で願った祈りと願いをわたしは聞いた。わたしは、あなたがわたしの名をとこしえまでもここに置くために建てたこの宮を聖別した。わたしの目とわたしの心は、いつもそこにある。
あなたが、あなたの父ダビデが歩んだように、全き心と正しさをもって、わたしの前に歩み、わたしがあなたに命じたことをすべてそのまま実行し、わたしのおきてと定めとを守るなら、
わたしが、あなたの父ダビデに、『あなたには、イスラエルの王座から人が断たれない。』と言って約束したとおり、あなたの王国の王座をイスラエルの上に永遠に確立しよう。
メモ: 神様は宮を聖別されたが、真に求められていることは何かをもう一度諭した。
2010/ 3/25 読: 列王記 第T 10章〜12章
選: 列王記 第T 11章 1節〜4節
ソロモン王は、パロの娘のほかに多くの外国の女、すなわちモアブ人の女、アモン人の女、エドム人の女、シドン人の女、ヘテ人の女を愛した。
この女たちは、主がかつてイスラエル人に、「あなたがたは彼らの中にはいって行ってはならない。彼らをもあなたがたの中に入れてはならない。さもないと、彼らは必ずあなたがたの心を転じて彼らの神々に従わせる。」と言われたその国々の者であった。それなのに、ソロモンは彼女たちを愛して、離れなかった。
彼には七百人の王妃としての妻と、三百人のそばめがあった。その妻たちが彼の心を転じた。
ソロモンが年をとったとき、その妻たちが彼の心をほかの神々のほうへ向けたので、彼の心は、父ダビデの心とは違って、彼の神、主と全く一つにはなっていなかった。
メモ: 主が語ったことばをないがしろにしてはいけない。ソロモンでさえやられた。
2010/ 3/26 読: 列王記 第T 13章〜15章
選: 列王記 第T 15章 3節〜5節
彼は父がかつて犯したすべての罪を行ない、彼の心は父ダビデの心のようには、彼の神、主と全く一つにはなっていなかった。
しかし、ダビデに免じて、彼の神、主は、エルサレムにおいて彼に一つのともしびを与え、彼の跡を継ぐ子を起こし、エルサレムを堅く立てられた。
それはダビデが主の目にかなうことを行ない、ヘテ人ウリヤのことのほかは、一生の間、主が命じられたすべてのことにそむかなかったからである。
メモ: ダビデのように、「主が命じられたすべてのことに背かない」人になりたい。
2010/ 3/27 読: 列王記 第T 16章〜18章
選: 列王記 第T 16章 25節〜26節
オムリは主の目の前に悪を行ない、彼以前のだれよりも悪いことをした。
彼はネバテの子ヤロブアムのすべての道に歩み、イスラエルに罪を犯させ、彼らのむなしい神々によってイスラエルの神、主の怒りを引き起こした。
メモ: 愛する民が罪を犯したから、主は怒った。関係なければ何も感じないはずだ。
2010/ 3/28 読: 列王記 第T 19章〜21章
選: 列王記 第T 19章 11節〜13節
主は仰せられた。「外に出て、山の上で主の前に立て。」すると、そのとき、主が通り過ぎられ、主の前で、激しい大風が山々を裂き、岩々を砕いた。しかし、風の中に主はおられなかった。風のあとに地震が起こったが、地震の中にも主はおられなかった。
地震のあとに火があったが、火の中にも主はおられなかった。火のあとに、かすかな細い声があった。
エリヤはこれを聞くと、すぐに外套で顔をおおい、外に出て、ほら穴の入口に立った。すると、声が聞こえてこう言った。「エリヤよ。ここで何をしているのか。」
メモ: 「山の上で主の前に立て。」大きな事が起こりそう。しかし、細い声だった。
2010/ 3/29 読: 列王記 第T 22章、列王記 第U 1章〜2章
選: 列王記 第U 2章 11節〜14節
こうして、彼らがなお進みながら話していると、なんと、一台の火の戦車と火の馬とが現われ、このふたりの間を分け隔て、エリヤは、たつまきに乗って天へ上って行った。
エリシャはこれを見て、「わが父。わが父。イスラエルの戦車と騎兵たち。」と叫んでいたが、彼はもう見えなかった。そこで、彼は自分の着物をつかみ、それを二つに引き裂いた。
それから、彼はエリヤの身から落ちた外套を拾い上げ、引き返してヨルダン川の岸辺に立った。
彼はエリヤの身から落ちた外套を取って水を打ち、「エリヤの神、主は、どこにおられるのですか。」と言い、彼が再び水を打つと、水が両側に分かれたので、エリシャは渡った。
メモ: 主人がいなくなったと思ったエリシャに、新しい主人は奇跡を見せてくれた。
2010/ 3/30 読: 列王記 第U 3章〜5章
選: 列王記 第U 4章 27節
それから、彼女は山の上の神の人のところに来て、彼の足にすがりついた。ゲハジが彼女を追い払おうと近寄ると、神の人は言った。「そのままにしておきなさい。彼女の心に悩みがあるのだから。主はそれを私に隠され、まだ、私に知らせておられないのだ。」
メモ: 預言者ってすごいな。神様から直接いろいろと教えてもらっていたのだから。
2010/ 3/31 読: 列王記 第U 6章〜8章
選: 列王記 第U 6章 11節〜12節
このことで、アラムの王の心は怒りに燃え、家来たちを呼んで言った。「われわれのうち、だれが、イスラエルの王と通じているのか、あなたがたは私に告げないのか。」
すると家来のひとりが言った。「いいえ、王さま。イスラエルにいる預言者エリシャが、あなたが寝室の中で語られることばまでもイスラエルの王に告げているのです。」
メモ: いたのは、スパイではなく、預言者でした。そこに行かなくても見えていた。
前Page