前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2010年 4月)

2010/ 4/ 1 読: 列王記 第U 9章〜11章
選: 列王記 第U 9章 5節〜6節
彼が来てみると、ちょうど、将校たちが会議中であった。彼は言った。「隊長。あなたに申し上げることがあります。」エフーは言った。「このわれわれのうちのだれにか。」若い者は、「隊長。あなたにです。」と答えた。
エフーは立って、家にはいった。そこで若い者は油をエフーの頭にそそいで言った。「イスラエルの神、主は、こう仰せられる。『わたしはあなたに油をそそいで、主の民イスラエルの王とする。
メモ: この時代、イスラエルは主を無視していた。しかし、「主の民」と呼ばれた。
2010/ 4/ 2 読: 列王記 第U 12章〜14章
選: 列王記 第U 13章 22節〜23節
アラムの王ハザエルは、エホアハズの生きている間中、イスラエル人をしいたげたが、
主は、アブラハム、イサク、ヤコブとの契約のために、彼らを恵み、あわれみ、顧みて、彼らを滅ぼし尽くすことは望まず、今日まで彼らから御顔をそむけられなかった。
メモ: 主は一度交わした契約を破棄しない。私は人との約束を守っているだろうか。
2010/ 4/ 3 読: 列王記 第U 15章〜17章
選: 列王記 第U 17章 12節〜15節
主が彼らに、「このようなことをしてはならない。」と命じておられたのに、彼らは偶像に仕えたのである。
主はすべての預言者とすべての先見者を通して、イスラエルとユダとに次のように警告して仰せられた。「あなたがたは悪の道から立ち返れ。わたしがあなたがたの先祖たちに命じ、また、わたしのしもべである預言者たちを通して、あなたがたに伝えた律法全体に従って、わたしの命令とおきてとを守れ。」
しかし、彼らはこれを聞き入れず、彼らの神、主を信じなかった彼らの先祖たちよりも、うなじのこわい者となった。
彼らは主のおきてと、彼らの先祖たちと結ばれた主の契約と、彼らに与えられた主の警告とをさげすみ、むなしいものに従って歩んだので、自分たちもむなしいものとなり、主が、ならってはならないと命じられた周囲の異邦人にならって歩んだ。
メモ: 主よ、私がむなしいものとなりませんように、あなたの道を示してください。
2010/ 4/ 4 読: 列王記 第U 18章〜20章
選: 列王記 第U 19章 6節〜7節
イザヤは彼らに言った。「あなたがたの主君にこう言いなさい。主はこう仰せられる。『あなたが聞いたあのことば、アッシリヤの王の若い者たちがわたしを冒涜したあのことばを恐れるな。
今、わたしは彼のうちに一つの霊を入れる。彼は、あるうわさを聞いて、自分の国に引き揚げる。わたしは、その国で彼を剣で倒す。』」
メモ: アッシリア王は、イスラエルの神をさげすんだ。主はそれを冒涜と見なした。
2010/ 4/ 5 読: 列王記 第U 21章〜23章
選: 列王記 第U 23章 24節〜25節
さらにヨシヤは、霊媒、口寄せ、テラフィム、偶像、それに、ユダの地とエルサレムに見られるすべての忌むべき物も除き去った。これは、祭司ヒルキヤが主の宮で見つけた書物にしるされている律法のことばを実行するためであった。
ヨシヤのように心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くしてモーセのすべての律法に従って、主に立ち返った王は、彼の先にはいなかった。彼の後にも彼のような者は、ひとりも起こらなかった。
メモ: 聖書にしるされていることばを信じ、それを実行しなければならないと思う。
2010/ 4/ 6 読: 列王記 第U 24章〜25章、歴代誌 第T 1章
選: 列王記 第U 24章 14節〜16節
彼はエルサレムのすべて、つまり、すべての高官、すべての有力者一万人、それに職人や、鍛冶屋もみな、捕囚として捕え移した。貧しい民衆のほかは残されなかった。
彼はさらに、エホヤキンをバビロンへ引いて行き、王の母、王の妻たち、その宦官たち、この国のおもだった人々を、捕囚としてエルサレムからバビロンへ連れて行った。
バビロンの王は、すべての兵士七千人、職人と鍛冶屋千人、勇敢な戦士を、すべて、捕囚としてバビロンへ連れて行った。
メモ: 彼らは多くの罪のために捕囚として捕え移されたが、殺さることはなかった。
2010/ 4/ 7 読: 歴代誌 第T 2章〜4章
選: 歴代誌 第T 3章 4節
六人の子がヘブロンで彼に生まれた。ダビデはそこで七年六か月治め、エルサレムで三十三年治めた。
メモ: ダビデにとって、ヘブロンも偉大な王様になるための準備の期間だったのか。
2010/ 4/ 8 読: 歴代誌 第T 5章〜7章
選: 歴代誌 第T 5章 19節〜20節
ここに、彼らはハガル人およびエトル、ナフィシュ、ノダブと戦いを交えたが、
助けを得てこれらに当たった。それで、ハガル人およびこれとともにいた者はみな彼らの手に渡された。それは、彼らがその戦いのときに、神に呼ばわったからである。彼らが神に拠り頼んだので、神は彼らの願いを聞き入れられた。
メモ: 「神に拠り頼んだので、神は彼らの願いを聞き入れられた。」同様にします。
2010/ 4/ 9 読: 歴代誌 第T 8章〜10章
選: 歴代誌 第T 9章 19節〜20節
コラの子エブヤサフの子コレの子シャルム、その父の家に属する彼の兄弟たち、すなわちコラ人は、その奉仕の仕事につき、天幕の入口を守る者となった。彼らの一族は主の宿営をつかさどり、その門口を守る者であった。
かつてはエルアザルの子ピネハスが彼らのつかさであり、主は彼とともにおられた。
メモ: 私も「主は彼とともにおられた。」と言われたい。ただそれだけを望みます。
2010/ 4/10 読: 歴代誌 第T 11章〜13章
選: 歴代誌 第T 11章 9節
ダビデはますます大いなる者となり、万軍の主が彼とともにおられた。
メモ: 多くの試練を乗り越えたダビデ。その時も、万軍の主が彼とともにおられた。
2010/ 4/11 読: 歴代誌 第T 14章〜16章
選: 歴代誌 第T 16章 4節〜5節
それから、レビ人の中のある者たちを、主の箱の前に仕えさせ、イスラエルの神、主を覚えて感謝し、ほめたたえるようにした。
かしらはアサフ、彼に次ぐ者は、ゼカリヤ、エイエル、シェミラモテ、エヒエル、マティテヤ、エリアブ、ベナヤ、オベデ・エドム、エイエル。彼らは十弦の琴や、立琴などの楽器を携え、アサフはシンバルを響かせた。
メモ: 私は、私の神、主を覚えて感謝し、どんな時もほめたたえることにしました。
2010/ 4/12 読: 歴代誌 第T 17章〜19章
選: 歴代誌 第T 19章 12節〜14節
ヨアブは言った。「もし、アラムが私より強ければ、おまえが私を救ってくれ。もし、アモン人がおまえより強かったら、私がおまえを救おう。
強くあれ。われわれの民のため、われわれの神の町々のために全力を尽くそう。主はみこころにかなうことをされる。」
ヨアブと彼の部下の兵士たちが戦おうとしてアラムの前方に近づいたとき、アラムは彼の前から逃げた。
メモ: 「全力を尽くそう。主はみこころにかなうことをされる。」この信仰が必要。
2010/ 4/13 読: 歴代誌 第T 20章〜22章
選: 歴代誌 第T21章 26節
こうしてダビデは、そこに主のために祭壇を築き、全焼のいけにえと和解のいけにえとをささげて、主に呼ばわった。すると、主は全焼のいけにえの祭壇の上に天から火を下して、彼に答えられた。
メモ: 「主に呼ばわった。すると、主は彼に答えられた。」多く経験したいことだ。
2010/ 4/14 読: 歴代誌 第T 23章〜25章
選: 歴代誌 第T 25章 1節
また、ダビデと将軍たちは、アサフとヘマンとエドトンの子らを奉仕のために取り分け、立琴と十弦の琴とシンバルをもって預言する者とした。その奉仕に従って、仕事についた者の数は次のとおりである。
メモ: 「立琴と十弦の琴とシンバルをもって預言する。」この会に参加してみたい。
2010/ 4/15 読: 歴代誌 第T 16章〜28章
選: 歴代誌 第T 28章 11節〜13節
ダビデはその子ソロモンに、玄関広間、その神殿、宝物室、屋上の間、内部屋、贖いの間などの仕様書を授けた。
御霊により彼が示されていたすべてのものの仕様書であった。すなわち、主の宮の庭のこと、回りにあるすべての脇部屋のこと、神の宮の宝物倉のこと、聖なるささげ物の宝物倉のこと、
祭司とレビ人の組分けのこと、主の宮の奉仕のすべての仕事のこと、主の宮の奉仕に用いるすべての器具のことである。
メモ: ソロモンは神殿を立てたが、仕様書は、ダビデが御霊によって示されたもの。
2010/ 4/16 読: 歴代誌 第T 29章、歴代誌 第U 1章〜2章
選: 歴代誌 第U 1章 7節〜10節
その夜、神がソロモンに現われて、彼に仰せられた。「あなたに何を与えようか。願え。」
ソロモンは神に言った。「あなたは私の父ダビデに大いなる恵みを施されましたが、今度は父に代わって私を王とされました。
そこで今、神、主よ、私の父ダビデになさったあなたの約束を堅く守ってください。あなたは、地のちりのようにおびただしい民の上に、私を王とされたからです。
今、知恵と知識を私に下さい。そうすれば、私はこの民の前に出はいりいたします。さもなければ、だれに、この大いなる、あなたの民をさばくことができましょうか。」
メモ: ソロモンは王様に選ばれ、不安で満ちていた思う。彼は最高のものを求めた。
2010/ 4/17 読: 歴代誌 第U 3章〜5章
選: 歴代誌 第U 5章 12節〜13節
また、歌うたいであるレビ人全員も、すなわち、アサフもヘマンもエドトンも彼らの子らも彼らの兄弟たちも、白亜麻布を身にまとい、シンバル、十弦の琴および立琴を手にして、祭壇の東側に立ち、百二十人の祭司たちも彼らとともにいて、ラッパを吹き鳴らしていた。・・
ラッパを吹き鳴らす者、歌うたいたちが、まるでひとりででもあるかのように一致して歌声を響かせ、主を賛美し、ほめたたえた。そして、ラッパとシンバルとさまざまの楽器をかなでて声をあげ、「主はまことにいつくしみ深い。その恵みはとこしえまで。」と主に向かって賛美した。そのとき、その宮、すなわち主の宮は雲で満ちた。
メモ: まるでひとりででもあるかのように、一致して歌声を響かせ、主を讃美した。
2010/ 4/18 読: 歴代誌 第U 6章〜8章
選: 歴代誌 第U 8章 12節
それから、ソロモンは、彼が玄関の前に建てた主の祭壇の上に、主のために全焼のいけにえをささげた。
メモ: 「それから、ささげた。」何かが終わった後や区切りに、感謝をささげたい。
2010/ 4/19 読: 歴代誌 第U 9章〜11章
選: 歴代誌 第U 9章 13節
一年間にソロモンのところにはいって来た金の重さは、金の目方で六百六十六タラントであった。
メモ: 何千年も前から、人は一年単位で計算するようだ。恵みも数えてみようかな。
2010/ 4/20 読: 歴代誌 第U 12章〜14章
選: 歴代誌 第U 5章 12節〜13節
アサは、彼の神、主がよいと見られること、御目にかなうことを行ない、
異教の祭壇と高き所を取り除き、柱を砕き、アシェラ像を打ちこわした。
それから、ユダに命じて、彼らの父祖の神、主を求めさせ、その律法と命令を行なわせた。
さらに、彼はユダのすべての町々から高き所と香の台を取り除いた。こうして、王国は彼の前に平安を保った。
メモ: 上に立つ人によって、方向が決まる。神様に喜ばれるリーダーを目指します。
2010/ 4/21 読: 歴代誌 第U 15章〜17章
選: 歴代誌 第U 16章 7節〜9節
そのとき、予見者ハナニがユダの王アサのもとに来て、彼に言った。「あなたはアラムの王に拠り頼み、あなたの神、主に拠り頼みませんでした。それゆえ、アラム王の軍勢はあなたの手からのがれ出たのです。
あのクシュ人とルブ人は大軍勢ではなかったでしょうか。戦車と騎兵は非常におびただしかったではありませんか。しかし、あなたが主に拠り頼んだとき、主は彼らをあなたの手に渡されたのです。
主はその御目をもって、あまねく全地を見渡し、その心がご自分と全く一つになっている人々に御力をあらわしてくださるのです。あなたは、このことについて愚かなことをしました。今から、あなたは数々の戦いに巻き込まれます。」
メモ: 私は、信仰による行動よりも、分かりやすく、見える可能性を選びたくなる。
2010/ 4/22 読: 歴代誌 第U 18章〜20章
選: 歴代誌 第U 20章 13節
ユダの人々は全員主の前に立っていた。彼らの幼子たち、妻たち、子どもたちも共にいた。
メモ: 人々は、本気で神様に頼っていた。子供も主の前に出た。この本気が欲しい。
2010/ 4/23 読: 歴代誌 第U 21章〜23章
選: 歴代誌 第U 23章 13節〜15節
見ると、なんと、王が入口の柱のそばに立っていた。王のかたわらに、隊長たちやラッパ手たちがいた。一般の人々がみな喜んでラッパを吹き鳴らしており、歌うたいたちが楽器を手にし、賛美の拍子をとっていた。アタルヤは自分の衣服を引き裂き、「謀反だ。謀反だ。」と言った。
すると、祭司エホヤダは、部隊をゆだねられた百人隊の長たちを呼び出して、彼らに言った。「この女を列の間から連れ出せ。この女に従って来る者は剣で殺されなければならない。」祭司が「この女を主の宮で殺してはならない。」と言ったからである。
彼らは彼女を取り押え、彼女が馬の門の出入口を通って、王宮に着いたとき、そこで彼女を殺した。
メモ: 昨日は王だった人が、今日は殺される。今の生活もいつ変わるか分からない。
2010/ 4/24 読: 歴代誌 第U 24章〜26章
選: 歴代誌 第U 25章 8節〜9節
それでも、あなたが行くと言われるのなら、そうしなさい。雄々しく戦いなさい。神は敵の前にあなたをつまずかせられます。神には、助ける力があり、つまずかせる力もあるからです。」
アマツヤは神の人に言った。「では、イスラエルの軍勢に与えた百タラントはどうしたらよいのか。」神の人は答えた。「主はそれよりも多くのものをあなたに与えることがおできになります。」
メモ: 主はそれよりも多くのものをあなたに与えることがおできいなります、です。
2010/ 4/25 読: 歴代誌 第U 27章〜29章
選: 歴代誌 第U 29章 35節〜36節
また、多くの全焼のいけにえ、その全焼のいけにえに添える和解のいけにえの脂肪、注ぎのぶどう酒。こうして、主の宮の奉仕の用意ができた。
ヒゼキヤとすべての民は、神が民のために整えてくださったことを喜んだ。このことが即座に行なわれたからである。
メモ: 「このことが即座に行われたからである。」そうしない自分へのことばだな。
2010/ 4/26 読: 歴代誌 第U 30章〜32章
選: 歴代誌 第U 32章 27節〜29節
さて、ヒゼキヤは、富と誉れに非常に恵まれた。彼は銀、金、宝石、バルサム油、盾、すべての尊い器を納める宝物倉、
穀物、新しいぶどう酒、油の収穫のための倉庫、および、すべての家畜のそれぞれの小屋、群れの小屋を造った。
彼は町々を建て、羊や牛の家畜もおびただしいものであった。神が、非常に多くの財産を彼に与えられたからである。
メモ: 神様に喜ばれる生活をした人々は、祝福され、多くの財産を得ていたようだ。
2010/ 4/27 読: 歴代誌 第U 33章〜35章
選: 歴代誌 第U 35章 15節
アサフの子らである歌うたいたちは、ダビデ、アサフ、ヘマン、および、王の先見者エドトンの命令のとおりに、その役目についていた。また、門衛たちは、それぞれの門を守っていた。彼らのうちだれも、その奉仕を離れる必要がなかった。彼らの同族であるレビ人が彼らのための用意をしたからである。
メモ: 神様を讃美する専門家がいた。「ついでに讃美も」という思いは正しくない。
2010/ 4/28 読: 歴代誌 第U 36章、エズラ記 1章〜2章
選: 歴代誌 第U 36章 20節〜23節
彼は、剣をのがれた残りの者たちをバビロンへ捕え移した。こうして、彼らは、ペルシヤ王国が支配権を握るまで、彼とその子たちの奴隷となった。
これは、エレミヤにより告げられた主のことばが成就して、この地が安息を取り戻すためであった。この荒れ果てた時代を通じて、この地は七十年が満ちるまで安息を得た。
ペルシヤの王クロスの第一年に、エレミヤにより告げられた主のことばを実現するために、主はペルシヤの王クロスの霊を奮い立たせたので、王は王国中におふれを出し、文書にして言った。
「ペルシヤの王クロスは言う。『天の神、主は、地のすべての王国を私に賜わった。この方はユダにあるエルサレムに、ご自分のために宮を建てることを私にゆだねられた。あなたがた、すべて主の民に属する者はだれでも、その神、主がその者とともにおられるように。その者は上って行くようにせよ。』」
メモ: 「この地が安息を取り戻すためであった。」地も安息を必要としてるようだ。
2010/ 4/29 読: エズラ記 3章〜5章
選: エズラ記 3章 9節〜11節
こうして、ユダヤ人ヨシュアと、その子、その兄弟たち、カデミエルと、その子たちは、一致して立ち、神の宮の工事をする者を指揮した。レビ人ヘナダデの一族と、その子、その兄弟たちもそうした。
建築師たちが主の神殿の礎を据えたとき、イスラエルの王ダビデの規定によって主を賛美するために、祭服を着た祭司たちはラッパを持ち、アサフの子らのレビ人たちはシンバルを持って出て来た。
そして、彼らは主を賛美し、感謝しながら、互いに、「主はいつくしみ深い。その恵みはとこしえまでもイスラエルに。」と歌い合った。こうして、主の宮の礎が据えられたので、民はみな、主を賛美して大声で喜び叫んだ。
メモ: 作業の段階で主を讃美し、感謝し、歌い合った。このように素直でありたい。
2010/ 4/30 読: エズラ記 6章〜8章
選: エズラ記 8章 21節〜23節
そこで、私はその所、アハワ川のほとりで断食を布告した。それは、私たちの神の前でへりくだり、私たちのために、私たちの子どもたちと、私たちのすべての持ち物のために、道中の無事を神に願い求めるためであった。
私は道中の敵から私たちを助ける部隊と騎兵たちを王に求めるのを恥じたからである。私たちは、かつて王に、「私たちの神の御手は、神を尋ね求めるすべての者の上に幸いを下し、その力と怒りとは、神を捨てるすべての者の上に下る。」と言っていたからである。
だから、私たちはこのことのために断食して、私たちの神に願い求めた。すると神は私たちの願いを聞き入れてくださった。
メモ: 「いまさら王様に助けを求めることはできない。」神様は決断に答えられた。
前Page