前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2010年 5月)

2010/ 5/ 1 読: エズラ記 9章〜10章、ネヘミヤ記 1章
選: エズラ記 9章 13節〜14節
私たちの悪い行ないと、大きな罪過のために、これらすべてのことが私たちの上に起こって後、――事実、私たちの神、あなたは、私たちの咎の受けるべき刑罰よりも軽く罰し、このようにのがれた者を私たちに残してくださいました。――
私たちは再び、あなたの命令を破って、忌みきらうべき行ないをするこれらの民と互いに縁を結んでよいのでしょうか。あなたは私たちを怒り、ついには私たちを絶ち滅ぼし、生き残った者も、のがれた者もいないようにされるのではないでしょうか。
メモ: 神様に対して大罪を犯してしまったとしても、「私たちの神」と祈れる幸い。
2010/ 5/ 2 読: ネヘミヤ記 2章〜4章
選: ネヘミヤ記 4章 14節〜15節
私は彼らが恐れているのを見て立ち上がり、おもだった人々や、代表者たち、およびその他の人々に言った。「彼らを恐れてはならない。大いなる恐るべき主を覚え、自分たちの兄弟、息子、娘、妻、また家のために戦いなさい。」
私たちの敵が、彼らのたくらみは私たちに悟られ、神がそれを打ちこわされたということを聞いたとき、私たちはみな、城壁に帰り、それぞれ自分の工事に戻った。
メモ: 目に見える問題を恐れるのではなく、全てを支配している神様を恐れなさい。
2010/ 5/ 3 読: ネヘミヤ記 5章〜7章
選: ネヘミヤ記 6章 15節〜16節
こうして、城壁は五十二日かかって、エルルの月の二十五日に完成した。
私たちの敵がみな、これを聞いたとき、私たちの回りの諸国民はみな恐れ、大いに面目を失った。この工事が、私たちの神によってなされたことを知ったからである。
メモ: すべての仕事が、「私達の神によってなされた。」と言えるようになりたい。
2010/ 5/ 4 読: ネヘミヤ記 8章〜10章
選: ネヘミヤ記 8章 12節〜14節
こうして、民はみな、行き、食べたり飲んだり、ごちそうを贈ったりして、大いに喜んだ。これは、彼らが教えられたことを理解したからである。
二日目に、すべての民の一族のかしらたちと、祭司たち、レビ人たちは、律法のことばをよく調べるために、学者エズラのところに集まって来た。
こうして彼らは、主がモーセを通して命じた律法に、イスラエル人は第七の月の祭りの間、仮庵の中に住まなければならない、と書かれているのを見つけ出した。
メモ: 主が大いなる喜びをくださった後も、聖書のことばを調べることを続けます。
2010/ 5/ 5 読: ネヘミヤ記 11章〜13章
選: ネヘミヤ記 13章 10節〜13節
私は、レビ人の分が支給されないので、仕事をするレビ人と歌うたいたちが、それぞれ自分の農地に逃げ去ったことを知った。
私は代表者たちを詰問し、「どうして神の宮が見捨てられているのか。」と言った。そして私はレビ人たちを集め、もとの持ち場に戻らせた。
ユダの人々はみな、穀物と新しいぶどう酒と油の十分の一を宝物倉に持って来た。
そこで私は、祭司シェレムヤと、学者ツァドクと、レビ人のひとりペダヤに宝物倉を管理させ、マタヌヤの子ザクルの子ハナンを彼らの助手とした。彼らは忠実な者と認められていたからであった。彼らの任務は、兄弟たちに分け前を分配することであった。
メモ: 人は自分に都合のよい行動を取りやすいので、良いリーダーが必要不可欠だ。
2010/ 5/ 6 読: エステル記 1章〜3章
選: エステル記 3章 13節〜15節
書簡は急使によって王のすべての州へ送られた。それには、第十二の月、すなわちアダルの月の十三日の一日のうちに、若い者も年寄りも、子どもも女も、すべてのユダヤ人を根絶やしにし、殺害し、滅ぼし、彼らの家財をかすめ奪えとあった。
各州に法令として発布される文書の写しが、この日の準備のために、すべての民族に公示された。
急使は王の命令によって急いで出て行った。この法令はシュシャンの城でも発布された。このとき、王とハマンは酒をくみかわしていたが、シュシャンの町は混乱に陥った。
メモ: プライドが殺人につながる。しかし自分はその悪に気付かず、酒を飲んでる。
2010/ 5/ 7 読: エステル記 4章〜6章
選: エステル記 4章 13節〜14節
モルデカイはエステルに返事を送って言った。「あなたはすべてのユダヤ人から離れて王宮にいるから助かるだろうと考えてはならない。
もし、あなたがこのような時に沈黙を守るなら、別の所から、助けと救いがユダヤ人のために起ころう。しかしあなたも、あなたの父の家も滅びよう。あなたがこの王国に来たのは、もしかすると、この時のためであるかもしれない。」
メモ: 僕に与えられた仕事であるならば、積極的に取り組みたい。逃げちゃだめだ。
2010/ 5/ 8 読: エステル記 7章〜9章
選: エステル記 8章 15節〜16節
モルデカイは、青色と白色の王服を着、大きな金の冠をかぶり、白亜麻布と紫色のマントをまとって、王の前から出て来た。するとシュシャンの町は喜びの声にあふれた。
ユダヤ人にとって、それは光と、喜びと、楽しみと、栄誉であった。
メモ: 神様を恐れ、人を恐れなかったモルデカイ。刈り取ったものは、民族の幸せ。
2010/ 5/ 9 読: エステル記 10章、ヨブ記 1章〜2章
選: ヨブ記 2章 7節〜10節
サタンは主の前から出て行き、ヨブの足の裏から頭の頂まで、悪性の腫物で彼を打った。
ヨブは土器のかけらを取って自分の身をかき、また灰の中にすわった。
すると彼の妻が彼に言った。「それでもなお、あなたは自分の誠実を堅く保つのですか。神をのろって死になさい。」
しかし、彼は彼女に言った。「あなたは愚かな女が言うようなことを言っている。私たちは幸いを神から受けるのだから、わざわいをも受けなければならないではないか。」ヨブはこのようになっても、罪を犯すようなことを口にしなかった。
メモ: 彼は、神を恐れ、けんそんな人だった。どのようにしてそうなったのだろう。
2010/ 5/10 読: ヨブ記 3章〜5章
選: ヨブ記 3章 1節〜4節
その後、ヨブは口を開いて自分の生まれた日をのろった。
ヨブは声を出して言った。
私の生まれた日は滅びうせよ。「男の子が胎に宿った。」と言ったその夜も。
その日はやみになれ。神もその日を顧みるな。光もその上を照らすな。
メモ: 非常に辛い中、神様に文句を言ったり、他の人のせいにしたりはしなかった。
2010/ 5/11 読: ヨブ記 6章〜8章
選: ヨブ記 8章 16節〜18節
彼が日に当たって青々と茂り、その若枝は庭に生えいで、
その根は石くれの山にからまり、それが岩間に生えても、
神がもし、その場所からそれを取り除くと、その場所は「私はあなたを見たことがない。」と否む。
メモ: 過去の裕福さは、今の自分に役立たない。毎日、神と共に歩むことが大切だ。
2010/ 5/12 読: ヨブ記 9章〜11章
選: ヨブ記 9章 12節
ああ、神が奪い取ろうとするとき、だれがそれを引き止めることができようか。だれが神に向かって、「何をされるのか。」と言いえよう。
メモ: 「私がこんな目に遭ったからには、神はいない。」という発想はヨブにない。
2010/ 5/13 読: ヨブ記 12章〜14章
選: ヨブ記 13章 15節〜16節
見よ。神が私を殺しても、私は神を待ち望み、なおも、私の道を神の前に主張しよう。
神もまた、私の救いとなってくださる。神を敬わない者は、神の前に出ることができないからだ。
メモ: ヨブにとって、神の存在はあたりまえだった。私たちはなぜ疑うのだろうか。
2010/ 5/14 読: ヨブ記 15章〜17章
選: ヨブ記 16章 1節〜2節
ヨブは答えて言った。
そのようなことを、私は何度も聞いた。あなたがたはみな、煩わしい慰め手だ。
メモ: 神様、痛みのある人の慰め手となれるため、うぬぼれを取り去ってください。
2010/ 5/15 読: ヨブ記 18章〜20章
選: ヨブ記 19章 13節〜14節
神は私の兄弟たちを私から遠ざけた。私の知人は全く私から離れて行った。
私の親族は来なくなり、私の親しい友は私を忘れた。
メモ: 僕が病気になり、みんな離れていったら、その事の方が辛いかもしれいない。
2010/ 5/16 読: ヨブ記 21章〜23章
選: ヨブ記 23章 14節〜15節
神は、私について定めたことを、成し遂げられるからだ。このような多くの定めが神のうちにある。
だから、私は神の前でおびえ、これを思って、神を恐れているのだ。
メモ: 神の存在を少しも疑わず、神様に従おうとしているヨブの心が伝わってくる。
2010/ 5/17 読: ヨブ記 24章〜26章
選: ヨブ記 26章 14節
見よ。これらはただ神の道の外側にすぎない。私たちはただ、神についてのささやきしか聞いていない。だれが、その力ある雷を聞き分けえようか。
メモ: 私たちはただ、神についてのささやきしか聞いていない。現代も同じですね。
2010/ 5/18 読: ヨブ記 27章〜29章
選: ヨブ記 28章 26節〜28節
神は、雨のためにその降り方を決め、いなびかりのために道を決められた。
そのとき、神は知恵を見て、これを見積もり、これを定めて、調べ上げられた。
こうして、神は人に仰せられた。「見よ。主を恐れること、これが知恵である。悪から離れることは悟りである。」
メモ: 主を恐れると、判断は正しくされ、悪から離れると、真理を知ることになる。
2010/ 5/19 読: ヨブ記 30章〜32章
選: ヨブ記 32章 1節
この三人の者はヨブに答えるのをやめた。それはヨブが自分は正しいと思っていたからである。
メモ: ヨブは、正しく生活をしていたことを疑っていなかった。この自信はすごい。
2010/ 5/20 読: ヨブ記 33章〜35章
選: ヨブ記 35章 13節〜14節
神は決してむなしい叫びを聞き入れず、全能者はこれに心を留めない。
しかも、あなたは神を見ることができないと言っている。訴えは神の前にある。あなたは神を待て。
メモ: 神様は無意味な叫びを聞いてくれない。神様には、はっきりと思いを伝える。
2010/ 5/21 読: ヨブ記 36章〜38章
選: ヨブ記 38章 1節〜2節
主はあらしの中からヨブに答えて仰せられた。
知識もなく言い分を述べて、摂理を暗くするこの者はだれか。
メモ: 神様が直接答えてくれた。想像を絶するできごとだけど、自分も経験したい。
2010/ 5/22 読: ヨブ記 39章〜41章
選: ヨブ記 40章 2節〜5節
非難する者が全能者と争おうとするのか。神を責める者は、それを言いたててみよ。
ヨブは主に答えて言った。
ああ、私はつまらない者です。あなたに何と口答えできましょう。私はただ手を口に当てるばかりです。
一度、私は語りましたが、もう口答えしません。二度と、私はくり返しません。
メモ: ヨブは神様に怒られているようだ。しかし、ヨブは最高に喜んでいたと思う。
2010/ 5/23 読: ヨブ記 42章、詩篇 1篇〜2篇
選: ヨブ記 42章 7節〜8節
さて、主がこれらのことばをヨブに語られて後、主はテマン人エリファズに仰せられた。「わたしの怒りはあなたとあなたのふたりの友に向かって燃える。それは、あなたがたがわたしについて真実を語らず、わたしのしもべヨブのようではなかったからだ。
今、あなたがたは雄牛七頭、雄羊七頭を取って、わたしのしもべヨブのところに行き、あなたがたのために全焼のいけにえをささげよ。わたしのしもべヨブはあなたがたのために祈ろう。わたしは彼を受け入れるので、わたしはあなたがたの恥辱となることはしない。あなたがたはわたしについて真実を語らず、わたしのしもべヨブのようではなかったが。」
メモ: 私はいつも神様について真実を語っているでしょうか。行動はどうでしょう。
2010/ 5/24 読: 詩篇 3篇〜5篇
選: 詩篇 4篇 1節
私が呼ぶとき、答えてください。私の義なる神。あなたは、私の苦しみのときにゆとりを与えてくださいました。私をあわれみ、私の祈りを聞いてください。
メモ: 神様は、苦しみのときにゆとりを与えてくださいます。このことを信じます。
2010/ 5/25 読: 詩篇 6篇〜8篇
選: 詩篇 8篇 4節〜6節
人とは、何者なのでしょう。あなたがこれを心に留められるとは。人の子とは、何者なのでしょう。あなたがこれを顧みられるとは。
あなたは、人を、神よりいくらか劣るものとし、これに栄光と誉れの冠をかぶらせました。
あなたの御手の多くのわざを人に治めさせ、万物を彼の足の下に置かれました。
メモ: 人は、神よりいくらか劣るもの。人に秘められた可能性はまだ大きいと思う。
2010/ 5/26 読: 詩篇 9篇〜11篇
選: 詩篇 9篇 9節〜11節
主はしいたげられた者のとりで、苦しみのときのとりで。
御名を知る者はあなたに拠り頼みます。主よ。あなたはあなたを尋ね求める者をお見捨てになりませんでした。
主にほめ歌を歌え、シオンに住まうその方に。国々の民にみわざを告げ知らせよ。
メモ: 「御名を知る者はあなたに拠り頼みます。」頭で分かっているだけではだめ。
2010/ 5/27 読: 詩篇 12篇〜14篇
選: 詩篇 13篇 5節〜6節
私はあなたの恵みに拠り頼みました。私の心はあなたの救いを喜びます。
私は主に歌を歌います。主が私を豊かにあしらわれたゆえ。
メモ: 一つの山を乗り越えたときに、ダビデさんと同じように振り返りたいですね。
2010/ 5/28 読: 詩篇 15篇〜17篇
選: 詩篇 15篇 1節〜3節
主よ。だれが、あなたの幕屋に宿るのでしょうか。だれが、あなたの聖なる山に住むのでしょうか。
正しく歩み、義を行ない、心の中の真実を語る人。
その人は、舌をもってそしらず、友人に悪を行なわず、隣人への非難を口にしない。
メモ: 心の中の真実を語る人でいたい。神様に喜ばれ、人にも信頼されたいからね。
2010/ 5/29 読: 詩篇 18篇〜20篇
選: 詩篇 18篇 29節〜32節
あなたによって私は軍勢に襲いかかり、私の神によって私は城壁を飛び越えます。
神、その道は完全。主のみことばは純粋。主はすべて彼に身を避ける者の盾。
まことに、主のほかにだれが神であろうか。私たちの神を除いて、だれが岩であろうか。
この神こそ、私に力を帯びさせて私の道を完全にされる。
メモ: この神様を信頼し、頼りにしていれば、何でも完ぺきにできそうな気になる。
2010/ 5/30 読: 詩篇 21篇〜23篇
選: 詩篇 23篇 3節〜4節
主は私のたましいを生き返らせ、御名のために、私を義の道に導かれます。
たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。あなたが私とともにおられますから。あなたのむちとあなたの杖、それが私の慰めです。
メモ: 神様が私をどれだけ愛し、またたいせつに思っているのかが伝わってきます。
2010/ 5/31 読: 詩篇 24篇〜26篇
選: 詩篇 26篇 1節〜3節
私を弁護してください。主よ。私が誠実に歩み、よろめくことなく、主に信頼したことを。
主よ。私を調べ、私を試みてください。私の思いと私の心をためしてください。
あなたの恵みが私の目の前にあり、私はあなたの真理のうちを歩み続けました。
メモ: 私も主の恵みに頼りきって、同じような発言ができるようになりたいと思う。
前Page