前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2010年 6月)

2010/ 6/ 1 読: 詩篇 27篇〜29篇
選: 詩篇 27篇 8節
あなたに代わって、私の心は申します。「わたしの顔を、慕い求めよ。」と。主よ。あなたの御顔を私は慕い求めます。
メモ: 神様に言われたことを思い出し、自分に言い聞かせながら、それを実行する。
2010/ 6/ 2 読: 詩篇 30篇〜32篇
選: 詩篇 30篇 11節〜12節
あなたは私のために、嘆きを踊りに変えてくださいました。あなたは私の荒布を解き、喜びを私に着せてくださいました。
私のたましいがあなたをほめ歌い、黙っていることがないために。私の神、主よ。私はとこしえまでも、あなたに感謝します。
メモ: 喜びが伝わってきます。わくわくしてきます。同じような経験をしたいです。
2010/ 6/ 3 読: 詩篇 33篇〜35篇
選: 詩篇 34篇 11節〜14節
来なさい。子たちよ。私に聞きなさい。主を恐れることを教えよう。
いのちを喜びとし、しあわせを見ようと、日数の多いのを愛する人は、だれか。
あなたの舌に悪口を言わせず、くちびるに欺きを語らせるな。
悪を離れ、善を行なえ。平和を求め、それを追い求めよ。
メモ: 幸せに長生きしたいのであれば、主を恐れ、悪を離れ、平和を求めればよい。
2010/ 6/ 4 読: 詩篇 36篇〜38篇
選: 詩篇 37篇 3節〜6節
主に信頼して善を行なえ。地に住み、誠実を養え。
主をおのれの喜びとせよ。主はあなたの心の願いをかなえてくださる。
あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。
主は、あなたの義を光のように、あなたのさばきを真昼のように輝かされる。
メモ: 条件もすばらしい、得られるものもすばらしい。なぜそのようにしないのか。
2010/ 6/ 5 読: 詩篇 39篇〜41篇
選: 詩篇 40篇 11節
あなたは、主よ。私にあわれみを惜しまないでください。あなたの恵みと、あなたのまことが、絶えず私を見守るようにしてください。
メモ: 神様、これは僕の心からの願いです。私にあわれみを惜しまないでください。
2010/ 6/ 6 読: 詩篇 42篇〜44篇
選: 詩篇 43篇 5節
わがたましいよ。なぜ、おまえは絶望しているのか。なぜ、御前で思い乱れているのか。神を待ち望め。私はなおも神をほめたたえる。私の救い、私の神を。
メモ: 絶望で終わるのではなく、「神を待ち望め。」です。だったら、讃美ですね。
2010/ 6/ 7 読: 詩篇 45篇〜47篇
選: 詩篇 47篇 1節〜2節
すべての国々の民よ。手をたたけ。喜びの声をあげて神に叫べ。
まことに、いと高き方主は、恐れられる方。全地の大いなる王。
メモ: この光景を想像しました。僕も大勢の人の中で、手をたたいて喜んでいます。
2010/ 6/ 8 読: 詩篇 48篇〜50篇
選: 詩篇 50篇 23節
感謝のいけにえをささげる人は、わたしをあがめよう。その道を正しくする人に、わたしは神の救いを見せよう。」
メモ: 「神の救い」を見せようとある。想像を超えるできごとがありえるわけだね。
2010/ 6/ 9 読: 詩篇 51篇〜53篇
選: 詩篇 51篇 6節〜8節
ああ、あなたは心のうちの真実を喜ばれます。それゆえ、私の心の奥に知恵を教えてください。
ヒソプをもって私の罪を除いてきよめてください。そうすれば、私はきよくなりましょう。私を洗ってください。そうすれば、私は雪よりも白くなりましょう。
私に、楽しみと喜びを、聞かせてください。そうすれば、あなたがお砕きになった骨が、喜ぶことでしょう。
メモ: 神様が介入すれば、事はパーフェックトに行われる。中途半端はあり得ない。
2010/ 6/10 読: 詩篇 54篇〜56篇
選: 詩篇 56篇 11節〜13節
私は、神に信頼しています。それゆえ、恐れません。人が、私に何をなしえましょう。
神よ。あなたへの誓いは、私の上にあります。私は、感謝のいけにえを、あなたにささげます。
あなたは、私のいのちを死から、まことに私の足を、つまずきから、救い出してくださいました。それは、私が、いのちの光のうちに、神の御前を歩むためでした。
メモ: 神様の介入によって、私達に本物の自由が与えられる。人生の目的が見える。
2010/ 6/11 読: 詩篇 57篇〜59篇
選: 詩篇 59篇 16節〜17節
しかし、この私は、あなたの力を歌います。まことに、朝明けには、あなたの恵みを喜び歌います。それは、私の苦しみの日に、あなたは私のとりで、また、私の逃げ場であられたからです。
私の力、あなたに、私はほめ歌を歌います。神は私のとりで、私の恵みの神であられます。
メモ: 実感のこもったすばらしい告白です。同じように言える私でありたいと思う。
2010/ 6/12 読: 詩篇 60篇〜62篇
選: 詩篇 62篇 1節〜2節
私のたましいは黙って、ただ神を待ち望む。私の救いは神から来る。
神こそ、わが岩。わが救い。わがやぐら。私は決して、ゆるがされない。
メモ: ダビデはこのように自分の心に語っていたのだろう。私も同じようにします。
2010/ 6/13 読: 詩篇 63篇〜65篇
選: 詩篇 65篇 11節〜13節
あなたは、その年に、御恵みの冠をかぶらせ、あなたの通られた跡にはあぶらがしたたっています。
荒野の牧場はしたたり、もろもろの丘も喜びをまとっています。
牧草地は羊の群れを着、もろもろの谷は穀物をおおいとしています。人々は喜び叫んでいます。まことに、歌を歌っています。
メモ: 喜びが伝わってきます。神様がことをなすと、私達の心は讃美であふれます。
2010/ 6/14 読: 詩篇 66篇〜68篇
選: 詩篇 67篇 3節〜5節
神よ。国々の民があなたをほめたたえ、国々の民がこぞってあなたをほめたたえますように。
国民が喜び、また、喜び歌いますように。それはあなたが公正をもって国々の民をさばかれ、地の国民を導かれるからです。セラ
神よ。国々の民があなたをほめたたえ、国々の民がこぞってあなたをほめたたえますように。
メモ: 神様のすばらしさに気付いた人がこう願うんでしょうね。私はどうだろうか。
2010/ 6/15 読: 詩篇 69篇〜71篇
選: 詩篇 70篇 4節〜5節
あなたを慕い求める人がみな、あなたにあって楽しみ、喜びますように。あなたの救いを愛する人たちが、「神をあがめよう。」と、いつも言いますように。
私は、悩む者、貧しい者です。神よ。私のところに急いでください。あなたは私の助け、私を救う方。主よ。遅れないでください。
メモ: 私の心の浮き沈みは結構激しいです。だからこのことばに共感するのですよ。
2010/ 6/16 読: 詩篇 72篇〜74篇
選: 詩篇 73篇 28節
しかし私にとっては、神の近くにいることが、しあわせなのです。私は、神なる主を私の避け所とし、あなたのすべてのみわざを語り告げましょう。
メモ: 「あなたのすべてのみわざを語り告げましょう。」を普通の話題にしたいな。
2010/ 6/17 読: 詩篇 75篇〜77篇
選: 詩篇 76篇 11節
あなたがたの神、主に、誓いを立て、それを果たせ。主の回りにいる者はみな、恐るべき方に、贈り物をささげよ。
メモ: 「主に贈り物をささげよ」が示された。最近、献金が減りすぎていると思う。
2010/ 6/18 読: 詩篇 78篇〜80篇
選: 詩篇 79篇 13節
そうすれば、あなたの民、あなたの牧場の羊である私たちは、とこしえまでも、あなたに感謝し、代々限りなくあなたの誉れを語り告げましょう。
メモ: 「あなたの牧場の羊である私たち。」羊飼いがいるので安心していられるね。
2010/ 6/19 読: 詩篇 81篇〜83篇
選: 詩篇 81篇 9節〜10節
あなたのうちに、ほかの神があってはならない。あなたは、外国の神を拝んではならない。
わたしが、あなたの神、主である。わたしはあなたをエジプトの地から連れ上った。あなたの口を大きくあけよ。わたしが、それを満たそう。
メモ: 与えるから要求しろと神様は言っている。しかし、素直に信じない私がいる。
2010/ 6/20 読: 詩篇 84篇〜86篇
選: 詩篇 86篇 6節〜7節
主よ。私の祈りを耳に入れ、私の願いの声を心に留めてください。
私は苦難の日にあなたを呼び求めます。あなたが答えてくださるからです。
メモ: ダビデは神様を頼りに生きた。そのことは今も多くの人の模範になっている。
2010/ 6/21 読: 詩篇 87篇〜89篇
選: 詩篇 86篇 14節〜15節
義と公正は、あなたの王座の基。恵みとまことは、御前に先立ちます。
幸いなことよ、喜びの叫びを知る民は。主よ。彼らは、あなたの御顔の光の中を歩みます。
メモ: この神様を信じ、頼れることより大きな幸せと得られる安心は、他には無い。
2010/ 6/22 読: 詩篇 90篇〜92篇
選: 詩篇 92篇 3節〜5節
十弦の琴や六弦の琴、それに立琴によるたえなる調べに合わせて。
主よ。あなたは、あなたのなさったことで、私を喜ばせてくださいましたから、私は、あなたの御手のわざを、喜び歌います。
主よ。あなたのみわざはなんと大きいことでしょう。あなたの御計らいは、いとも深いのです。
メモ: もし神が存在しないのなら、この詩を書いた人はなぜ気が狂ったのだろうか。
2010/ 6/23 読: 詩篇 93篇〜95篇
選: 詩篇 94篇 14節
まことに、主は、ご自分の民を見放さず、ご自分のものである民を、お見捨てになりません。
メモ: もし神様に見捨てられたと思ったのなら、見捨てたのは私で、神様ではない。
2010/ 6/24 読: 詩篇 96篇〜98篇
選: 詩篇 96篇 1節〜4節
新しい歌を主に歌え。全地よ。主に歌え。
主に歌え。御名をほめたたえよ。日から日へと、御救いの良い知らせを告げよ。
主の栄光を国々の中で語り告げよ。その奇しいわざを、すべての国々の民の中で。
まことに主は大いなる方、大いに賛美されるべき方。すべての神々にまさって恐れられる方だ。
メモ: 歌うことは人に与えられたたまもの。与えてくださった方に向かって歌おう。
2010/ 6/25 読: 詩篇 99篇〜101篇
選: 詩篇 100篇 1節〜4節
全地よ。主に向かって喜びの声をあげよ。
喜びをもって主に仕えよ。喜び歌いつつ御前に来たれ。
知れ。主こそ神。主が、私たちを造られた。私たちは主のもの、主の民、その牧場の羊である。
感謝しつつ、主の門に、賛美しつつ、その大庭に、はいれ。主に感謝し、御名をほめたたえよ。
メモ: 感謝と讃美と喜びが伝わってきます。伝える人になるには、同じことをする。
2010/ 6/26 読: 詩篇 102篇〜104篇
選: 詩篇 103篇 20節〜22節
主をほめたたえよ。御使いたちよ。みことばの声に聞き従い、みことばを行なう力ある勇士たちよ。
主をほめたたえよ。主のすべての軍勢よ。みこころを行ない、主に仕える者たちよ。
主をほめたたえよ。すべて造られたものたちよ。主の治められるすべての所で。わがたましいよ。主をほめたたえよ。
メモ: 主をほめたたえよ。主をほめたたえよ。わがたましいよ。主をほめたたえよ。
2010/ 6/27 読: 詩篇 105篇〜107篇
選: 詩篇 107篇 21節〜22節
彼らは、主の恵みと、人の子らへの奇しいわざを主に感謝せよ。
彼らは、感謝のいけにえをささげ、喜び叫びながら主のみわざを語れ。
メモ: 「喜び叫びながら主のみわざを語れ。」まずは小声で喜び叫ぶことにしよう。
2010/ 6/28 読: 詩篇 108篇〜110篇
選: 詩篇 108篇 1節〜3節
神よ。私の心はゆるぎません。私は歌い、私のたましいもまた、ほめ歌を歌いましょう。
十弦の琴よ、立琴よ。目をさませ。私は暁を呼びさましたい。
主よ。私は、国々の民の中にあって、あなたに感謝し、国民の中にあって、あなたにほめ歌を歌いましょう。
メモ: 「神よ。私の心はゆるぎません。」僕もここまで言い切れる信仰を持ちたい。
2010/ 6/29 読: 詩篇 111篇〜113篇
選: 詩篇 113篇 4節〜6節
主はすべての国々の上に高くいまし、その栄光は天の上にある。
だれが、われらの神、主のようであろうか。主は高い御位に座し、
身を低くして天と地をご覧になる。
メモ: 「身を低くして天と地をご覧になる。」神様を分かりやすく説明してますね。
2010/ 6/30 読: 詩篇 114篇〜116篇
選: 詩篇 114篇 7節〜8節
地よ。主の御前におののけ。ヤコブの神の御前に。
神は、岩を水のある沢に変えられた。堅い石を水の出る泉に。
メモ: 主は、奇跡を起こされる方です。自分の常識を捨て、主を待ち望みましょう。
前Page