前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2010年 7月)

2010/ 7/ 1 読: 詩篇 117篇〜119篇
選: 詩篇 118篇 23節〜24節
これは主のなさったことだ。私たちの目には不思議なことである。
これは、主が設けられた日である。この日を楽しみ喜ぼう。
メモ: これは、主が設けられた日である。心配しないで、この日を楽しみ、喜ぼう。
2010/ 7/ 2 読: 詩篇 120篇〜122篇
選: 詩篇 121篇 1節〜2節
私は山に向かって目を上げる。私の助けは、どこから来るのだろうか。
私の助けは、天地を造られた主から来る。
メモ: 私の助けは、天地を造られた主から、天と地を造られた方から来るのですよ。
2010/ 7/ 3 読: 詩篇 123篇〜125篇
選: 詩篇 124篇 7節〜8節
私たちは仕掛けられたわなから鳥のように助け出された。わなは破られ、私たちは助け出された。
私たちの助けは、天地を造られた主の御名にある。
メモ: 私たちの助けは、天地を造られた主の御名にある。万物を造られた方ですよ。
2010/ 7/ 4 読: 詩篇 126篇〜128篇
選: 詩篇 126篇 5節〜6節
涙とともに種を蒔く者は、喜び叫びながら刈り取ろう。
種入れをかかえ、泣きながら出て行く者は、束をかかえ、喜び叫びながら帰って来る。
メモ: 種を蒔くことは楽なことではないが、刈り取るときには、大きな喜びが伴う。
2010/ 7/ 5 読: 詩篇 129篇〜131篇
選: 詩篇 130篇 5節
私は主を待ち望みます。私のたましいは、待ち望みます。私は主のみことばを待ちます。
メモ: 解決の糸口がつかめない時、主のみことばを待つ。これも人生に必要なこと。
2010/ 7/ 6 読: 詩篇 132篇〜134篇
選: 詩篇 134篇 1節〜3節
さあ、主をほめたたえよ。主のすべてのしもべたち、夜ごとに主の家で仕える者たちよ。
聖所に向かってあなたがたの手を上げ、主をほめたたえよ。
天地を造られた主がシオンからあなたを祝福されるように。
メモ: 「さあ、主をほめたたえよ」と聖書は呼び掛ける。気分だけで動いてはだめ。
2010/ 7/ 7 読: 詩篇 135篇〜137篇
選: 詩篇 135篇 19節〜20節
イスラエルの家よ。主をほめたたえよ。アロンの家よ。主をほめたたえよ。
レビの家よ。主をほめたたえよ。主を恐れる者よ。主をほめたたえよ。
メモ: 主を信じる者よ、主をほめたたえよ。強烈に伝わってくるメッセージがある。
2010/ 7/ 8 読: 詩篇 138篇〜140篇
選: 詩篇 139篇 23節〜24節
神よ。私を探り、私の心を知ってください。私を調べ、私の思い煩いを知ってください。
私のうちに傷のついた道があるか、ないかを見て、私をとこしえの道に導いてください。
メモ: この祈りは、僕が天国に行くまでつづく思う。成長が終わることがないから。
2010/ 7/ 9 読: 詩篇 141篇〜143篇
選: 詩篇 143篇 10節〜11節
あなたのみこころを行なうことを教えてください。あなたこそ私の神であられますから。あなたのいつくしみ深い霊が、平らな地に私を導いてくださるように。
主よ。あなたの御名のゆえに、私を生かし、あなたの義によって、私のたましいを苦しみから連れ出してください。
メモ: 僕にとって最高の幸せは、「あなたのみこころを行うこと」です。アーメン。
2010/ 7/10 読: 詩篇 144篇〜146篇
選: 詩篇 144篇 1節〜2節
ほむべきかな。わが岩である主。主は、戦いのために私の手を、いくさのために私の指を、鍛えられる。
主は私の恵み、私のとりで。私のやぐら、私を救う方。私の盾、私の身の避け所。私の民を私に服させる方。
メモ: 「私の民を私に服させる方。」自分の力じゃない、神様の力によってですよ。
2010/ 7/11 読: 詩篇 147篇〜149篇
選: 詩篇 147篇 10節〜11節
神は馬の力を喜ばず、歩兵を好まない。
主を恐れる者と御恵みを待ち望む者とを主は好まれる。
メモ: 「御恵みを待ち望む者を主は好まれる。」だそうです。子供のようになろう。
2010/ 7/12 読: 詩篇 150篇、箴言 1章〜2章
選: 詩篇 150篇 3節〜5節
角笛を吹き鳴らして、神をほめたたえよ。十弦の琴と立琴をかなでて、神をほめたたえよ。
タンバリンと踊りをもって、神をほめたたえよ。緒琴と笛とで、神をほめたたえよ。
音の高いシンバルで、神をほめたたえよ。鳴り響くシンバルで、神をほめたたえよ。
メモ: 楽器と踊りをもって、神をほめたたえよ。神様は、心底からの讃美を喜ぶよ。
2010/ 7/13 読: 箴言 3章〜5章
選: 箴言 3章 9節〜10節
あなたの財産とすべての収穫の初物で、主をあがめよ。
そうすれば、あなたの倉は豊かに満たされ、あなたの酒ぶねは新しいぶどう酒であふれる。
メモ: すべての新しく得た物で、主をあがめよ、と理解します。次に、実行します。
2010/ 7/14 読: 箴言 6章〜8章
選: 箴言 8章 12節〜14節
知恵であるわたしは分別を住みかとする。そこには知識と思慮とがある。
主を恐れることは悪を憎むことである。わたしは高ぶりと、おごりと、悪の道と、ねじれたことばを憎む。
摂理とすぐれた知性とはわたしのもの。わたしは分別であって、わたしには力がある。
メモ: 「ねじれたことば」の意味は何だろう。思ってもいないことを伝えることか。
2010/ 7/15 読: 箴言 9章〜11章
選: 箴言 11章 29節〜30節
自分の家族を煩わせる者は風を相続し、愚か者は心に知恵のある者のしもべとなる。
正しい者の結ぶ実はいのちの木である。知恵のある者は人の心をとらえる。
メモ: 人の心をとらえるには知恵が必要だ。神様、私に多くの知恵を与えて下さい。
2010/ 7/16 読: 箴言 12章〜14章
選: 箴言 12章 18節〜19節
軽率に話して人を剣で刺すような者がいる。しかし知恵のある人の舌は人をいやす。
真実のくちびるはいつまでも堅く立つ。偽りの舌はまばたきの間だけ。
メモ: 人を言葉でいやすには知恵が必要だ。神様、私に多くの知恵を与えて下さい。
2010/ 7/17 読: 箴言 15章〜17章
選: 箴言 15章 1節〜2節
柔らかな答えは憤りを静める。しかし激しいことばは怒りを引き起こす。
知恵のある者の舌は知識をよく用い、愚かな者の口は愚かさを吐き出す。
メモ: 知識を用いて話しをすることが重要。神様、私に多くの知恵を与えて下さい。
2010/ 7/18 読: 箴言 18章〜20章
選: 箴言 19章 22節〜23節
人の望むものは、人の変わらぬ愛である。貧しい人は、まやかしを言う者にまさる。
主を恐れるなら、いのちに至る。満ち足りて住み、わざわいに会わない。
メモ: 変わらない、ぶれない愛を与えるには、神の愛を受けることが必要だと思う。
2010/ 7/19 読: 箴言 21章〜23章
選: 箴言 23章 6節〜8節
貪欲な人の食物を食べるな。彼のごちそうを欲しがるな。
彼は、心のうちでは勘定ずくだから。あなたに、「食え、飲め。」と言っても、その心はあなたとともにない。
あなたは、食べた食物を吐き出し、あなたの快いことばをむだにする。
メモ: うわべだけのつきあいはしたくない。ごまかす人は、自分が惨めになるだけ。
2010/ 7/20 読: 箴言 24章〜26章
選: 箴言 24章 17節〜18節
あなたの敵が倒れるとき、喜んではならない。彼がつまずくとき、あなたは心から楽しんではならない。
主がそれを見て、御心を痛め、彼への怒りをやめられるといけないから。
メモ: 私は神様の前にへりくだって、自分が誤った道を歩まないように祈るだけだ。
2010/ 7/21 読: 箴言 27章〜29章
選: 箴言 27章 5節〜6節
あからさまに責めるのは、ひそかに愛するのにまさる。
憎む者がくちづけしてもてなすよりは、愛する者が傷つけるほうが真実である。
メモ: 聖書に書いてあることばは真理。教えとして受け止め、実行すれば実を結ぶ。
2010/ 7/22 読: 箴言 30章〜31章、伝道者の書 1章
選: 箴言 30章 5節〜6節
神のことばは、すべて純粋。神は拠り頼む者の盾。
神のことばにつけ足しをしてはならない。神が、あなたを責めないように、あなたがまやかし者とされないように。
メモ: 「神は拠り頼む者の盾。」疑わずに信じて、神様に拠り頼むことが必要です。
2010/ 7/23 読: 伝道者の書 2章〜4章
選: 伝道者の書 4章 9節〜10節
ふたりはひとりよりもまさっている。ふたりが労苦すれば、良い報いがあるからだ。
どちらかが倒れるとき、ひとりがその仲間を起こす。倒れても起こす者のいないひとりぼっちの人はかわいそうだ。
メモ: 「ふたりが苦労すれば、良い報いがある。」一人では寂しいし、二人がいい。
2010/ 7/24 読: 伝道者の書 5章〜7章
選: 伝道者の書 5章 18節〜20節
見よ。私がよいと見たこと、好ましいことは、神がその人に許されるいのちの日数の間、日の下で骨折るすべての労苦のうちに、しあわせを見つけて、食べたり飲んだりすることだ。これが人の受ける分なのだ。
実に神はすべての人間に富と財宝を与え、これを楽しむことを許し、自分の受ける分を受け、自分の労苦を喜ぶようにされた。これこそが神の賜物である。
こういう人は、自分の生涯のことをくよくよ思わない。神が彼の心を喜びで満たされるからだ。
メモ: 自分に与えられた物を楽しむ。自分が満足していれば、他の人と比較しない。
2010/ 7/25 読: 伝道者の書 8章〜10章
選: 伝道者の書 9章 7節〜9節
さあ、喜んであなたのパンを食べ、愉快にあなたのぶどう酒を飲め。神はすでにあなたの行ないを喜んでおられる。
いつもあなたは白い着物を着、頭には油を絶やしてはならない。
日の下であなたに与えられたむなしい一生の間に、あなたの愛する妻と生活を楽しむがよい。それが、生きている間に、日の下であなたがする労苦によるあなたの受ける分である。
メモ: 飲食を喜び、身だしなみを良くし、あなたの愛する妻と生活を楽しむがよい。
2010/ 7/26 読: 伝道者の書 11章〜12章、雅歌 1章
選: 伝道者の書 12章 1節〜2節
あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、また「何の喜びもない。」と言う年月が近づく前に。
太陽と光、月と星が暗くなり、雨の後にまた雨雲がおおう前に。
メモ: 私たちは、創造者により造られたのです。それぞれの人生に目的があります。
2010/ 7/27 読: 雅歌 2章〜4章
選: 雅歌 3章 4節
彼らのところを通り過ぎると間もなく、私の愛している人を私は見つけました。この方をしっかりつかまえて、放さず、とうとう、私の母の家に、私をみごもった人の奥の間に、お連れしました。
メモ: 愛している人を見つけ、つかまえ、連れていく。愛は相手の意志よりも強し。
2010/ 7/28 読: 雅歌 5章〜7章
選: 雅歌 6章 3節
私は、私の愛する方のもの。私の愛する方は私のもの。あの方はゆりの花の間で群れを飼っています。
メモ: 「私は、私の愛する方のもの。」心の底から言い切れるかな。そうありたい。
2010/ 7/29 読: 雅歌 8章、イザヤ書 1章〜2章
選: イザヤ書 1章 18節〜20節
「さあ、来たれ。論じ合おう。」と主は仰せられる。「たとい、あなたがたの罪が緋のように赤くても、雪のように白くなる。たとい、紅のようにあかくても、羊の毛のようになる。
もし喜んで聞こうとするなら、あなたがたは、この国の良い物を食べることができる。
しかし、もし拒み、そむくなら、あなたがたは剣にのまれる。」と、主の御口が語られた。
メモ: 神様だから論じ合う必要はないと思うけど、押し付けることはしないんだね。
2010/ 7/30 読: イザヤ書 3章〜5章
選: イザヤ書 5章 20節〜23節
ああ。悪を善、善を悪と言っている者たち。彼らはやみを光、光をやみとし、苦みを甘み、甘みを苦みとしている。
ああ。おのれを知恵ある者とみなし、おのれを、悟りがある者と見せかける者たち。
ああ。酒を飲むことでの勇士、強い酒を混ぜ合わせることにかけての豪の者。
彼らはわいろのために、悪者を正しいと宣言し、義人からその義を取り去っている。
メモ: ああ。ああ。ああ。神様は不正を嘆いている。神様が罰し始めたらどうする。
2010/ 7/31 読: イザヤ書 6章〜8章
選: イザヤ書 6章 8節
私は、「だれを遣わそう。だれが、われわれのために行くだろう。」と言っておられる主の声を聞いたので、言った。「ここに、私がおります。私を遣わしてください。」
メモ: 私のために命を捨ててくださった主の誘いであれば、私を遣わしてください。
前Page