前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2010年 8月)

2010/ 8/ 1 読: イザヤ書 9章〜11章
選: イザヤ書 9章 1節〜2節
しかし、苦しみのあった所に、やみがなくなる。先にはゼブルンの地とナフタリの地は、はずかしめを受けたが、後には海沿いの道、ヨルダン川のかなた、異邦人のガリラヤは光栄を受けた。
やみの中を歩んでいた民は、大きな光を見た。死の陰の地に住んでいた者たちの上に光が照った。
メモ: 聖書は希望に満ちている。ただの書物として終わらせるかを決めるのは自分。
2010/ 8/ 2 読: イザヤ書 12章〜14章
選: イザヤ書 12章 1節〜3節
その日、あなたは言おう。「主よ。感謝します。あなたは、私を怒られたのに、あなたの怒りは去り、私を慰めてくださいました。」
見よ。神は私の救い。私は信頼して恐れることはない。ヤハ、主は、私の力、私のほめ歌。私のために救いとなられた。
あなたがたは喜びながら救いの泉から水を汲む。
メモ: 「あなたがたは喜びながら、、、。」神様が私たちに与えたいのは喜びです。
2010/ 8/ 3 読: イザヤ書 15章〜17章
選: イザヤ書 17章 7節〜8節
その日、人は自分を造られた方に目を向け、その目はイスラエルの聖なる方を見、
自分の手で造った祭壇に目を向けず、自分の指で造ったもの、アシェラ像や香の台を見もしない。
メモ: 人が自分を造られた方に目を向ける日がくる。早く向けたほうが自分のため。
2010/ 8/ 4 読: イザヤ書 18章〜20章
選: イザヤ書 19章 21節〜22節
そのようにして主はエジプト人にご自身を示し、その日、エジプト人は主を知り、いけにえとささげ物をもって仕え、主に誓願を立ててこれを果たす。
主はエジプト人を打ち、打って彼らをいやされる。彼らが主に立ち返れば、彼らの願いを聞き入れ、彼らをいやされる。
メモ: 主が私たちに求めていることは、私たちがいやし主である主に立ち返ること。
2010/ 8/ 5 読: イザヤ書 21章〜23章
選: イザヤ書 22章 9節〜11節
おまえたちは、ダビデの町の破れの多いのを見て、下の池の水を集めた。
また、エルサレムの家を数え、その家をこわして城壁を補強し、
二重の城壁の間に貯水池を造って、古い池の水を引いた。しかし、おまえたちは、これをなさった方に目もくれず、昔からこれを計画された方を目にも留めなかった。
メモ: 何かがうまくいったら、先ずは神様に感謝をささげましょう。自慢はその後。
2010/ 8/ 6 読: イザヤ書 24章〜26章
選: イザヤ書 26章 3節〜4節
志の堅固な者を、あなたは全き平安のうちに守られます。その人があなたに信頼しているからです。
いつまでも主に信頼せよ。ヤハ、主は、とこしえの岩だから。
メモ: 私は、志を堅固にし、いつまでも、永遠の岩である主に信頼する者でいます。
2010/ 8/ 7 読: イザヤ書 27章〜29章
選: イザヤ書 29章 22節〜24節
それゆえ、アブラハムを贖われた主は、ヤコブの家について、こう仰せられる。「今からは、ヤコブは恥を見ることがない。今からは、顔色を失うことがない。
彼が自分の子らを見、自分たちの中で、わたしの手のわざを見るとき、彼らは私の名を聖とし、ヤコブの聖なる方を聖とし、イスラエルの神を恐れるからだ。
心の迷っている者は悟りを得、つぶやく者もおしえを学ぶ。」
メモ: 主よ、あなたの手のわざを今まで以上に見せて下さい。楽しみにしています。
2010/ 8/ 8 読: イザヤ書 30章〜32章
選: イザヤ書 30章 18節〜19節
それゆえ、主はあなたがたに恵もうと待っておられ、あなたがたをあわれもうと立ち上がられる。主は正義の神であるからだ。幸いなことよ。主を待ち望むすべての者は。
ああ、シオンの民、エルサレムに住む者。もうあなたは泣くことはない。あなたの叫び声に応じて、主は必ずあなたに恵み、それを聞かれるとすぐ、あなたに答えてくださる。
メモ: 主をいつも無視する私たちに対しての呼びかけ。逆らう必要はないでしょう。
2010/ 8/ 9 読: イザヤ書 33章〜35章
選: イザヤ書 33章 2節
主よ。私たちをあわれんでください。私たちはあなたを待ち望みます。朝ごとに、私たちの腕となり、苦難の時の私たちの救いとなってください。
メモ: 人は神ではない。人には限界がある。限界の中で頼りにできる方がいる幸せ。
2010/ 8/10 読: イザヤ書 36章〜38章
選: イザヤ書 37章 6節〜7節
イザヤは彼らに言った。「あなたがたの主君にこう言いなさい。主はこう仰せられる。『あなたが聞いたあのことば、アッシリヤの王の若い者たちがわたしを冒涜したあのことばを恐れるな。
今、わたしは彼のうちに一つの霊を入れる。彼は、あるうわさを聞いて、自分の国に引き揚げる。わたしは、その国で彼を剣で倒す。』」
メモ: 私は全知全能の神に造られた者です。神様に対して思い上がってはいけない。
2010/ 8/11 読: イザヤ書 39章〜41章
選: イザヤ書 40章 28節〜31節
あなたは知らないのか。聞いていないのか。主は永遠の神、地の果てまで創造された方。疲れることなく、たゆむことなく、その英知は測り知れない。
疲れた者には力を与え、精力のない者には活気をつける。
若者も疲れ、たゆみ、若い男もつまずき倒れる。
しかし、主を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように翼をかって上ることができる。走ってもたゆまず、歩いても疲れない。
メモ: 主を待ち望む者、主に期待する者は、新しい力を得る。簡単すぎる気がする。
2010/ 8/12 読: イザヤ書 42章〜44章
選: イザヤ書 44章 14節〜17節
彼は杉の木を切り、あるいはうばめがしや樫の木を選んで、林の木の中で自分のために育てる。また、月桂樹を植えると、大雨が育てる。
それは人間のたきぎになり、人はそのいくらかを取って暖まり、また、これを燃やしてパンを焼く。また、これで神を造って拝み、それを偶像に仕立てて、これにひれ伏す。
その半分は火に燃やし、その半分で肉を食べ、あぶり肉をあぶって満腹する。また、暖まって、『ああ、暖まった。熱くなった。』と言う。
その残りで神を造り、自分の偶像とし、それにひれ伏して拝み、それに祈って『私を救ってください。あなたは私の神だから。』と言う。
メモ: おかしいと思いながらも、みんながそうしてるからという言い訳は情けない。
2010/ 8/13 読: イザヤ書 45章〜47章
選: イザヤ書 45章 5節〜8節
わたしが主である。ほかにはいない。わたしのほかに神はいない。あなたはわたしを知らないが、わたしはあなたに力を帯びさせる。
それは、日の上る方からも、西からも、わたしのほかには、だれもいないことを、人々が知るためだ。わたしが主である。ほかにはいない。
わたしは光を造り出し、やみを創造し、平和をつくり、わざわいを創造する。わたしは主、これらすべてを造る者。」
「天よ。上から、したたらせよ。雲よ。正義を降らせよ。地よ。開いて救いを実らせよ。正義も共に芽生えさせよ。わたしは主、わたしがこれを創造した。」
メモ: 「わたしが主」と言っている方が、私の主です。自覚が足りなさ過ぎるかも。
2010/ 8/14 読: イザヤ書 48章〜50章
選: イザヤ書 48章 11節〜13節
わたしのため、わたしのために、わたしはこれを行なう。どうしてわたしの名が汚されてよかろうか。わたしはわたしの栄光を他の者には与えない。
わたしに聞け。ヤコブよ。わたしが呼び出したイスラエルよ。わたしがそれだ。わたしは初めであり、また、終わりである。
まことに、わたしの手が地の基を定め、わたしの右の手が天を引き延ばした。わたしがそれらに呼びかけると、それらはこぞって立ち上がる。
メモ: 私は、神様に対して、自分の立場をしっかりとわきまえる必要があると思う。
2010/ 8/15 読: イザヤ書 51章〜53章
選: イザヤ書 53章 10節〜12節
しかし、彼を砕いて、痛めることは主のみこころであった。もし彼が、自分のいのちを罪過のためのいけにえとするなら、彼は末長く、子孫を見ることができ、主のみこころは彼によって成し遂げられる。
彼は、自分のいのちの激しい苦しみのあとを見て、満足する。わたしの正しいしもべは、その知識によって多くの人を義とし、彼らの咎を彼がになう。
それゆえ、わたしは、多くの人々を彼に分け与え、彼は強者たちを分捕り物としてわかちとる。彼が自分のいのちを死に明け渡し、そむいた人たちとともに数えられたからである。彼は多くの人の罪を負い、そむいた人たちのためにとりなしをする。
メモ: 私は彼の救いを受け入れたのだから、彼の子孫と見なされるのかな。すごい。
2010/ 8/16 読: イザヤ書 54章〜56章
選: イザヤ書 56章 3節〜5節
主に連なる外国人は言ってはならない。「主はきっと、私をその民から切り離される。」と。宦官も言ってはならない。「ああ、私は枯れ木だ。」と。
まことに主はこう仰せられる。「わたしの安息日を守り、わたしの喜ぶ事を選び、わたしの契約を堅く保つ宦官たちには、
わたしの家、わたしの城壁のうちで、息子、娘たちにもまさる分け前と名を与え、絶えることのない永遠の名を与える。
メモ: 主に切り離されてしまう人はいない。自分を主人にする人が離れていきます。
2010/ 8/17 読: イザヤ書 57章〜59章
選: イザヤ書 58章 13節〜14節
もし、あなたが安息日に出歩くことをやめ、わたしの聖日に自分の好むことをせず、安息日を「喜びの日」と呼び、主の聖日を「はえある日」と呼び、これを尊んで旅をせず、自分の好むことを求めず、むだ口を慎むなら、
そのとき、あなたは主をあなたの喜びとしよう。「わたしはあなたに地の高い所を踏み行かせ、あなたの父ヤコブのゆずりの地であなたを養う。」と主の御口が語られたからである。
メモ: 安息日は自分のため。創造主に感謝し、身も心もしっかり休ませたいと思う。
2010/ 8/18 読: イザヤ書 60章〜62章
選: イザヤ書 61章 10節
わたしは主によって大いに楽しみ、わたしのたましいも、わたしの神によって喜ぶ。主がわたしに、救いの衣を着せ、正義の外套をまとわせ、花婿のように栄冠をかぶらせ、花嫁のように宝玉で飾ってくださるからだ。
メモ: 主がいろいろしてくださるから、安心できるし、楽しいし、喜んでいられる。
2010/ 8/19 読: イザヤ書 63章〜65章
選: イザヤ書 65章 19節〜21節
わたしはエルサレムを喜び、わたしの民を楽しむ。そこにはもう、泣き声も叫び声も聞かれない。
そこにはもう、数日しか生きない乳飲み子も、寿命の満ちない老人もない。百歳で死ぬ者は若かったとされ、百歳にならないで死ぬ者は、のろわれた者とされる。
彼らは家を建てて住み、ぶどう畑を作って、その実を食べる。
メモ: 身も心も健康であれば、人は百歳以上になれるということが書かれているね。
2010/ 8/20 読: イザヤ書 66章、エレミヤ書 1章〜2章
選: エレミヤ書 2章 13節
わたしの民は二つの悪を行なった。湧き水の泉であるわたしを捨てて、多くの水ためを、水をためることのできない、こわれた水ためを、自分たちのために掘ったのだ。
メモ: 主は、湧き水の泉です。主につながっていれば、いつでも新鮮な水を頂ける。
2010/ 8/21 読: エレミヤ書 3章〜5章
選: エレミヤ書 4章 3節〜4節
まことに主は、ユダの人とエルサレムとに、こう仰せられる。「耕地を開拓せよ。いばらの中に種を蒔くな。
ユダの人とエルサレムの住民よ。主のために割礼を受け、心の包皮を取り除け。さもないと、あなたがたの悪い行ないのため、わたしの憤りが火のように出て燃え上がり、消す者もいないだろう。」
メモ: 準備をしてから、種をまけ。日当たりと、風通しがよければ、よい実がなる。
2010/ 8/22 読: エレミヤ書 6章〜8章
選: エレミヤ書 7章 21節〜23節
イスラエルの神、万軍の主は、こう仰せられる。「あなたがたの全焼のいけにえに、ほかのいけにえを加えて、その肉を食べよ。
わたしは、あなたがたの先祖をエジプトの国から連れ出したとき、全焼のいけにえや、ほかのいけにえについては何も語らず、命じもしなかった。
ただ、次のことを彼らに命じて言った。『わたしの声に聞き従え。そうすれば、わたしは、あなたがたの神となり、あなたがたは、わたしの民となる。あなたがたをしあわせにするために、わたしが命じるすべての道を歩め。』
メモ: 主は、私たちのしあわせを望んでいる。だから僕は主の喜ぶことをやりたい。
2010/ 8/23 読: エレミヤ書 9章〜11章
選: エレミヤ書 9章 23節〜24節
主はこう仰せられる。「知恵ある者は自分の知恵を誇るな。つわものは自分の強さを誇るな。富む者は自分の富を誇るな。
誇る者は、ただ、これを誇れ。悟りを得て、わたしを知っていることを。わたしは主であって、地に恵みと公義と正義を行なう者であり、わたしがこれらのことを喜ぶからだ。――主の御告げ。――
メモ: 私は主を知っていることを誇りに思う。しかし、もっともっと主を知りたい。
2010/ 8/24 読: エレミヤ書 12章〜14章
選: エレミヤ書 13章 23節
クシュ人がその皮膚を、ひょうがその斑点を、変えることができようか。もしできたら、悪に慣れたあなたがたでも、善を行なうことができるだろう。
メモ: 悪に慣れた人が善を行うことは不可能。しかし、哀れみの神に不可能はない。
2010/ 8/25 読: エレミヤ書 15章〜17章
選: エレミヤ書 17章 24節〜25節
もし、あなたがたが、ほんとうにわたしに聞き従い、――主の御告げ。――安息日にこの町の門のうちに荷物を持ち込まず、安息日をきよく保ち、この日に何の仕事もしないなら、
ダビデの王座に着く王たちや、車や馬に乗る首長たち、すなわち王たちとその首長たち、ユダの人、エルサレムの住民は、この町の門のうちにはいり、この町はとこしえに人の住む所となる。
メモ: 主は、私たちが安息日に休むことを重要視している。それも、私たちのため。
2010/ 8/26 読: エレミヤ書 18章〜20章
選: エレミヤ書 18章 7節〜10節
わたしが、一つの国、一つの王国について、引き抜き、引き倒し、滅ぼすと語ったその時、
もし、わたしがわざわいを予告したその民が、悔い改めるなら、わたしは、下そうと思っていたわざわいを思い直す。
わたしが、一つの国、一つの王国について、建て直し、植えると語ったその時、
もし、それがわたしの声に聞き従わず、わたしの目の前に悪を行なうなら、わたしは、それに与えると言ったしあわせを思い直す。
メモ: 人のしあわせを望み、悔い改める者を赦す神の愛と哀れみに感動しませんか。
2010/ 8/27 読: エレミヤ書 21章〜23章
選: エレミヤ書 21章 13節〜14節
「ああ、この谷に住む者、平地の岩よ。あなたに言う。――主の御告げ。――あなたがたは、『だれが、私たちのところに下って来よう。だれが、私たちの住まいにはいれよう。』と言っている。
わたしはあなたがたを、その行ないの実にしたがって罰する。――主の御告げ。――また、わたしは、その林に火をつける。火はその周辺をことごとく焼き尽くす。」
メモ: 行いは実を結ぶ。悪い実を結べば、罰せられると主は語る。主は正しく裁く。
2010/ 8/28 読: エレミヤ書 24章〜26章
選: エレミヤ書 25章 11節〜12節
この国は全部、廃墟となって荒れ果て、これらの国々はバビロンの王に七十年仕える。
七十年の終わりに、わたしはバビロンの王とその民、――主の御告げ。――またカルデヤ人の地を、彼らの咎のゆえに罰し、これを永遠に荒れ果てた地とする。
メモ: 神様は、人の行いによって、時を定めている。歴史の急変はそのためと思う。
2010/ 8/29 読: エレミヤ書 27章〜29章
選: エレミヤ書 29章 11節〜12節
29:11 わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。――主の御告げ。――それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。
29:12 あなたがたがわたしを呼び求めて歩き、わたしに祈るなら、わたしはあなたがたに聞こう。
メモ: 神様の私に対する計画が存在する。この計画に沿った歩みが幸せにつながる。
2010/ 8/30 読: エレミヤ書 30章〜32章
選: エレミヤ書 32章 40節〜41節
わたしが彼らから離れず、彼らを幸福にするため、彼らととこしえの契約を結ぶ。わたしは、彼らがわたしから去らないようにわたしに対する恐れを彼らの心に与える。
わたしは彼らを幸福にして、彼らをわたしの喜びとし、真実をもって、心を尽くし思いを尽くして、彼らをこの国に植えよう。」
メモ: 私も、主から離れることがないように、常に主に対する恐れを持っていたい。
2010/ 8/31 読: エレミヤ書 33章〜35章
選: エレミヤ書 34章 9節〜11節
――それは各自が、ヘブル人である自分の奴隷や女奴隷を自由の身にし、同胞のユダヤ人を奴隷にしないという契約であった。
契約に加入したすべての首長、すべての民は、それぞれ、自分の奴隷や女奴隷を自由の身にして、二度と彼らを奴隷にしないことに同意し、同意してから彼らを去らせた。
しかし、彼らは、そのあとで心を翻した。そして、いったん自由の身にした奴隷や女奴隷を連れ戻して、彼らを奴隷や女奴隷として使役した。――
メモ: 信仰をもって歩みだしたのに、目先の心配ごとで、元の道には戻りたくない。
前Page