前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2010年 9月)

2010/ 9/ 1 読: イザヤ書 36章〜38章
選: イザヤ書 36章 1節〜3節
ヨシヤの子、ユダの王エホヤキムの第四年に、主からエレミヤに次のようなみことばがあった。
「あなたは巻き物を取り、わたしがあなたに語った日、すなわちヨシヤの時代から今日まで、わたしがイスラエルとユダとすべての国々について、あなたに語ったことばをみな、それに書きしるせ。
ユダの家は、わたしが彼らに下そうと思っているすべてのわざわいを聞いて、それぞれ悪の道から立ち返るかもしれない。そうすれば、わたしも、彼らの咎と罪とを赦すことができる。」
メモ: 神様は、私の悔い改めを願っている。神様は、私の罪を赦し、救いたいのだ。
2010/ 9/ 2 読: イザヤ書 39章〜41章
選: イザヤ書 39章 15節〜18節
エレミヤが監視の庭に閉じ込められているとき、エレミヤに次のような主のことばがあった。
「行って、クシュ人エベデ・メレクに話して言え。『イスラエルの神、万軍の主は、こう仰せられる。見よ。わたしはこの町にわたしのことばを実現する。幸いのためではなく、わざわいのためだ。それらは、その日、あなたの前で起こる。
しかしその日、わたしはあなたを救い出す。――主の御告げ。――あなたはあなたが恐れている者たちの手に渡されることはない。
わたしは必ずあなたを助け出す。あなたは剣に倒れず、あなたのいのちはあなたの分捕り物としてあなたのものになる。それは、あなたがわたしに信頼したからだ。――主の御告げ。――』」
メモ: エベデ・メレクは、周りの人を気にせずエレミヤを助けた。主は彼を守った。
2010/ 9/ 3 読: イザヤ書 42章〜44章
選: イザヤ書 42章 5節〜7節
彼らはエレミヤに言った。「主が私たちの間で真実な確かな証人でありますように。私たちは、すべてあなたの神、主が私たちのためにあなたを送って告げられることばのとおりに、必ず行ないます。
私たちは良くても悪くても、あなたを遣わされた私たちの神、主の御声に聞き従います。私たちが私たちの神、主の御声に聞き従ってしあわせを得るためです。」
十日の後、主のことばがエレミヤにあった。
メモ: 彼らは、自分達の計画と神様の導きが一致しているかを知りたかっただけだ。
2010/ 9/ 4 読: イザヤ書 45章〜47章
選: イザヤ書 46章 18節
わたしは生きている。――その名を万軍の主という王の御告げ。――彼は山々の中のタボルのように、海のほとりのカルメルのように、必ず来る。
メモ: 私は、主が生きていることを、いつも意識しながら生活をしているだろうか。
2010/ 9/ 5 読: イザヤ書 48章〜50章
選: イザヤ書 49章 19節
「見よ。獅子がヨルダンの密林から水の絶えず流れる牧場に上って来るように、わたしは一瞬にして彼らをそこから追い出そう。わたしは、選ばれた人をそこに置く。なぜなら、だれかわたしのような者があろうか。だれかわたしを呼びつける者があろうか。だれかわたしの前に立つことのできる牧者があろうか。」
メモ: 私は、このような方について行けることを誇りに思うし、幸せなことと思う。
2010/ 9/ 6 読: イザヤ書 51章〜52章、哀歌 1章
選: イザヤ書 51章 52節〜53節
「それゆえ、見よ、その日が来る。――主の御告げ。――その日、わたしは、その刻んだ像を罰する。刺された者がその全土でうめく。
たといバビロンが天に上っても、たとい、そのとりでを高くして近寄りがたくしても、わたしのもとから荒らす者たちが、ここに来る。――主の御告げ。――」
メモ: 主の御告げは必ず実行される。私は、たくさんのうれしい御告げを受けたい。
2010/ 9/ 7 読: 哀歌 2章〜4章
選: 哀歌 3章 30節〜32節
自分を打つ者に頬を与え、十分そしりを受けよ。
主は、いつまでも見放してはおられない。
たとい悩みを受けても、主は、その豊かな恵みによって、あわれんでくださる。
メモ: 主は、その豊かな恵みによって、あわれんでくださる。気持ちが楽になるよ。
2010/ 9/ 8 読: 哀歌 5章、エゼキエル書 1章〜2章
選: エゼキエル書 2章 9節〜10節
そこで私が見ると、なんと、私のほうに手が伸ばされていて、その中に一つの巻き物があった。
それが私の前で広げられると、その表にも裏にも字が書いてあって、哀歌と、嘆きと、悲しみとがそれに書いてあった。
メモ: 今の時代について書き記すとしたら、当時と同じような文書になる気がする。
2010/ 9/ 9 読: エゼキエル書 3章〜5章
選: エゼキエル書 5章 13節
わたしの怒りが全うされると、わたしは彼らに対するわたしの憤りを静めて満足する。わたしが彼らに対する憤りを全うするとき、彼らは、主であるわたしが熱心に語ったことを知ろう。
メモ: 遅すぎないうちに、熱心に語る神様の声に聞き従い、生活を改めたいと思う。
2010/ 9/10 読: エゼキエル書 6章〜8章
選: エゼキエル書 6章 6節〜7節
あなたがたがどこに住もうとも、町々は廃墟となり、高き所は荒らされる。あなたがたの祭壇は廃墟となり、罪に定められる。あなたがたの偶像が砕きに砕かれ、あなたがたの香の台は切り倒され、あなたがたのしたわざは消し去られ、
刺し殺された者があなたがたのうちに横たわるとき、あなたがたは、わたしが主であることを知ろう。
メモ: 恐ろしいことが起きる前に、「わたしが主」と言われる方を知りたいものだ。
2010/ 9/11 読: エゼキエル書 9章〜11章
選: エゼキエル書 11章 19節〜20節
わたしは彼らに一つの心を与える。すなわち、わたしはあなたがたのうちに新しい霊を与える。わたしは彼らのからだから石の心を取り除き、彼らに肉の心を与える。
それは、彼らがわたしのおきてに従って歩み、わたしの定めを守り行なうためである。こうして、彼らはわたしの民となり、わたしは彼らの神となる。
メモ: 万物の創造者に、「わたしはあなたの神となる。」と言われたら、うれしい。
2010/ 9/12 読: エゼキエル書 12章〜14章
選: エゼキエル書 13章 13節〜14節
それゆえ、神である主はこう仰せられる。わたしは、憤って激しい風を吹きつけ、怒って大雨を降り注がせ、憤って雹を降らせて、こわしてしまう。
あなたがたがしっくいで上塗りした壁を、わたしが打ちこわし、地に倒してしまうので、その土台までもあばかれてしまう。それが倒れ落ちて、あなたがたがその中で滅びるとき、あなたがたは、わたしが主であることを知ろう。
メモ: 救いたいので、「わたしが主である」ことを知らせようとしているのですよ。
2010/ 9/13 読: エゼキエル書 15章〜17章
選: エゼキエル書 15章 7節〜8節
わたしは彼らから顔をそむける。彼らが火からのがれても、火は彼らを焼き尽くしてしまう。わたしが彼らから顔をそむけるそのとき、あなたがたは、わたしが主であることを知ろう。
彼らがわたしに不信に不信を重ねたので、わたしはこの地を荒れ果てさせる。――神である主の御告げ。――
メモ: 当然の事とと思っているから、感謝しない、神を認めない。いつかは遅すぎる。
2010/ 9/14 読: エゼキエル書 18章〜20章
選: エゼキエル書 20章 16節〜19節
それは、彼らがわたしの定めをないがしろにし、わたしのおきてを踏み行なわず、わたしの安息日を汚したからだ。それほど彼らの心は偶像を慕っていた。
それでも、わたしは彼らを惜しんで、滅ぼさず、わたしは荒野で彼らを絶やさなかった。
わたしは彼らの子どもたちに荒野で言った。『あなたがたの父たちのおきてに従って歩むな。彼らのならわしを守るな。彼らの偶像で身を汚すな。
わたしがあなたがたの神、主である。わたしのおきてに従って歩み、わたしの定めを守り行なえ。
メモ: 僕が神だったら、みんなを滅ぼしていると思う。哀れみと忍耐がないからね。
2010/ 9/15 読: エゼキエル書 21章〜23章
選: エゼキエル書 23章 37節〜39節
彼女たちは姦通し、その手は血に染まっている。彼女たちは自分たちの偶像と姦通し、わたしのために産んだ子どもをさえ、それらのために火の中を通らせて、焼き尽くした。
なお、彼らはわたしに対してこんなことまでし、同じ日に、わたしの聖所を汚し、わたしの安息日を汚した。
偶像のために、自分たちの子どもを殺し、その同じ日にわたしの聖所に来て、これを汚した。彼らはなんと、このようなことをわたしの家の中でした。
メモ: 僕が忌み嫌うことを、嫌がらせのように、絶え間なくされたら、どうするか。
2010/ 9/16 読: エゼキエル書 24章〜26章
選: エゼキエル書 24章 13節〜14節
あなたのみだらな汚れを見て、わたしはあなたをきよめようとしたが、あなたはきよくなろうともしなかった。それでわたしがあなたに対するわたしの憤りを静めるまで、あなたは決してきよめられない。
主であるわたしは言った。それは必ず起こる。わたしはそれを行なって、なおざりにせず、惜しまず、思い直しもしない。あなたの行ないや、わざにしたがって、あなたをさばく。――神である主の御告げ。――」
メモ: 人はロボットではない。自由意志を持っている。だから逆らうこともできる。
2010/ 9/17 読: エゼキエル書 27章〜29章
選: エゼキエル書 28章 5節〜8節
商いに多くの知恵を使って財宝をふやし、あなたの心は、財宝で高ぶった。
それゆえ、神である主はこう仰せられる。あなたは自分の心を神の心のようにみなした。
それゆえ、他国人、最も横暴な異邦の民を連れて来て、あなたを攻めさせる。彼らはあなたの美しい知恵に向かって剣を抜き、あなたの輝きを汚し、
あなたを穴に投げ入れる。あなたは海の真中で、刺し殺される者の死を遂げる。
メモ: 神様、私に多く与えられても、思い上がることのないようにお守りください。
2010/ 9/18 読: エゼキエル書 30章〜32章
選: エゼキエル書 32章 2節〜4節
「人の子よ。エジプトの王パロについて哀歌を唱えて彼に言え。諸国の民の若い獅子よ。あなたは滅びうせた。あなたは海の中のわにのようだ。川の中であばれ回り、足で水をかき混ぜ、その川々を濁らせた。
神である主はこう仰せられる。わたしは、多くの国々の民の集団を集めて、あなたの上にわたしの網を打ちかけ、彼らはあなたを地引き網で引き上げる。
わたしは、あなたを地に投げ捨て、野に放り出し、空のあらゆる鳥をあなたの上に止まらせ、全地の獣をあなたで飽かせよう。
メモ: 神様は行いを見ている。そして神の基準で裁かれる。神様に喜ばれていたい。
2010/ 9/19 読: エゼキエル書 33章〜35章
選: エゼキエル書 33章 30節〜32節
人の子よ。あなたの民の者たちは城壁のそばや、家々の入口で、あなたについて互いに語り合ってこう言っている。『さあ、どんなことばが主から出るか聞きに行こう。』
彼らは群れをなしてあなたのもとに来、わたしの民はあなたの前にすわり、あなたのことばを聞く。しかし、それを実行しようとはしない。彼らは、口では恋をする者であるが、彼らの心は利得を追っている。
あなたは彼らにとっては、音楽に合わせて美しく歌われる恋の歌のようだ。彼らはあなたのことばを聞くが、それを実行しようとはしない。
メモ: 神様のことばは、それを行動に反映させるためにある。実行なし、実もなし。
2010/ 9/20 読: エゼキエル書 36章〜38章
選: エゼキエル書 37章 13節〜14節
わたしの民よ。わたしがあなたがたの墓を開き、あなたがたを墓から引き上げるとき、あなたがたは、わたしが主であることを知ろう。
わたしがまた、わたしの霊をあなたがたのうちに入れると、あなたがたは生き返る。わたしは、あなたがたをあなたがたの地に住みつかせる。このとき、あなたがたは、主であるわたしがこれを語り、これを成し遂げたことを知ろう。――主の御告げ。――」
メモ: 主は言う。「私が主である。主であるわたしが語り、わたしが成し遂げる。」
2010/ 9/21 読: エゼキエル書 39章〜41章
選: エゼキエル書 39章 25節
それゆえ、神である主はこう仰せられる。今わたしはヤコブの捕われ人を帰らせ、イスラエルの全家をあわれむ。これは、わたしの聖なる名のための熱心による。
メモ: 「わたしの聖なる名のための熱心により、わたしはあわれむ。」と主は言う。
2010/ 9/22 読: エゼキエル書 42章〜44章
選: エゼキエル書 44章 15節〜16節
しかし、イスラエル人が迷ってわたしから離れたときもわたしの聖所の任務を果たした、ツァドクの子孫のレビ人の祭司たちは、わたしに近づいてわたしに仕え、わたしに脂肪と血とをささげてわたしに仕えることができる。――神である主の御告げ。――
彼らはわたしの聖所にはいり、わたしの机に近づいてわたしに仕え、わたしへの任務を果たすことができる。
メモ: どのような状態においても、わたしは主に忠実に従い、報いを受けたいです。
2010/ 9/23 読: エゼキエル書 45章〜47章
選: エゼキエル書 47章 12節
47:12 川のほとり、その両岸には、あらゆる果樹が生長し、その葉も枯れず、実も絶えることがなく、毎月、新しい実をつける。その水が聖所から流れ出ているからである。その実は食物となり、その葉は薬となる。
メモ: 私の住んでいる所からも、このように、人の祝福となる流れがあればいいな。
2010/ 9/24 読: エゼキエル書 48章、ダニエル書 1章〜2章
選: ダニエル書 2章 17節〜19節
それから、ダニエルは自分の家に帰り、彼の同僚のハナヌヤ、ミシャエル、アザルヤにこのことを知らせた。
彼らはこの秘密について、天の神のあわれみを請い、ダニエルとその同僚が他のバビロンの知者たちとともに滅ぼされることのないようにと願った。
そのとき、夜の幻のうちにこの秘密がダニエルに啓示されたので、ダニエルは天の神をほめたたえた。
メモ: 私が信じている神様は、当時、ダニエルが信じていた神様と同じ神様ですよ。
2010/ 9/25 読: ダニエル書 3章〜5章
選: ダニエル書 3章 28節〜29節
ネブカデネザルは言った。「ほむべきかな、シャデラク、メシャク、アベデ・ネゴの神。神は御使いを送って、王の命令にそむき、自分たちのからだを差し出しても、神に信頼し、自分たちの神のほかはどんな神にも仕えず、また拝まないこのしもべたちを救われた。
それゆえ、私は命令する。諸民、諸国、諸国語の者のうち、シャデラク、メシャク、アベデ・ネゴの神を侮る者はだれでも、その手足は切り離され、その家をごみの山とさせる。このように救い出すことのできる神は、ほかにないからだ。」
メモ: 自分たちのからだを差し出しても、神に信頼した三人の友。私もその仲間だ。
2010/ 9/26 読: ダニエル書 6章〜8章
選: ダニエル書 6章 20節〜23節
その穴に近づくと、王は悲痛な声でダニエルに呼びかけ、ダニエルに言った。「生ける神のしもべダニエル。あなたがいつも仕えている神は、あなたを獅子から救うことができたか。」
すると、ダニエルは王に答えた。「王さま。永遠に生きられますように。
私の神は御使いを送り、獅子の口をふさいでくださったので、獅子は私に何の害も加えませんでした。それは私に罪のないことが神の前に認められたからです。王よ。私はあなたにも、何も悪いことをしていません。」
そこで王は非常に喜び、ダニエルをその穴から出せと命じた。ダニエルは穴から出されたが、彼に何の傷も認められなかった。彼が神に信頼していたからである。
メモ: 生ける神のしもべダニエルは救われました。彼が神に信頼していたからです。
2010/ 9/27 読: ダニエル書 9章〜11章
選: ダニエル書 9章 9節
あわれみと赦しとは、私たちの神、主のものです。これは私たちが神にそむいたからです。
メモ: 「あわれみと赦しとは、私たちの神、主のものです。」をもっと意識したい。
2010/ 9/28 読: ダニエル書 12章、ホセア書 1章〜2章
選: ホセア書 2章 19節〜20節
わたしはあなたと永遠に契りを結ぶ。正義と公義と、恵みとあわれみをもって、契りを結ぶ。
わたしは真実をもってあなたと契りを結ぶ。このとき、あなたは主を知ろう。
メモ: 主を知ることは、主のあわれみによる。自分の熱心さでできることではない。
2010/ 9/29 読: ホセア書 3章〜5章
選: ホセア書 3章 1節
主は私に仰せられた。「再び行って、夫に愛されていながら姦通している女を愛せよ。ちょうど、ほかの神々に向かい、干しぶどうの菓子を愛しているイスラエルの人々を主が愛しておられるように。」
メモ: 無視だけで済まされていない状態において、神様の愛を再び思い知らされた。
2010/ 9/30 読: ホセア書 6章〜8章
選: ホセア書 7章 13節〜15節
ああ、彼らは。彼らはわたしから逃げ去ったからだ。彼らは踏みにじられよ。彼らはわたしにそむいたからだ。わたしは彼らを贖おうとするが彼らはわたしにまやかしを言う。
彼らはわたしに向かって心から叫ばず、ただ、床の上で泣きわめく。彼らは、穀物と新しいぶどう酒のためには集まって来るが、わたしからは離れ去る。
わたしが訓戒し、わたしが彼らの腕を強くしたのに、彼らはわたしに対して悪事をたくらむ。
メモ: 僕がこのように裏切られたら、まだ嘆くだろうか。神様の愛と憐れみに感謝。
前Page