前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2010年10月)

2010/10/ 1 読: ホセア書 9章〜11章
選: ホセア書 10章 3節〜4節
今、彼らは言う。「私たちには王がない。私たちが主を恐れなかったからだ。
だが、王は私たちに何ができよう。」と。
彼らはむだ口をきき、むなしい誓いを立てて契約を結ぶ。だから、さばきは畑
のうねの毒草のように生いでる。
メモ: 自分を正当化するときの言い訳みたいだな。報いは、むなしさになるけれど。
2010/10/ 2 読: ホセア書 12章〜14章
選: ホセア書 14章 8節〜9節
エフライムよ。もう、わたしは偶像と何のかかわりもない。わたしが答え、わたしが世話をする。わたしは緑のもみの木のようだ。あなたはわたしから実を得るのだ。
知恵ある者はだれか。その人はこれらのことを悟るがよい。悟りある者はだれか。その人はそれらを知るがよい。主の道は平らだ。正しい者はこれを歩み、そむく者はこれにつまずく。
メモ: こんなにうまくゆくはずがないと決めつけ、かえってつまずいてしまうのか。
2010/10/ 3 読: ヨエル書 1章〜3章
選: ヨエル書 2章 26節〜27節
あなたがたは飽きるほど食べて満足し、あなたがたに不思議なことをしてくださったあなたがたの神、主の名をほめたたえよう。わたしの民は永遠に恥を見ることはない。
あなたがたは、イスラエルの真中にわたしがいることを知り、わたしがあなたがたの神、主であり、ほかにはないことを知る。わたしの民は永遠に恥を見ることはない。
メモ: 私も、主がしてくださった不思議なことについて、主の名をほめたたえます。
2010/10/ 4 読: アモス書 1章〜3章
選: アモス書 1章 7節
わたしはガザの城壁に火を送ろう。火はその宮殿を焼き尽くす。
メモ: その時、「火事だ。」と人々は騒いだ。しかし、主のことばが成就したのだ。
2010/10/ 5 読: アモス書 4章〜6章
選: アモス書 4章 9節〜11節
わたしは立ち枯れと黒穂病で、あなたがたを打った。あなたがたの果樹園とぶどう畑、いちじくの木とオリーブの木がふえても、かみつくいなごが食い荒らした。それでも、あなたがたはわたしのもとに帰って来なかった。――主の御告げ。――
わたしは、エジプトにしたように、疫病をあなたがたに送り、剣であなたがたの若者たちを殺し、あなたがたの馬を奪い去り、あなたがたの陣営に悪臭を上らせ、あなたがたの鼻をつかせた。それでも、あなたがたはわたしのもとに帰って来なかった。――主の御告げ。――
わたしは、あなたがたをくつがえした。神がソドムとゴモラをくつがえしたように。あなたがたは炎の中から取り出された燃えさしのようであった。それでも、あなたがたはわたしのもとに帰って来なかった。――主の御告げ。――
メモ: 「それでも、あなたがたはわたしのもとに帰って来なかった。」と嘆く神様。
2010/10/ 6 読: アモス書 7章〜9章
選: アモス書 8章 5節〜6節
あなたがたは言っている。「新月の祭りはいつ終わるのか。私たちは穀物を売りたいのだが。安息日はいつ終わるのか。麦を売りに出したいのだが。エパを小さくし、シェケルを重くし、欺きのはかりで欺こう。
弱い者を銀で買い、貧しい者を一足のくつで買い取り、くず麦を売るために。」
メモ: 声を出して言わなかったと思う。しかし、主は心の中を知っておられるのだ。
2010/10/ 7 読: オバデヤ書 1章、ヨナ書 1章〜2章
選: オバデヤ書 1章 15節
主の日はすべての国々の上に近づいている。あなたがしたように、あなたにもされる。あなたの報いは、あなたの頭上に返る。
メモ: 私がしたように、私にもされる。私はまいたものを刈り取ることになるのだ。
2010/10/ 8 読: ヨナ書 3章〜4章、ミカ書 1章
選: ヨナ書 4章 10節〜11節
主は仰せられた。「あなたは、自分で骨折らず、育てもせず、一夜で生え、一夜で滅びたこのとうごまを惜しんでいる。
まして、わたしは、この大きな町ニネベを惜しまないでいられようか。そこには、右も左もわきまえない十二万以上の人間と、数多くの家畜とがいるではないか。」
メモ: 与えられた物も、いつの間にか自分の頑張りで得たと勘違いする自分がいる。
2010/10/ 9 読: ミカ書 2章〜4章
選: ミカ書 4章 11節〜13節
今、多くの異邦の民があなたを攻めに集まり、そして言う。「シオンが犯されるのをこの目で見よう。」と。
しかし彼らは主の御計らいを知らず、そのはかりごとを悟らない。主が彼らを打ち場の麦束のように集められたことを。
シオンの娘よ。立って麦を打て。わたしはあなたの角を鉄とし、あなたのひづめを青銅とする。あなたは多くの国々の民を粉々に砕き、彼らの利得を主にささげ、彼らの財宝を全地の主にささげる。
メモ: 真実を無視した、自分勝手な解釈や思い込みは、悲劇で終わる可能性がある。
2010/10/10 読: ミカ書 5章〜7章
選: ミカ書 7章 7節
しかし、私は主を仰ぎ見、私の救いの神を待ち望む。私の神は私の願いを聞いてくださる。
メモ: いろいろな思いがある。しかし、私は主を仰ぎ見、神の救いの神を待ち望む。
2010/10/11 読: ナホム書 1章〜3章
選: ナホム書 1章 7節
主はいつくしみ深く、苦難の日のとりでである。主に身を避ける者たちを主は知っておられる。
メモ: 主を知っていると言いつつも、主に対する信頼度がまだまだ低すぎると思う。
2010/10/12 読: ハバクク書 1章〜3章
選: ハバクク書 3章 17節〜19節
そのとき、いちじくの木は花を咲かせず、ぶどうの木は実をみのらせず、オリーブの木も実りがなく、畑は食物を出さない。羊は囲いから絶え、牛は牛舎にいなくなる。
しかし、私は主にあって喜び勇み、私の救いの神にあって喜ぼう。
私の主、神は、私の力。私の足を雌鹿のようにし、私に高い所を歩ませる。指揮者のために。弦楽器に合わせて。
メモ: 非現実的であっても、私は主にあって喜び勇み、私の救いの神にあって喜ぶ。
2010/10/13 読: ゼパニヤ書 1章〜3章
選: ゼパニヤ書 3章 17節
あなたの神、主は、あなたのただ中におられる。救いの勇士だ。主は喜びをもってあなたのことを楽しみ、その愛によって安らぎを与える。主は高らかに歌ってあなたのことを喜ばれる。
メモ: 主に、「あなたのことを楽しみ、高らかに歌ってあなたを喜ぶ。」と言わた。
2010/10/14 読: ハガイ書 1章〜2章、ゼカリヤ書 1章
選: ハガイ書 1章 6〜9節
あなたがたは、多くの種を蒔いたが少ししか取り入れず、食べたが飽き足らず、飲んだが酔えず、着物を着たが暖まらない。かせぐ者がかせいでも、穴のあいた袋に入れるだけだ。
万軍の主はこう仰せられる。あなたがたの現状をよく考えよ。
山に登り、木を運んで来て、宮を建てよ。そうすれば、わたしはそれを喜び、わたしの栄光を現わそう。主は仰せられる。
あなたがたは多くを期待したが、見よ、わずかであった。あなたがたが家に持ち帰ったとき、わたしはそれを吹き飛ばした。それはなぜか。――万軍の主の御告げ。――それは、廃墟となったわたしの宮のためだ。あなたがたがみな、自分の家のために走り回っていたから
メモ: 「だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。」を思い出しました。
2010/10/15 読: ゼカリヤ書 2章〜4章
選: ゼカリヤ書 2章 4〜5節
そして彼に言った。「走って行って、あの若者にこう告げなさい。『エルサレムは、その中の多くの人と家畜のため、城壁のない町とされよう。
しかし、わたしが、それを取り巻く火の城壁となる。――主の御告げ。――わたしがその中の栄光となる。』
メモ: もし、火の城壁が見えないものであっても、神は守ってくださると信じます。
2010/10/16 読: ゼカリヤ書 5章〜7章
選: ゼカリヤ書 5章 3〜4節
すると彼は、私に言った。「これは、全地の面に出て行くのろいだ。盗む者はだれでも、これに照らし合わせて取り除かれ、また、偽って誓う者はだれでも、これに照らし合わせて取り除かれる。」
「わたしが、それを出て行かせる。――万軍の主の御告げ。――それは、盗人の家にはいり、また、わたしの名を使って偽りの誓いを立てる者の家にはいり、その家の真中にとどまり、その家を梁と石とともに絶ち滅ぼす。」
メモ: 人にはばれないかも知れない。しかし、神様はすべての行いに報われる方だ。
2010/10/17 読: ゼカリヤ書 8章〜10章
選: ゼカリヤ書 8章 23節
万軍の主はこう仰せられる。「その日には、外国語を話すあらゆる民のうちの十人が、ひとりのユダヤ人のすそを堅くつかみ、『私たちもあなたがたといっしょに行きたい。神があなたがたとともにおられる、と聞いたからだ。』と言う。」
メモ: 「神があなたがたとともにおられる、と聞いたので。」と来客に言われたい。
2010/10/18 読: ゼカリヤ書 11章〜13章
選: ゼカリヤ書 13章 9節
わたしは、その三分の一を火の中に入れ、銀を練るように彼らを練り、金をためすように彼らをためす。彼らはわたしの名を呼び、わたしは彼らに答える。わたしは「これはわたしの民。」と言い、彼らは「主は私の神。」と言う。
メモ: ためされることにより、神様の働きを実感し、「主は私の神。」と告白する。
2010/10/19 読: ゼカリヤ書 14章、マラキ書 1章〜2章
選: マラキ書 1章 6節〜8節
「子は父を敬い、しもべはその主人を敬う。もし、わたしが父であるなら、どこに、わたしへの尊敬があるのか。もし、わたしが主人であるなら、どこに、わたしへの恐れがあるのか。――万軍の主は、あなたがたに仰せられる。――わたしの名をさげすむ祭司たち。あなたがたは言う。『どのようにして、私たちがあなたの名をさげすみましたか。』と。
あなたがたは、わたしの祭壇の上に汚れたパンをささげて、『どのようにして、私たちがあなたを汚しましたか。』と言う。『主の食卓はさげすまれてもよい。』とあなたがたは思っている。
あなたがたは、盲の獣をいけにえにささげるが、それは悪いことではないのか。足なえや病気のものをささげるのは、悪いことではないのか。さあ、あなたの総督のところにそれを差し出してみよ。彼はあなたをよみし、あなたを受け入れるだろうか。――万軍の主は仰せられる。――
メモ: 余った時間、余った物、要らない物で神様に仕えるなんて、あまりにも失礼。
2010/10/20 読: マラキ書 3章〜4章、マタイの福音書 1章
選: マラキ書 3章 10節〜12節
十分の一をことごとく、宝物倉に携えて来て、わたしの家の食物とせよ。こうしてわたしをためしてみよ。――万軍の主は仰せられる。――わたしがあなたがたのために、天の窓を開き、あふれるばかりの祝福をあなたがたに注ぐかどうかをためしてみよ。
わたしはあなたがたのために、いなごをしかって、あなたがたの土地の産物を滅ぼさないようにし、畑のぶどうの木が不作とならないようにする。――万軍の主は仰せられる。――
すべての国民は、あなたがたをしあわせ者と言うようになる。あなたがたが喜びの地となるからだ。」と万軍の主は仰せられる。
メモ: 私はためしてみたい。ためさなければ、成長しない。だから、ためしてみる。
2010/10/21 読: マタイの福音書 2章〜4章
選: マタイの福音書 3章 15節
3:15 ところが、イエスは答えて言われた。「今はそうさせてもらいたい。このようにして、すべての正しいことを実行するのは、わたしたちにふさわしいのです。」そこで、ヨハネは承知した。
メモ: すべての正しいことを実行するのは、わたしたちによく似合っているのです。
2010/10/22 読: マタイの福音書 5章〜7章
選: マタイの福音書 5章 14節〜16節
あなたがたは、世界の光です。山の上にある町は隠れる事ができません。
また、あかりをつけて、それを枡の下に置く者はありません。燭台の上に置きます。そうすれば、家にいる人々全部を照らします。
このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行ないを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。
メモ: 私の良い行いのゆえに、天におられる私の父があがめられるようになりたい。
2010/10/23 読: マタイの福音書 8章〜10章
選: マタイの福音書 8章 16節〜17節
方になると、人々は悪霊につかれた者を大ぜい、みもとに連れて来た。そこで、イエスはみことばをもって霊どもを追い出し、また病気の人々をみなお直しになった。
これは、預言者イザヤを通して言われた事が成就するためであった。「彼が私たちのわずらいを身に引き受け、私たちの病を背負った。」
メモ: 「彼が私のわずらいを身に引き受け、私の病を背負った。」残るは感謝だけ。
2010/10/24 読: マタイの福音書 11章〜13章
選: マタイの福音書 12章 35節〜37節
良い人は、良い倉から良い物を取り出し、悪い人は、悪い倉から悪い物を取り出すものです。
わたしはあなたがたに、こう言いましょう。人はその口にするあらゆるむだなことばについて、さばきの日には言い開きをしなければなりません。
あなたが正しいとされるのは、あなたのことばによるのであり、罪に定められるのも、あなたのことばによるのです。」
メモ: 何の得にもならない無駄なことばを多く発している気がする。悔い改めます。
2010/10/25 読: マタイの福音書 14章〜16章
選: マタイの福音書 15章 25節〜28節
しかし、その女は来て、イエスの前にひれ伏して、「主よ。私をお助けください。」と言った。
すると、イエスは答えて、「子どもたちのパンを取り上げて、小犬に投げてやるのはよくないことです。」と言われた。
しかし、女は言った。「主よ。そのとおりです。ただ、小犬でも主人の食卓から落ちるパンくずはいただきます。」
そのとき、イエスは彼女に答えて言われた。「ああ、あなたの信仰はりっぱです。その願いどおりになるように。」すると、彼女の娘はその時から直った。
メモ: 主よ、あなたに取ってはわずかなものも、私には、余りあるものになります。
2010/10/26 読: マタイの福音書 17章〜19章
選: マタイの福音書 18章 32節〜35節
そこで、主人は彼を呼びつけて言った。『悪いやつだ。おまえがあんなに頼んだからこそ借金全部を赦してやったのだ。
私がおまえをあわれんでやったように、おまえも仲間をあわれんでやるべきではないか。』
こうして、主人は怒って、借金を全部返すまで、彼を獄吏に引き渡した。
あなたがたもそれぞれ、心から兄弟を赦さないなら、天のわたしの父も、あなたがたに、このようになさるのです。」
メモ: 私が赦さないでいると、何かに縛られているような気持ちになるのはなぜか。
2010/10/27 読: マタイの福音書 20章〜22章
選: マタイの福音書 20章 10節〜13節
最初の者たちがもらいに来て、もっと多くもらえるだろうと思ったが、彼らもやはりひとり一デナリずつであった。
そこで、彼らはそれを受け取ると、主人に文句をつけて、
言った。『この最後の連中は一時間しか働かなかったのに、あなたは私たちと同じにしました。私たちは一日中、労苦と焼けるような暑さを辛抱したのです。』
しかし、彼はそのひとりに答えて言った。『私はあなたに何も不当なことはしていない。あなたは私と一デナリの約束をしたではありませんか。
メモ: 雇われたときはうれしかったのに、かってに上位気分になり、不満者となる。
2010/10/28 読: マタイの福音書 23章〜25章
選: マタイの福音書 25章 19節〜21節
さて、よほどたってから、しもべたちの主人が帰って来て、彼らと清算をした。
すると、五タラント預かった者が来て、もう五タラント差し出して言った。『ご主人さま。私に五タラント預けてくださいましたが、ご覧ください。私はさらに五タラントもうけました。』
その主人は彼に言った。『よくやった。良い忠実なしもべだ。あなたは、わずかな物に忠実だったから、私はあなたにたくさんの物を任せよう。主人の喜びをともに喜んでくれ。』
メモ: 預かった物を授かった能力で増やした者が、良い忠実なしもべと評価された。
2010/10/29 読: マタイの福音書 26章〜28章
選: マタイの福音書 26章 7節〜10節
ひとりの女がたいへん高価な香油のはいった石膏のつぼを持ってみもとに来て、食卓に着いておられたイエスの頭に香油を注いだ。
弟子たちはこれを見て、憤慨して言った。「何のために、こんなむだなことをするのか。
この香油なら、高く売れて、貧乏な人たちに施しができたのに。」
するとイエスはこれを知って、彼らに言われた。「なぜ、この女を困らせるのです。わたしに対してりっぱなことをしてくれたのです。
メモ: なぜ憤慨するのか。自分の考え方のほうが正しいと思い上がっているからか。
2010/10/30 読: マルコの福音書 1章〜3章
選: マルコの福音書 6章 8節〜11節
彼らが心の中でこのように理屈を言っているのを、イエスはすぐにご自分の霊で見抜いて、こう言われた。「なぜ、あなたがたは心の中でそんな理屈を言っているのか。
中風の人に、『あなたの罪は赦された。』と言うのと、『起きて、寝床をたたんで歩け。』と言うのと、どちらがやさしいか。
人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを、あなたがたに知らせるために。」こう言ってから、中風の人に、
「あなたに言う。起きなさい。寝床をたたんで、家に帰りなさい。」と言われた。
メモ: 罪が赦されたかどうかは、本人にしかわからないが、対象はすべての人です。
2010/10/31 読: マルコの福音書 4章〜6章
選: マルコの福音書 4章 18節〜20節
もう一つの、いばらの中に種を蒔かれるとは、こういう人たちのことです。――みことばを聞いてはいるが、
世の心づかいや、富の惑わし、その他いろいろな欲望がはいり込んで、みことばをふさぐので、実を結びません。
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。」
メモ: 恐れや心配ごとなどが実を結ぶのを妨げている気がする。良い地になりたい。
前Page