前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2010年11月)

2010/11/ 1 読: マルコの福音書 7章~9章
選: マルコの福音書 8章 17節~20節
それに気づいてイエスは言われた。「なぜ、パンがないといって議論しているのですか。まだわからないのですか、悟らないのですか。心が堅く閉じているのですか。
目がありながら見えないのですか。耳がありながら聞こえないのですか。あなたがたは、覚えていないのですか。
わたしが五千人に五つのパンを裂いて上げたとき、パン切れを取り集めて、幾つのかごがいっぱいになりましたか。」彼らは答えた。「十二です。」
「四千人に七つのパンを裂いて上げたときは、パン切れを取り集めて幾つのかごがいっぱいになりましたか。」彼らは答えた。「七つです。」
メモ: 「まだわからないのですか。」心を閉ざしている私が言われている気がする。
2010/11/ 2 読: マルコの福音書 10章~12章
選: マルコの福音書 11章 12節~14節
翌日、彼らがベタニヤを出たとき、イエスは空腹を覚えられた。
葉の茂ったいちじくの木が遠くに見えたので、それに何かありはしないかと見に行かれたが、そこに来ると、葉のほかは何もないのに気づかれた。いちじくのなる季節ではなかったからである。
イエスは、その木に向かって言われた。「今後、いつまでも、だれもおまえの実を食べることのないように。」弟子たちはこれを聞いていた。
メモ: 葉が茂のと実がなるとは別物。木は枯れた。ことばの力とはすごいものだな。
2010/11/ 3 読: マルコの福音書 13章~15章
選: マルコの福音書 14章 12節~15節
種なしパンの祝いの第一日、すなわち、過越の小羊をほふる日に、弟子たちはイエスに言った。「過越の食事をなさるのに、私たちは、どこへ行って用意をしましょうか。」
そこで、イエスは、弟子のうちふたりを送って、こう言われた。「都にはいりなさい。そうすれば、水がめを運んでいる男に会うから、その人について行きなさい。
そして、その人がはいって行く家の主人に、『弟子たちといっしょに過越の食事をする、わたしの客間はどこか、と先生が言っておられる。』と言いなさい。
するとその主人が自分で、席が整って用意のできた二階の広間を見せてくれます。そこでわたしたちのために用意をしなさい。」
メモ: イエス様は適確に質問に答えてくれた。今日も同じようにしてくれると思う。
2010/11/ 4 読: マルコの福音書 16章、ルカの福音書 1章~2章
選: マルコの福音書 16章 12節~15節
その後、彼らのうちのふたりがいなかのほうへ歩いていたおりに、イエスは別の姿でご自分を現わされた。
そこでこのふたりも、残りの人たちのところへ行ってこれを知らせたが、彼らはふたりの話も信じなかった。
しかしそれから後になって、イエスは、その十一人が食卓に着いているところに現われて、彼らの不信仰とかたくなな心をお責めになった。それは、彼らが、よみがえられたイエスを見た人たちの言うところを信じなかったからである。
それから、イエスは彼らにこう言われた。「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。
メモ: どう思うかではなく、起こったことを信じなければ、嘘を信じることになる。
2010/11/ 5 読: ルカの福音書 3章~5章
選: ルカの福音書 5章 18節~20節
するとそこに、男たちが、中風をわずらっている人を、床のままで運んで来た。そして、何とかして家の中に運び込み、イエスの前に置こうとしていた。
しかし、大ぜい人がいて、どうにも病人を運び込む方法が見つからないので、屋上に上って屋根の瓦をはがし、そこから彼の寝床を、ちょうど人々の真中のイエスの前に、つり降ろした。
彼らの信仰を見て、イエスは「友よ。あなたの罪は赦されました。」と言われた。
メモ: 男たちは、イエス様はこの病人をいやせると信じたから、あきらめなかった。
2010/11/ 6 読: ルカの福音書 6章~8章
選: ルカの福音書 6章 46節~49節
なぜ、わたしを『主よ、主よ。』と呼びながら、わたしの言うことを行なわないのですか。
わたしのもとに来て、わたしのことばを聞き、それを行なう人たちがどんな人に似ているか、あなたがたに示しましょう。
その人は、地面を深く掘り下げ、岩の上に土台を据えて、それから家を建てた人に似ています。洪水になり、川の水がその家に押し寄せたときも、しっかり建てられていたから、びくともしませんでした。
聞いても実行しない人は、土台なしで地面に家を建てた人に似ています。川の水が押し寄せると、家は一ぺんに倒れてしまい、そのこわれ方はひどいものとなりました。」
メモ: ふだんから主のことばを実践しないと、いざというときに、経験不足で迷う。
2010/11/ 7 読: ルカの福音書 9章~11章
選: ルカの福音書 9章 35節
すると雲の中から、「これは、わたしの愛する子、わたしの選んだ者である。彼の言うことを聞きなさい。」と言う声がした。
メモ: 神様がイエス様について言った。非常に簡単なことが要求されていると思う。
2010/11/ 8 読: ルカの福音書 12章~14章
選: ルカの福音書 14章 17節~20節
宴会の時刻になったのでしもべをやり、招いておいた人々に、『さあ、おいでください。もうすっかり、用意ができましたから。』と言わせた。
ところが、みな同じように断わり始めた。最初の人はこう言った。『畑を買ったので、どうしても見に出かけなければなりません。すみませんが、お断わりさせていただきます。』
もうひとりはこう言った。『五くびきの牛を買ったので、それをためしに行くところです。すみませんが、お断わりさせていただきます。』
また、別の人はこう言った。『結婚したので、行くことができません。』
メモ: 私は、主が用意してくださった最高の物を頂きたいので、招待を断りません。
2010/11/ 9 読: ルカの福音書 15章~17章
選: ルカの福音書 16章 10節
小さい事に忠実な人は、大きい事にも忠実であり、小さい事に不忠実な人は、大きい事にも不忠実です。
メモ: 学びのプロセスを教えられている気がする。いきなり大きなことはできない。
2010/11/10 読: ルカの福音書 18章~20章
選: ルカの福音書 20章 12節~14節
彼はさらに三人目のしもべをやったが、彼らは、このしもべにも傷を負わせて追い出した。
ぶどう園の主人は言った。『どうしたものか。よし、愛する息子を送ろう。彼らも、この子はたぶん敬ってくれるだろう。』
ところが、農夫たちはその息子を見て、議論しながら言った。『あれはあと取りだ。あれを殺そうではないか。そうすれば、財産はこちらのものだ。』
メモ: 私も、この農夫たちのように、次元の低い考え方を持つことがある気がする。
2010/11/11 読: ルカの福音書 21章~23章
選: ルカの福音書 23章 13節~15節
ピラトは祭司長たちと指導者たちと民衆とを呼び集め、
こう言った。「あなたがたは、この人を、民衆を惑わす者として、私のところに連れて来たけれども、私があなたがたの前で取り調べたところ、あなたがたが訴えているような罪は別に何も見つかりません。
ヘロデとても同じです。彼は私たちにこの人を送り返しました。見なさい。この人は、死罪に当たることは、何一つしていません。
だから私は、懲らしめたうえで、釈放します。」
メモ: しかし、みんなのうそと憎しみの力が、イエス・キリストを十字架につけた。
2010/11/12 読: ルカの福音書 24章、ヨハネの福音書 1章~2章
選: ルカの福音書 24章 4節~7節
そのため女たちが途方にくれていると、見よ、まばゆいばかりの衣を着たふたりの人が、女たちの近くに来た。
恐ろしくなって、地面に顔を伏せていると、その人たちはこう言った。「あなたがたは、なぜ生きている方を死人の中で捜すのですか。
ここにはおられません。よみがえられたのです。まだガリラヤにおられたころ、お話しになったことを思い出しなさい。
人の子は必ず罪人らの手に引き渡され、十字架につけられ、三日目によみがえらなければならない、と言われたでしょう。」
メモ: イエス・キリストはよみがえった。死に勝利した、最強の方が私の味方です。
2010/11/13 読: ヨハネの福音書 3章~5章
選: ヨハネの福音書 3章 16節~17節
神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。
神が御子を世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子によって世が救われるためである。
メモ: なのに、私はやたらと人をさばきたくなる。自分を、神より上に置いている。
2010/11/14 読: ヨハネの福音書 6章~8章
選: ヨハネの福音書 6章 26節~29節
イエスは答えて言われた。「まことに、まことに、あなたがたに告げます。あなたがたがわたしを捜しているのは、しるしを見たからではなく、パンを食べて満腹したからです。
なくなる食物のためではなく、いつまでも保ち、永遠のいのちに至る食物のために働きなさい。それこそ、人の子があなたがたに与えるものです。この人の子を父すなわち神が認証されたからです。」
すると彼らはイエスに言った。「私たちは、神のわざを行なうために、何をすべきでしょうか。」
イエスは答えて言われた。「あなたがたが、神が遣わした者を信じること、それが神のわざです。」
メモ: 今だけの「自分の得になる物」をもっと得ようと、イエス様を捜しただけだ。
2010/11/15 読: ヨハネの福音書 9章~11章
選: ヨハネの福音書 10章 24節~27節
それでユダヤ人たちは、イエスを取り囲んで言った。「あなたは、いつまで私たちに気をもませるのですか。もしあなたがキリストなら、はっきりとそう言ってください。」
イエスは彼らに答えられた。「わたしは話しました。しかし、あなたがたは信じないのです。わたしが父の御名によって行なうわざが、わたしについて証言しています。
しかし、あなたがたは信じません。それは、あなたがたがわたしの羊に属していないからです。
わたしの羊はわたしの声を聞き分けます。またわたしは彼らを知っています。そして彼らはわたしについて来ます。
メモ: 分かっているのに、「はっきりと返事をください。」と願うことが多すぎる。
2010/11/16 読: ヨハネの福音書 12章~14章
選: ヨハネの福音書 13章 17節
あなたがたがこれらのことを知っているのなら、それを行なうときに、あなたがたは祝福されるのです。
メモ: 思っているだけではだめ。知っていることを行うときに、祝福されるのです。
2010/11/17 読: ヨハネの福音書 15章~17章
選: ヨハネの福音書 15章 5節~8節
わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです。
だれでも、もしわたしにとどまっていなければ、枝のように投げ捨てられて、枯れます。人々はそれを寄せ集めて火に投げ込むので、それは燃えてしまいます。
あなたがたがわたしにとどまり、わたしのことばがあなたがたにとどまるなら、何でもあなたがたのほしいものを求めなさい。そうすれば、あなたがたのためにそれがかなえられます。
あなたがたが多くの実を結び、わたしの弟子となることによって、わたしの父は栄光をお受けになるのです。
メモ: 「なんでもほしいものを求めなさい。」では、素直にそうすることにします。
2010/11/18 読: ヨハネの福音書 18章~20章
選: ヨハネの福音書 18章 17節
すると、門番のはしためがペテロに、「あなたもあの人の弟子ではないでしょうね。」と言った。ペテロは、「そんな者ではない。」と言った。
メモ: 教えられていたが、備えなかった。不意打ちされ、怖くなった。うそついた。
2010/11/19 読: ヨハネの福音書 21章、使徒の働き 1章~2章
選: ヨハネの福音書 21章 3節~6節
シモン・ペテロが彼らに言った。「私は漁に行く。」彼らは言った。「私たちもいっしょに行きましょう。」彼らは出かけて、小舟に乗り込んだ。しかし、その夜は何もとれなかった。
夜が明けそめたとき、イエスは岸べに立たれた。けれども弟子たちには、それがイエスであることがわからなかった。
イエスは彼らに言われた。「子どもたちよ。食べる物がありませんね。」彼らは答えた。「はい。ありません。」
イエスは彼らに言われた。「舟の右側に網をおろしなさい。そうすれば、とれます。」そこで、彼らは網をおろした。すると、おびただしい魚のために、網を引き上げることができなかった。
メモ: 夜空の下で、何を考えていたのだろう。弟子として、これからが本番ですよ。
2010/11/20 読: 使徒の働き 3章~5章
選: 使徒の働き 4章 16節~18節
彼らは言った。「あの人たちをどうしよう。あの人たちによって著しいしるしが行なわれたことは、エルサレムの住民全部に知れ渡っているから、われわれはそれを否定できない。
しかし、これ以上民の間に広がらないために、今後だれにもこの名によって語ってはならないと、彼らをきびしく戒めよう。」
そこで彼らを呼んで、いっさいイエスの名によって語ったり教えたりしてはならない、と命じた。
メモ: 自分に不利な真実が知れ渡っていなければ、それを否定しようとした偽善者。
2010/11/21 読: 使徒の働き 6章~8章
選: 使徒の働き 7章 2節~4節
そこでステパノは言った。「兄弟たち、父たちよ。聞いてください。私たちの父祖アブラハムが、カランに住む以前まだメソポタミヤにいたとき、栄光の神が彼に現われて、
『あなたの土地とあなたの親族を離れ、わたしがあなたに示す地に行け。』と言われました。
そこで、アブラハムはカルデヤ人の地を出て、カランに住みました。そして、父の死後、神は彼をそこから今あなたがたの住んでいるこの地にお移しになりましたが、
メモ: 私も、主の示した地に来ているので、主の計画の中を歩んでいることになる。
2010/11/22 読: 使徒の働き 9章~11章
選: 使徒の働き 9章 32節~35節
さて、ペテロはあらゆる所を巡回したが、ルダに住む聖徒たちのところへも下って行った。
彼はそこで、八年の間も床に着いているアイネヤという人に出会った。彼は中風であった。
ペテロは彼にこう言った。「アイネヤ。イエス・キリストがあなたをいやしてくださるのです。立ち上がりなさい。そして自分で床を整えなさい。」すると彼はただちに立ち上がった。
ルダとサロンに住む人々はみな、アイネヤを見て、主に立ち返った。
メモ: この奇跡により、ペテロの話していることが真実であることが分かったのだ。
2010/11/23 読: 使徒の働き 12章~14章
選: 使徒の働き 13章 17節~18節
この民イスラエルの神は、私たちの先祖たちを選び、民がエジプトの地に滞在していた間にこれを強大にし、御腕を高く上げて、彼らをその地から導き出してくださいました。
そして約四十年間、荒野で彼らを養われました。
メモ: その時はそう感じなくても、振り返って見ると、神の偉大な業が見えてくる。
2010/11/24 読: 使徒の働き 15章~17章
選: 使徒の働き 17章 2節~3節
パウロはいつもしているように、会堂にはいって行って、三つの安息日にわたり、聖書に基づいて彼らと論じた。
そして、キリストは苦しみを受け、死者の中からよみがえらなければならないことを説明し、また論証して、「私があなたがたに伝えているこのイエスこそ、キリストなのです。」と言った。
メモ: 彼は、イエスが救い主であることを、根拠をあげ、筋道を立てて、証明した。
2010/11/25 読: 使徒の働き 18章~20章
選: 使徒の働き 19章 15節~18節
すると悪霊が答えて、「自分はイエスを知っているし、パウロもよく知っている。けれどおまえたちは何者だ。」と言った。
そして悪霊につかれている人は、彼らに飛びかかり、ふたりの者を押えつけて、みなを打ち負かしたので、彼らは裸にされ、傷を負ってその家を逃げ出した。
このことがエペソに住むユダヤ人とギリシヤ人の全部に知れ渡ったので、みな恐れを感じて、主イエスの御名をあがめるようになった。
そして、信仰にはいった人たちの中から多くの者がやって来て、自分たちのしていることをさらけ出して告白した。
メモ: 主イエスの御名には、力と権威がある。安易な使い方をしていないだろうか。
2010/11/26 読: 使徒の働き 21章~23章
選: 使徒の働き 22章 7節~8節
私は地に倒れ、『サウロ、サウロ。なぜわたしを迫害するのか。』という声を聞きました。
そこで私が答えて、『主よ。あなたはどなたですか。』と言うと、その方は、『わたしは、あなたが迫害しているナザレのイエスだ。』と言われました。
メモ: 「あなたに悪口を言われているイエスだ。」と言われることがある気がする。
2010/11/27 読: 使徒の働き 24章~26章
選: 使徒の働き 24章 5節
この男は、まるでペストのような存在で、世界中のユダヤ人の間に騒ぎを起こしている者であり、ナザレ人という一派の首領でございます。
メモ: 神様に用いられ、このように言われるくらいの影響力を持つ存在でありたい。
2010/11/28 読: 使徒の働き 27章~28章、ローマ人への手紙 1章
選: 使徒の働き 27章 21節~24節
だれも長いこと食事をとらなかったが、そのときパウロが彼らの中に立って、こう言った。「皆さん。あなたがたは私の忠告を聞き入れて、クレテを出帆しなかったら、こんな危害や損失をこうむらなくて済んだのです。
しかし、今、お勧めします。元気を出しなさい。あなたがたのうち、いのちを失う者はひとりもありません。失われるのは船だけです。
昨夜、私の主で、私の仕えている神の御使いが、私の前に立って、
こう言いました。『恐れてはいけません。パウロ。あなたは必ずカイザルの前に立ちます。そして、神はあなたと同船している人々をみな、あなたにお与えになったのです。』
メモ: 「それみろ。言った通りにしないから。」ではなく、神の哀れみが示された。
2010/11/29 読: ローマ人への手紙 2章~4章
選: ローマ人への手紙 3章 23節~24節
すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、
ただ、神の恵みにより、キリスト・イエスによる贖いのゆえに、価なしに義と認められるのです。
メモ: ただで義と認められたのではなく、イエス様が代価を払ってくださいました。
2010/11/30 読: ローマ人への手紙 5章~7章
選: ローマ人への手紙 6章 8節~9節
もし私たちがキリストとともに死んだのであれば、キリストとともに生きることにもなる、と信じます。
キリストは死者の中からよみがえって、もはや死ぬことはなく、死はもはやキリストを支配しないことを、私たちは知っています。
メモ: このキリストにつながっている私は、死を恐れないし、ふらつくこともない。
前Page