前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2010年12月)

2010/12/ 1 読: ローマ人への手紙 8章~10章
選: ローマ人への手紙 8章 14節~16節
神の御霊に導かれる人は、だれでも神の子どもです。
あなたがたは、人を再び恐怖に陥れるような、奴隷の霊を受けたのではなく、子としてくださる御霊を受けたのです。私たちは御霊によって、「アバ、父。」と呼びます。
私たちが神の子どもであることは、御霊ご自身が、私たちの霊とともに、あかししてくださいます。
メモ: 神の御霊に導かれながら、毎日を送りたいと思う。これは、すごいことだな。
2010/12/ 2 読: ローマ人への手紙 11章~13章
選: ローマ人への手紙 11章 12節~14節
もし彼らの違反が世界の富となり、彼らの失敗が異邦人の富となるのなら、彼らの完成は、それ以上の、どんなにかすばらしいものを、もたらすことでしょう。
そこで、異邦人の方々に言いますが、私は異邦人の使徒ですから、自分の務めを重んじています。
そして、それによって何とか私の同国人にねたみを引き起こさせて、その中の幾人でも救おうと願っているのです。
メモ: 異邦人が救いにあずかることによって、同国人の目が開かれることを望んだ。
2010/12/ 3 読: ローマ人への手紙 14章~16章
選: ローマ人への手紙 14章 14節~17節
主イエスにあって、私が知り、また確信していることは、それ自体で汚れているものは何一つないということです。ただ、これは汚れていると認める人にとっては、それは汚れたものなのです。
もし、食べ物のことで、あなたの兄弟が心を痛めているのなら、あなたはもはや愛によって行動しているのではありません。キリストが代わりに死んでくださったほどの人を、あなたの食べ物のことで、滅ぼさないでください。
ですから、あなたがたが良いとしている事がらによって、そしられないようにしなさい。
なぜなら、神の国は飲み食いのことではなく、義と平和と聖霊による喜びだからです。
メモ: クリスチャンとは、キリストが代わりに死んでくださった人たちのことです。
2010/12/ 4 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 1章~3章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 3章 2節~5節
私はあなたがたには乳を与えて、堅い食物を与えませんでした。あなたがたには、まだ無理だったからです。実は、今でもまだ無理なのです。
あなたがたは、まだ肉に属しているからです。あなたがたの間にねたみや争いがあることからすれば、あなたがたは肉に属しているのではありませんか。そして、ただの人のように歩んでいるのではありませんか。
ある人が、「私はパウロにつく。」と言えば、別の人は、「私はアポロに。」と言う。そういうことでは、あなたがたは、ただの人たちではありませんか。
アポロとは何でしょう。パウロとは何でしょう。あなたがたが信仰にはいるために用いられたしもべであって、主がおのおのに授けられたとおりのことをしたのです。
メモ: 神様、私をレベルの低い枝葉のことから、高い霊的な次元へと導いて下さい。
2010/12/ 5 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 4章~6章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 6章 19節~20節
あなたがたのからだは、あなたがたのうちに住まれる、神から受けた聖霊の宮であり、あなたがたは、もはや自分自身のものではないことを、知らないのですか。
あなたがたは、代価を払って買い取られたのです。ですから自分のからだをもって、神の栄光を現わしなさい。
メモ: 聖霊の宮の内外面の手入れを怠らず、常に健康的な、輝く宮にしておきたい。
2010/12/ 6 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 7章~9章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 8章 11節~13節
その弱い人は、あなたの知識によって、滅びることになるのです。キリストはその兄弟のためにも死んでくださったのです。
あなたがたはこのように兄弟たちに対して罪を犯し、彼らの弱い良心を踏みにじるとき、キリストに対して罪を犯しているのです。
ですから、もし食物が私の兄弟をつまずかせるなら、私は今後いっさい肉を食べません。それは、私の兄弟につまずきを与えないためです。
メモ: キリストが命をささげるほど愛された兄弟を、私たちも受け入れるべきです。
2010/12/ 7 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 10章~12章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 11章 11節~13節
とはいえ、主にあっては、女は男を離れてあるものではなく、男も女を離れてあるものではありません。
女が男をもとにして造られたように、同様に、男も女によって生まれるのだからです。しかし、すべては神から発しています。
メモ: 互いを受け入れるように造られています。思い上がりが、互いを遠ざけます。
2010/12/ 8 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 13章~15章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 15章 14節~17節
そして、キリストが復活されなかったのなら、私たちの宣教は実質のないものになり、あなたがたの信仰も実質のないものになるのです。
それどころか、私たちは神について偽証をした者ということになります。なぜなら、もしもかりに、死者の復活はないとしたら、神はキリストをよみがえらせなかったはずですが、私たちは神がキリストをよみがえらせた、と言って神に逆らう証言をしたからです。
もし、死者がよみがえらないのなら、キリストもよみがえらなかったでしょう。
そして、もしキリストがよみがえらなかったのなら、あなたがたの信仰はむなしく、あなたがたは今もなお、自分の罪の中にいるのです。
メモ: キリストの復活がなかったのなら、キリスト者には、土台がないことになる。
2010/12/ 9 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 16章、コリント人への手紙 第Ⅱ 1章~2章
選: コリント人への手紙 第Ⅱ 1章 23節~24節
私はこのいのちにかけ、神を証人にお呼びして言います。私がまだコリントへ行かないでいるのは、あなたがたに対する思いやりのためです。
私たちは、あなたがたの信仰を支配しようとする者ではなく、あなたがたの喜びのために働く協力者です。あなたがたは、信仰に堅く立っているからです。
メモ: 私は、あなたがたの喜びのために働く協力者です。この思いで仕事をしたい。
2010/12/10 読: コリント人への手紙 第Ⅱ 3章~5章
選: コリント人への手紙 第Ⅱ 5章 13節~15節
もし私たちが気が狂っているとすれば、それはただ神のためであり、もし正気であるとすれば、それはただあなたがたのためです。
というのは、キリストの愛が私たちを取り囲んでいるからです。私たちはこう考えました。ひとりの人がすべての人のために死んだ以上、すべての人が死んだのです。
また、キリストがすべての人のために死なれたのは、生きている人々が、もはや自分のためにではなく、自分のために死んでよみがえった方のために生きるためなのです。
メモ: 自分のために死んでよみがえった方がいます。その方のために生きたいです。
2010/12/11 読: コリント人への手紙 第Ⅱ 6章~8章
選: コリント人への手紙 第Ⅱ 7章 5節~7節
マケドニヤに着いたとき、私たちの身には少しの安らぎもなく、さまざまの苦しみに会って、外には戦い、うちには恐れがありました。
しかし、気落ちした者を慰めてくださる神は、テトスが来たことによって、私たちを慰めてくださいました。
ただテトスが来たことばかりでなく、彼があなたがたから受けた慰めによっても、私たちは慰められたのです。あなたがたが私を慕っていること、嘆き悲しんでいること、また私に対して熱意を持っていてくれることを知らされて、私はますます喜びにあふれました。
メモ: 私たちはお互いを必要としています。人の助けを必要としない人はいません。
2010/12/12 読: コリント人への手紙 第Ⅱ 9章~11章
選: コリント人への手紙 第Ⅱ 10章 17節~18節
誇る者は、主にあって誇りなさい。
自分で自分を推薦する人でなく、主に推薦される人こそ、受け入れられる人です。
メモ: 主のなされたことを誇り、主に推薦されるように、心から主を愛しましょう。
2010/12/13 読: コリント人への手紙 第Ⅱ 12章~13章、ガラテヤ人への手紙 1章
選: コリント人への手紙 第Ⅱ 13章 8節~10節
私たちは、真理に逆らっては何をすることもできず、真理のためなら、何でもできるのです。
私たちは、自分は弱くてもあなたがたが強ければ、喜ぶのです。私たちはあなたがたが完全な者になることを祈っています。
そういうわけで、離れていてこれらのことを書いているのは、私が行ったとき、主が私に授けてくださった権威を用いて、きびしい処置をとることのないようにするためです。この権威が与えられたのは築き上げるためであって、倒すためではないのです。
メモ: 権威は神から与えられるものです。権威は、築き上げるために与えられます。
2010/12/14 読: ガラテヤ人への手紙 2章~4章
選: ガラテヤ人への手紙 3章 12節~13節
しかし律法は、「信仰による。」のではありません。「律法を行なう者はこの律法によって生きる。」のです。
キリストは、私たちのためにのろわれたものとなって、私たちを律法ののろいから贖い出してくださいました。なぜなら、「木にかけられる者はすべてのろわれたものである。」と書いてあるからです。
メモ: 救いは信仰によります。行いの部分は、キリストが引き受けて下さいました。
2010/12/15 読: ガラテヤ人への手紙 5章~6章、エペソ人への手紙 1章
選: ガラテヤ人への手紙 5章 12節~13節
あなたがたをかき乱す者どもは、いっそのこと不具になってしまうほうがよいのです。
兄弟たち。あなたがたは、自由を与えられるために召されたのです。ただ、その自由を肉の働く機会としないで、愛をもって互いに仕えなさい。
メモ: 聖書を信じない私たちを見て、イエス様も同じように悲しんでいると思った。
2010/12/16 読: エペソ人への手紙 2章~4章
選: エペソ人への手紙 2章 8節~10節
あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。
行ないによるのではありません。だれも誇ることのないためです。
私たちは神の作品であって、良い行ないをするためにキリスト・イエスにあって造られたのです。神は、私たちが良い行ないに歩むように、その良い行ないをもあらかじめ備えてくださったのです。
メモ: 私たちは、信仰によって救われ、良い行いをするために造られた。行動せよ。
2010/12/17 読: エペソ人への手紙 5章~6章、ピリピ人への手紙 1章
選: ピリピ人への手紙 1章 15節~18節
人々の中にはねたみや争いをもってキリストを宣べ伝える者もいますが、善意をもってする者もいます。
一方の人たちは愛をもってキリストを伝え、私が福音を弁証するために立てられていることを認めていますが、
他の人たちは純真な動機からではなく、党派心をもって、キリストを宣べ伝えており、投獄されている私をさらに苦しめるつもりなのです。
すると、どういうことになりますか。つまり、見せかけであろうとも、真実であろうとも、あらゆるしかたで、キリストが宣べ伝えられているのであって、このことを私は喜んでいます。そうです、今からも喜ぶことでしょう。
メモ: どんな方法であろうと、キリストが宣べ伝えられていることを喜びましょう。
2010/12/18 読: ピリピ人への手紙 2章~4章
選: ピリピ人への手紙 2章 8節
キリストは人としての性質をもって現われ、自分を卑しくし、死にまで従い、実に十字架の死にまでも従われたのです。
メモ: キリストは人の性質をもっていたので、私達を理解できるということになる。
2010/12/19 読: コロサイ人への手紙 1章~3章
選: コロサイ人への手紙 1章 13節~14節
神は、私たちを暗やみの圧制から救い出して、愛する御子のご支配の中に移してくださいました。
この御子のうちにあって、私たちは、贖い、すなわち罪の赦しを得ています。
メモ: 神は私を、私をおさえつけている暗やみの力から、解放してくださるのです。
2010/12/20 読: コロサイ人への手紙 4章、テサロニケ人への手紙 第Ⅰ 1章~2章
選: コロサイ人への手紙 4章 6節
あなたがたのことばが、いつも親切で、塩味のきいたものであるようにしなさい。そうすれば、ひとりひとりに対する答え方がわかります。
メモ: 料理の味は塩加減で決まる。私のことばも塩加減で決まる。塩加減を学ぼう。
2010/12/21 読: テサロニケ人への手紙 第Ⅰ 3章~5章
選: テサロニケ人への手紙 第Ⅰ 5章 15節~18節
だれも悪をもって悪に報いないように気をつけ、お互いの間で、またすべての人に対して、いつも善を行なうよう務めなさい。
いつも喜んでいなさい。
絶えず祈りなさい。
すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。
メモ: 私たちを造られた神様が望んでいることです。これは無視できないでしょう。
2010/12/22 読: テサロニケ人への手紙 第Ⅱ 1章~3章
選: テサロニケ人への手紙 第Ⅱ 3章 11節~13節
ところが、あなたがたの中には、何も仕事をせず、おせっかいばかりして、締まりのない歩み方をしている人たちがあると聞いています。
こういう人たちには、主イエス・キリストによって、命じ、また勧めます。静かに仕事をし、自分で得たパンを食べなさい。
しかしあなたがたは、たゆむことなく善を行ないなさい。兄弟たちよ。
メモ: キリストを信じる者は、締まりのない歩み方をしてはいけないと書いてある。
2010/12/23 読: テモテへの手紙 第Ⅰ 1章~3章
選: テモテへの手紙 第Ⅰ 3章 3節~4節
自分の家庭をよく治め、十分な威厳をもって子どもを従わせている人です。
――自分自身の家庭を治めることを知らない人が、どうして神の教会の世話をすることができるでしょう。――
メモ: 教会の責任ある立場もそうですが、一般社会においても最低の条件だと思う。
2010/12/24 読: テモテへの手紙 第Ⅰ 4章~6章
選: テモテへの手紙 第Ⅰ 5章 8節
もしも親族、ことに自分の家族を顧みない人がいるなら、その人は信仰を捨てているのであって、不信者よりも悪いのです。
メモ: 自分はキリスト信者だと言いながら、家族を顧みない信者は、偽信者である。
2010/12/25 読: テモテへの手紙 第Ⅱ 1章~3章
選: テモテへの手紙 第Ⅱ 1章 6節~7節
それですから、私はあなたに注意したいのです。私の按手をもってあなたのうちに与えられた神の賜物を、再び燃え立たせてください。
神が私たちに与えてくださったものは、おくびょうの霊ではなく、力と愛と慎みとの霊です。
メモ: 神様が私に与えて下さる霊は、「力の霊」、「愛の霊」と「慎みの霊」です。
2010/12/26 読: テモテへの手紙 第Ⅱ 4章、テトスへの手紙 1章~2章
選: テトスへの手紙 2章 7節~8節
また、すべての点で自分自身が良いわざの模範となり、教えにおいては純正で、威厳を保ち、
非難すべきところのない、健全なことばを用いなさい。そうすれば、敵対する者も、私たちについて、何も悪いことが言えなくなって、恥じ入ることになるでしょう。
メモ: 自分が良いわざの模範となり、非難されない健全なことばを使うことが重要。
2010/12/27 読: テトスへの手紙 3章、ピレモンへの手紙、ヘブル人への手紙 1章
選: テトスへの手紙 2章 7節~8節
これは信頼できることばですから、私は、あなたがこれらのことについて、確信をもって話すように願っています。それは、神を信じている人々が、良いわざに励むことを心がけるようになるためです。これらのことは良いことであって、人々に有益なことです。
しかし、愚かな議論、系図、口論、律法についての論争などを避けなさい。それらは無益で、むだなものです。
メモ: 「良いわざに励む」ことが、おろそかになっている気がする。再認識が必要。
2010/12/28 読: ヘブル人への手紙 2章~4章
選: ヘブル人への手紙 3章 12節~13節
兄弟たち。あなたがたの中では、だれも悪い不信仰の心になって生ける神から離れる者がないように気をつけなさい。
「きょう。」と言われている間に、日々互いに励まし合って、だれも罪に惑わされてかたくなにならないようにしなさい。
メモ: 人には、互いに励まし合うことが必要。助けを必要としない人は存在しない。
2010/12/29 読: ヘブル人への手紙 5章~7章
選: ヘブル人への手紙 7章 14節
私たちの主が、ユダ族から出られたことは明らかですが、モーセは、この部族については、祭司に関することを何も述べていません。
メモ: 私たちの主は、とりなしもしますが、王です。すべてを支配しておられます。
2010/12/30 読: ヘブル人への手紙 8章~10章
選: ヘブル人への手紙 10章 14節~17節
キリストは聖なるものとされる人々を、一つのささげ物によって、永遠に全うされたのです。
聖霊も私たちに次のように言って、あかしされます。
「それらの日の後、わたしが、彼らと結ぼうとしている契約は、これであると、主は言われる。わたしは、わたしの律法を彼らの心に置き、彼らの思いに書きつける。」またこう言われます。
「わたしは、もはや決して彼らの罪と不法とを思い出すことはしない。」
メモ: 神様の私たちに対する思いは計り知れない。同じようにしていきたいと思う。
2010/12/31 読: ヘブル人への手紙 11章~13章
選: ヘブル人への手紙 12章 11節~13節
すべての懲らしめは、そのときは喜ばしいものではなく、かえって悲しく思われるものですが、後になると、これによって訓練された人々に平安な義の実を結ばせます。
ですから、弱った手と衰えたひざとを、まっすぐにしなさい。
また、あなたがたの足のためには、まっすぐな道を作りなさい。足なえの人も関節をはずすことのないため、いやむしろ、いやされるためです。
メモ: ちょっとしたことで、めげている場合ではない。道を造って前進しましょう。
前Page