前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2011年 1月)

2011/ 1/ 1 読: ヤコブの手紙 1章~3章
選: ヤコブの手紙 3章 9節~12節
私たちは、舌をもって、主であり父である方をほめたたえ、同じ舌をもって、神にかたどって造られた人をのろいます。
賛美とのろいが同じ口から出て来るのです。私の兄弟たち。このようなことは、あってはなりません。
泉が甘い水と苦い水を同じ穴からわき上がらせるというようなことがあるでしょうか。
私の兄弟たち。いちじくの木がオリーブの実をならせたり、ぶどうの木がいちじくの実をならせたりするようなことは、できることでしょうか。塩水が甘い水を出すこともできないことです。
メモ: 人には自由が与えられているから、選べる。良いことだけを選ぶことにする。
2011/ 1/ 2 読: ヤコブの手紙 4章~5章、ペテロの手紙 第Ⅰ 1章
選: ヤコブの手紙 4章 17節
こういうわけで、なすべき正しいことを知っていながら行なわないなら、それはその人の罪です。
メモ: これは正しいことか、と自分に問いながら、正しいことを積極的に行いたい。
2011/ 1/ 3 読: ペテロの手紙 第Ⅰ 2章~4章
選: ペテロの手紙 第Ⅰ 3章 13節~15節
もし、あなたがたが善に熱心であるなら、だれがあなたがたに害を加えるでしょう。
いや、たとい義のために苦しむことがあるにしても、それは幸いなことです。彼らの脅かしを恐れたり、それによって心を動揺させたりしてはいけません。
むしろ、心の中でキリストを主としてあがめなさい。そして、あなたがたのうちにある希望について説明を求める人には、だれにでもいつでも弁明できる用意をしていなさい。
メモ: なにがあっても、動揺してはいけません。キリストを主としてあがめなさい。
2011/ 1/ 4 読: ペテロの手紙 第Ⅰ 5章、ペテロの手紙 第Ⅱ 1章~2章
選: ペテロの手紙 第Ⅱ 1章 5節~8節
こういうわけですから、あなたがたは、あらゆる努力をして、信仰には徳を、徳には知識を、
知識には自制を、自制には忍耐を、忍耐には敬虔を、
敬虔には兄弟愛を、兄弟愛には愛を加えなさい。
これらがあなたがたに備わり、ますます豊かになるなら、あなたがたは、私たちの主イエス・キリストを知る点で、役に立たない者とか、実を結ばない者になることはありません。
メモ: 救いを得るには、努力はいりません。役立つ者になるには、努力が必要です。
2011/ 1/ 5 読: ペテロの手紙 第Ⅱ 3章、ヨハネの手紙 第Ⅰ 1章~2章
選: ヨハネの手紙 第Ⅰ 1章 5節~7節
神は光であって、神のうちには暗いところが少しもない。これが、私たちがキリストから聞いて、あなたがたに伝える知らせです。
もし私たちが、神と交わりがあると言っていながら、しかもやみの中を歩んでいるなら、私たちは偽りを言っているのであって、真理を行なってはいません。
しかし、もし神が光の中におられるように、私たちも光の中を歩んでいるなら、私たちは互いに交わりを保ち、御子イエスの血はすべての罪から私たちをきよめます。
メモ: 神は光である。その光に照らされたら、見えない部分を持つことはできない。
2011/ 1/ 6 読: ヨハネの手紙 第Ⅰ 3章~5章
選: ヨハネの手紙 第Ⅰ 4章 18節~21節
愛には恐れがありません。全き愛は恐れを締め出します。なぜなら恐れには刑罰が伴っているからです。恐れる者の愛は、全きものとなっていないのです。
私たちは愛しています。神がまず私たちを愛してくださったからです。
神を愛すると言いながら兄弟を憎んでいるなら、その人は偽り者です。目に見える兄弟を愛していない者に、目に見えない神を愛することはできません。
神を愛する者は、兄弟をも愛すべきです。私たちはこの命令をキリストから受けています。
メモ: 「互いに愛しあいなさい。」とイエス様は言いました。神への愛はこれです。
2011/ 1/ 7 読: ヨハネの手紙 第Ⅱ、ヨハネの手紙 第Ⅱ、ユダの手紙
選: ユダの手紙 3節~4節
愛する人々。私はあなたがたに、私たちがともに受けている救いについて手紙を書こうとして、あらゆる努力をしていましたが、聖徒にひとたび伝えられた信仰のために戦うよう、あなたがたに勧める手紙を書く必要が生じました。
というのは、ある人々が、ひそかに忍び込んで来たからです。彼らは、このようなさばきに会うと昔から前もってしるされている人々で、不敬虔な者であり、私たちの神の恵みを放縦に変えて、私たちの唯一の支配者であり主であるイエス・キリストを否定する人たちです。
メモ: 私の、唯一の支配者は、イエス・キリストです。他の支配者は、いりません。
2011/ 1/ 8 読: ヨハネの黙示録 1章~3章
選: ヨハネの黙示録 2章 3節~5節
あなたはよく忍耐して、わたしの名のために耐え忍び、疲れたことがなかった。
しかし、あなたには非難すべきことがある。あなたは初めの愛から離れてしまった。
それで、あなたは、どこから落ちたかを思い出し、悔い改めて、初めの行ないをしなさい。もしそうでなく、悔い改めることをしないならば、わたしは、あなたのところに行って、あなたの燭台をその置かれた所から取りはずしてしまおう。
メモ: 頑張って活動している内に、動機を見失ってしまうことがある。注意が必要。
2011/ 1/ 9 読: ヨハネの黙示録 4章~6章
選: ヨハネの黙示録 4章 2節~4節
たちまち私は御霊に感じた。すると見よ。天に一つの御座があり、その御座に着いている方があり、
その方は、碧玉や赤めのうのように見え、その御座の回りには、緑玉のように見える虹があった。
また、御座の回りに二十四の座があった。これらの座には、白い衣を着て、金の冠を頭にかぶった二十四人の長老たちがすわっていた。
メモ: 私が自分のイメージで神様を想像すると、神様は制限ある方になってしまう。
2011/ 1/10 読: ヨハネの黙示録 7章~9章
選: ヨハネの黙示録 4章 2節~4節
それから私は、神の御前に立つ七人の御使いを見た。彼らに七つのラッパが与えられた。
また、もうひとりの御使いが出て来て、金の香炉を持って祭壇のところに立った。彼にたくさんの香が与えられた。すべての聖徒の祈りとともに、御座の前にある金の祭壇の上にささげるためであった。
香の煙は、聖徒たちの祈りとともに、御使いの手から神の御前に立ち上った。
メモ: 何を実現して欲しかった祈りだったのだろう。ラッパの合図で事が行われた。
2011/ 1/11 読: ヨハネの黙示録 10章~12章
選: ヨハネの黙示録 11章 2節
聖所の外の庭は、異邦人に与えられているゆえ、そのままに差し置きなさい。測ってはいけない。彼らは聖なる都を四十二か月の間踏みにじる。
メモ: 自分と神との関係を正し、周りはどうあろうと、ぶれない信仰を持ちなさい。
2011/ 1/12 読: ヨハネの黙示録 13章~15章
選: ヨハネの黙示録 14章 14節~16節
また、私は見た。見よ。白い雲が起こり、その雲に人の子のような方が乗っておられた。頭には金の冠をかぶり、手には鋭いかまを持っておられた。
すると、もうひとりの御使いが聖所から出て来て、雲に乗っておられる方に向かって大声で叫んだ。「かまを入れて刈り取ってください。地の穀物は実ったので、取り入れる時が来ましたから。」
そこで、雲に乗っておられる方が、地にかまを入れると地は刈り取られた。
メモ: 私には見えないけど、私を見ている世界があって、最終審判をくだすようだ。
2011/ 1/13 読: ヨハネの黙示録 16章~18章
選: ヨハネの黙示録 17章 14節
この者どもは小羊と戦いますが、小羊は彼らに打ち勝ちます。なぜならば、小羊は主の主、王の王だからです。また彼とともにいる者たちは、召された者、選ばれた者、忠実な者だからです。」
メモ: 戦う相手をまちがえてはいけませんよ。私たちの主は、主の主、王の王です。
2011/ 1/14 読: ヨハネの黙示録 19章~21章
選: ヨハネの黙示録 19章 13節~16節
その方は血に染まった衣を着ていて、その名は「神のことば」と呼ばれた。
天にある軍勢はまっ白な、きよい麻布を着て、白い馬に乗って彼につき従った。
この方の口からは諸国の民を打つために、鋭い剣が出ていた。この方は、鉄の杖をもって彼らを牧される。この方はまた、万物の支配者である神の激しい怒りの酒ぶねを踏まれる。
その着物にも、ももにも、「王の王、主の主。」という名が書かれていた。
メモ: 神のことばが戦いに行く意味について考えた。秩序を回復させるためと思う。
2011/ 1/15 読: ヨハネの黙示録 22章、創世記 1章~2章
選: 創世記 2章 24節
それゆえ、男はその父母を離れ、妻と結び合い、ふたりは一体となるのである。
メモ: 人は、父母を離れ結婚します。父母が指導権を握ると、結婚生活は狂います。
2011/ 1/16 読: 創世記 3章~5章
選: 創世記 3章 4節~7節
そこで、蛇は女に言った。「あなたがたは決して死にません。
あなたがたがそれを食べるその時、あなたがたの目が開け、あなたがたが神のようになり、善悪を知るようになることを神は知っているのです。」
そこで女が見ると、その木は、まことに食べるのに良く、目に慕わしく、賢くするというその木はいかにも好ましかった。それで女はその実を取って食べ、いっしょにいた夫にも与えたので、夫も食べた。
このようにして、ふたりの目は開かれ、それで彼らは自分たちが裸であることを知った。そこで、彼らは、いちじくの葉をつづり合わせて、自分たちの腰のおおいを作った。
メモ: 不従順により人の目は開かれ、善悪を選びながら死に向かう人生が始まった。
2011/ 1/17 読: 創世記 6章~8章
選: 創世記 8章 6節~8節
四十日の終わりになって、ノアは、自分の造った箱舟の窓を開き、
烏を放った。するとそれは、水が地からかわききるまで、出たり、戻ったりしていた。
また、彼は水が地の面から引いたかどうかを見るために、鳩を彼のもとから放った。
メモ: ノアは、地上の状態を知るために、それぞれの鳥に与えられた習性を使った。
2011/ 1/18 読: 創世記 9章~11章
選: 創世記 9章 11節~14節
わたしはあなたがたと契約を立てる。すべて肉なるものは、もはや大洪水の水では断ち切られない。もはや大洪水が地を滅ぼすようなことはない。」
さらに神は仰せられた。「わたしとあなたがた、およびあなたがたといっしょにいるすべての生き物との間に、わたしが代々永遠にわたって結ぶ契約のしるしは、これである。
わたしは雲の中に、わたしの虹を立てる。それはわたしと地との間の契約のしるしとなる。
わたしが地の上に雲を起こすとき、虹が雲の中に現われる。
メモ: ノアの洪水の最中、空の構造と気候が変わったと思う。以前は虹がなかった。
2011/ 1/19 読: 創世記 12章~14章
選: 創世記 13章 10節~12節
ロトが目を上げてヨルダンの低地全体を見渡すと、主がソドムとゴモラを滅ぼされる以前であったので、その地はツォアルのほうに至るまで、主の園のように、またエジプトの地のように、どこもよく潤っていた。
それで、ロトはそのヨルダンの低地全体を選び取り、その後、東のほうに移動した。こうして彼らは互いに別れた。
アブラムはカナンの地に住んだが、ロトは低地の町々に住んで、ソドムの近くまで天幕を張った。
メモ: アブラムは、神が共にいる確信があったので、ロトに選択権を与えたと思う。
2011/ 1/20 読: 創世記 15章~17章
選: 創世記 15章 5節~7節
そして、彼を外に連れ出して仰せられた。「さあ、天を見上げなさい。星を数えることができるなら、それを数えなさい。」さらに仰せられた。「あなたの子孫はこのようになる。」
彼は主を信じた。主はそれを彼の義と認められた。
また彼に仰せられた。「わたしは、この地をあなたの所有としてあなたに与えるために、カルデヤ人のウルからあなたを連れ出した主である。」
メモ: 神様の言われたことを信じることが、正しいことです。報酬も大きいみたい。
2011/ 1/21 読: 創世記 18章~20章
選: 創世記 20章 17節~18節
そこで、アブラハムは神に祈った。神はアビメレクとその妻、および、はしためたちをいやされたので、彼らはまた子を産むようになった。
主が、アブラハムの妻、サラのゆえに、アビメレクの家のすべての胎を堅く閉じておられたからである。
メモ: 許しなく本気に祈ることはできないと思う。それが神様の要求だったのかな。
2011/ 1/22 読: 創世記 21章~23章
選: 創世記 22章 11節~13節
そのとき、主の使いが天から彼を呼び、「アブラハム。アブラハム。」と仰せられた。彼は答えた。「はい。ここにおります。」
御使いは仰せられた。「あなたの手を、その子に下してはならない。その子に何もしてはならない。今、わたしは、あなたが神を恐れることがよくわかった。あなたは、自分の子、自分のひとり子さえ惜しまないでわたしにささげた。」
アブラハムが目を上げて見ると、見よ、角をやぶにひっかけている一頭の雄羊がいた。アブラハムは行って、その雄羊を取り、それを自分の子の代わりに、全焼のいけにえとしてささげた。
メモ: 極限まで信仰を試されたアブラハム。ここを読むたびに、すごい人だと思う。
2011/ 1/23 読: 創世記 24章~26章
選: 創世記 25章 11節
アブラハムの死後、神は彼の子イサクを祝福された。イサクはベエル・ラハイ・ロイの近くに住みついた。
メモ: 神は祝福された。一つの事実が書かれている。私も神に無限に祝福されたい。
2011/ 1/24 読: 創世記 27章~29章
選: 創世記 27章 36節~37節
エサウは言った。「彼の名がヤコブというのも、このためか。二度までも私を押しのけてしまって。私の長子の権利を奪い取り、今また、私の祝福を奪い取ってしまった。」また言った。「あなたは私のために祝福を残してはおかれなかったのですか。」
イサクは答えてエサウに言った。「ああ、私は彼をおまえの主とし、彼のすべての兄弟を、しもべとして彼に与えた。また穀物と新しいぶどう酒で彼を養うようにした。それで、わが子よ。おまえのために、私はいったい何ができようか。」
メモ: 発せられた言葉の力を改めて感じさせられる。「たかが言葉」は考えが甘い。
2011/ 1/25 読: 創世記 30章~32章
選: 創世記 31章 11節~13節
そして神の使いが夢の中で私に言われた。『ヤコブよ。』私は『はい。』と答えた。
すると御使いは言われた。『目を上げて見よ。群れにかかっている雄やぎはみな、しま毛のもの、ぶち毛のもの、まだら毛のものである。ラバンがあなたにしてきたことはみな、わたしが見た。
わたしはベテルの神。あなたはそこで、石の柱に油をそそぎ、わたしに誓願を立てたのだ。さあ、立って、この土地を出て、あなたの生まれた国に帰りなさい。』」
メモ: 神様は、当人に明確な指示をし、節目の時にした。それは、今日でも同じだ。
2011/ 1/26 読: 創世記 33章~35章
選: 創世記 35章 9節~12節
こうしてヤコブがパダン・アラムから帰って来たとき、神は再び彼に現われ、彼を祝福された。
神は彼に仰せられた。「あなたの名はヤコブであるが、あなたの名は、もう、ヤコブと呼んではならない。あなたの名はイスラエルでなければならない。」それで彼は自分の名をイスラエルと呼んだ。
神はまた彼に仰せられた。「わたしは全能の神である。生めよ。ふえよ。一つの国民、諸国の民のつどいが、あなたから出て、王たちがあなたの腰から出る。
わたしはアブラハムとイサクに与えた地を、あなたに与え、あなたの後の子孫にもその地を与えよう。」
メモ: この約束が、今日まで続いている。歴史の背後には、神の約束と計画がある。
2011/ 1/27 読: 創世記 36章~38章
選: 創世記 37章 10節~13節
ヨセフが父や兄たちに話したとき、父は彼をしかって言った。「おまえの見た夢は、いったい何なのだ。私や、おまえの母上、兄さんたちが、おまえのところに進み出て、地に伏しておまえを拝むとでも言うのか。」
兄たちは彼をねたんだが、父はこのことを心に留めていた。
その後、兄たちはシェケムで父の羊の群れを飼うために出かけて行った。
それで、イスラエルはヨセフに言った。「おまえの兄さんたちはシェケムで群れを飼っている。さあ、あの人たちのところに使いに行ってもらいたい。」すると答えた。「はい。まいります。」
メモ: 兄たちにねたまれているのに、単身で使いを引き受けたのは、神への信頼か。
2011/ 1/28 読: 創世記 39章~41章
選: 創世記 39章 3節~5節
彼の主人は、主が彼とともにおられ、主が彼のすることすべてを成功させてくださるのを見た。
それでヨセフは主人にことのほか愛され、主人は彼を側近の者とし、その家を管理させ、彼の全財産をヨセフの手にゆだねた。
主人が彼に、その家と全財産とを管理させた時から、主はヨセフのゆえに、このエジプト人の家を、祝福された。それで主の祝福が、家や野にある、全財産の上にあった。
メモ: 私も、イエス様に全人生を管理していただき、彼ゆえに多くの祝福を得たい。
2011/ 1/29 読: 創世記 42章~44章
選: 創世記 43章 11節~13節
父イスラエルは彼らに言った。「もしそうなら、こうしなさい。この地の名産を入れ物に入れ、それを贈り物として、あの方のところへ下って行きなさい。乳香と蜜を少々、樹膠と没薬、くるみとアーモンド、
そして、二倍の銀を持って行きなさい。あなたがたの袋の口に返されていた銀も持って行って返しなさい。それはまちがいだったのだろう。
そして、弟を連れてあの方のところへ出かけて行きなさい。
メモ: 実際は身近な者なのに、誤った判断ゆえに、遠い存在の「あの方」になった。
2011/ 1/30 読: 創世記 45章~47章
選: 創世記 46章 2節~4節
神は、夜の幻の中でイスラエルに、「ヤコブよ、ヤコブよ。」と言って呼ばれた。彼は答えた。「はい。ここにいます。」
すると仰せられた。「わたしは神、あなたの父の神である。エジプトに下ることを恐れるな。わたしはそこで、あなたを大いなる国民にするから。
わたし自身があなたといっしょにエジプトに下り、また、わたし自身が必ずあなたを再び導き上る。ヨセフの手はあなたの目を閉じてくれるであろう。」
メモ: 神様が、この時まで、ヨセフの存在に触れなかったことには、理由があった。
2011/ 1/31 読: 創世記 48章~50章
選: 創世記 50章 19節~21節
ヨセフは彼らに言った。「恐れることはありません。どうして、私が神の代わりでしょうか。
あなたがたは、私に悪を計りましたが、神はそれを、良いことのための計らいとなさいました。それはきょうのようにして、多くの人々を生かしておくためでした。
ですから、もう恐れることはありません。私は、あなたがたや、あなたがたの子どもたちを養いましょう。」こうして彼は彼らを慰め、優しく語りかけた。
メモ: 人の上に立つと、思い上がってしまう可能性もあるが、人は人、神は神です。
前Page