前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2011年 2月)

2011/ 2/ 1 読: 出エジプト記 1章~3章
選: 出エジプト記 2章 13節~15節
次の日、また外に出てみると、なんと、ふたりのヘブル人が争っているではないか。そこで彼は悪いほうに「なぜ自分の仲間を打つのか。」と言った。
するとその男は、「だれがあなたを私たちのつかさやさばきつかさにしたのか。あなたはエジプト人を殺したように、私も殺そうと言うのか。」と言った。そこでモーセは恐れて、きっとあのことが知れたのだと思った。
パロはこのことを聞いて、モーセを殺そうと捜し求めた。しかし、モーセはパロのところからのがれ、ミデヤンの地に住んだ。彼は井戸のかたわらにすわっていた。
メモ: 偉大な指導者モーセも、忍耐を学び、神様が任命するまで待つ必要があった。
2011/ 2/ 2 読: 出エジプト記 4章~6章
選: 出エジプト記 4章 12節
さあ行け。わたしがあなたの口とともにあって、あなたの言うべきことを教えよう。」
メモ: この命令を、神様からのプレゼントとして受け取り、行動に移すことにする。
2011/ 2/ 3 読: 出エジプト記 7章~9章
選: 出エジプト記 7章 3節~6節
わたしはパロの心をかたくなにし、わたしのしるしと不思議をエジプトの地で多く行なおう。
パロがあなたがたの言うことを聞き入れないなら、わたしは、手をエジプトの上に置き、大きなさばきによって、わたしの集団、わたしの民イスラエル人をエジプトの地から連れ出す。
わたしが手をエジプトの上に伸ばし、イスラエル人を彼らの真中から連れ出すとき、エジプトはわたしが主であることを知るようになる。」
そこでモーセとアロンはそうした。主が彼らに命じられたとおりにした。
メモ: モーセに告げられたことが実行される時が来た。神のことばには実行が伴う。
2011/ 2/ 4 読: 出エジプト記 10章~12章
選: 出エジプト記 12章 13節~14節
12:13 あなたがたのいる家々の血は、あなたがたのためにしるしとなる。わたしはその血を見て、あなたがたの所を通り越そう。わたしがエジプトの地を打つとき、あなたがたには滅びのわざわいは起こらない。
12:14 この日は、あなたがたにとって記念すべき日となる。あなたがたはこれを主への祭りとして祝い、代々守るべき永遠のおきてとしてこれを祝わなければならない。
メモ: 「同じ罪人であるあなたのためには、身代わりを用意したよ。」と神は語る。
2011/ 2/ 5 読: 出エジプト記 13章~15章
選: 出エジプト記 14章 27節~30節
モーセが手を海の上に差し伸べたとき、夜明け前に、海がもとの状態に戻った。エジプト人は水が迫って来るので逃げたが、主はエジプト人を海の真中に投げ込まれた。
水はもとに戻り、あとを追って海にはいったパロの全軍勢の戦車と騎兵をおおった。残された者はひとりもいなかった。
イスラエル人は海の真中のかわいた地を歩き、水は彼らのために、右と左で壁となったのである。
こうして、主はその日イスラエルをエジプトの手から救われた。イスラエルは海辺に死んでいるエジプト人を見た。
メモ: このすごい体験は、偶然だったのだろうか。では、なぜ信頼し続けないのか。
2011/ 2/ 6 読: 出エジプト記 16章~18章
選: 出エジプト記 16章 16節~18節
主が命じられたことはこうです。『各自、自分の食べる分だけ、ひとり当たり一オメルずつ、あなたがたの人数に応じてそれを集めよ。各自、自分の天幕にいる者のために、それを取れ。』」
そこで、イスラエル人はそのとおりにした。ある者は多く、ある者は少なく集めた。
しかし、彼らがオメルでそれを計ってみると、多く集めた者も余ることはなく、少なく集めた者も足りないことはなかった。各自は自分の食べる分だけ集めたのである。
メモ: 「彼らはそのとおりにした。」主が求めていることは、聞きし違うことです。
2011/ 2/ 7 読: 出エジプト記 19章~21章
選: 出エジプト記 21章 22節~25節
人が争っていて、みごもった女に突き当たり、流産させるが、殺傷事故がない場合、彼はその女の夫が負わせるだけの罰金を必ず払わなければならない。その支払いは裁定による。
しかし、殺傷事故があれば、いのちにはいのちを与えなければならない。
目には目。歯には歯。手には手。足には足。
やけどにはやけど。傷には傷。打ち傷には打ち傷。
メモ: 憎しみは、受けた以上を仕返ししたがるもの。神はそれに対して、否と言う。
2011/ 2/ 8 読: 出エジプト記 22章~24章
選: 出エジプト記 23章 31節~33節
わたしは、あなたの領土を、葦の海からペリシテ人の海に至るまで、また、荒野からユーフラテス川に至るまでとする。それはその地に住んでいる者たちをわたしがあなたの手に渡し、あなたが彼らをあなたの前から追い払うからである。
あなたは、彼らや、彼らの神々と契約を結んではならない。
彼らは、あなたの国に住んではならない。彼らがあなたに、わたしに対する罪を犯させることのないためである。それがあなたにとってわなとなるので、あなたが彼らの神々に仕えるかもしれないからである。」
メモ: 神の望む生活をするために、その障害になりうるものを取り除く必要がある。
2011/ 2/ 9 読: 出エジプト記 25章~27章
選: 出エジプト記 26章 18節~21節
幕屋のために板を作る。南側に板二十枚。
その二十枚の板の下に銀の台座四十個を作らなければならない。一枚の板の下に、二つのほぞに二個の台座を、他の板の下にも、二つのほぞに二個の台座を作る。
幕屋の他の側、すなわち北側に、板二十枚。
銀の台座四十個。すなわち一枚の板の下に二個の台座。他の板の下にも二個の台座。
メモ: 神様は漠然とした方ではありません。実に具体的な計画を持っている方です。
2011/ 2/10 読: 出エジプト記 28章~30章
選: 出エジプト記 29章 26節~28節
あなたはアロンの任職用の雄羊の胸を取り、これを奉献物として主に向かって揺り動かす。これは、あなたの受け取る分となる。
あなたがアロンとその子らの任職用の雄羊の、奉献物として揺り動かされた胸と、奉納物として、ささげられたももとを聖別するなら、
それは、アロンとその子らがイスラエル人から受け取る永遠の分け前となる。それは奉納物であり、それはイスラエル人からの和解のいけにえの奉納物、すなわち、主への奉納物であるから。
メモ: 主に捧げられた物は聖別し、主の示されたことに用いることが正しい使い道。
2011/ 2/11 読: 出エジプト記 31章~33章
選: 出エジプト記 32章 25節~26節
モーセは、民が乱れており、アロンが彼らをほうっておいたので、敵の物笑いとなっているのを見た。
そこでモーセは宿営の入口に立って「だれでも、主につく者は、私のところに。」と言った。するとレビ族がみな、彼のところに集まった。
メモ: ふと思った。私の仕事や、私たちの教会も物笑いになっていないだろうかと。
2011/ 2/12 読: 出エジプト記 34章~36章
選: 出エジプト記 36章 17節~18節
そのつなぎ合わせたものの端にある幕の縁に、輪五十個をつけ、他のつなぎ合わせた幕の縁にも輪五十個をつけた。
また、青銅の留め金五十個を作り、その天幕をつなぎ合わせて、一つにした。
メモ: ばらばらのままでいたら、目的の達成はなかった。神様の摂理が見えてくる。
2011/ 2/13 読: 出エジプト記 37章~39章
選: 出エジプト記 39章 42節~43節
イスラエル人は、すべて、主がモーセに命じられたとおりに、そのすべての奉仕を行なった。
モーセが、すべての仕事を彼らが、まことに主が命じられたとおりに、したのを見たとき、モーセは彼らを祝福した。
メモ: 奉仕は、主が命じられたとおりに行われ、物は、主の思いどおりに作られた。
2011/ 2/14 読: 出エジプト記 40章、レビ記 1章~2章
選: レビ記 1章 3節
もしそのささげ物が、牛の全焼のいけにえであれば、傷のない雄牛をささげなければならない。それを、主に受け入れられるために会見の天幕の入口の所に連れて来なければならない。
メモ: 良い物を持っていく。私の主に対する姿勢はどうだろうかと考えさせられた。
2011/ 2/15 読: レビ記 3章~5章
選: レビ記 5章 2節
あるいは、人が、汚れた獣の死体でも、汚れた家畜の死体でも、汚れた群生するものの死体でも、すべて汚れたものに触れるなら、それに彼が気づかなくても、彼は汚れた者となり、罪に定められる。
メモ: 気づかなくても、汚れる。当然のことだ。清めの手段があるから、うれしい。
2011/ 2/16 読: レビ記 6章~8章
選: レビ記 7章 14節
そのうちから、おのおののささげ物の一つを取って、主への奉納物として、ささげなければならない。これは、和解のいけにえの血を注ぎかける祭司のものとなる。
メモ: 神様をよりよく理解するには、神様の望む方法を心掛ける必要があると思う。
2011/ 2/17 読: レビ記 9章~11章
選: レビ記 11章 32節~33節
また、それらのうちのあるものが死んだとき、何かの上に落ちたなら、それがどんなものでも、みな汚れる。木の器、あるいは衣服、あるいは皮、あるいは袋など、仕事のために作られた器はみな、水の中に入れなければならない。それは夕方まで汚れているが、そうして後きよくなる。
また、それらのうちの一つが、どのような土の器の中に落ちても、その中にあるものはすべて汚れる。その器は砕かなければならない。
メモ: 神が清くないとする物で、服を汚したくないと思った。主に喜ばれたいので。
2011/ 2/18 読: レビ記 12章~14章
選: レビ記 13章 12節~13節
もし吹き出物がひどく皮膚に出て来て、その吹き出物が、その患者の皮膚全体、すなわち祭司の目に留まるかぎり、頭から足までをおおっているときは、
祭司が調べる。もし吹き出物が彼のからだ全体をおおっているなら、祭司はその患者をきよいと宣言する。すべてが白く変わったので、彼はきよい。
メモ: ほんとうに悪いものには患部がある。すべての事にあてはまることだと思う。
2011/ 2/19 読: レビ記 15章~17章
選: レビ記 16章 14節~15節
彼は雄牛の血を取り、指で『贖いのふた』の東側に振りかけ、また指で七たびその血を『贖いのふた』の前に振りかけなければならない。
アロンは民のための罪のためのいけにえのやぎをほふり、その血を垂れ幕の内側に持ってはいり、あの雄牛の血にしたようにこの血にもして、それを『贖いのふた』の上と『贖いのふた』の前に振りかける。
メモ: 「贖う」を調べると、「代わりのもので、罪のうめあわせをする。」とある。
2011/ 2/20 読: レビ記 18章~20章
選: レビ記 18章 14節~16節
あなたの父の兄弟をはずかしめてはならない。すなわち、その妻に近づいてはならない。彼女はあなたのおばである。
あなたの嫁を犯してはならない。彼女はあなたの息子の妻である。彼女を犯してはならない。
あなたの兄弟の妻を犯してはならない。それはあなたの兄弟をはずかしめることである。
メモ: 神は今も昔も変わらない。聖書には神様の思いが書かれていて、答えがある。
2011/ 2/21 読: レビ記 21章~23章
選: レビ記 22章 14節
だれかが、あやまって聖なるものを食べるなら、それにその五分の一を足して、その聖なるものを祭司に渡す。
メモ: 人には、触れてよい領域と、触れることが許されない領域が存在すると思う。
2011/ 2/22 読: レビ記 24章~26章
選: レビ記 25章 13節~15節
このヨベルの年には、あなたがたは、それぞれ自分の所有地に帰らなければならない。
もし、あなたがたが、隣人に土地を売るとか、隣人から買うとかするときは、互いに害を与えないようにしなさい。
ヨベルの後の年数にしたがって、あなたの隣人から買い、収穫年数にしたがって、相手もあなたに売らなければならない。
メモ: 神に捧げられた1ヵ年。人の勝手と心配をよそに、神は解放と休暇を告げた。
2011/ 2/23 読: レビ記 27章、民数記 1章~2章
選: レビ記 27章 30節~31節
こうして地の十分の一は、地の産物であっても、木の実であっても、みな主のものである。それは主の聖なるものである。
人がもし、その十分の一のいくらかを買い戻したいなら、それにその五分の一を加える。
メモ: 神様がいろいろと基準を設けてくれたので、迷わず争わずに生活を楽しめる。
2011/ 2/24 読: 民数記 3章~5章
選: 民数記 3章 5節
主はモーセに告げて仰せられた。
メモ: 万物の創造者が直接語られました。これを聞き流すことは高慢な態度と思う。
2011/ 2/25 読: 民数記 6章~8章
選: 民数記 7章 3節~6節
彼らはささげ物を主の前に持って来た。それはおおいのある車六両と雄牛十二頭で、族長ふたりにつき車一両、ひとりにつき牛一頭であった。彼らはこれを幕屋の前に連れて来た。
すると主はモーセに告げて仰せられた。
「会見の天幕の奉仕に使うために彼らからこれらを受け取り、レビ人にそれぞれの奉仕に応じて渡せ。」
そこでモーセは車と雄牛とを受け取り、それをレビ人に与えた。
メモ: ささげ物であっても、受け取る前に、神の指示を待ったモーセを見習いたい。
2011/ 2/26 読: 民数記 9章~11章
選: 民数記 9章 11節~13節
第二月の十四日の夕暮れに、それをささげなければならない。種を入れないパンと苦菜といっしょにそれを食べなければならない。
そのうちの少しでも朝まで残してはならない。またその骨を一本でも折ってはならない。すべて過越のいけにえのおきてに従ってそれをささげなければならない。
身がきよく、また旅にも出ていない者が、過越のいけにえをささげることをやめたなら、その者はその民から断ち切られなければならない。その者は定められた時に、主へのささげ物をささげなかったのであるから、自分の罪を負わなければならない。
メモ: 定めを守らなくても救われるが、主の救いを感謝する時間は惜しみたくない。
2011/ 2/27 読: 民数記 12章~14章
選: 民数記 14章 11節~13節
主はモーセに仰せられた。「この民はいつまでわたしを侮るのか。わたしがこの民の間で行なったすべてのしるしにもかかわらず、いつまでわたしを信じないのか。
わたしは疫病で彼らを打って滅ぼしてしまい、あなたを彼らよりも大いなる強い国民にしよう。」
メモ: モーセのとりなしにより、このようにならなかったが、不信が神を怒らせる。
2011/ 2/28 読: 民数記 15章~17章
選: 民数記 16章 48節~50節、(新共同: 17章 13節~15節)
彼が死んだ者たちと生きている者たちとの間に立ったとき、神罰はやんだ。
コラの事件で死んだ者とは別に、この神罰で死んだ者は、一万四千七百人になった。
こうして、アロンは会見の天幕の入口のモーセのところへ帰った。神罰はやんだ。
メモ: 神に向かっていきりたつ私たちは何者でしょう。神は間違ったことをしない。

前Page