前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2011年 3月)

2011/ 3/ 1 読: 民数記 18章~20章
選: 民数記 19章 20節~22節
汚れた者が、罪の身をきよめなければ、その者は集会の中から断ち切られる。その者は主の聖所を汚したからである。汚れをきよめる水がその者に振りかけられなかったので、その者は汚れている。
これは彼らに対する永遠のおきてとなる。汚れをきよめる水を振りかけた者は、その衣服を洗わなければならない。汚れをきよめる水に触れた者は夕方まで汚れる。
汚れた者が触れるものは、何でも汚れる。その者に触れた者も夕方まで汚れる。」
メモ: 汚れからきよめていただきました。キリストによるあがないに感謝するのみ。
2011/ 3/ 2 読: 民数記 21章~23章
選: 民数記 22章 31節~32節
そのとき、主がバラムの目のおおいを除かれたので、彼は主の使いが抜き身の剣を手に持って道に立ちふさがっているのを見た。彼はひざまずき、伏し拝んだ。
主の使いは彼に言った。「なぜ、あなたは、あなたのろばを三度も打ったのか。敵対して出て来たのはわたしだったのだ。あなたの道がわたしとは反対に向いていたからだ。
メモ: 主と反対に向いている道は、危険が伴う。行く手をふさぐのは、神の哀れみ。
2011/ 3/ 3 読: 民数記 24章~26章
選: 民数記 25章 10節~13節
主はモーセに告げて仰せられた。
「祭司アロンの子エルアザルの子ピネハスは、わたしのねたみをイスラエル人の間で自分のねたみとしたことで、わたしの憤りを彼らから引っ込めさせた。わたしは、わたしのねたみによってイスラエル人を絶ち滅ぼすことはしなかった。
それゆえ、言え。『見よ。わたしは彼にわたしの平和の契約を与える。
これは、彼とその後の彼の子孫にとって、永遠にわたる祭司職の契約となる。それは彼がおのれの神のためにねたみを表わし、イスラエル人の贖いをしたからである。』」
メモ: 「私のねたみを自分のねたみとしたので。」主と同じ思いになり平和を得る。
2011/ 3/ 4 読: 民数記 27章~29章
選: 民数記 28章 24節~25節
このように七日間、毎日主へのなだめのかおりの火によるささげ物を食物としてささげなければならない。これは常供の全焼のいけにえとその注ぎのささげ物とに加えてささげられなければならない。
七日目にあなたがたは聖なる会合を開かなければならない。どんな労役の仕事もしてはならない。
メモ: 神は私たちに仕事を与えられたが、病気になるまでやれとは言われていない。
2011/ 3/ 5 読: 民数記 30章~32章
選: 民数記 30章 1節~2節
モーセはイスラエル人の諸部族のかしらたちに告げて言った。「これは主が命じられたことである。
人がもし、主に誓願をし、あるいは、物断ちをしようと誓いをするなら、そのことばを破ってはならない。すべて自分の口から出たとおりのことを実行しなければならない。
メモ: 「すべて自分の口から出たとおりのことを実行しなければならない。」です。
2011/ 3/ 6 読: 民数記 33章~35章
選: 民数記 34章 16節~18節
主はモーセに告げて仰せられた。
「この地をあなたがたのための相続地とする者の名は次のとおり、祭司エルアザルとヌンの子ヨシュアである。
あなたがたは、この地を相続地とするため、おのおのの部族から族長ひとりずつを取らなければならない。
メモ: 神様は相続のための土地を割り当てられた。地上に住むための土地を与えた。
2011/ 3/ 7 読: 民数記 36章、申命記 1章~2章
選: 民数記 36章 10節~12節
ツェロフハデの娘たちは、主がモーセに命じられたとおりに行なった。
ツェロフハデの娘たち、マフラ、ティルツァ、ホグラ、ミルカおよびノアは、そのおじの息子たちにとついだ。
彼女たちは、ヨセフの子マナセの子孫の氏族にとついだので、彼女たちの相続地は、彼女たちの父の氏族の部族に残った。
メモ: 割り当てられた相続地は、所有者が変わらないようにしなさいと命じられた。
2011/ 3/ 8 読: 申命記 3章~5章
選: 申命記 4章 2節
私があなたがたに命じることばに、つけ加えてはならない。また、減らしてはならない。私があなたがたに命じる、あなたがたの神、主の命令を、守らなければならない。
メモ: 私たちは、神のことばにつけ加えているので、堅苦しくなってしまうと思う。
2011/ 3/ 9 読: 申命記 6章~8章
選: 申命記 8章 16節~19節
あなたの先祖たちの知らなかったマナを、荒野であなたに食べさせられた。それは、あなたを苦しめ、あなたを試み、ついには、あなたをしあわせにするためであった。――
あなたは心のうちで、「この私の力、私の手の力が、この富を築き上げたのだ。」と言わないように気をつけなさい。
あなたの神、主を心に据えなさい。主があなたに富を築き上げる力を与えられるのは、あなたの先祖たちに誓った契約を今日のとおりに果たされるためである。
あなたが万一、あなたの神、主を忘れ、ほかの神々に従い、これらに仕え、これらを拝むようなことがあれば、きょう、私はあなたがたに警告する。あなたがたは必ず滅びる。
メモ: 「あなたをしあわせにするため。」と「あなたの神、主を心に据えなさい。」
2011/ 3/10 読: 申命記 9章~11章
選: 申命記 11章 13節~15節
もし、私が、きょう、あなたがたに命じる命令に、あなたがたがよく聞き従って、あなたがたの神、主を愛し、心を尽くし、精神を尽くして仕えるなら、
「わたしは季節にしたがって、あなたがたの地に雨、先の雨と後の雨を与えよう。あなたは、あなたの穀物と新しいぶどう酒と油を集めよう。
また、わたしは、あなたの家畜のため野に草を与えよう。あなたは食べて満ち足りよう。」
メモ: 私の主を愛することは、その命令に聞きし従うこと。それは負担にならない。
2011/ 3/11 読: 申命記 12章~14章
選: 申命記 12章 12節
あなたがたは、息子、娘、男奴隷、女奴隷とともに、あなたがたの神、主の前で喜び楽しみなさい。また、あなたがたの町囲みのうちにいるレビ人とも、そうしなさい。レビ人にはあなたがたにあるような相続地の割り当てがないからである。
メモ: 神様は命じられた。皆ともに、あなたがたの神、主の前で喜び楽しみなさい。
2011/ 3/12 読: 申命記 15章~17章
選: 申命記 16章 16節~17節
あなたのうちの男子はみな、年に三度、種を入れないパンの祭り、七週の祭り、仮庵の祭りのときに、あなたの神、主の選ぶ場所で、御前に出なければならない。主の前には、何も持たずに出てはならない。
あなたの神、主が賜わった祝福に応じて、それぞれ自分のささげ物を持って出なければならない。
メモ: ついでではなく、主が賜った祝福に応じ準備して、主の前に出ることにする。
2011/ 3/13 読: 申命記 18章~20章
選: 申命記 19章 13節~15節
あなたがたは、彼がその同胞にしようとたくらんでいたとおりに、彼になし、あなたがたのうちから悪を除き去りなさい。
ほかの人々も聞いて恐れ、このような悪を、あなたがたのうちで再び行なわないであろう。
メモ: 「あなたがたのうちから悪を取り除きなさい。」祝福されるための条件です。
2011/ 3/14 読: 申命記 21章~23章
選: 申命記 22章 23節~24節
ある人と婚約中の処女の女がおり、他の男が町で彼女を見かけて、これといっしょに寝た場合は、
あなたがたは、そのふたりをその町の門のところに連れ出し、石で彼らを打たなければならない。彼らは死ななければならない。これはその女が町の中におりながら叫ばなかったからであり、その男は隣人の妻をはずかしめたからである。あなたがたのうちから悪を除き去りなさい。
メモ: 正しく生活をするためのルールがあります。真実の愛に、悪は存在しません。
2011/ 3/15 読: 申命記 24章~26章
選: 申命記 25章 13節~16節
あなたは袋に大小異なる重り石を持っていてはならない。
あなたは家に大小異なる枡を持っていてはならない。
あなたは完全に正しい重り石を持ち、完全に正しい枡を持っていなければならない。あなたの神、主があなたに与えようとしておられる地で、あなたが長く生きるためである。
すべてこのようなことをなし、不正をする者を、あなたの神、主は忌みきらわれる。
メモ: 正しく生活をするためのルールがあります。不正の収入に喜びはありません。
2011/ 3/16 読: 申命記 27章~29章
選: 申命記 29章 25節~28節
人々は言おう。「それは、彼らの父祖の神、主が彼らをエジプトの地から連れ出して、彼らと結ばれた契約を、彼らが捨て、
彼らの知らぬ、また彼らに当てたのでもない、ほかの神々に行って仕え、それを拝んだからである。
それで、主の怒りは、この地に向かって燃え上がり、この書にしるされたすべてののろいが、この地にもたらされた。
主は、怒りと、憤激と、激怒とをもって、彼らをこの地から根こぎにし、ほかの地に投げ捨てた。今日あるとおりに。」
メモ: 神様は私たちを祝福し豊かにしたいが、私たちは拒んだ。そして、刈り取る。
2011/ 3/17 読: 申命記 30章~32章
選: 申命記 31章 12節~13節
民を、男も、女も、子どもも、あなたの町囲みの中にいる在留異国人も、集めなさい。彼らがこれを聞いて学び、あなたがたの神、主を恐れ、このみおしえのすべてのことばを守り行なうためである。
これを知らない彼らの子どもたちもこれを聞き、あなたがたが、ヨルダンを渡って、所有しようとしている地で、彼らが生きるかぎり、あなたがたの神、主を恐れることを学ばなければならない。」
メモ: 私の幸せを願っている、私たちの神、主を恐れることをもっと学たいと思う。
2011/ 3/18 読: 申命記 33章~34章、ヨシュア記 1章
選: ヨシュア記 1章 9節
わたしはあなたに命じたではないか。強くあれ。雄々しくあれ。恐れてはならない。おののいてはならない。あなたの神、主が、あなたの行く所どこにでも、あなたとともにあるからである。」
メモ: 約束は、「私の神、主は、私が行く所どこにでも、私とともにある。」です。
2011/ 3/19 読: ヨシュア記 2章~4章
選: ヨシュア記 3章 7節
主はヨシュアに仰せられた。「きょうから、わたしはイスラエル全体の見ている前で、あなたを大いなる者としよう。それは、わたしがモーセとともにいたように、あなたとともにいることを、彼らが知るためである。
メモ: 責任は重大だけど、私もこのように言われたら、うれしく、興奮してしまう。
2011/ 3/20 読: ヨシュア記 5章~7章
選: ヨシュア記 6章 18節
ただ、あなたがたは、聖絶のものに手を出すな。聖絶のものにしないため、聖絶のものを取って、イスラエルの宿営を聖絶のものにし、これにわざわいをもたらさないためである。
メモ: 「このくらいは許されるでしょう。」ではなく、神の定めたことに従いたい。
2011/ 3/21 読: ヨシュア記 8章~10章
選: ヨシュア記 8章 7節
あなたがたは伏している所から立ち上がり、町を占領しなければならない。あなたがたの神、主が、それをあなたがたの手に渡される。
メモ: あなたの神、主が、それをされる。確信を与えられたら、信じて行動します。
2011/ 3/22 読: ヨシュア記 11章~13章
選: ヨシュア記 11章 15節
主がそのしもべモーセに命じられたとおりに、モーセはヨシュアに命じたが、ヨシュアはそのとおりに行ない、主がモーセに命じたすべてのことばを、一言も取り除かなかった。
メモ: 主は、私の幸せを願っているのです。主のことばを部分削除なんてできない。
2011/ 3/23 読: ヨシュア記 14章~16章
選: ヨシュア記 14章 13節
それでヨシュアは、エフネの子カレブを祝福し、彼にヘブロンを相続地として与えた。
メモ: 祝福とは。ウィキペディアによると、もたらされる恵みの授与者は神である。
2011/ 3/24 読: ヨシュア記 17章~19章
選: ヨシュア記 17章 12節~13節
しかしマナセ族は、これらの町々を占領することができなかった。カナン人はこの土地に住みとおした。
イスラエル人は、強くなってから、カナン人に苦役を課したが、彼らを追い払ってしまうことはなかった。
メモ: 後に、多くの戦いなった。神様の命令に違うことが、後の幸せにもつながる。
2011/ 3/25 読: ヨシュア記 20章~22章
選: ヨシュア記 21章 44節~45節
主は、彼らの先祖たちに誓ったように、周囲の者から守って、彼らに安住を許された。すべての敵の中で、ひとりも彼らの前に立ちはだかる者はいなかった。主はすべての敵を彼らの手に渡された。
主がイスラエルの家に約束されたすべての良いことは、一つもたがわず、みな実現した。
メモ: 主は約束されたとおりに行ないます。主の約束を信じないのは、私たちです。
2011/ 3/26 読: ヨシュア記 23章~24章、士師記 1章
選: ヨシュア記 23章 11節
あなたがたは、十分に気をつけて、あなたがたの神、主を愛しなさい。
メモ: この命令は、私たちの幸せを願う主なる神の心の底からの願いだと思います。
2011/ 3/27 読: 士師記 2章~4章
選: 士師記 2章 7節
民は、ヨシュアの生きている間、また、ヨシュアのあとまで生き残って主がイスラエルに行なわれたすべての大きなわざを見た長老たちの生きている間、主に仕えた。
メモ: 歴史から学び、素直に行動に移していたら、さらに大きなわざを見たと思う。
2011/ 3/28 読: 士師記 5章~7章
選: 士師記 6章 13節~14節
ギデオンはその御使いに言った。「ああ、主よ。もし主が私たちといっしょにおられるなら、なぜこれらのことがみな、私たちに起こったのでしょうか。私たちの先祖たちが、『主は私たちをエジプトから上らせたではないか。』と言って、私たちに話したあの驚くべきみわざはみな、どこにありますか。今、主は私たちを捨てて、ミデヤン人の手に渡されました。」
すると、主は彼に向かって仰せられた。「あなたのその力で行き、イスラエルをミデヤン人の手から救え。わたしがあなたを遣わすのではないか。」
メモ: 私たちが主を捨てたのに、「神よ、なぜ。」と問う身がってさは今日も同じ。
2011/ 3/29 読: 士師記 8章~10章
選: 士師記 8章 9節
それでギデオンはまたペヌエルの人々に言った。「私が無事に帰って来たら、このやぐらをたたきこわしてやる。」
メモ: 「何々してくれなかったら、、、。」善意であっても、この態度は良くない。
2011/ 3/30 読: 士師記 11章~13章
選: 士師記 12章 14節
彼には四十人の息子と三十人の孫がいて、七十頭のろばに乗っていた。彼は八年間、イスラエルをさばいた。
メモ: この時、主が起こされたさばきつかさについての紹介は、このことだけです。
2011/ 3/31 読: 士師記 14章~16章
選: 士師記 15章 12節~13節
彼らはサムソンに言った。「私たちはあなたを縛って、ペリシテ人の手に渡すために下って来たのだ。」サムソンは彼らに言った。「あなたがたは私に撃ちかからないと誓いなさい。」
すると、彼らはサムソンに言った。「決してしない。ただあなたをしっかり縛って、彼らの手に渡すだけだ。私たちは決してあなたを殺さない。」こうして、彼らは二本の新しい綱で彼を縛り、その岩から彼を引き上げた。
メモ: もし彼らがサムソンに撃ちかかっていたら、逆にやられていただろうと思う。
前Page