前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2011年 4月)

2011/ 4/ 1 読: 士師記 17章~19章
選: 士師記 17章 7節~9節
ユダのベツレヘムの出の、ユダの氏族に属するひとりの若者がいた。彼はレビ人で、そこに滞在していた。
その人がユダのベツレヘムの町を出て、滞在する所を見つけに、旅を続けてエフライムの山地のミカの家まで来たとき、
ミカは彼に言った。「あなたはどこから来たのですか。」彼は答えた。「私はユダのベツレヘムから来たレビ人です。私は滞在する所を見つけようとして、歩いているのです。」
メモ: 滞在する所を見つけるための旅だった。レビ人として働ける所を探していた。
2011/ 4/ 2 読: 士師記 20章~21章、ルツ記 1章
選: 士師記 20章 25節~28節
ベニヤミンも次の日、ギブアから出て来て、彼らを迎え撃ち、再びイスラエル人のうち一万八千人をその場で殺した。これらの者はみな、剣を使う者であった。
それで、すべてのイスラエル人は、全民こぞってベテルに上って行って、泣き、その所で主の前にすわり、その日は、夕方まで断食をし、全焼のいけにえと和解のいけにえを主の前にささげた。
そして、イスラエル人は主に伺い、――当時、神の契約の箱はそこにあった。
当時、アロンの子エルアザルの子ピネハスが、御前に仕えていた。――そして言った。「私はまた、出て行って、私の兄弟ベニヤミン族と戦うべきでしょうか。それとも、やめるべきでしょうか。」主は仰せられた。「攻め上れ。あす、彼らをあなたがたの手に渡す。」
メモ: 動機は、悪を除くことだった。自分たちを犠牲にしてまでの徹底さはすごい。
2011/ 4/ 3 読: ルツ記 1章 2章~4章、
選: ルツ記 2章 4節
ちょうどその時、ボアズはベツレヘムからやって来て、刈る者たちに言った。「主があなたがたとともにおられますように。」彼らは、「主があなたを祝福されますように。」と答えた。
メモ: このようなあいさつを普通に交わせる世界になれば、平和が支配すると思う。
2011/ 4/ 4 読: サムエル記 第Ⅰ 1章~3章
選: サムエル記 第Ⅰ 3章 11節~14節
主はサムエルに仰せられた。「見よ。わたしは、イスラエルに一つの事をしようとしている。それを聞く者はみな、二つの耳が鳴るであろう。
その日には、エリの家についてわたしが語ったことをすべて、初めから終わりまでエリに果たそう。
わたしは彼の家を永遠にさばくと彼に告げた。それは自分の息子たちが、みずからのろいを招くようなことをしているのを知りながら、彼らを戒めなかった罪のためだ。
だから、わたしはエリの家について誓った。エリの家の咎は、いけにえによっても、穀物のささげ物によっても、永遠に償うことはできない。」
メモ: 神へのささげ物を奪い、自分のものにした罪。償うことができない罪だった。
2011/ 4/ 5 読: サムエル記 第Ⅰ 4章~6章
選: サムエル記 第Ⅰ 4章 16節~18節
その男はエリに言った。「私は戦場から来た者です。私は、きょう、戦場から逃げて来ました。」するとエリは、「状況はどうか。わが子よ。」と聞いた。
この知らせを持って来た者は答えて言った。「イスラエルはペリシテ人の前から逃げ、民のうちに打たれた者が多く出ました。それにあなたのふたりの子息、ホフニとピネハスも死に、神の箱は奪われました。」
彼が神の箱のことを告げたとき、エリはその席から門のそばにあおむけに落ち、首を折って死んだ。年寄りで、からだが重かったからである。彼は四十年間、イスラエルをさばいた。
メモ: いつでも、「運が悪かったね。」で済ませると、学ぶことが無くなると思う。
2011/ 4/ 6 読: サムエル記 第Ⅰ 7章~9章
選: サムエル記 第Ⅰ 8章 7節~9節
主はサムエルに仰せられた。「この民があなたに言うとおりに、民の声を聞き入れよ。それはあなたを退けたのではなく、彼らを治めているこのわたしを退けたのであるから。
わたしが彼らをエジプトから連れ上った日から今日に至るまで、彼らのした事といえば、わたしを捨てて、ほかの神々に仕えたことだった。そのように彼らは、あなたにもしているのだ。
今、彼らの声を聞け。ただし、彼らにきびしく警告し、彼らを治める王の権利を彼らに知らせよ。」
メモ: 神様の悲しみが伝わってくる。私は、私の主を、悲しませたくないと思った。
2011/ 4/ 7 読: サムエル記 第Ⅰ 10章~12章
選: サムエル記 第Ⅰ 11章 12節~13節
そのとき、民はサムエルに言った。「サウルがわれわれを治めるのか、などと言ったのはだれでしたか。その者たちを引き渡してください。彼らを殺します。」
しかしサウルは言った。「きょうは人を殺してはならない。きょう、主がイスラエルを救ってくださったのだから。」
メモ: 「私の力ではない。主による救いです。」この心構えをいつも持っていたい。
2011/ 4/ 8 読: サムエル記 第Ⅰ 13章~15章
選: サムエル記 第Ⅰ 15章 11節
「わたしはサウルを王に任じたことを悔いる。彼はわたしに背を向け、わたしのことばを守らなかったからだ。」それでサムエルは怒り、夜通し主に向かって叫んだ。
メモ: 神様が私に最もしてもらいたいことは、神のことばを実行することだと思う。
2011/ 4/ 9 読: サムエル記 第Ⅰ 16章~18章
選: サムエル記 第Ⅰ 17章 14節~15節
ダビデは末っ子で、上の三人がサウルに従って出ていた。
ダビデは、サウルのところへ行ったり、帰ったりしていた。ベツレヘムの父の羊を飼うためであった。
メモ: ダビデは、国王のところへ行ったり、父の羊を飼ったりして、多くを学んだ。
2011/ 4/10 読: サムエル記 第Ⅰ 19章~21章
選: サムエル記 第Ⅰ 19章 20節~21節
そこでサウルはダビデを捕えようと使者たちを遣わした。彼らは、預言者の一団が預言しており、サムエルがその監督をする者として立っているのを見た。そのとき、神の霊がサウルの使者たちに臨み、彼らもまた、預言した。
サウルにこのことが知らされたとき、彼はほかの使者たちを遣わしたが、彼らもまた、預言した。サウルはさらに三度目の使者たちを送ったが、彼らもまた、預言した。
メモ: 神の働きに立ち向かうサウルも身の程知らずだと思が、自分はどうだろうか。
2011/ 4/11 読: サムエル記 第Ⅰ 22章~24章
選: サムエル記 第Ⅰ 23章 12節~13節
ダビデは言った。「ケイラの者たちは、私と私の部下をサウルの手に引き渡すでしょうか。」主は仰せられた。「彼らは引き渡す。」
そこでダビデとその部下およそ六百人はすぐに、ケイラから出て行き、そこここと、さまよった。ダビデがケイラからのがれたことがサウルに告げられると、サウルは討伐をやめた。
メモ: ケイラはダビデに助けられが、彼らは裏切る。絶対に裏切らない方は主です。
2011/ 4/12 読: サムエル記 第Ⅰ 25章~27章
選: サムエル記 第Ⅰ 26章 11節~12節
私が、主に油そそがれた方に手を下すなど、主の前に絶対にできないことだ。さあ、今は、あの枕もとにある槍と水差しとを取って行くことにしよう。」
こうしてダビデはサウルの枕もとの槍と水差しとを取り、ふたりは立ち去ったが、だれひとりとしてこれを見た者も、気づいた者も、目をさました者もなかった。主が彼らを深い眠りに陥れられたので、みな眠りこけていたからである。
メモ: 聖職者も主に油そそがれた方。彼らへの非難も、手を下すことになると思う。
2011/ 4/13 読: サムエル記 第Ⅰ 28章~30章
選: サムエル記 第Ⅰ 30章 3節~6節
ダビデとその部下が、この町に着いたとき、町は火で焼かれており、彼らの妻も、息子も、娘たちも連れ去られていた。
ダビデも、彼といっしょにいた者たちも、声をあげて泣き、ついには泣く力もなくなった。
ダビデのふたりの妻、イズレエル人アヒノアムも、ナバルの妻であったカルメル人アビガイルも連れ去られていた。
ダビデは非常に悩んだ。民がみな、自分たちの息子、娘たちのことで心を悩まし、ダビデを石で打ち殺そうと言いだしたからである。しかし、ダビデは彼の神、主によって奮い立った。
メモ: 泣き疲れて終わりではない。主を信じる者は、主の名によって奮い立つのだ。
2011/ 4/14 読: サムエル記 第Ⅰ 31章、サムエル記 第Ⅱ 1章~2章
選: サムエル記 第Ⅱ 2章 1節~4節
この後、ダビデは主に伺って言った。「ユダの一つの町へ上って行くべきでしょうか。」すると主は彼に、「上って行け。」と仰せられた。ダビデが、「どこへ上るのでしょうか。」と聞くと、主は、「ヘブロンへ。」と仰せられた。
そこでダビデは、ふたりの妻、イズレエル人アヒノアムと、ナバルの妻であったカルメル人アビガイルといっしょに、そこへ上って行った。
ダビデは、自分とともにいた人々を、その家族といっしょに連れて上った。こうして彼らはヘブロンの町々に住んだ。
そこへユダの人々がやって来て、ダビデに油をそそいでユダの家の王とした。ヤベシュ・ギルアデの人々がサウルを葬った、ということがダビデに知らされたとき、
メモ: 既に神様によって王に任命されていたのに、いつも主に伺う姿は見習いたい。
2011/ 4/15 読: サムエル記 第Ⅱ 3章~5章
選: サムエル記 第Ⅱ 3章 35節~37節
民はみな、まだ日のあるうちにダビデに食事をとらせようとしてやって来たが、ダビデは誓って言った。「もし私が、日の沈む前にパンでも、ほかの何物でも味わったなら、神がこの私を幾重にも罰せられますように。」
民はみな、それを認めて、それでよいと思った。王のしたことはすべて、民を満足させた。
それで民はみな、すなわち、全イスラエルは、その日、ネルの子アブネルを殺したのは、王から出たことではないことを知った。
メモ: ダビデのことばに行動が伴ったのを見た民は、真理を知り、それで満足した。
2011/ 4/16 読: サムエル記 第Ⅱ 6章~8章
選: サムエル記 第Ⅱ 7章 14節
わたしは彼にとって父となり、彼はわたしにとって子となる。もし彼が罪を犯すときは、わたしは人の杖、人の子のむちをもって彼を懲らしめる。
メモ: 私たちを正しい道に導き、地上においても幸せを願う神様の深い愛を感じる。
2011/ 4/17 読: サムエル記 第Ⅱ 9章~11章
選: サムエル記 第Ⅱ 10章 11節~12節
ヨアブは言った。「もし、アラムが私より強ければ、おまえが私を救ってくれ。もし、アモン人がおまえより強かったら、私がおまえを救いに行こう。
強くあれ。われわれの民のため、われわれの神の町々のために全力を尽くそう。主はみこころにかなうことをされる。」
メモ: 「主はみこころにかなうことをされるから、少し待とう。」と言わなかった。
2011/ 4/18 読: サムエル記 第Ⅱ 12章~14章
選: サムエル記 第Ⅱ 13章 15節
ところがアムノンは、ひどい憎しみにかられて、彼女をきらった。その憎しみは、彼がいだいた恋よりもひどかった。アムノンは彼女に言った。「さあ、出て行け。」
メモ: 感情はころころ変わるものです。他人を巻き込む権利は私たちにありません。
2011/ 4/19 読: サムエル記 第Ⅱ 15章~17章
選: サムエル記 第Ⅱ 17章 17節
ヨナタンとアヒマアツはエン・ロゲルにとどまっていたが、ひとりの女奴隷が行って彼らに告げ、彼らがダビデ王に告げに行くようになっていた。これは彼らが町にはいるのを見られることのないためであった。
メモ: 信頼のできる女性だったのでしょう。秘密情報員の役を与えられたのだから。
2011/ 4/20 読: サムエル記 第Ⅱ 18章~20章
選: サムエル記 第Ⅱ 18章 19節
ツァドクの子アヒマアツは言った。「私は王のところへ走って行って、主が敵の手から王を救って王のために正しいさばきをされたと知らせたいのですが。」
メモ: 「主に栄光を帰す」ことが、生活の中であたりまえだった。見習いたいです。
2011/ 4/21 読: サムエル記 第Ⅱ 21章~23章
選: サムエル記 第Ⅱ 22章 22節
私は主の道を守り、私の神に対して悪を行なわなかった。
メモ: 神の定めた基準を知らなければ、このようには言えない。基準は聖書にある。
2011/ 4/22 読: サムエル記 第Ⅱ 24章、列王記 第Ⅰ 1章~2章
選: 列王記 第Ⅰ 1章 11節~14節
さあ、今、私があなたに助言をいたしますから、あなたのいのちとあなたの子ソロモンのいのちを助けなさい。
さあ、ダビデ王のもとに行って、『王さま。あなたは、このはしために、必ず、あなたの子ソロモンが私の跡を継いで王となる。彼が私の王座に着く、と言って誓われたではありませんか。それなのに、なぜ、アドニヤが王となったのですか。』と言いなさい。
あなたがまだそこで王と話しているうちに、私もあなたのあとからはいって行って、あなたのことばの確かなことを保証しましょう。」
メモ: 危機的状況に見えたとしても、私の主は、約束されたことを必ず成し遂げる。
2011/ 4/23 読: 列王記 第Ⅰ 3章~5章
選: 列王記 第Ⅰ 3章 9節
善悪を判断してあなたの民をさばくために聞き分ける心をしもべに与えてください。さもなければ、だれに、このおびただしいあなたの民をさばくことができるでしょうか。」
メモ: 時代によって善悪の判断基準が狂ってきます。神から見ればいつも同じです。
2011/ 4/24 読: 列王記 第Ⅰ 6章~8章
選: 列王記 第Ⅰ 8章 43節
あなたご自身が、あなたの御住まいの所である天でこれを聞き、その外国人があなたに向かって願うことをすべてかなえてください。そうすれば、この地のすべての民が御名を知り、あなたの民イスラエルと同じように、あなたを恐れるようになり、私の建てたこの宮では、御名が呼び求められなくてはならないことを知るようになるでしょう。
メモ: 主よ、私があなたを恐れるようになるために、私の願いをかなえてください。
2011/ 4/25 読: 列王記 第Ⅰ 9章~11章
選: 列王記 第Ⅰ 11章 9節~11節
主はソロモンに怒りを発せられた。それは彼の心がイスラエルの神、主から移り変わったからである。主は二度も彼に現われ、
このことについて、ほかの神々に従って行ってはならないと命じておられたのに、彼は主の命令を守らなかったからである。
それゆえ、主はソロモンに仰せられた。「あなたがこのようにふるまい、わたしが命じたわたしの契約とおきてとを守らなかったので、わたしは王国をあなたから必ず引き裂いて、あなたの家来に与える。
メモ: 幸せを神からの祝福と感じなくなり、基準を見失い、まちがった妥協をする。
2011/ 4/26 読: 列王記 第Ⅰ 12章~14章
選: 列王記 第Ⅰ 12章 12節
ヤロブアムと、すべての民は、三日目にレハブアムのところに来た。王が、「三日目に私のところに戻って来なさい。」と言って命じたからである。
メモ: この間、王は人の意見を聞いて返事をまとめたが、主に聞くことはなかった。
2011/ 4/27 読: 列王記 第Ⅰ 15章~17章
選: 列王記 第Ⅰ 16章 17節~19節
オムリは全イスラエルとともにギベトンから上って来て、ティルツァを包囲した。
ジムリは町が攻め取られるのを見ると、王宮の高殿にはいり、みずから王宮に火を放って死んだ。
これは、彼が罪を犯して主の目の前に悪を行ない、ヤロブアムの道に歩んだその罪のためであり、イスラエルに罪を犯させた彼の罪のためであった。
メモ: ジムリは7日間だけ王だったが、その前から民に悪影響を与えていたようだ。
2011/ 4/28 読: 列王記 第Ⅰ 18章~20章
選: 列王記 第Ⅰ 18章 17節~18節
アハブがエリヤを見るや、アハブは彼に言った。「これはおまえか。イスラエルを煩わすもの。」
エリヤは言った。「私はイスラエルを煩わしません。あなたとあなたの父の家こそそうです。現にあなたがたは主の命令を捨て、あなたはバアルのあとについています。
メモ: 罪を明るみに出すものが悪者扱いされる過ちは、今日においても多いと思う。
2011/ 4/29 読: 列王記 第Ⅰ 21章~22章、列王記 第Ⅱ 1章
選: 列王記 第Ⅰ 22章 20節~22節
そのとき、主は仰せられました。『だれか、アハブを惑わして、攻め上らせ、ラモテ・ギルアデで倒れさせる者はいないか。』すると、あれこれと答えがありました。
それからひとりの霊が進み出て、主の前に立ち、『この私が彼を惑わします。』と言いますと、主が彼に『どういうふうにやるのか。』と尋ねられました。
彼は答えました。『私が出て行き、彼のすべての預言者の口で偽りを言う霊となります。』すると、『あなたはきっと惑わすことができよう。出て行って、そのとおりにせよ。』と仰せられました。
メモ: アハブはこのことについての説明を受けたのに、聞く耳を持たず、戦死した。
2011/ 4/30 読: 列王記 第Ⅱ 2章~4章
選: 列王記 第Ⅱ 4章 15節~17節
エリシャが、「彼女を呼んで来なさい。」と言ったので、ゲハジが彼女を呼ぶと、彼女は入口のところに立った。
エリシャは言った。「来年の今ごろ、あなたは男の子を抱くようになろう。」彼女は言った。「いいえ。あなたさま。神の人よ。このはしために偽りを言わないでください。」
しかし、この女はみごもり、エリシャが彼女に告げたとおり、翌年のちょうどそのころ、男の子を産んだ。
メモ: 神に使わされた預言者が語ったことは、必ず実現した。私の常識は関係ない。
前Page