前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2011年 5月)

2011/ 5/ 1 読: 列王記 第Ⅱ 5章~7章
選: 列王記 第Ⅱ 5章 13節~14節
そのとき、彼のしもべたちが近づいて彼に言った。「わが父よ。あの預言者が、もしも、むずかしいことをあなたに命じたとしたら、あなたはきっとそれをなさったのではありませんか。ただ、彼はあなたに『身を洗って、きよくなりなさい。』と言っただけではありませんか。」
そこで、ナアマンは下って行き、神の人の言ったとおりに、ヨルダン川に七たび身を浸した。すると彼のからだは元どおりになって、幼子のからだのようになり、きよくなった。
メモ: 神は、難行苦行を求めていません。イエス・キリストを信じることだけです。
2011/ 5/ 2 読: 列王記 第Ⅱ 8章~10章
選: 列王記 第Ⅱ 10章 30節
主はエフーに仰せられた。「あなたはわたしの見る目にかなったことをよくやり遂げ、アハブの家に対して、わたしが心に定めたことをことごとく行なったので、あなたの子孫は四代目まで、イスラエルの王座に着こう。」
メモ: 主に喜ばれるためにはどうしたらいいのか。主の望むことを行なうことです。
2011/ 5/ 3 読: 列王記 第Ⅱ 11章~13章
選: 列王記 第Ⅱ 12章 14節~15節
ただ、これを工事する者に渡し、これを主の宮の修理に当てた。
また、工事する者に支払うように金を渡した人々と、残高を勘定することもしなかった。彼らが忠実に働いていたからである。
メモ: 忠実である、信用できるということは、時間を効率よく使うことにつながる。
2011/ 5/ 4 読: 列王記 第Ⅱ 14章~16章
選: 列王記 第Ⅱ 15章 27節~28節
ユダの王アザルヤの第五十二年に、レマルヤの子ペカがサマリヤでイスラエルの王となり、二十年間、王であった。
彼は主の目の前に悪を行ない、イスラエルに罪を犯させたネバテの子ヤロブアムの罪を離れなかった。
メモ: ヤロブアムが始めた金の子牛礼拝は、習慣になっていたが、大きな罪でした。
2011/ 5/ 5 読: 列王記 第Ⅱ 17章~19章
選: 列王記 第Ⅱ 19章 16節~19節
主よ。御耳を傾けて聞いてください。主よ。御目を開いてご覧ください。生ける神をそしるために言ってよこしたセナケリブのことばを聞いてください。
主よ。アッシリヤの王たちが、国々と、その国土とを廃墟としたのは事実です。
彼らはその神々を火に投げ込みました。それらは神ではなく、人の手の細工、木や石にすぎなかったので、滅ぼすことができたのです。
私たちの神、主よ。どうか今、私たちを彼の手から救ってください。そうすれば、地のすべての王国は、主よ、あなただけが神であることを知りましょう。」
メモ: 「そうすれば、あなただけが神であることを知ります。」すごい条件ですね。
2011/ 5/ 6 読: 列王記 第Ⅱ 20章~22章
選: 列王記 第Ⅱ 22章 1節~2節
ヨシヤは八歳で王となり、エルサレムで三十一年間、王であった。彼の母の名はエディダといい、ボツカテの出のアダヤの娘であった。
彼は主の目にかなうことを行なって、先祖ダビデのすべての道に歩み、右にも左にもそれなかった。
メモ: 祖父も父も主の目の前に悪を行なっているのに、だれが主の道を教えたのか。
2011/ 5/ 7 読: 列王記 第Ⅱ 23章~25章
選: 列王記 第Ⅱ 24章 13節
彼は主の宮の財宝と王宮の財宝をことごとく運び出し、イスラエルの王ソロモンが造った主の本堂の中のすべての金の用具を断ち切った。主の告げられたとおりであった。
メモ: これからも「主の告げられたとおりであった。」ことが多く起こるでしょう。
2011/ 5/ 8 読: 歴代誌 第Ⅰ 1章~3章
選: 歴代誌 第Ⅰ 2章 6節~7節
ゼラフの子は、ジムリ、エタン、ヘマン、カルコル、ダラで、全部で五人。
カルミの子は、聖絶のもののことで罪を犯し、イスラエルにわざわいをもたらす者となったアカル。
メモ: 特別なことをした人は、その名前とともに、行なった業も伝えられていきす。
2011/ 5/ 9 読: 歴代誌 第Ⅰ 4章~6章
選: 歴代誌 第Ⅰ 5章 19節~20節
ここに、彼らはハガル人およびエトル、ナフィシュ、ノダブと戦いを交えたが、
助けを得てこれらに当たった。それで、ハガル人およびこれとともにいた者はみな彼らの手に渡された。それは、彼らがその戦いのときに、神に呼ばわったからである。彼らが神に拠り頼んだので、神は彼らの願いを聞き入れられた。
メモ: 神をよりどころにし、まかせて、信頼した。神様はその姿勢を無視しません。
2011/ 5/10 読: 歴代誌 第Ⅰ 7章~9章
選: 歴代誌 第Ⅰ 9章 20節
かつてはエルアザルの子ピネハスが彼らのつかさであり、主は彼とともにおられた。
メモ: 彼の人生について短く言い表すならば、「主は彼とともにおられた。」です。
2011/ 5/11 読: 歴代誌 第Ⅰ 10章~12章
選: 歴代誌 第Ⅰ 11章 13節~14節
彼はダビデとともにパス・ダミムにいた。ペリシテ人はそこに集まって来て戦いをいどんだ。そこには大麦の密生した一つの畑があり、民はペリシテ人の前から逃げたが、
彼らはその畑の真中に踏みとどまって、これを救い、ペリシテ人を打ち殺した。こうして、主は大勝利を収められた。
メモ: 「こうして、主は大勝利を収められた。」と結論づけてもらえる業をしたい。
2011/ 5/12 読: 歴代誌 第Ⅰ 13章~15章
選: 歴代誌 第Ⅰ 13章 9節~11節
こうして彼らがキドンの打ち場まで来たとき、ウザは手を伸ばして、箱を押えた。牛がそれをひっくり返しそうになったからである。
すると、主の怒りがウザに向かって燃え上がり、彼を打った。彼が手を箱に伸べたからである。彼はその場で神の前に死んだ。
ダビデの心は激した。ウザによる割りこみに主が怒りを発せられたからである。それでその場所はペレツ・ウザと呼ばれた。今日もそうである。
メモ: ウザは、任務を果たそうとした。しかし、彼の触れてはいけない領域だった。
2011/ 5/13 読: 歴代誌 第Ⅰ 16章~18章
選: 歴代誌 第Ⅰ 16章 18節
そのとき主は仰せられた。「わたしはあなたがたの相続地としてあなたに、カナンの地を与える。」
メモ: いろいろあって、今もいろいろあるけど、その時のことばは今も生きている。
2011/ 5/14 読: 歴代誌 第Ⅰ 19章~21章
選: 歴代誌 第Ⅰ 21章 23節~24節
オルナンはダビデに言った。「王さま。どうぞ、お取りになってお気に召すようになさってください。ご覧ください。私は、全焼のいけにえのための牛、たきぎにできる打穀機、穀物のささげ物のための小麦を差し上げます。すべてを差し上げます。」
しかし、ダビデ王はオルナンに言った。「いいえ、私はどうしても、十分な金額を払って買いたいのです。あなたのものを主にささげるわけにはいきません。費用もかけずに全焼のいけにえをささげたくないのです。」
メモ: 「王は、わたしが与えた物でいけにえをささげた。」と言われないためにも。
2011/ 5/15 読: 歴代誌 第Ⅰ 22章~24章
選: 歴代誌 第Ⅰ 22章 11節~13節
22:11 そこで今、わが子よ、主があなたとともにおられ、主があなたについて語られたとおり、あなたが、あなたの神、主の宮をりっぱに建て上げることができるように。
22:12 ただ、主があなたに思慮と分別を与えて、あなたをイスラエルの上に任命し、あなたの神、主の律法を守らせてくださるように。
22:13 主がイスラエルについてモーセに命じられたおきてと定めをあなたが守り行なうなら、あなたは栄える。強くあれ。雄々しくあれ。恐れてはならない。おののいてはならない。
メモ: 人に対する恐れによって、神に与えられたものが、むだになる可能性が高い。
2011/ 5/16 読: 歴代誌 第Ⅰ 25章~27章
選: 歴代誌 第Ⅰ 26章 13節~14節
こうして、彼らは、下の者も上の者もひとしく、その父祖の家ごとに、一つ一つの門についてくじを引いた。
すると、東方のくじはシェレムヤに当たった。彼の子で思慮深い議官ゼカリヤのためにくじが引かれ、彼のくじは北方と出た。
メモ: 際立っていたのだろう。肩書きに「思慮深い」と補足されているのは彼だけ。
2011/ 5/17 読: 歴代誌 第Ⅰ 28章~29章、歴代誌 第Ⅱ 1章
選: 歴代誌 第Ⅱ 1章 13節
こうして、ソロモンはギブオンにある高き所から出て行き、会見の天幕の前を去ってエルサレムに行き、イスラエルの王となった。
メモ: 新しい任務についた彼は、先ず主を求め、仕事のための知恵と知識を願った。
2011/ 5/18 読: 歴代誌 第Ⅱ 2章~4章
選: 歴代誌 第Ⅱ 2章 11節~12節
ツロの王フラムは文書を送ってソロモンに言った。「主はご自身の民を愛しておられるので、あなたを彼らの上に立てて王とされました。」
さらに、フラムは言った。「天と地とをお造りになったイスラエルの神、主はほむべきかな。主はダビデ王に、思慮と悟りとを備えた知恵ある子を授け、主のための宮と、自分の王国のための宮殿とを建てさせられるのです。
メモ: 「主はご自分の民を愛しておられるので、、、」の認識はとてもすてきです。
2011/ 5/19 読: 歴代誌 第Ⅱ 5章~7章
選: 歴代誌 第Ⅱ 6章 14節
言った。「イスラエルの神、主。天にも地にも、あなたのような神はほかにありません。あなたは、心を尽くして御前に歩むあなたのしもべたちに対し、契約と愛とを守られる方です。
メモ: 主は、心を尽くして御前にあゆむしもべたちに対し、契約と愛を守られます。
2011/ 5/20 読: 歴代誌 第Ⅱ 8章~10章
選: 歴代誌 第Ⅱ 9章 5節~8節
彼女は王に言った。「私が国であなたの事績とあなたの知恵とについて聞き及んでおりましたことはほんとうでした。
実は、私は、自分で来て、自分の目で見るまでは、彼らの言うことを信じなかったのですが、驚いたことに、私にはあなたの知恵の半分も知らされていなかったのです。あなたは、私の聞いていたうわさを上回る方でした。
なんとしあわせなことでしょう。あなたにつく人たちは。なんとしあわせなことでしょう。いつもあなたの前に立って、あなたの知恵を聞くことのできるこの、あなたの家来たちは。
あなたを喜ばれ、その王座にあなたを着かせて、あなたの神、主のために王とされたあなたの神、主はほむべきかな。あなたの神はイスラエルを愛して、これをとこしえにゆるがぬものとされたので、彼らの上にあなたを王として与え、公正と正義とを行なわせられるのです。」
メモ: 「あなたを喜ばれる、あなたの神。」神に喜ばれる人でありたいと心底思う。
2011/ 5/21 読: 歴代誌 第Ⅱ 11章~13章
選: 歴代誌 第Ⅱ 13章 13節~15節
ヤロブアムは伏兵を回して、この人々の背後から攻めるようにさせた。こうして、彼らはユダの正面におり、伏兵はその背後にいた。
ユダが向き直ると、見よ、戦いは前後から迫っていた。それで、彼らは主に叫び求め、祭司たちはラッパを吹き鳴らした。
そして、ユダの人々はときの声をあげた。ユダの人々がときの声をあげたとき、神はヤロブアムと全イスラエルを、アビヤとユダの前に打ち破られた。
メモ: 絶体絶命のピンチ。しかし、頼りにした方が万軍の主だったので、勝利した。
2011/ 5/22 読: 歴代誌 第Ⅱ 14章~16章
選: 歴代誌 第Ⅱ 15章 8節
アサは、これらのことばと預言者オデデによって預言されたことを聞いたとき、奮い立って、ユダとベニヤミンの全地から、また彼がエフライムの山地で攻め取った町々から、忌むべき物を除いた。そして、主の玄関の前にあった主の祭壇を新しくした。
メモ: 彼は奮い立って、支配下の忌むべき物を除いた。私有物の処分に勇気は不要。
2011/ 5/23 読: 歴代誌 第Ⅱ 17章~19章
選: 歴代誌 第Ⅱ 18章 19節~22節
そのとき、主は仰せられました。『だれか、イスラエルの王アハブを惑わして、攻め上らせ、ラモテ・ギルアデで倒れさせる者はいないか。』すると、ある者は一つの案を述べ、他の者は別の案を述べました。
それから、ひとりの霊が進み出て、主の前に立ち、『この私が彼を惑わします。』と言いますと、主が彼に『どういうふうにやるのか。』と尋ねられました。
彼は答えました。『私が出て行き、彼のすべての預言者の口で偽りを言う霊となります。』すると、『あなたはきっと惑わすことができよう。出て行って、そのとおりにせよ。』と仰せられました。
今、ご覧のとおり、主はここにいるあなたの預言者たちの口に偽りを言う霊を授けられました。主はあなたに下るわざわいを告げられたのです。」
メモ: それでも愛の主は、主を憎むアハブ王に悔い改めのチャンスを与えたのです。
2011/ 5/24 読: 歴代誌 第Ⅱ 20章~22章
選: 歴代誌 第Ⅱ 21章 12節~15節
ときに、預言者エリヤのもとから彼のところに書状が届いたが、そこには次のようにしるされていた。「あなたの父ダビデの神、主は、こう仰せられます。『あなたが、あなたの父ヨシャパテの道にも、ユダの王アサの道にも歩まず、
イスラエルの王たちの道に歩み、アハブの家が淫行を行なわせたように、ユダとエルサレムの住民に淫行を行なわせたので、また、そればかりでなく、あなたは、自分よりも善良なあなたの兄弟たち、あなたの父の家の者を殺したので、
見よ、主は大きな災害をもってあなたの民、あなたの子たち、あなたの妻たち、あなたの全財産を打つ。
あなた自身は、内臓の病気で大病をわずらい、日々にその病が進んで、内臓が外に出るまでになる。』」
メモ: 上に立つ者は影響力を持つので、万物の主より、正しい歩みを要求されます。
2011/ 5/25 読: 歴代誌 第Ⅱ 23章~25章
選: 歴代誌 第Ⅱ 24章 12節~13節
そこで、王とエホヤダは、これを主の宮の奉仕の仕事を行なう者に渡した。彼らは、主の宮を新しくするために石切り工と木工を、主の宮を修理するために鉄と青銅の細工師を雇った。
こうして、仕事をする人々は仕事をし、彼らの手によって、細工物の修復がされた。彼らは、神の宮を元のとおりに建て、これを堅固にした。
メモ: 私にとって、主の宮とは何だろう。その宮をいつも良い状態にしておきたい。
2011/ 5/26 読: 歴代誌 第Ⅱ 26章~28章
選: 歴代誌 第Ⅱ 26章 16節~19節
しかし、彼が強くなると、彼の心は高ぶり、ついに身に滅びを招いた。彼は彼の神、主に対して不信の罪を犯した。彼は香の壇の上で香をたこうとして主の神殿にはいった。
すると彼のあとから、祭司アザルヤが、主に仕える八十人の有力な祭司たちとともにはいって来た。
彼らはウジヤ王の前に立ちふさがって、彼に言った。「ウジヤよ。主に香をたくのはあなたのすることではありません。香をたくのは、聖別された祭司たち、アロンの子らのすることです。聖所から出てください。あなたは不信の罪を犯したのです。あなたには神である主の誉れは与えられません。」
ウジヤは激しく怒って、手に香炉を取って香をたこうとした。彼が祭司たちに対して激しい怒りをいだいたとき、その祭司たちの前、主の神殿の中、香の壇のかたわらで、突然、彼の額にらい病が現われた。
メモ: 聖書を読むことによって、私は多くを学べます。喜びにつながり、感謝です。
2011/ 5/27 読: 歴代誌 第Ⅱ 29章~31章
選: 歴代誌 第Ⅱ 29章 15節
こうして、彼らは自分の兄弟たちを集め、身を聖別して、主のことばによる王の命令のとおりに、主の宮をきよめに来た。
メモ: 主が望むことを、王が命令した。神のことばを基準にすれば、間違いはない。
2011/ 5/28 読: 歴代誌 第Ⅱ 32章~34章
選: 歴代誌 第Ⅱ 32章 19節~22節
このように、彼らは、エルサレムの神について、人の手で造ったこの地の民の神々についてと同じように、語ったのである。
そこで、ヒゼキヤ王とアモツの子預言者イザヤは、このことのゆえに、祈りをささげ、天に叫び求めた。
すると、主はひとりの御使いを遣わし、アッシリヤの王の陣営にいたすべての勇士、隊長、首長を全滅させた。そこで、彼は恥じて国へ帰り、彼の神の宮にはいったが、自分の身から出た子どもたちが、その所で、彼を剣にかけて倒した。
こうして、主は、アッシリヤの王セナケリブの手、および、すべての者の手から、ヒゼキヤとエルサレムの住民とを救い、四方から彼らを守り導かれた。
メモ: 天地の創造主を侮辱してはならない。人の造った物と同一にしてはならない。
2011/ 5/29 読: 歴代誌 第Ⅱ 35章~36章、エズラ記 1章
選: 歴代誌 第Ⅱ 36章 16節~17節
ところが、彼らは神の使者たちを笑いものにし、そのみことばを侮り、その預言者たちをばかにしたので、ついに、主の激しい憤りが、その民に対して積み重ねられ、もはや、いやされることがないまでになった。
そこで、主は、彼らのもとにカルデヤ人の王を攻め上らせた。彼は、剣で、彼らのうちの若い男たちを、その聖所の家の中で殺した。若い男も若い女も、年寄りも老衰の者も容赦しなかった。主は、すべての者を彼の手に渡された。
メモ: 神に造られた者として、神にどう接するかは、よく考えたほうがよいと思う。
2011/ 5/30 読: エズラ記 2章~4章
選: エズラ記 3章 2節
そこで、エホツァダクの子ヨシュアとその兄弟の祭司たち、またシェアルティエルの子ゼルバベルとその兄弟たちは、神の人モーセの律法に書かれているとおり、全焼のいけにえをささげるために、こぞってイスラエルの神の祭壇を築いた。
メモ: 正しく行なうための決りごとについての書物は、私たちを迷いから解放する。
2011/ 5/31 読: エズラ記 5章~7章
選: エズラ記 7章 15節~18節
また、王とその議官たちが、エルサレムに住まれるイスラエルの神に進んでささげた銀と金、
バビロンのすべての州で、あなたが得るすべての銀と金、それに、エルサレムにある自分たちの神の宮のために、民と祭司たちが進んでささげたささげ物をも合わせて携えて行くために遣わされているからである。
それゆえ、あなたはその献金で、牛、雄羊、子羊、また、そのための穀物のささげ物と注ぎのぶどう酒を心して買い求め、エルサレムにあるあなたがたの神の宮の祭壇の上で、それをささげなければならない。
また、残りの銀と金の使い方については、あなたとあなたの兄弟たちがよいと思うことは何でも、あなたがたの神のみ心に従って行なうがよい。
メモ: 「せっかくのお金を、ささげ物のために使うなんて。」と考える自分は無知。
前Page