前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2011年 6月)

2011/ 6/ 1 読: エズラ記 8章~10章
選: エズラ記 8章 21節~23節
そこで、私はその所、アハワ川のほとりで断食を布告した。それは、私たちの神の前でへりくだり、私たちのために、私たちの子どもたちと、私たちのすべての持ち物のために、道中の無事を神に願い求めるためであった。
私は道中の敵から私たちを助ける部隊と騎兵たちを王に求めるのを恥じたからである。私たちは、かつて王に、「私たちの神の御手は、神を尋ね求めるすべての者の上に幸いを下し、その力と怒りとは、神を捨てるすべての者の上に下る。」と言っていたからである。
だから、私たちはこのことのために断食して、私たちの神に願い求めた。すると神は私たちの願いを聞き入れてくださった。
メモ: 彼らにとって、断食とは何だったのだろう。断食について考えてみたくなる。
2011/ 6/ 2 読: ネヘミヤ記 1章~3章
選: ネヘミヤ記 1章 3節~6節
すると、彼らは私に答えた。「あの州の捕囚からのがれて生き残った残りの者たちは、非常な困難の中にあり、またそしりを受けています。そのうえ、エルサレムの城壁はくずされ、その門は火で焼き払われたままです。」
私はこのことばを聞いたとき、すわって泣き、数日の間、喪に服し、断食して天の神の前に祈って、
言った。「ああ、天の神、主。大いなる、恐るべき神。主を愛し、主の命令を守る者に対しては、契約を守り、いつくしみを賜わる方。
どうぞ、あなたの耳を傾け、あなたの目を開いて、このしもべの祈りを聞いてください。私は今、あなたのしもべイスラエル人のために、昼も夜も御前に祈り、私たちがあなたに対して犯した、イスラエル人の罪を告白しています。まことに、私も私の父の家も罪を犯しました。
メモ: 喪に服し、断食して天の神に祈る。彼にとって、断食とは何だったのだろう。
2011/ 6/ 3 読: ネヘミヤ記 4章~6章
選: ネヘミヤ記 4章 17節~20節
城壁を築く者たち、荷をかついで運ぶ者たちは、片手で仕事をし、片手に投げ槍を堅く握っていた。
築く者は、それぞれ剣を腰にして築き、角笛を吹き鳴らす者は、私のそばにいた。
私はおもだった人々や、代表者たち、およびその他の人々に言った。「この工事は大きく、また広がっている。私たちは城壁の上で互いに遠く離れ離れになっている。
どこででも、あなたがたが角笛の鳴るのを聞いたら、私たちのところに集まって来なさい。私たちの神が私たちのために戦ってくださるのだ。」
メモ: 私たちも常に、神のことばを握り締め、攻撃に備えている必要があると思う。
2011/ 6/ 4 読: ネヘミヤ記 7章~9章
選: ネヘミヤ記 8章 14節~17節
こうして彼らは、主がモーセを通して命じた律法に、イスラエル人は第七の月の祭りの間、仮庵の中に住まなければならない、と書かれているのを見つけ出した。
これを聞くと、彼らは、自分たちのすべての町々とエルサレムに、次のようなおふれを出した。「山へ出て行き、オリーブ、野生のオリーブの木、ミルトス、なつめやし、また、枝の茂った木などの枝を取って来て、書かれているとおりに仮庵を作りなさい。」
そこで、民は出て行って、それを持って帰り、それぞれ自分の家の屋根の上や、庭の中、または、神の宮の庭や、水の門の広場、エフライムの門の広場などに、自分たちのために仮庵を作った。
捕囚から帰って来た全集団は、仮庵を作り、その仮庵に住んだ。ヌンの子ヨシュアの時代から今日まで、イスラエル人はこのようにしていなかったので、それは非常に大きな喜びであった。
メモ: 神のみ業を忘れないための決りごと。思い出すことが感謝と喜びにつながる。
2011/ 6/ 5 読: ネヘミヤ記 10章~12章
選: ネヘミヤ記 12章 40節~43節
こうして、二つの聖歌隊は神の宮でその位置に着いた。私も、私とともにいた代表者たちの半分も位置に着いた。
また祭司たち、エルヤキム、マアセヤ、ミヌヤミン、ミカヤ、エルヨエナイ、ゼカリヤ、ハナヌヤも、ラッパを持って位置に着いた。
また、マアセヤ、シェマヤ、エルアザル、ウジ、ヨハナン、マルキヤ、エラム、エゼルも位置に着いた。それから、歌うたいたちは、監督者イゼラフヤの指揮で歌った。
こうして、彼らはその日、数多くのいけにえをささげて喜び歌った。神が彼らを大いに喜ばせてくださったからである。女も子どもも喜び歌ったので、エルサレムの喜びの声ははるか遠くまで聞こえた。
メモ: 私たちの場合も、「神が彼らを大いに喜ばせてくださった。」と言えるかな。
2011/ 6/ 6 読: ネヘミヤ記 13章、エステル記 1章~2章
選: エステル記 2章 7節
モルデカイはおじの娘ハダサ、すなわち、エステルを養育していた。彼女には父も母もいなかったからである。このおとめは、姿も顔だちも美しかった。彼女の父と母が死んだとき、モルデカイは彼女を引き取って自分の娘としたのである。
メモ: 両親を亡くした娘エステルの名がこの書簡名。神の働きが写しだされている。
2011/ 6/ 7 読: エステル記 3章~5章
選: エステル記 4章 3節
王の命令とその法令が届いたどの州においても、ユダヤ人のうちに大きな悲しみと、断食と、泣き声と、嘆きとが起こり、多くの者は荒布を着て灰の上にすわった。
メモ: 悲報が届いた時、断食をした。彼らにとって、断食とは何だったのだろうか。
2011/ 6/ 8 読: エステル記 6章~8章
選: エステル記 8章 7節~8節
アハシュエロス王は、王妃エステルとユダヤ人モルデカイに言った。「ハマンがユダヤ人を殺そうとしたので、今、私はハマンの家をエステルに与え、彼は柱にかけられたではないか。
あなたがたはユダヤ人についてあなたがたのよいと思うように、王の名で書き、王の指輪でそれに印を押しなさい。王の名で書かれ、王の指輪で印が押された文書は、だれも取り消すことができないのだ。」
メモ: イエス・キリストの名によって祈ることは、王の印の権力以上のことと思う。
2011/ 6/ 9 読: エステル記 9章~10章、ヨブ記 1章
選: エステル記 10章 2節~3節
彼の権威と勇気によるすべての功績と、王に重んじられたモルデカイの偉大さについての詳細とは、メディヤとペルシヤの王の年代記の書にしるされているではないか。
それはユダヤ人モルデカイが、アハシュエロス王の次に位し、ユダヤ人の中でも大いなる者であり、彼の多くの同胞たちに敬愛され、自分の民の幸福を求め、自分の全民族に平和を語ったからである。
メモ: 始まったのは、モルデガイが両親を亡くしたエステルを引き取ったことから。
2011/ 6/10 読: ヨブ記 2章~4章
選: ヨブ記 2章 7節~10節
サタンは主の前から出て行き、ヨブの足の裏から頭の頂まで、悪性の腫物で彼を打った。
ヨブは土器のかけらを取って自分の身をかき、また灰の中にすわった。
すると彼の妻が彼に言った。「それでもなお、あなたは自分の誠実を堅く保つのですか。神をのろって死になさい。」
しかし、彼は彼女に言った。「あなたは愚かな女が言うようなことを言っている。私たちは幸いを神から受けるのだから、わざわいをも受けなければならないではないか。」ヨブはこのようになっても、罪を犯すようなことを口にしなかった。
メモ: 子を皆亡くし、苦しんでいる夫を見ていた奥さんは、非常に辛かったと思う。
2011/ 6/11 読: ヨブ記 5章~7章
選: ヨブ記 5章 17節~18節
ああ、幸いなことよ。神に責められるその人は。だから全能者の懲らしめをないがしろにしてはならない。
神は傷つけるが、それを包み、打ち砕くが、その手でいやしてくださるからだ。
メモ: 人に責められるよりは、全能者に責められたい。彼の私への愛が動機だから。
2011/ 6/12 読: ヨブ記 8章~10章
選: ヨブ記 9章 19節~21節
もし、力について言えば、見よ、神は力強い。もし、さばきについて言えば、だれが私を呼び出すことができるか。
たとい私が正しくても、私自身の口が私を罪ある者とし、たとい私が潔白でも、神は私を曲がった者とされる。
私は潔白だ。しかし、私には自分自身がわからない。私は自分のいのちをいとう。
メモ: 「神様、私の不足を教えてください。」と、心底からの叫びが伝わってくる。
2011/ 6/13 読: ヨブ記 11章~13章
選: ヨブ記 13章 7節~9節
あなたがたは神の代わりに、なんと、不正を言うのか。神の代わりに、欺きを語るのか。
神の顔を、あなたがたは立てるつもりなのか。神の代わりに言い争うのか。
神があなたがたを調べても、大丈夫か。あなたがたは、人が人を欺くように、神を欺こうとするのか。
メモ: 私も時々、裁き心を伴った「神の代弁者」になりたがることがある気がする。
2011/ 6/14 読: ヨブ記 14章~16章
選: ヨブ記 15章 12節~15節
なぜ、あなたは理性を失ったのか。なぜ、あなたの目はぎらつくのか。
あなたが神に向かっていらだち、口からあのようなことばを吐くとは。
人がどうして、きよくありえようか。女から生まれた者が、どうして、正しくありえようか。
メモ: 神に向かってクリスチャンらしく見せかけるよりは、全身で本音を語りたい。
2011/ 6/15 読: ヨブ記 17章~19章
選: ヨブ記 19章 25節~27節
私は知っている。私を贖う方は生きておられ、後の日に、ちりの上に立たれることを。
私の皮が、このようにはぎとられて後、私は、私の肉から神を見る。
この方を私は自分自身で見る。私の目がこれを見る。ほかの者の目ではない。私の内なる思いは私のうちで絶え入るばかりだ。
メモ: 「私の目がこれを見る。ほかの者の目ではない。」このことばが心に染みる。
2011/ 6/16 読: ヨブ記 20章~22章
選: ヨブ記 21章 1節~4節
ヨブは答えて言った。
あなたがたは、私の言い分をよく聞け。これをあなたがたの私への慰めとしてくれ。
まず、私が語るのを許してくれ。私が語って後、あなたはあざけってもよい。
私の不平は人に向かってであろうか。なぜ、私がいらだってはならないのか。
メモ: 悩んでいる人の話しを聞く。それが、その人への、最高の慰めかもしれない。
2011/ 6/17 読: ヨブ記 23章~25章
選: ヨブ記 23章 3節~6節
ああ、できれば、どこで神に会えるかを知り、その御座にまで行きたい。
私は御前に訴えを並べたて、ことばの限り討論したい。
私は神が答えることばを知り、私に言われることが何であるかを悟りたい。
神は力強く私と争われるだろうか。いや、むしろ私に心を留めてくださろう。
メモ: ヨブのやるせない気持ちが伝わってくる。僕も同じことを願うだろうと思う。
2011/ 6/18 読: ヨブ記 26章~28章
選: ヨブ記 27章 3節~4節
私の息が私のうちにあり、神の霊が私の鼻にあるかぎり、
私のくちびるは不正を言わず、私の舌は決して欺きを告げない。
メモ: 自分にとって不利になっても、不正を言わず、欺きを告げないと決めました。
2011/ 6/19 読: ヨブ記 29章~31章
選: ヨブ記 29章 4節~5節
私がまだ壮年であったころ、神は天幕の私に語りかけてくださった。
全能者がまだ私とともにおられたとき、私の子どもたちは、私の回りにいた。
メモ: 神は語りかけてくださり、私とともにおられた。神の思いは今も同じですよ。
2011/ 6/20 読: ヨブ記 32章~34章
選: ヨブ記 32章 12節~13節
私はあなたがたに注意を払っていたのに、ヨブに罪を認めさせる者はなく、あなたがたのうちで彼のことばに答える者もいない。
だが、おそらくあなたがたは言おう。「私たちは知恵を見いだした。人ではなく、神が彼を吹き払った。」と。
メモ: 友人たちは、ヨブの病は神からの罰だと決めつけていた。大きな過ちである。
2011/ 6/21 読: ヨブ記 35章~37章
選: ヨブ記 36章 1節~4節
エリフはさらに続けて言った。
しばらく待て。あなたに示そう。まだ、神のために言い分があるからだ。
私は遠くから私の意見を持って来て、私の造り主に義を返そう。
確かに私の言い分は偽りではない。完全な知識を持つ方があなたのそばにいるからだ。
メモ: 彼の言っていることは正しいでしょう。しかし、病んでいる心を生かさない。
2011/ 6/22 読: ヨブ記 38章~40章
選: ヨブ記 39章 14節~17節
だちょうは卵を土に置き去りにし、これを砂で暖めさせ、
足がそれをつぶすことも、野の獣がこれを踏みつけることも忘れている。
だちょうは自分の子を自分のものでないかのように荒く扱い、その産みの苦しみがむだになることも気にしない。
神がこれに知恵を忘れさせ、悟りをこれに授けなかったからだ。
メモ: すべてのものの創造主がいることを素直に認めれば、多くの悩みは消え去る。
2011/ 6/23 読: ヨブ記 41章~42章、詩篇 1章
選: ヨブ記 42章 10節~13節
ヨブがその友人たちのために祈ったとき、主はヨブを元どおりにし、さらに主はヨブの所有物をすべて二倍に増された。
こうして彼のすべての兄弟、すべての姉妹、それに以前のすべての知人は、彼のところに来て、彼の家で彼とともに食事をした。そして彼をいたわり、主が彼の上にもたらしたすべてのわざわいについて、彼を慰めた。彼らはめいめい一ケシタと金の輪一つずつを彼に与えた。
主はヨブの前の半生よりあとの半生をもっと祝福された。それで彼は羊一万四千頭、らくだ六千頭、牛一千くびき、雌ろば一千頭を持つことになった。
また、息子七人、娘三人を持った。
メモ: ヨブには、神を生活から閉め出すという考えはなかった。主は彼を喜ばれた。
2011/ 6/24 読: 詩篇 2章~4章
選: 詩篇 4章 7節~8節
あなたは私の心に喜びを下さいました。それは穀物と新しいぶどう酒が豊かにあるときにもまさっています。
平安のうちに私は身を横たえ、すぐ、眠りにつきます。主よ。あなただけが、私を安らかに住まわせてくださいます。
メモ: 心の喜び、平安はだれがくださいますか。必要を知っているのは創造主だけ。
2011/ 6/25 読: 詩篇 5章~7章
選: 詩篇 7章 7節節
国民のつどいをあなたの回りに集め、その上の高いみくらにお帰りください。
メモ: 主よ、あなたが私たちを導いてください。私たちは、あなたと共に歩みます。
2011/ 6/26 読: 詩篇 8章~10章
選: 詩篇 9章 7節~8節
しかし、主はとこしえに御座に着き、さばきのためにご自身の王座を堅く立てられた。
主は義によって世界をさばき、公正をもって国民にさばきを行なわれる。
メモ: 私たちは都合により、過去を曲げて伝えるが、神に「見えない過去」はない。
2011/ 6/27 読: 詩篇 11章~13章
選: 詩篇 13章 5節~6節
私はあなたの恵みに拠り頼みました。私の心はあなたの救いを喜びます。
私は主に歌を歌います。主が私を豊かにあしらわれたゆえ。
メモ: 日々の体験から、同じように、心の中からわき出る喜びで、歌いたいと思う。
2011/ 6/28 読: 詩篇 14章~16章
選: 詩篇 16章 8節~9節
私はいつも、私の前に主を置いた。主が私の右におられるので、私はゆるぐことがない。
それゆえ、私の心は喜び、私のたましいは楽しんでいる。私の身もまた安らかに住まおう。
メモ: 私は、私の前に主を置いた。私はゆるがない。私は喜び楽しみ安らかに住む。
2011/ 6/29 読: 詩篇 17章~19章
選: 詩篇 19章 9節~11節
主への恐れはきよく、とこしえまでも変わらない。主のさばきはまことであり、ことごとく正しい。
それらは、金よりも、多くの純金よりも好ましい。蜜よりも、蜜蜂の巣のしたたりよりも甘い。
また、それによって、あなたのしもべは戒めを受ける。それを守れば、報いは大きい。
メモ: 「それを守れば、報いは大きい。」聖書には報いについて多く書かれている。
2011/ 6/30 読: 詩篇 20章~22章
選: 詩篇 20章 7節~8節
ある者はいくさ車を誇り、ある者は馬を誇る。しかし、私たちは私たちの神、主の御名を誇ろう。
彼らは、ひざをつき、そして倒れた。しかし、私たちは、立ち上がり、まっすぐに立った。
メモ: 私は私の神、主の御名を誇ります。私は、立ち上がり、まっすぐに立ちます。
前Page